映画

トワイライトのエドワードはかっこよくないし気持ち悪い?ハリーポッターにも登場していた!

『トワイライト』シリーズに登場するエドワード・カレン。

ヴァンパイアで、ヒロインのベラと恋仲になる役柄ですが、「かっこよくない」と言われているようです。

トワイライトのエドワードはかっこ良くないのでしょうか?

また、ハリーポッターにも出演していた?などについても解説していきます。

トワイライトのエドワードはかっこ良くない?

『トワイライト』シリーズに登場するエドワード・カレン

 

結構イケメンな役柄だと思いますが・・・日本の女性には「かっこ良くない」と言われているようです。

 

 

顔があまりかっこ良くない、タイプじゃないなどと言われていることが多いみたいですね。

 

しかし、その一方で、「見ているうちにかっこ良く見える」「イケメンに見える」との声も。

 

 

トワイライトでエドワードを演じているのは、ロバート・パティンソンさんというイギリス(イングランド)人俳優。

 

かっこ良くないとか言われてますが・・・

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Pattinsonさん(@robertpattinsonofficial)がシェアした投稿

 

 

いやいや、めっちゃイケメンやんけ〜

 

お前の目は節穴か!!

 

 

・・・と、私の個人的な意見は置いておいて、おそらくですね、日本人が思う美的感覚と、が海外の方の美的感覚はお国によって若干ズレがあるんだと思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Pattinsonさん(@robertpattinsonofficial)がシェアした投稿

 

この写真を見ると、結構エラが張っている感じがありますよね。

 

日本では、エラが張っているとあまり良い外見的特徴ではないとされていますが、海外ではそこまでエラが気にされることはないですし、欧米の方の場合、特に顎が発達していてしっかりしているので、その分エラも目立ちます。

 

他のハリウッド俳優を見てみても・・・

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Orlando Bloomさん(@orlandobloom)がシェアした投稿

 

ヒゲでわかりづらいですが、オーランド・ブルームさんも結構エラ張ってます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daniel Radcliffeさん(@daniel9340)がシェアした投稿

 

ハリー・ポッターシリーズのダニエル・ラドクリフさんも、結構エラが張っています。

 

ていうか、オーランドもダニエルもイギリス出身の俳優だから、イギリス人はエラが張っている人が多いのかも・・・?

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Pattinsonさん(@robertpattinsonofficial)がシェアした投稿

 

まあ強いて言うならば、トワイライトのエドワードは、

余白が多い

っていう感じなのかもしれません。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Pattinsonさん(@robertpattinsonofficial)がシェアした投稿

 

あとは、割と鼻が潰れた感じに見えるというのも要因の1つかもしれませんね。

 

こちらも日本人と海外の方の美的感覚の違いで、日本人は鼻は高ければ高いほど良いと考える人が多いですが、欧米人は大きな(高い)鼻をコンプレックスに思っている人も多く、まとまった小さい鼻が好まれることも多いです。

 

エドワードのちょっと低めのこの鼻は、欧米人からすると異色な感じで、ミステリアスでかっこ良く見えるのかもしれませんね。

 

『トワイライト』のエドワードについて海外の方がどう思っているのか?英語でもツイッターなどで感想を検索してみましたが、

「かっこ良くない」「ブサイク」

などの声はほとんど見受けられませんでした。

 

罵るような単語を入れて検索しても、

「醜い顔になるまで泣いた」

という、『トワイライト』を見てひどい顔になった(自分が)というようなツイートが多かったですね。

 

やはり海外の方にとってはエドワードはイケメンの部類に入るのだと思います。

トワイライトのエドワードは気持ち悪い?

また、『トワイライト」のエドワードは「気持ち悪い」とも言われているようです。

 

 

おそらく、エドワードが気持ち悪いと言われる原因は、ヴァンパイアに見せるために肌を白くメイクしているからではないでしょうかね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Pattinsonさん(@robertpattinsonofficial)がシェアした投稿

 

ただでさえ色白なのに加えて、ヴァンパイアの役柄上、血色を悪く見せる必要がありますから、それで余計に気持ち悪いと感じてしまったのではないかと思われます。

 

トワイライトのエドワードはハリーポッターにも登場していた!

そんなエドワードですが、実は『ハリー・ポッター』シリーズにも登場していました。

 

エドワード役のロバート・パティンソンさんが演じたのは、

セドリック・ディゴリー

という役柄です。

 

セドリック・ディゴリーはどんな役?

セドリック・ディゴリーは、映画では『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』から登場します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Pattinsonさん(@robertpattinsonofficial)がシェアした投稿

 

ハッフルパフ寮の監督生で、クディッチのハッフルパフチームのシーカー。

イケメンで人気者という役柄で、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の際には三校対抗試合にホグワーツ代表として出場しました。

 

しかし、三校対抗試合の最後の競技であった迷路の種目にて、ハリーと一緒にゴールしようと優勝カップを掴んだところ、リドルの墓に移動してしまいます(優勝カップがポートキーになっていた)

 

そこで、セドリックはヴォルデモートによって殺されてしまいました。

 

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の時には、レイブンクロー生でハリーたちの同級生のチョウ・チャンと交際していました。

 

セドリック・ディゴリーもイケメン役!

チラッと解説しましたが、『ハリー・ポッター』シリーズのセドリック・ディゴリーも、作中ではかなりのイケメンという設定。

そのため、イケメン役として起用されたのがロバート・パティンソンさんだったというわけですね。

 

まあ、『ハリー・ポッター』シリーズのビジュアル設定は納得いかない部分がかなり多いですが。

例として挙げると、ロンの妹のジニー・ウィーズリーは超絶美人設定。

さらに、ハリーが恋したチョウ・チャンも、めちゃくちゃ可愛い女の子という設定でした。

>>ハリーポッターのチョウチャンが可愛くないし嫌い?配役はコネで何人なの?

 

ただ、数々の作品でイケメン役として登場しているロバート・パティンソンさんですから、『トワイライト』のエドワード役にしても、おそらく欧米ではイケメンということで納得されている方が多いのだと思います。

 

まとめ

以上!今回は『トワイライト』のエドワードはイケメンじゃないしかっこ良くないのか?

その理由などについて解説しました!

ぜひ『トワイライト』シリーズを楽しんでみてくださいね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。