アニメ

ブラッククローバーのヤミの魔法の技や強さまとめ!過去や正体は?

ブラッククローバーのヤミの魔法の技や強さまとめ!過去や正体は?

漫画ブラッククローバーに登場するヤミ・スケヒロは、主人公、アスタが所属する魔法騎士団『黒の暴牛』の団長であり、常にアスタの一歩前を進み、アスタの目標になってくれる尊敬すべき上司です。原作の人気投票でも2位を獲得するなど、読者人気も高いキャラクターです。

このコラムでは、ヤミのプロフィール、魔法と戦闘方法、過去の秘密などについて詳しく解説します。

ヤミ・スケヒロのプロフィール

年齢は28歳。身長183cm。血液型はO型。大柄の体格と鍛え抜かれた筋肉の持ち主で、無造作に生やした髪と髭が粗野な印象を人に与えます。

魔導士としての階級は大魔法騎士。魔法騎士の最高峰、魔法帝を目指すと言ったアスタを気に入り、黒の暴牛への入団を許可しました。言動はぶっきらぼうで適当に思われますが、彼の言動に励まされて生き方を変えるきっかけを得た団員も多く、団員からは尊敬されています。

タバコが大好きで、常に口にくわえています。また関わった相手に変わったあだ名を付けるのが好きです。

『碧の野薔薇』の団長、シャーロット・ローズレイに想いを寄せられていますが、本人は気付いておらず、彼女のことを「トゲツン女王」などと呼んでいます。

ヤミの魔法や技は?

闇魔法

ヤミが使用する魔法は闇魔法。魔導士の強さを示す『魔道階域』という区分ではイレギュラーの『冥域』に区分される魔法で、引力を発生させるような効果を持つほか、悪魔のような冥府の存在に対しても特別なダメージを与えることのできるレアなものです。

ただし闇魔法はスピードがほとんど出ない性質なので、ヤミは身体強化の魔法や後述する様々な技術を混ぜ合わせ、剣に魔法を宿して戦う、『魔法剣士』のような戦闘スタイルを採っています。使用する武器は日本刀のような形状をしています。

この戦い方は魔力が皆無であるため、フィジカルに頼る必要があるアスタの手本にもなっています。

氣を読む力

あらゆる物体は『氣』と呼ばれる呼吸をしているとされています。ヤミが会得しているのは、この氣を第六感を使って感知する技術です。超高速で発動される魔法や、物体の動きもとらえることが可能です。

マナゾーン

魔導士は魔(マナ)という魔力の源を操っています。魔法の技術を磨くことで、魔導士は自分の周囲に自分の魔導書と同じ属性のマナを常時纏い続けることが可能になります。これがマナスキンと呼ばれる技術です。

マナゾーンはマナスキンをさらに高めた超・高等技術で、自分の周辺のマナを自由自在に操ることが可能となります。同じ技でも効果が倍増したり、離れた地点で自分の魔法を発動させたりといった大技も使えるようになります。

作中で使用した戦闘技術

ヤミが作品の中で使用した魔法(正確には魔法と各種技術を組み合わせた技)をいくつか紹介します。

技の名前説明
闇纏(やみまとい)・無明切り刀に闇を纏わせ、斬撃を飛ばします。
闇纏・黒刃刀身に纏った闇を伸ばして斬ります。
闇纏・次元斬り刀身に闇を纏った斬撃で空間を破壊します。魔法で作られた空間から脱出する際に有効です。
闇纏・次元斬り彼岸マナゾーンの技術を応用して、遠く離れた地点に斬撃を放ちます。
死突(しとつ)極限まで集中したマナゾーンを相手に向けて放ちます。受けた相手は一瞬で身体の大半が消滅するほどの超強力な一撃です。

ヤミの強さは?

稀少な闇魔法と、卓越した身体能力・応用力を持つヤミは、作中の登場人物の中でもトップクラスの強さを誇ります。物語の節目節目で、ボスキャラに該当する敵に瀕死のダメージを与え、勝利に貢献しているのです。

彼の最大の強みはその向上心にあると思われます。一見、やる気のなさそうな外見をしているヤミですが、「今ここで限界を超えろ」と言う言葉が口癖です。

人間、限界を超えなければ成長できないのは当然ですが、ヤミの場合、「今ここで」という言葉が追加されます。

戦い続けるのであれば、自分の力が及ばないような場面に出くわした場合、そのタイミングで力の底上げが出来なければ勝利できない。ヤミはそういう信念を持っているように思われます。

実際、ヤミに鼓舞されたアスタや、ヤミ自身が激戦の中で限界を突破するシーンが見られました。

ヤミの過去や故郷はどこ?

ヤミは物語の舞台になっているクローバー王国の出身ではなく、『日ノ国』という地域の出身だと判明しています。日の国で彼の名前は『夜見介大』と書きます。

日ノ国はクローバー王国からは海で隔てられた地域にあるようです。漁師の家に育ったため、子供の頃から漁に出ていたヤミでしたが、船が難破した結果、クローバー王国に漂着しました。

異邦人の彼を迫害する王国の人々を反対に実力でねじふせる日々を送っていたところ、魔導士の頂点である魔法帝・ユリウスにスカウトされ、魔法騎士団へ入団したのです。自分を評価してくれたユリウスに対して、ヤミは恩を感じているようです。

当初は魔法騎士団『水色の幻鹿』で活動していたヤミでしたが、ユリウスから新しい騎士団の設立を持ちかけられたことを受け、はぐれ者や暴れん坊が力を発揮できるような騎士団を作りたい、と考え黒の暴牛を創設、その団長となりました。

ちなみに同時期に同期のヴァンジャンスが『金色の夜明け』団を設立、団長になっています。

ヤミの正体は?

物語の中のヤミのポジションが、孤児だったアスタにとって厳しい父親のような位置付けになっているところから、もしかするとヤミはアスタの父親なのではないか……?という推測が上がったこともありました。

しかしヤミの過去・故郷が判明した現状では、彼がアスタの父親である可能性は低いと思われます。アスタは血縁関係があるわけではなく、精神的な父親という立ち位置のままでいるのではないでしょうか。

『ブラッククローバー』のアニメを無料視聴する方法

ブラッククローバーのアニメを見逃してしまった!
代/男性
代/男性
1話からもう一度見たい!

という方に、『ブラッククローバー』のアニメを全話無料視聴する方法をご紹介します!

 

『ブラッククローバー』のアニメを無料視聴する方法は、こちらの記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ブラッククローバーのアニメを無料視聴する方法はこちら

『ブラッククローバー』の漫画を無料で読む方法

『ブラッククローバー』の漫画も、無料で読むことができます!

さらに、無料で読める以外にも毎回単行本を購入している方は、最大1巻あたり206円も節約して購入できますよ。

ゴマくん
ゴマくん
ほぼ半額で購入できるなんて超お得だね!

『ブラッククローバー』の漫画を無料&安い値段で購入する方法はこちらの記事で解説しています↓

『ブラッククローバー』の漫画を無料&安い値段で購入する方法はこちら

まとめ

  1. ヤミは主人公・アスタが所属する黒の暴牛団の団長
  2. 己の限界を超え続けるという姿勢は、団員や主人公に強い影響を与えている
  3. 戦闘スタイルは闇魔法と様々な技術を組み合わせた剣士スタイル
  4. 物語の舞台・クローバー王国の出身ではなく、日本を連想させる異国の生まれ
  5. アスタと血縁上の関わりはなさそうだが、彼を導く父親のような存在

ヤミは2020年7月現在の連載でも大活躍しています。力をつけたアスタが、ヤミと並び立って強敵を迎え撃つ局面になっており、これまでの積み重ねが反映された熱い展開です。

様々なメディア展開の中でもヤミは優遇されているキャラクターなので、これからも活躍に期待できそうです!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。