NARUTO-ナルト-

ナルトの簡単なあらすじと時系列で流れをまとめ!面白いところもわかりやすく解説

連載が終了してかなりの年数が経ちますが、未だ幅広い年代から愛されている漫画『NARUTO-ナルト-』。

今回は、そんな『ナルト』の漫画・アニメのあらすじを、『ナルト』を見た事がない方でも理解できるように簡単に、時系列でまとめてみました。

『ナルト』をこれから見ようと思っている方や、どこが面白いのか?と思っている方はぜひ最後まで読んでみてください!

『NARUTO-ナルト-』の簡単なあらすじを時系列で解説

九尾の狐を宿した少年

うずまきナルトは忍者が集まる木の葉隠れの里に住む少年。

里の中で最高の忍者である「火影」になることを夢見るナルトは、ふとしたことから自身の出生の秘密を知ります。

彼の父親は歴代火影の中でも最強とされた四代目火影でしたが、里に甚大な被害を与えた妖怪、九尾の狐を倒した際、命を落としていました。

時を同じくして生まれたナルトの体内には、九尾の狐が封印されていたのです。

そのため、里の人々はナルトを怪物の入れ物と見なして忌み嫌い、迫害してきたのです。

しかし忍者アカデミーの教師であったイルカ先生の優しさに触れたナルトは、自暴自棄に走らず、里のために優秀な忍者になることを改めて決意するのでした。

 

波の国

アカデミーを卒業、下忍の地位を得たナルトは、

  1. 想いを寄せる春野サクラ
  2. 一族の仇を探しているうちはサスケ

の2人とチームを組み、上忍・はたけカカシの監督の下、任務に励みます。

波の国に赴いた一行は、建造予定の大橋の工事を妨害する霧隠れの抜け忍、桃地再不斬やその配下の白と激闘を繰り広げ、からくも彼らを倒します。

敵ではありながらも、堅い絆で結ばれていた再不斬と白の死に様を目の当りにしたナルトは、人と人が結びつくことの大切さを改めて学ぶのでした。

 

中忍選抜試験開始

ナルトたちの住む木の葉の里で、他国の忍も参加する合同中忍選抜試験が開始されました

異常な難易度のペーパーテスト、命がけのサバイバル試験等をくぐり抜けながら、ナルトたちは他国、自国の同世代の忍たちとしのぎを削ります。

サバイバル試験の途中、サスケは受験生に混ざっていた謎の男、大蛇丸に恐怖を覚えます。

大蛇丸はかって「三忍」と呼ばれた伝説の忍の一角であり、同時に木の葉の里に叛旗を翻した裏切り者でした。

サスケの底知れないポテンシャルを読み取った大蛇丸は、彼に肉体の限界を超えた能力を発揮できる「呪印」を打ち込み、試験場を去るのでした。

 

木の葉崩し発動

第三次試験の会場で、試験場に訪れていた砂隠れの里の長、風影が火影に牙を向きます。

その正体は、風影に変装していた大蛇丸でした。

大蛇丸は周辺国家も巻き込んで木の葉の里の崩壊を画策していたのです。

死者をゾンビ化させて使役する禁術、穢土転生を駆使して火影を攻め立てる大蛇丸でしたが、命を賭した火影の秘術により、両腕の自由を奪われ、撤退を余儀なくされます。

 

その間、ナルトとサスケは砂隠れの忍び、我愛羅と戦っていました。

我愛羅はナルトと同じくその身に怪物を宿した忍びでした。激闘の末、我愛羅を退けることに成功したナルト。

戦闘に加わっていたサスケは、己の実力不足を痛感していました。

 

五代目火影就任

逝去した火影(一度リタイヤした後、四代目の死後に再登板しているので三代目です)を継ぐ五代目火影として白羽の矢が立ったのは、「三忍」の一人、自来也でした。

しかし自来也は自分より三忍の最後の一人、綱手の方が相応しいと就任を固辞します。

 

ナルトと共に、綱手探しの旅に出る自来也。

途中で自来也は、最高難度の秘術とされる「螺旋丸」をナルトに伝授してくれました。

見つかった綱手は当初、就任に乗り気ではありませんでしたが、その後、発生した大蛇丸との戦いの中で奮戦するナルトの姿を見て意気を取り戻し、火影になることを決意するのでした。

 

サスケとの別れ

木の葉の里に、世界的に指名手配されている犯罪者集団「暁」のメンバーが侵入しました

その中にサスケの兄、イタチが加わっていました。

イタチはサスケが幼少の頃、両親も含めたうちは一族全員を殺害した憎んでも憎みきれない仇敵でした。

 

イタチに挑むサスケでしたが、手も足も出ず敗北してしまいます。

イタチを倒す力を手に入れるためならどうなっても構わないと思いつめるサスケに、大蛇丸の配下が彼の下に来ないかと誘いをかけて来ました。

大蛇丸に埋め込まれた呪印の効果もあって、木の葉の里を抜け出したサスケ。

彼を連れ戻すため、ナルトやかって中忍試験で戦ったライバルたちが大蛇丸の配下と戦いながら追跡を開始します。

呪印の影響で怪物のように変貌したサスケと戦うナルト。しかし勝負はナルトの敗北に終わり、サスケはいずこかへと姿を消すのでした。

以上がアニメ第一部となります

 

カカシの過去(第一部と第二部の合間のエピソード)

天才少年忍者の賞賛を恣にしていた若き頃のカカシ。

父親が里の掟を破ったことから死に追い込まれてしまったため、規律を重んじ、自由な発想を嫌う傾向がありました。

しかし任務のため、うちは一族の少年・オビトや天真爛漫な少女・リンと行動を共にする内に、人間らしさを取り戻し、前向きな発想ができるようになります。

しかしとある任務の最中、オビトが瀕死の重傷を負ってしまいます。

死の淵でオビトは、自分の持つ一族伝来の瞳「写輪眼」を受け取ってほしいとカカシに伝えるのでした。

 

以下、第二部。アニメではこれ以降、タイトルが「NARUTO -ナルト- 疾風伝」と変更されます。

風影我愛羅

第一部終了からニ年半後、活動を再開した暁が各国に魔の手を伸ばし始めます。

暁の目的は、ナルトや我愛羅のような体内に怪物を宿している「人柱力」を誘拐して、その身の「尾獣」を抜き取ることでした。

砂の里を訪れた暁の人形遣い・サソリと火薬使い・ディダラは我愛羅を襲い連れ去ることに成功します。

我愛羅救出のために木の葉の里から派遣されたのが、はたけカカシと、それぞれ自来也・綱手の下で修行を積んだナルトとサクラでした。

難敵・サソリを倒したナルトたちは我愛羅を救出することに成功します。

尾獣は抜き取られた後でしたが、我愛羅は一命を取り留めました。

かってナルトと戦った我愛羅は、二年半で砂の里の指導者、風影にまで上り詰めていました。

我愛羅と再会の握手を交わしながら、ナルトは火影になるという夢をあらためて誓うのでした。

 

サスケとの再会

対暁戦で体力を消耗してしまったカカシの代理に訪れたヤマトと、新しい仲間、サイと共に次の任務に挑むナルトとサクラ。

以前はサスケを含めた三人チームだったことからサイの存在をなかなか受け入れられないナルトでしたが、少しずつ打ち解けて行きました。

 

任務で大蛇丸のアジトに侵入したナルトたちは、サスケの姿を探します。

実はサイは木の葉の里の暗殺や工作を担う集団である「暗部」の命を受けており、その指名は大蛇丸の元にいるサスケを暗殺することでした。

大蛇丸は他人の肉体に憑依する能力を有しており、肉体が老化する度に憑依を繰り返していました。

次の憑依候補こそがサスケだったのです。

 

大蛇丸と戦うナルトは、戦いの中で九尾の狐の力を暴走させてしまいますが、危ういところでヤマトの能力により踏みとどまりました。

そこにサスケが姿を現します。

サスケを暗殺するよう命令されていたサイでしたが、サスケとの繋がりを取り戻そうと懸命なナルト・サスケを見て、かって大切に思っていた兄との関係を想起させられ、サスケ暗殺を断念します。

しかし二年半ぶりに再会したサスケの忍術は以前とは比べ物にならないほど高度に進化しており、ナルトたちは成すすべもなくサスケを取り逃がしてしまうのでした。

 

暁襲来

木の葉の里に戻り、カカシの指導で様々な新術の習得に励むナルト。

そんな里に、ナルトの身に宿る九尾の狐を奪うため、暁のメンバー、飛段と角都が現れます。

共に不死に近い肉体を持つ両名に里の忍者たちは苦戦を強いられ、上忍・猿飛アスマも命を落としますが、アスマの生徒・奈良シカマルの機知やナルトの会得した新術によって両名の打倒に成功するのでした。

 

暁のリーダー

暁の情報を調べていた自来也は、暁のリーダーの手がかりがあるという雨隠れの国へ潜入しました。

そこで暁のリーダー、ペインと対峙、戦闘に突入しますが、ペインの力は三忍をも凌ぐものであり、自来也は敗北してしまいます。

しかし戦闘の中である違和感を得た自来也は、死の間際にペインの正体を記した暗号を木の葉の里へ送るのでした。

 

サスケと兄・イタチ

大蛇丸の下で実力をつけたサスケは、大蛇丸に叛旗を翻します。

サスケの身体を乗っ取ろうとする大蛇丸でしたが、憑依に失敗、消滅の憂き目を見るのでした。

大蛇丸の配下を引き継いだサスケは、仇敵・イタチの捜索に移ります。

とうとうイタチを見つけ出したサスケはイタチに勝負を挑み、秘術の限りを尽くした末に勝利します。

死に際のイタチが見せた親愛表現に違和感を覚えるサスケ。

その直後サスケの前に現れたのは、かって初代火影と覇を競い、敗死したと伝えられていたうちは一族の頭領、うちはマダラでした。

自分こそが暁のリーダーだと語るマダラは、イタチが一族を滅ぼした行為には理由があったのだとサスケに告げるのでした。

イタチの凶行の原因が木の葉の里の上層部にあったことを知ったサスケは、木の葉に復讐するため、暁に従うことを約束するのでした。

 

ペイン侵攻

今度こそナルトの身に宿る九尾の狐を手に入れるため、暁最強の戦士・ペインを木の葉の里に送り込むマダラ。

ペインの忍術は一瞬で里全土を崩壊させるほどの大規模なものであり、里の忍者たちは次々と斃れて行きます。

カカシさえ落命してしまった直後、里の外で修行を積んでいたナルトが帰ってきました。

修行で会得した「仙人モード」でペインに対抗するナルトは、戦いの途中で体内の九尾を覚醒させそうになる窮地に陥りますが、最終的に自来也が遺してくれたヒントを頼りに、ペインの撃破に成功するのでした。

ナルトの想いに触れたペインは、自分の命と引き換えに死者を完全復活させる術を発動させ、カカシを初めとする木の葉の忍たちを蘇生させるのでした。

 

五影とうちはマダラ

ペインが来襲した際に秘術を使って昏睡状態に陥っていた五代目火影、綱手の代わりとして、木の葉暗部の長、ダンゾウが六代目火影に就任します。

その後、暁への対策について話し合うため、各里の長、火影・水影・風影・土影・岩影が一同に集う、五影会談が開催されました。

会談の場に姿を現したマダラは、暁を使って尾獣を集めさせていた目的を披露します。

その目的は、前向きに人生を生きているものにとっては、決して頷けないものでした。

すでに人造生命体を生産して大軍勢を整えていたマダラは、五影に対して宣戦を布告します。

対する五影たちも、連合軍を編成してマダラに対抗することを決定します。

しかし会談の直後、ダンゾウはサスケに殺害されてしまいます。彼こそ、イタチが一族を滅ぼすきっけをつくった人物でした。

 

忍界大戦

忍者の世界でもそれまで例を見なかったほどの未曾有の大戦が幕を開けました。

当初は人造生命体を主力にする予定だったマダラですが、大蛇丸の弟子である薬師カブトが協力を申し出たことで事態は一変しました。

カブトは大蛇丸が使用していたゾンビを操る禁術である 穢土転生を会得していたのです。

 

穢土転生により蘇らせた各国の猛者を操って連合軍を攻撃させるカブトでしたが、蘇らせた死者の中にうちはイタチがいたことで形勢は逆転します。

カブトの術の支配から逃れたイタチは、反対にカブトを操って術を解除させようとします。

 

その途中、イタチはサスケに出会います。復讐の念に身を焦がしているサスケに、イタチは己の生きる道を見直すよう切々と説き伏せるのでした。

 

黒幕・さらに黒幕

戦況を思うようには支配できないことに苛立ったカブトは、切り札として「うちはマダラ」のゾンビを復活させます。

これに連合軍の面々は驚愕します。ゾンビとして復活したのなら、うちはマダラは死んでいたことになるからです。

では、これまで暁を支配していた自称マダラは何者だったのか?

 

偽マダラの正体は意外な人物でした。

圧倒的な戦闘力で、偽マダラと共に、連合軍を苦境に陥れる本物のマダラ。

イタチがカブトに穢土転生を解除させてもなお、自力で現世に留まっているのです。

 

苦戦するナルトの前に、サスケが現れました。

イタチの言葉に触れ、さらにイタチが呼び出した驚くべき味方たちの言葉にも動かされ、もういちど木の葉の里に戻って世の中を変えていくことを決意したのでした。

こうして、サスケ・サクラ・ナルトの三人組が二年半ぶりに復活しました。

心強い味方たちも続々と到着し、ナルトたちは、マダラと偽マダラ、さらに両者の裏で糸を引いていた真の黒幕に対しても決戦を挑むのでした。

 

ナルトとサスケ、最後の戦い

黒幕たちは倒れ、全ての戦いは集結したかに思われました。

しかしサスケは己のわだかまりを捨て去ってはいませんでした。

忍びの世界の歪みこそが兄・イタチを悲劇に追いやったと考えるサスケは、五影全員を殺め、自分の力で世界に革命を起こすのだと宣言します。

ことここに至っては、言葉で理解し合うのは不可能と考えたナルトは、サスケに全力の勝負を挑みます。

果てしなく続くと思われた戦いの果てに、二人は重症を負って倒れました。そうして、二人はようやく和解を果すのでした。

 

七代目火影

十数年の月日が流れました。かっての少年たちは年をとり、家庭を築いている者もいます。

今日は久しぶりの五影会談の日。遅れて会議の席に現れたのは、立派な大人になった七代目火影、うずまきナルトでした。

 

『NARUTO-ナルト-』の面白いところまとめ

人気漫画・アニメとして今でも愛されている『NARUTO-ナルト-』ですが、どんなところが面白いのでしょうか?

面白いところ1:世界中を魅了した忍者コミック

『NARUTO-ナルト』は、日本のみならず世界中で大人気となった人気コミックです。

忍者を主人公にした漫画はこれまでも数多く連載されてきましたが、この作品で描かれるポップかつスタイリッシュな忍者のスタイルは類を見ないものでした。

それまで黒ずくめ、顔を隠したままというルックスが基本だった「忍者」のイメージに革命を及ぼしたのが本作なのです。

 

面白いところ2:人が人を「認める」ことの大切さを説いた人間ドラマ

第一話の時点で主人公のナルトは、家族も友達もほとんどいない孤独な少年です。

コミュニケーションの取り方も、人への接し方も分からないほど孤立している少年が、徐々に友達を増やし、最初は彼のことを気味悪がっていたり侮っていた人間にも認められ、最終的には一国の指導者の地位にまで上り詰めます。

本作で最も重要なキーワード、それは「認める」という言葉だと思います。

ナルトの努力が実を結び、あきらめない彼の姿を観て周りの人間も感化され、ナルトのことを大事に思うようになって行く。

本作はアクションシーンだけが売り物の漫画ではなく、心の交わりを描いた人間ドラマでもあります。

 

面白いところ3:二転・三転する勢力争い

『NARUTO-ナルト』は忍者の世界を描いた物語です。

忍者の主な勢力は大きいものだけで5つ。さらにその周辺に数カ国の小国が混ざっているため、十以上の勢力がしのぎを削りあっている状態です。

これらの各勢力がときに協力し、ときに敵対し、最後は世界の危機をもたらす巨悪に対して一致団結して戦いを挑むます。

こうした各陣営の関わり方が変化していく様を楽しめるのも、本作の魅力の一つです。

 

面白いところ4:奇想天外な忍術の数々

本作品で登場する「忍術」は、それまでの忍者漫画に登場するそれに比べると、「魔法」的なニュアンスが強いものが多くなっています。

そのためよくこんなアイデアを思いついたなあ、と感心させられるユニークな術が数多く登場します。

とくに読者の印象に残るのが中盤~終盤にかけて使用される「穢土転生」という術です。

簡単に言うと死んだ人間をゾンビのようにして操る術なのですが、読み進めるうちに、「よくこんな使い方を思いつくなあ……」と感心させられることになるでしょう。

 

 

『NARUTO-ナルト』は、世界中のクリエイター、とくにアクション漫画の作者に絶大な影響を与えた珠玉の名作です。

連載開始からすでに二十年以上が経過していますが、その内容は全く色褪せてはいません。漫画好きなら、読んで損をすることは絶対にない作品です。

『ナルト/NARUTO』を無料視聴する方法

『ナルト/NARUTO』のアニメをもう一度見たい!

という方は、『ナルト/NARUTO』のアニメを全話無料視聴する方法を参考にしてみてくださいね!

 

『ナルト/NARUTO』のアニメ全話を無料視聴する方法はこちら!

※このサイトの中の別の解説記事にジャンプします。

 

まとめ

以上、今回は『NARUTO-ナルト-』のあらすじの解説や、面白いところなどをまとめてみました。

未だなお人気が衰えない『NARUTO-ナルト-』。

皆さんもぜひこの機会に楽しんでみてくださいね♪

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。