NARUTO-ナルト-

うちはイタチの一族殺しの理由はなぜ?暁に入った理由や真実を告げたのはいつ?

うちはサスケの兄であるうちはイタチ。

うちは一族を抹殺するという大罪を犯したイタチが、暁に入ったのは何故なのか?

その理由や真実を解説していきたいと思います。

うちはイタチの一族殺しの理由はなぜ?

うちは一族の中でもエリート忍者だったうちはイタチ。

イタチは7歳でアカデミーを首席で卒業し、8歳でうちは一族に伝わる血継限界の写輪眼を開眼しました。

そしてその後、13歳で特殊部隊長を務めるまでに成長します。

一族の殺害

そんなある時、イタチはうちは一族を抹殺してしまうという大罪を犯しました。

イタチは弟のサスケ以外は、父や母を含めた全員を殺してしまったのです。

弟のサスケからすれば、優しかった兄の突然の豹変に、信じられないと言った様子でした。

当時幼かったサスケは兄イタチの言葉によって憎しみを抱くようになり、復讐者として強さを求めるようになっていきました。

しかし、イタチが一族を皆殺しにしたことには理由があったのです。

イタチが一族を殺害した理由

ことの発端はイタチの父である、うちはフガクがクーデターを企てていたことでした。

うちは一族がクーデターを起こすことで各国のパワーバランスが崩れ、戦争の火種になることを木の葉の上層部は危惧していました。

そしてそれを避けるために、志村ダンゾウを初めとした上層部が、うちは一族の抹殺をイタチに命令したのです。

その後、抜け忍となることまでが命令でした。

イタチは任務を実行するに当たり、3代目火影である猿飛ヒルゼンに、サスケを守るように懇願しました。

またダンゾウに対しても、サスケに手を出せば里の情報を非同盟国に流すと脅しをかけていたのです。

まだ幼く、クーデターの事実を知らないサスケだけはこうしてイタチに守られて生き延びることができました。

全ては里の平和のため、そして最愛の弟を守るために、イタチは悪役となる道を選んだのです。

真実が発覚した時期

あくまでもこの事実が発覚したのは、イタチの死後のことでした。

またごく一部の忍びにしか知られていない、機密事項扱いです。

影の立場から木の葉を守り続けていたイタチこそ、英雄と呼べる忍びと言えるでしょう。

うちはイタチが暁に入った理由は?

暁(あかつき)とは、主に各里の抜け忍で構成されており、尾獣(びじゅう)と呼ばれる巨大な魔獣を集め世界を統治することを目的とした犯罪組織です。

イタチは木の葉の里の脅威となる可能性があった暁に入り、内部から監視する役を担っていました。

全ては木の葉の里、そしてサスケを守るためと言えるでしょう。

うちはイタチがサスケに真実を告げたのはいつ?

うちはイタチはサスケと対決をしますが、その際に真実を話すことはありませんでした。

あくまでも最後まで悪役を演じきり、サスケの眼を奪うフリをしながら『永遠の万華鏡写輪眼』を獲る方法を伝えます。

そしてイタチはサスケとの戦いでチャクラを消耗したことと、患っていた病が原因で亡くなってしまうのです。

うちはイタチの病気の原因は?死因やその後穢土転生で生き返る?うちは一族の中でも秀でた才能を発揮していたイタチ。 今回は、イタチの死因となった病や穢土転生について考察していきたいと思います! ...

サスケが真実を知るとき

サスケがイタチから真実を聞くことになるのは、イタチの死後のことでした。

それは第四次忍界大戦の時のことです。

薬師カブトの穢土転生(えどてんせい)の術によって蘇ったイタチは、長門と行動を共にし、ナルトとキラー・ビーと再会しました。

本来は穢土転生で蘇った者は術者に操られてしまいますが、イタチはナルトに託したうちはシスイの万華鏡写輪眼、別天神(このあまつかみ)を使いカブトの呪縛から解き放たれたのです。

イタチはナルトとビーと共に長門を封印しました。

そして戦争の全てを背負い込み、穢土転生さえも自身で止めに行こうしたナルトを引き止めたのです。

自分の力を過信し始めているナルトに対し、他者との繋がり、火影とはどういう者がなるかを伝えたイタチ。

これはナルトが進むべき火影の道に、大きく関わっていると言えます。

イタチのその後

その後イタチは、自らが穢土転生を解除させる役割を買って出ました。

カブトの元に単身で向かう道中、サスケと再会を果たします。

イタチとサスケはカブトを倒すため、夢の共闘をすることになりました。

イタチはイザナミによる無限ループの幻術をカブトにかけ、穢土転生の術を解除させることに成功。

術が解かれ自身の魂も消えゆく中、サスケに幻術を使いようやくその真実を伝えたのです。

『NARUTO』のアニメ&漫画を無料で見る&安く買う方法

漫画を安く買う
ペンちゃん
ペンちゃん
『NARUTO』の漫画が読みたくなってきたな〜!でも、漫画って買うと高いんだよね・・・
ゴマくん
ゴマくん
『NARUTO』の漫画は、ある方法を使えば定価よりも安く読むことができるよ!

『NARUTO』の漫画を通常より安く読む方法は、こちらで解説しています↓

『NARUTO』の漫画を定価より安く買う方法はこちら

アニメを無料で見る
ペンちゃん
ペンちゃん
『NARUTO』のアニメは無料で見る方法はないの?
ゴマくん
ゴマくん
『NARUTO』のアニメも、全話無料で見る方法があるよ!

『NARUTO』のアニメを無料視聴する方法は、こちらの記事で解説しています!

『NARUTO』のアニメを無料視聴する方法はこちら

まとめ

  1. うちはイタチが一族殺しをしたのは、父フガクがクーデターを企てていたから。里とサスケを守るため。
  2. うちはイタチが暁に入った理由は、内部から暁を監視するためだった。
  3. うちはイタチがサスケに真実を告げたのは、イタチの死後。第四次忍界大戦でカブトに穢土転生され、蘇ったとき。

うちはイタチは生涯を悪役を演じきり、木の葉の里と弟であるサスケを守り続けてきました。

死してなお、穢土転生で蘇った際も木の葉のために尽力していたのです。

この活躍を知る者は木の葉の里でもごく僅かしかいませんが、間違いなくイタチは影の英雄と呼べる忍びと言えるでしょう。

NARUTOの解説&考察まとめはこちら

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。