映画

ポニョのお父さんフジモトは何者でなぜ人間嫌いになった?目的やどうやって海の中で生活しているのか

ジブリ作品の『崖の上のポニョ』

主人公の宗介と出会うポニョですが、その父親についてはかなり謎に包まれています。

ポニョのお父さんであるフジモトは、なぜ人間嫌いになったのでしょうか?

また、元々は人間なのか?どうやって海の中で生活しているのか?

などについても解説していきます。

ポニョのお父さん:フジモトは何者?

『崖の上のポニョ』で、ポニョのお父さんとして登場するフジモト

 

最初『フジモト』って名前を聞いた時、凄いおっさんをイメージしてしまったんですが・・・(高校の時の担任が『フジモト』だったんですよ笑)

案外高見沢さんのような見た目の若々しいお父さんでしたw

 

フジモトは、陸でも海でも生活することができ、庭に除草剤を大量に撒いている事でリサから変人扱いされています。

>>崖の上のポニョのリサが嫌いでなぜ宗介は呼び捨て?最後のセリフや死んだのか

 

リサは除草剤だと思っていますが、実際には除草剤ではなく海水を撒いているらしいですが・・・(乾燥を防ぐためとかなんとか)

 

いつもストライプのジャケットを羽織っているのがトレードマーク。

 

フジモトの年齢については不明とされていますが、割とシワがある感じなので、見た目年齢は40歳くらいかな〜と思っています。

 

ポニョはフジモトのことを嫌っていて、宗介には「悪い魔法使い」「ポニョを閉じ込める」などと語っています。

『フジモト』の由来は?

ポニョの父親の名前が『フジモト』なのはなぜなのか?

 

結構気になりますよね。

 

しかし、名前の由来については明らかにされていません。

 

なので、実際になぜ『フジモト』になったのかは謎です。

 

ただ、『崖の上のポニョ』の世界の話で言えば、元々人間だった時に『フジモト』という名前であった可能性は高いですね。

ポニョのお父さん:フジモトはなぜ人間嫌いになったのか?

そんなポニョのお父さん、フジモトですが、人間嫌いになって海の中で生活しているという設定ですよね。

 

しかし、フジモトはそもそもなぜ人間が嫌いになってしまったのでしょうか?

 

フジモトは”魔法使い”とされていますが、元々は人間です。

 

人間時代については、

若い頃は『海底二万里』に登場する潜水艦「ノーチラス号」にて唯一の東洋人乗組員として働いていたが、少年だったフジモトはグランマンマーレに出会い恋に落ち、その後結ばれる。海棲生物を育てる魔法使いになったとされている。本編では、人間を辞める際の苦労を振り返るフジモトの発言があるが、魔法使いになる迄の前歴を示す描写は登場しない。

出典:崖の上のポニョWikipedia

と記載されています。

 

ちなみにノーチラス号は1870年代を舞台にしているため、その時生きていたということは・・・100歳はゆうに超えています。

 

(ノーチラス号自体も架空の物語です。)

 

ポニョの父であるフジモトは、”人間の破壊性”に愛想を尽かしたため、人間であることを辞めたとされています。

 

人間の破壊性・・・とは具体的に語られていませんが、自然を壊したり、ゴミを排出することなどが挙げられますね。

 

魔法使いであることは間違いないようなので、1870年以降、何らかの形で人間から魔法使いになったのでしょうね。

 

フジモトを魔法使いにしたのはグランマンマーレ?

1番濃厚な説としては、グランマンマーレ(ポニョの母)が、フジモトを魔法使いにしたという説です。

 

グランマンマーレは強い魔力を持っていますから、フジモトを何らかの呪文や力で魔法使いにした可能性がありますね。

 

ちなみに、グランマンマーレとフジモトの間にポニョはどうやってできたのか?という下衆な勘繰りをした記事は

>>グランマンマーレの正体は女神でモデルは?ポニョはどうやって生まれたの?

の記事にて考察しています。

ポニョのお父さん:フジモトはどうやって海の中で生活しているの?

そんなフジモトですが、魚ではないため、どうやって海の中で生活しているのか?というところも気になりますよね。

 

フジモトは、

海中では窒息を防ぐため、頭部をマスクのような泡で覆っている。

出典:崖の上のポニョWikipedia

とされています。

 

一応、普通に呼吸はできないみたいですね。

エラ呼吸みたいな、魚的なことはできないようです。

 

魔法使いなのに・・・w

 

多分ハリー・ポッターで出てくる『あぶく頭呪文』みたいなやつで窒息を防いでいるのかもしれませんね。

 

しかし疑問なのは、海底で普通に歩いて生活しているんですよね。

泳ぐとかじゃなくて。

 

浮力とかあって色々物理的に無理だろ〜と思うんですが、その点は魔法使いだから(?)通常通り生活できるみたいですね。

フジモトの目的や普段何してるの?

では、フジモトは普段一体何をしているのでしょうか?

そして、フジモトの目的とは一体何なのでしょうか?

 

フジモトは普段、

  • 水魚などの魔物を操る
  • 結界を張る
  • 海棲生物の養殖
  • 生命の水の貯蔵

などを行なっています。

 

海棲生物の養殖は、主にクラゲの養殖を行なっているようですね。

 

お金とかは特に関係ない生活をしているんじゃないでしょうかね。

 

何食べてんだろうな〜とは思いますが。

フジモトの目的は?

フジモトの目的は、『生命の水』を使ってカンブリア紀のような『海の時代』を再来させることです。

 

カンブリア紀の『海の時代』とは、海洋が地球全てを覆い尽くしている時代のことですね。

 

詳しいところは私もよく知りませんが、とにかく地球から人間が滅び(?)、世界を海で覆い尽くすということが目的なのではないでしょうかね。

 

フジモトは地球を破壊する人間を嫌っていましたから、人類という文明を終わらせ、かつての地球の姿を取り戻したい・・・という感じなのではないでしょうか。

 

フジモトはこの『生命の水』を井戸いっぱいにした時に、カンブリア紀のような海の時代がやってくると信じていました。

 

『生命の水』がいったいどういう物なのか?

どうやって作り出すことができるのか?

詳しいところはわかっていません。

まとめ

以上!今回は『崖の上のポニョ』のポニョの父親、フジモトについて解説しました!

『崖の上のポニョ』をぜひ楽しんでみてくださいね!

 

▼こちらの記事もおすすめです

>>崖の上のポニョはつまらない?伝えたいことや時代設定をわかりやすく解説!

>>崖の上のポニョのリサが嫌いでなぜ宗介は呼び捨て?最後のセリフや死んだのか

>>グランマンマーレの正体は女神でモデルは?ポニョはどうやって生まれたの?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。