映画

トワイライトのベラの特殊能力や特殊な血とは?なぜモテるのかや正体は?

『トワイライト』シリーズに登場するヒロイン、ベラ・スワン。

ベラと言えば、特殊能力を持っていることで知られていますが、なぜ特殊な力を持っているのか?ベラの特殊な血とは何なのでしょうか?

また、モテる理由についてもまとめてみました。

『トワイライト』のベラの特殊能力とは?

『トワイライト』のベラの特殊能力は、

シールド

と呼ばれる能力です。

 

シールドは、相手の特殊能力を無効にする力を持ちます。

 

エドワードは特殊能力として『人の心を読める』という能力を持っていましたが、ベラの心を読むことはできませんでした。

 

エドワードは初めてベラに会った時にベラのこの不思議な特殊能力に気がつき、ベラが気になるようになります。

 

ベラが転生した後は、ベラの特殊能力である『シールド』の力を操ることができるようになり、近くにいる人も『シールド』の能力によって守ることができるようになりました。

『トワイライト』のベラの特殊な血とは?

しかし、ベラはエドワードと違って普通の人間なのに、なぜそんな特殊能力を持っていたのでしょうか?

 

ベラが特殊能力を持っていた理由については、特に明かされていません。

 

また、ヴァンパイアが特殊能力を持っているような感じもしますが、全てのヴァンパイアが特殊な能力を持っているとは限りません。

 

おそらく、ベラと同じように人間の時から特殊な能力を持っていた(本人の無自覚で)。

もしくは、ヴァンパイアに転生する際に特殊能力が開花するのだと思われます。

 

なので、作中ではベラがヒロインなので、特別感を出すためにベラのみが特殊能力を持っているという設定でしたが、おそらく人間であっても特殊能力を持つ人はいるのだと思います。

 

君は僕だけのヘロインだ

また、エドワードのセリフの中で、ベラに対して

「君は僕だけのヘロインだ」

と発言するシーンがあります。

 

ベラには特殊な血が流れており、その血によって他のヴァンパイアも惹きつけられる・・・という感じのようですね。

 

エドワードの家族であるカレン家は、人間の血を吸わない『ベジタリアン』として生活しています。

『ベジタリアン』は人間でいう菜食主義ですが、ヴァンパイアの世界では『人間の血を吸わないで生きているヴァンパイア』のことを指すようです。

 

しかし、エドワードの家に招かれたベラが出血してしまった際に、ジャスパーがベラに襲いかかろうとしたことがありました。

 

このことがきっかけで、エドワードはベラと離れようとするのですが・・・。

 

また、ジャスパーの恋人であるアリスも、ベラのことをひどく気に入っています。

人間として気に入っているということもあるのかもしれませんが、ベラへ執着しているような描写もありますよね。

 

ベラにはヴァンパイアを惑わす、惹きつける、特殊な血が流れているということなのでしょう。

 

詳細については明らかにされていませんが、とにかく特別な存在であることには変わりないのだと思います。

『トワイライト』のベラの正体は?

では、結局ベラの正体は何なのか?と言うと、一言でまとめると

ヴァンパイアを惹きつける人間

ですかね。

 

ヴァンパイアを惹きつけるような特別な力(血)を持った人間です。

ベラは最初から何か特殊な生物であったわけではなく、あくまでも人間ということに変わりはありません。

 

ただ、特殊な能力を持っていることや、転生してからもかなり強いようなので、ヴァンパイアになる素質を持っていたのかもしれませんね。

『トワイライト』のベラはなぜモテるの?

続いては、『トワイライト』のベラはなぜモテるのか?について解説していきます。

 

ベラと言えば、エドワードとジェイコブの間で取り合いみたいになっているのが印象的ですよね。

2人に愛されて・・・見ているこっちが羨ましい!!となってしまいます。

 

なぜベラはモテるのか?

その理由は、ベラの『血』にあるのだと思います。

 

エドワードがベラを好きな理由

まず、エドワードがベラのことを好きな理由ですが、エドワードは先ほど少し触れたように、ベラに初めてあった時、ベラを不思議な存在だと感じていました。

 

普通ならどんな人でも心の中を読むことができるのに、ベラのシールドの能力によって、ベラの心だけは読むことができなかった・・・。

 

そのため、その日からエドワードはベラのことが気になり始めます。

 

また、ベラの『特殊な血』によって、ベラから何か惹きつけられるようなニオイみたいなものが発せられていたのだと思います。

エドワードはこれまでに出会った事がないような、そんな運命的なものを感じてベラのことが好きになったのだと考えられます。

ジェイコブがベラを好きな理由

ジェイコブがベラのことを好きな理由については、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』の内容が関係してきます。

ここからは完全にネタバレになるのでご注意ください。

 

ジェイコブは、ベラとエドワードの子供であるレネズミに刻印をしました。

 

刻印とは、簡単に説明すると『運命の相手』のことです。

 

これは、自分自身が決めることではなく、意思とは関係なく生まれた時から決まっているものです。

 

ベラとエドワードの子供であるレネズミが『刻印』の相手だったということは、レネズミに対して運命的なものを感じたということ。

 

 

レネズミにはベラの血も流れていますから、レネズミが誕生する前からベラに対して”運命的な何か”を感じ取っていたのかもしれません。

 

『刻印』の相手、つまり運命の相手の親となる人物に、特別な感情を抱いたということですかね。

 

ちょっとわかりづらいですが、ベラに惹かれていたのではなく、ベラから生まれてくる子供、『レネズミ』に対して特別な感情を抱いていたということだと思います。

まとめ

  • ベラの特殊能力は『シールド』という能力
  • ベラには特殊な血が流れているが、その詳細は不明
  • ベラがモテるのは『特殊な血』が関係していて、エドワードもジェイコブもベラに特別な感情を抱いた

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。