ハリーポッター

【ハリーポッターの護りの魔法とは】ペチュニアの最後のあれについても解説!

ハリーポッターの護りの魔法やペチュニアの最後のあれについて解説!

『ハリー・ポッター』シリーズを語る上で欠かせない『護りの魔法』

ハリーの母親であるリリー・ポッターが自分の死をもってかけた魔法ですが、『護りの魔法』についてちんぷんかんぷんという方も多いのではないでしょうか?

映画では深く語られない『護りの魔法』ですが、どのような方法でかけることができる魔法なのでしょうか?

また、『護りの魔法』の効果や、ペチュニアの『最後のあれ』とは何なのか?についても解説していきます。

ハリー・ポッターの護りの魔法とは?

まずは、『ハリー・ポッター』シリーズで重要な肝となる、『護りの魔法』について解説します。

『護りの魔法』を簡単に説明すると、

愛の力を使って愛する者を守る魔法

ということですね。

 

作者であるJ.K.ローリングさんは、『護りの魔法』についてこう語っています。

血の絆は、家族の愛によって犠牲が生まれたときに誕生する、きわめてパワーのある古の魔法である。その犠牲は、護られた者の血の中に生き続ける。しかしながら、呪文が唱えられなければ、また、その他の血族者の意思によってそのパワーがシールドされることがなければ、完全に「護りの力」が効果を発揮するわけではない。多くの古の魔法と同じように、血の絆はミステリアスでありパワフルであり、多くの魔法使いがまだ完全に理解できているわけではない。

 

『護りの魔法』が発動するのは、

  1. 家族がその者のために犠牲となった時
  2. 血の繋がりのある者の保護にある状態であること

この2つの条件が必要であるということですね。

 

ハリーの母親であるリリーは、ハリーを守るために自らが犠牲となり死んでしまいました。

その時、ハリーに『護りの魔法』が効いたのだと考えられますね。

リリーはハリーのことを愛していたため、『護りの魔法』を使うことができました。

ヴォルデモートは『愛』というものを軽視していたため、『護りの魔法』の力を侮り、ハリーを殺すことができなかったのです。

 

もちろん、この『護りの魔法』はどんな魔法使いも簡単に扱える魔法というわけではなく、高度な技術を持った魔法使い・魔女のみが使うことができる魔法になります。

リリーはホグワーツ入学前から魔法力を扱うことができたとされており、(『ハリー・ポッターと死の秘宝』にて記載されています)生まれながらにして魔力を扱うことに長けていたと考えられます。

ホグワーツの学生時代も、同じくマグル生まれのハーマイオニーのような優等生で魔法が素晴らしく得意だったとホラス・スラグホーンが語っています。

護りの魔法の効果

『護りの魔法』の効果としては単純明快で、

『護りの魔法』が効いている間は、護られている者(ハリー)に対して攻撃することができない

というものです。

そのため、『ハリー・ポッターと賢者の石』で、ハリーがヴォルデモートが憑依したクィレルに襲われそうになった時、クィレルはハリーに触れた途端皮膚が焼けただれます。

クィレルが死んだ理由やヴォルデモートに憑依された理由については、こちらの記事にて解説しています。

 

このように、ハリーを攻撃しようとする者は、ハリーに触ることすらできないということです。

この『護り』こそが、『護りの魔法』の効力であると言えますね。

『護りの呪文』の効力を失う時

さらに、『護りの魔法』は17歳になると効力を失います。

ハリー・ポッターの世界では17歳で成人することになっていますから、ハリーが17歳になる1997年7月31日で、リリーの魔法の効力は切れてしまいます。

(ちなみにイギリスで成人は18歳から)

 

『護りの魔法』は、未成年のうちにしか作動しないということですね。

また、もう1つ効力を失う場合があり、それは血縁がある者との家を、『家』と呼ぶことができなくなった時です。

このあと詳しく解説しますが、ハリーがダーズリー一家に留まっていたのは、この『血の力』があったからです。

赤ちゃんのハリーが死ななかった理由

赤ちゃんのハリーがなぜあの時『死の呪い』を受けても死ななかったのか?

それは、『護りの魔法』が効いたことにより、ヴォルデモートがハリーに対して攻撃することができなくなったからです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

What better way to say goodbye to 2016 … Happy 90th birthday, Lord Voldemort! Follow the link in our bio for tips on how to celebrate today.

Pottermoreさん(@pottermore)がシェアした投稿 –

 

ヴォルデモートが発した『アバダケダブラ』の死の呪いは、ヴォルデモート自身に跳ね返ります。

そのため、ハリーには稲妻型の傷跡が残り、ヴォルデモートは肉体を滅ぼしたのです。

 

ヴォルデモートがなぜ生き延びたのかについては、分霊箱が関連しています。

分霊箱については、こちらの記事にて解説しています。

また、ヴォルデモートが肉体を滅ぼしたのにも関わらず、再び復活した方法については、こちらの記事にて解説しています。

ペチュニアの『最後のあれ』とは?

また、『護りの魔法』を語る上で欠かせないのは、ペチュニア・ダーズリーの存在ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pottermoreさん(@pottermore)がシェアした投稿

 

ペチュニアは、ハリーの母であるリリーの姉になります。ハリーの唯一の肉親ですね。

 

ハリーは1歳の時に両親を亡くし、ダーズリー一家に預けられます。

なぜハリーは孤児院に預けられなかったのか?

ここにはきちんとした理由があったのです。

血の力が必要不可欠だから

それは、先ほども少し触れた通り、『護りの魔法』には、『血の力』が必要不可欠だということです。

ハリーの母親のリリーと、ペチュニアは血の繋がりがあります。

魔法の世界では、この『血の繋がり』が重視されており、『血の力』によってより『護りの魔法』を強力にし、ハリーを守ることができるというわけです。

 

原作にはこう記されています。

きみが、母上の血縁の住むところを自分の家と呼べるかぎり、ヴォルデモートはそこできみに手を出すことも、傷つけることもできぬ。

ヴォルデモートは母上の血を流した。

しかしその血はきみの中に、そして母上の姉御の中に生き続けている。

母上の血が、きみの避難所となった。

そこに一年に一度だけ帰る必要があるが、そこを家と呼べるかぎり、そこにいる間、あやつはきみを傷つけることができぬ。

引用:『ハリー・ポッター』原作小説より

ということで、ハリーはペチュニアの側にいる必要があったのですね。

ハリーがダーズリー一家を『家』と呼べる間は、リリーと血縁関係にあるペチュニアが側にいることで、ハリーのことを守ることができるということです。

 

確かに、よく考えればマグルしか住んでいないプリベット通り4番地の家は、ヴォルデモートやデスイーターがハリーを誘拐したり襲ったりするにはうってつけの場所ですよね。

ホグワーツに入ってしまうと、ハリーはダンブルドアの保護下に置かれますから、簡単に手出しすることができません。

なぜマグルだらけのプリベット通りにヴォルデモートがやってこなかったのか?というと、そもそもハリーの住んでいる場所を見つけることすらできなかったからです。

ヴォルデモートはハリーのことを殺そうとしていますから、ハリーが護られている『家』に入ることも、見つけることもできないようになっています。

 

上記のような理由から、ハリーはダーズリー一家に一年に一度は帰る必要があったのです。

と言っても、ハリーは夏休みの間ずっとダーズリー一家にいた訳ではなく、クディッチワールドカップに行ったり、ロンの家や、グリモールドプレイス12番地のシリウスの家にいたこともありました。

これを考えると、おそらく一年に一度帰ってしばらく過ごせば、魔法は効き続けるということなんだと思います。

あくまでも、ハリーがダーズリー 一家の家を『自分の家』と認識することが大事なんだとか。

ペチュニアの『最後のあれ』

そして、ペチュニアの『最後のあれ』について。

『最後のあれ』とは、ダンブルドアが残した手紙のことです。

 

ダンブルドアはハリーを預ける際、ハリーと共に手紙を残しておきました。

手紙には『護りの魔法』について詳しく書かれており、ハリーをダーズリー家を『家』と呼べるように、ハリーを実の息子のように育て、庇護の下に置いておいて欲しいというものでした。

(ダンブルドアは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の冒頭でダーズリー一家を訪ね、ハリーを”実の息子のように”育てなかったことに対して怒りの様子を露わにしますが)

その『護りの魔法』について思い出せというメッセージが、『最後のあれを思い出せ』だったんですね。

ペチュニアはホグワーツに入りたかった

さらに、映画では触れられていませんが、原作では、ペチュニアがホグワーツに興味を示していたと言う描写がされています。

『ハリー・ポッターと死の秘宝』の33章『プリンスの物語』にて、セブルス・スネイプとリリー・エヴァンス(ハリーの母)の過去について登場するシーンがあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pottermoreさん(@pottermore)がシェアした投稿

 

リリーは幼い頃から特別な能力(魔法)を使うことができ、ペチュニアはその能力をどこかで羨ましいと感じていました。

そして、リリーにホグワーツから入学の案内が届くと、ペチュニアもダンブルドアに手紙を書き、自分もホグワーツに入れて欲しいと頼んだのです。

しかし、残念ながらペチュニアはホグワーツに入学することはできませんでした。

その後、リリーとペチュニアの関係はより険悪なものとなってしまいます。

 

さらに、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の原作冒頭で、ペチュニアはハリーが『吸魂鬼(ディメンター)』について話すと、ペチュニアは『吸魂鬼(ディメンター)』について知っていると話します。

「アズカバンを守っている看守」であるということを、実は幼いリリーとセブルスの会話から聞き取っていたのです。

 

原作の翻訳ミスがありましたが、ペチュニアが会話を聞いたのはリリーとジェームズとの会話ではなく、セブルスとリリーの会話だったんですね。

普段は魔法の「ま」の字も言えないペチュニアが、吸魂鬼のことを話すシーンは、ハリポタファンからすれば結構な衝撃シーンの1つですね。

ハリーポッターシリーズの映画や本を無料で見る方法

ハリーポッターシリーズを視聴したい方のために、無料で視聴できる方法をご紹介します。

『ハリーポッター』シリーズを無料視聴したい方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね!

『ハリーポッター』シリーズを全作品無料視聴する方法はこちら

 

さらに、『ハリーポッター』の原作本を無料で読む方法もあります!

原作を読んでもっと深く『ハリーポッター』について知りたいという方は、こちらの記事で『ハリーポッター』の原作小説を無料で読む方法について参考にしてみてくださいね♪

『ハリーポッター』の原作小説を全巻無料で読む方法はこちら

まとめ

  1. 『護りの魔法』は、愛の力を使った魔法界の古い魔法
  2. 『護りの魔法』がかかっている限り、敵は手出しができない
  3. 『護りの魔法』は17歳の誕生日まで有効&血縁者の近くにいる必要がある
  4. ペチュニアは『護りの魔法』について知っていた

『ハリーポッター』シリーズは、原作小説を読んでいないと難解な部分もありますね^^;

『ハリーポッター』シリーズについては詳しく解説&考察しているので、その他の解説&考察記事もぜひ読んでみてくださいね!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

POSTED COMMENT

  1. ハンナ より:

    護りの呪文は、ヴォルデモートが殺したその他大勢の人々は使えなかったのでしょうか。
    魔法界でリリーしか使うことができなかったのでしょうか。
    ヴォルデモートに襲われて子どもを護るために自らを犠牲にした母親は他にいなかったのか、、散々殺していたらしいので、多数いたのかなあと思うのですが、
    なぜハリーのみ生き残ったのか、、不思議です。

    • ウパ子 より:

      コメントありがとうございます!
      なるほど・・・そういう見方もありますよね。
      個人的な見解としては、

      ・自分の子供(ハリー)が目の前で殺されそうになったから(他の人は自分の子供や愛する人が殺されても、その場にいなかったことも多い)
      ・リリーの魔法能力が高かった(護りの魔法は魔法力が高い優秀な魔法使い・魔女にしか使えない魔法という言及が原作の中でされています)

      というところかな?と思います^^
      まあ、結局はハリーを『生き残った男の子』にしないと、ストーリーが成立しないからってところが大きいと思いますが(^_^;)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。