キングダム

キングダム河了貂の最後は死亡する?強さや戦闘力は?

河了貂は飛信隊の軍師ですから、本陣で全体の状況を見極めながら戦術を練るのが本来の役目であると言えるでしょう。

ところが河了貂は、隊の危機を救うために戦場に深く入り込んで自ら立て直したり指揮を執ったりする事が多く、何度も危険な目に遭っています。

そのため、読者の間では「このままではいつか死んでしまうのではないか」と心配する声が多く聞かれ、河了貂死亡説がまことしやかに語られたりもしています。

そこで今回は、河了貂の死亡説について考察し、さらには河了貂の強さや戦闘力についても検証していきたいと思います。

キングダムの河了貂とは

河了貂は、山民族の中でもかなりの強さを誇っていたとされる梟鳴族の生き残りです。

5歳のときに唯一の身内であった祖父に先立たれ、それからは黒卑村という危険な環境の中、たったひとりで生き抜いてきました。

女の子のままで生きることは難しいと判断した河了貂は、フクロウの被り物で正体を隠し、ならず者の手先として何でもやってきました。

 

その後、信や政と出会うことでひとりぼっちの寂しさから解放され、人とのつながりや触れ合いを体感していくことになります。

王弟の反乱や嬴政の暗殺など、厳しい戦いにも進んで参戦し、非力ながらも吹き矢を武器に、大いなる活躍を見せています。

 

その後は兵士としてではなく軍師として戦場で戦うことを決め、軍師学校で戦術や知識を学び、昌平君からは『特別軍師許可』ともらって、晴れて飛信隊の軍師を務めることになります。

戦術に関してはかなり有能で、飛信隊を何度も勝利に導いてきました。

河了貂は馬も乗りこなせるし、敵を察知したり危険を回避したりする能力には優れていますが、戦闘力という点においては少々心許ない部分もあります。

仲間の危機を救うためには、後先考えずに戦場へと突入していくこともあり、度々危険な目に遭っていますね。

河了貂の最後は死亡する?

河了貂は飛信隊の勝利のためにかなり無茶な作戦を立てることもあるし、自分自身を危険に晒すこともあります。

これまでにも、一歩間違えば命を落としていたかもしれない場面が何度もありましたね。

の防衛戦

合従軍との最終戦であるの防衛戦では、敵将カイネに殴打され、危うく連れ去られるところでした。

その後駆けつけた信によって攻撃を受けたカイネは城から落下しそうになるのですが、なんと河了貂は、そのカイネに救いの手を差し出すのです。

しかしこの後河了貂は、カイネに殺されかけます。

この出来事は河了貂の義理堅さを知るシーンでもあり、同時に軍師としての甘さが露呈したシーンでもありました。

魏国軍との戦い

呉鳳明率いる魏国軍との戦いの中では、軍師荀早の指示によって拉致されて、拷問・凌辱の危機にもさらされましたね。

のお手柄によって人質交換という方法で助け出されましたが、この事件は河了貂最大の危機だったと言っていいでしょう。

この時、敵将凱孟が河了貂に「このまま行けばお前は必ず最悪の結末を迎えることになるぞ」と忠告したセリフが、この先の河了貂を暗示しているようにも思えて、非常に気になるところです。

朱海平原での戦い

朱海平原での戦いの終盤では、敵将金毛にピンポイントで狙われ、危うく命を落とすところでした。

肩や手を射抜かれて大怪我を負い、あわやのところで弓矢兄弟の仁と淡に救われましたが、今後もこのような危険にさらされるかもしれません。

金毛は、飛信隊の強さの秘密は隊長である信の武力のせいだけでなく、河了貂が軍師として隊の力を引き出しているからだと見抜き、河了貂を標的にしました。

今後も金毛のような考え方をする敵将が出てくるはずですから、戦場に軍師自ら飛び込んでいくような無鉄砲な戦いを続けていけば、いずれ命を落とす可能性は十分にあります。

 オリジナルなので生死が読めない

河了貂は、歴史上に実際に登場する人物ではなく、『キングダム』というストーリーの中のオリジナルキャラクターであることが、作者の原泰久先生から明かされています。

河了貂を生かすも殺すも原先生次第なので、今後も河了貂の死亡説が浮上したり消えたりすることになるでしょう。

河了貂の強さや戦闘力は?

河了貂の強さや戦闘力は、正直なところそれほど高くはないと言えます。

馬を乗りこなす技術はあるようですが、剣や矛を手にしているわけでもなく、使いこなすような場面も描かれていません。

周囲を隊員が守ってくれている間は安心かもしれませんが、河了貂が戦場に積極的に出向いていけば、金毛に狙われた時のような窮地に陥るのは目に見えています。

 

2012年に発行された公式ガイドブックでは、河了貂の評価は『武力(吹き矢付き)が60』と決して高くはなく、その2年後に発行されたガイドブックでも『武力62』と評価されています。

その後戦闘力が飛躍的にアップしたような形跡もありません。

 

河了貂は軍師を目指すと決心したとき、信に「軍師とは策を練る専門家で、剣は使わず頭で戦う! お前ら兵隊を駒扱いして戦を勝利に導いてやる」と宣言しています。

もともと備わっていた賢さと実戦での対応力は、河了貂の大きな武器です。

今の河了貂は、そこに軍師学校で学んだ知識とこれまでの経験がプラスされ、敵国の将が一目置くほどの優秀な軍師に成長しています。

 

河了貂には、戦場の真ん中に入り込んでいくような無茶をせずに、知力を武器にどっしりと構え、秦国の勝利のために貢献してほしいものですね。

『キングダム』のアニメ&漫画を無料で見る・安く買う方法

漫画全巻をほぼ半額で買う
ペンちゃん
ペンちゃん
キングダムの漫画が読みたくなってきたな〜!でも、漫画って買うと高いんだよね・・・全巻買ったら35000円もするし・・・
ゴマくん
ゴマくん
『キングダム』の漫画は、ある方法を使えばほぼ半額で全巻買うことができるよ!

『キングダム』の漫画を全巻ほぼ半額で購入する方法は、コチラで解説しています↓

『キングダム』の漫画を全巻ほぼ半額で買う方法はこちら

アニメを無料で見る
ペンちゃん
ペンちゃん
『キングダム』のアニメは無料で見る方法はないの?
ゴマくん
ゴマくん
キングダムのアニメも無料で見る方法があるよ!

『キングダム』のアニメを無料視聴する方法は、こちらの記事で解説しています!

『キングダム』のアニメを無料視聴する方法はこちら

まとめ

  1. 河了貂は、仲間の危機を救うためなら危険な戦場へ入り込んでいくタイプの軍師である
  2. 河了貂が物語の途中で死亡するかもしれないという説がある
  3. 河了貂の戦闘力の評価はそれほど高くない

 『キングダム』が連載した当初、河了貂はマスコット的なキャラクターで登場させたと、作者の原先生は語っています。

ところが、河了貂の人気がかなり高かったために、マスコット扱いではもったいないという編集者のアイデアで、途中から軍師を目指すという展開になったといいます。

歴史には登場しないオリジナルのキャラクターなので、途中で死を迎えるのか、それとも中華統一まで生き残るのかは、予想もつきません。

ただ河了貂は、魏国軍に拉致されたとき、凱孟の前で「信と一緒に幸せになりたい」と口にしています。

その望みが叶えられるように祈りながら、今後の活躍を応援していきたいものですね。

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。