映画

ファンタビのティナがうざいし嫌い?心が読める開術士なのか?

『ファンタスティック・ビースト』シリーズで、ヒロインの立場となるティナ・ゴールドスタイン。

しかし、そんなティナがうざいと言われているようです。

ティナはなぜうざいと言われるのでしょうか?

また、ティナも妹のクイニー同様、心を読むことができるのか?について解説していきます。

ポーペンティナ・ゴールドスタインとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fantastic Beastsさん(@fantasticbeastsmovie)がシェアした投稿

生年月日 1901年8月15日
出身地 アメリカ合衆国
血統 半純血
身長 172cm
所属 アメリカ魔法議事会(闇払い・魔法の杖認可局)
出身校 イルヴァーモーニー魔法魔術学校

ポーペンティナ・ゴールドスタインは、アメリカ合衆国の魔女。

半純血との設定ですが、両親をドラゴン疱瘡で幼い時に亡くしているため、詳しい出生については不明となっています。

 

妹にはクイニー・ゴールドスタインがおり、ニューヨークで2人暮らし。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fantastic Beastsさん(@fantasticbeastsmovie)がシェアした投稿

 

アメリカ魔法議事会(マクーザ)の闇払いとして働いていましたが、虐待されるクリーデンスを助けるために魔法を使い、そのことがきっかけで『魔法の杖認可局』に左遷されてしまいます。

 

 

ファンタビのティナがうざいし嫌い?

そんなティナですが、ファンタビを見た人たちから

  • うざい
  • 嫌い

などの声が挙がっています。

 

ティナはなぜうざい、嫌いと言われるのでしょうか?

 

ティナの小うるさいおばさん感が嫌い

まず第1に挙げられるのは、「ティナの小うるさいおばさん感」が嫌いという声。

 

 

確かに、ちょっとティナはおばさん感がありますね。

どことなく垢抜けないというか・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fantastic Beastsさん(@fantasticbeastsmovie)がシェアした投稿

 

ちなみに、ティナ・ゴールドスタインを演じたのは、

キャサリン・ウォーターストンさん

というアメリカの女優さんです。

 

1980年生まれで、2019年現在で39歳。

 

まあ、普通に考えたら39歳はそれなりにおばさん・・・

 

キャサリン・ウォーターストンさんは、ティナ役じゃなければ美人さんです。

 

ティナはなんか、髪型がもっさい感じですよね。

おそらく、映画的に妹のクイニーと対比させたかったのではないかと思います。

 

小うるさいおばさん感についてですが、ティナって日本人女優の松本若菜さんに似てませんか?

松本若菜さんご自身は美人さんなのですが、 役柄が結構小うるさいおばさん感がある役が多い感じがします。

ちょっと神経質というか・・・。

 

私個人的には、ティナと松本若菜さんが演じている役柄がちょっとマッチしていて、その点から小うるさいおばさん感が出ている感じがしました。

 

ニュートの邪魔をしていてうざい

また、ストーリー的にニュートの邪魔をしている点も、ティナがうざいと感じる一因ですね。

 

ストーリーとして、ティナが邪魔に入らなければ物語が展開しないので、ティナが悪いわけではないんですが・・・w

 

ティナがニュートを魔法議事会に連れて行ったり、結局そのせいで捕まって死刑まで宣告されたりなど・・・。

 

やっていることの空回り感がひどいです。

 

また、ティナはクリーデンスを助けるためにノーマジの面前で魔法を使い、闇払いから別の部署へ左遷されています。

ティナは再び闇払いに戻りたいがために、ニュートを捕まえて手柄を上げようとしている利己的な部分が『うざい』と思われる要因の1つになっていると感じます。

 

 確かにティナはうざいけどストーリー的に必要!

私個人的にも、最初に『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を見たときに、ティナがうざいと感じていました。

 

あ〜イライラする!

 

という感情になりましたw

 

しかし、ストーリーの展開的にはティナは重要な役割を担っていますよね。

 

1.そもそも、ティナがニュートを捕まえなければ、ティナとニュート、クイニーとジェイコブが出会うことはなかった。

 

2.さらに、ティナとニュートが捕まらなければ、グレイブスが悪者だと気づくことができなかった。

(グレイブスがオブスキュラスを利用しようとしていると気づいたのは、ニュートの尋問中でした)

 

3.ティナとニュートが出会わなければ、クリーデンスとニュートを結びつけることはなかった。

 

 

以上のことから考えても、ティナのあのうざい感じも、ストーリー的には必要だったというわけですね。

 

ファンタビのティナは心を読める開心術士なの?

うざい、嫌いなどと言われるティナですが、ティナも妹のクイニー同様、心を読むことができる開心術士なのでしょうか?

 

ティナの妹のクイニーは、人の心を読むことができます。

 

クイニーは生まれつき心を読む能力があったとされていますが、そうだとすれば、姉妹であるティナも同じく心を読む能力を持っていそうな気がしますよね。

 

しかし、ティナに開心術の能力があるという設定は今のところ無いようです。

 

ただ、ティナも心が読めるのでは?と巷では言われているようですね。

 

 

クイニーは心を読むことを隠していませんが、もしかしたらティナは心を読める、開心術の能力があることを隠しているのかもしれません。

 

まあ、開心術の力があると言うのは面倒だし、人から距離を取られてしまいますからね。

 

ティナの心が読めるのでは?と思った理由は、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のラストシーンです。

 

ニュートがイギリスに帰る船に乗る際に、ティナとニュートがちょっとした会話を交わします。

 

ニュート「色々と・・・」

ティナ「本当に・・・」

 

ニュート「帰ったら本を出版する」

ティナ「楽しみにしてる『幻の動物とその生息地』」

 

ティナ「リタ・レストレンジも読むの?」

ニュート「誰?」

ティナ「飾ってた写真の女性」

ニュート「彼女が今何が好きか知らない。人は変わるから。」

 

 

  •  なぜニュートが出版する予定だった『幻の動物とその生息地』の題名をティナは知っていたのか?
  • リタ・レストレンジについては聞かされていないはずなのに、なぜ名前を知っていたのか?

 

という疑問が残ります。

 

このことから考えても、ティナはニュートの心を読めたと言えるかもしれません。

 

クイニーほど強い能力はないのかもしれませんが、ティナも心を読める設定があるのかもしれませんね。

 

今後のファンタビシリーズで、ティナの能力も明らかになることに期待しましょう!

まとめ

以上!今回はファンタビのティナはうざいし嫌い?

ティナも心が読めるのか?について解説しました。

 

まだまだストーリーが展開されていく『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。

今後の展開も楽しみですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。