映画

トワイライトカレン家がヴァンパイアになった理由や過去は?能力もまとめ

『トワイライト』シリーズで、エドワードの家族として登場するカレン家。

全員がヴァンパイアの家系ですが、彼らは本当の家族ではなく、人間界で生活するため、カモフラージュとして家族として生活しています。

カレン家がヴァンパイアになった理由や、過去はどんなものだったのでしょうか?

カレン家の能力についてもまとめてみました。

『トワイライト』のカレン家がヴァンパイアになった理由や過去は?

エドワードがヴァンパイアになった理由と過去

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Pattinsonさん(@official_robertpattinson)がシェアした投稿

エドワードがヴァンパイアになったのは、エドワードが17歳の時にカーライルがエドワードをヴァンパイアに転生させました。

 

エドワードの両親は当時、『スペイン風邪』と言う疫病に侵されていました。

そして、後に『スペイン風邪』は、エドワードにも感染してしまいます。

 

エドワードの両親は当時カーライルが医師を務める病院に入院していました。

そして、エドワードの両親は先に亡くなり、17歳のエドワードだけが残されました。

しかし、エドワードもそのままでは死んでしまう状態です。

 

当時、カーライルはヴァンパイアの仲間が欲しいと思っていました。

そこで、エドワードが死にかけていたため、ヴァンパイアに転生させたのです。

 

カーライルは、生きている健康な人間をヴァンパイアに転生させるということはしない主義で、エドワードが当時そのままの状態でいれば死んでしまうという状態だったため、それならばとエドワードのことをヴァンパイアに転生させました。

 

エドワードには身寄りもなかったため、ヴァンパイアの仲間にする者としてうってつけの人物だったとも言えますね。

ジャスパーがヴァンパイアになった理由と過去

 

この投稿をInstagramで見る

 

Twilight Sagaさん(@twilight)がシェアした投稿

ジャスパーがヴァンパイアになった理由は、南北戦争の時に出会ったヴァンパイアに血を吸われたからです。

 

ジャスパーが出会ったヴァンパイアは、マリアというヴァンパイアで、新生者(新しくヴァンパイアになった人のこと)の部隊を作っていました。

マリアの部隊は勝ち続けており、新生者を訓練する人材としてジャスパーをヴァンパイアにしたのです。

 

ヴァンパイアになったジャスパーは、マリアと愛し合っていると思っていましたが、マリアにとってジャスパーも捨て駒の1つに過ぎませんでした。

ジャスパーはマリアの本心に気がつきますが、そんな時にアリスに出会います。

 

アリスはジャスパーのことを予知しており、その後2人は結ばれることになりました。

アリスがヴァンパイアになった理由と過去

 

この投稿をInstagramで見る

 

“Now you know, that’s your future. Unless you decide on another course.” #Twilight150 #BreakingDawnPart2

Twilight Sagaさん(@twilight)がシェアした投稿 –

アリスがヴァンパイアになった理由や過去については、映画では触れられていません。

 

アリスがヴァンパイアになった理由は、当時入院していた精神病院のスタッフがヴァンパイアで、彼がアリスのことを転生させました。

 

アリスは小さい頃から予知能力を持っており、そのせいで周囲の人たちから気味悪がられていました。

そして、アリスの父親がアリスのことを精神病院に強制入院させることに。

アリスに電気ショック療法などを行うなど、残酷な扱いをしていました。

 

しかし、アリスが入院した精神病院には、1人のヴァンパイアがいたのです。

そのヴァンパイアは、アリスの能力に気がつき、アリスのことを気にかけるようになります。

そして、アリスが辛い治療をしなくて良いように計らってくれることもありました。

 

そんな時、アリスはジェームズというヴァンパイアのことを予知します。

ジェームズは、『トワイライト/初恋』にて、ベラに執着し、後にバレエスタジオでエドワードに殺されたヴァンパイア。

ジェームズは追跡に優れており、逃れることはできない。

 

ジェームズがアリスの特殊な能力のことを察知し、アリスの元へ来ようとしていたのです。

 

アリスはジェームズのことを、精神病院で働いていたヴァンパイアに話します。

そのヴァンパイアはジェームズのことを知っており、彼から逃れることはできないと説明した上で、アリスをヴァンパイアに転生させ、アリスを隠しました。

 

そして、とうとうジェームズが精神病院へやってきます。

アリスを助けたヴァンパイアがどうなったのかは明らかにされていませんが、もしかしたらアリスを助けるために死んでしまったのかもしれません。

 

アリスはと言うと、ヴァンパイアに転生して目が醒めると、アリスを助けてくれたヴァンパイアのことも、過去のことも忘れていました。

そして、アリスが初めて予知したのが、ジャスパーだったのです。

ジャスパーが将来自分のパートナーになることを予知したのですね。

 

その後、アリスはカレン家と一緒に生活することも予知しており、後にアリスとジャスパーは一緒にカレン家の仲間入りを果たします。

ロザリーがヴァンパイアになった理由と過去

 

この投稿をInstagramで見る

 

Twilight Sagaさん(@twilight)がシェアした投稿

ロザリーがヴァンパイアになった理由は、カレン家の父、カーライルに血を吸われたからです。

 

ロザリーは、当時誰もが憧れるような生活を送っていました。

美人で、町一番の独身男性と恋をしていたロザリー。

しかし、彼は良い人ではありませんでした。

 

ある日、ロザリーが家に帰ろうとしていると、恋人の男性と、その仲間たちがたむろしていました。

そして、恋人の男性はロザリーを無理矢理暴行したのです。

 

ロザリーはそのまま路上に放置されたところを、カーライルに血を吸われ、助けられました。

(おそらくそのまま放置されていたら死んでいた・・・?)

 

ロザリーはヴァンパイアになると、暴行した男性たちに1人1人復讐していきました。

 

その後、ロザリーは現在の恋人であるエメットと出会い、彼女は立ち直ることができました。

しかし、ベラが転生してヴァンパイアになることには好意的ではありません。

 

ロザリーは、人間だった頃、結婚して毎日夫にキスするというのが夢だったのです。

孫や子供に囲まれて、幸せに生活することを夢見ていました。

 

しかし、ヴァンパイアになってしまったため、もうその夢を叶えることはできず、ずっと変わらず、死ぬこともできない人生を送っていかなくてはいけません。

 

ベラはまだ人間で、人間として生きる道を選ぶこともできるのに、ヴァンパイアになろうとすることに反対していたのでした。

エメットがヴァンパイアになった理由と過去

 

この投稿をInstagramで見る

 

Twilight Sagaさん(@twilight)がシェアした投稿

エメットがヴァンパイアになった理由は、熊に襲われて瀕死状態になっていたところを、ロザリーとカーライルに助けられたからです。

 

エメットは当時、23歳(1935年)

テネシー州の小さな町で、家族と共に生活していました。

 

ある日、エメットは山に狩に出かけます。

しかし、そこで熊に襲われてしまったのです。

 

熊に襲われて殺されかけていたエメットのことを、ロザリーが発見します。

ロザリーは急いでカーライルの元へエメットを連れて行きました。

 

やはりこの時も、そのままにしていれば死んでしまうと判断したカーライルは、エメットのことをヴァンパイアに転生させます。

この時から、ロザリーはエメットに対して恋心のようなものを抱いていた模様。

 

その後、エメットはカレン家と共に生活するようになります。

 

自分の本当の家族を心配したエメットは、エドワードから譲り受けた財産を自分の家族のために残してくるなど、とても優しい青年です。

 

カーライルがヴァンパイアになった理由と過去

 

この投稿をInstagramで見る

 

Twilight Sagaさん(@twilight)がシェアした投稿

カーライルがヴァンパイアになったのは、人間の年齢で23歳の時。(カーライルが生まれたのは1640年頃だそう)

カーライルは本物のヴァンパイアの一行を見つけ、追いかけました。

その時に、襲ってきたヴァンパイアに血を吸われ、カーライルは転生することになりました。

 

当時、ヴァンパイアになってしまったものは焼き払われると知っていたため、カーライルは地下室に身を隠します。

そして、転生後に目が醒めた後、カーライルは自分がヴァンパイアになったことを知り、自ら命を絶とうとします。

しかし、ヴァンパイアは普通の人間のように自殺することはできません。

 

カーライルは自分がヴァンパイアになってしまった運命を呪いましたが、後にヨーロッパを転々としながら大学に通い、医学を身に着けます。

そして、自分の転職が医者であるということに気が付いたカーライルは、その後医者として生きていく(?)ことを決意しました。

 

さらに、人間の血を吸うということに対して嫌悪感があったカーライルは、ベジタリアン(人間の血を吸わないヴァンパイア)として生活するという主義を確立します。

ただし、自分を抑える力を身につけるために200年もかかったと言っています。

 

その後、1人ヴァンパイアとして生きていくことに対して孤独を感じ、エドワードを転生させたのでした。

 

エズミがヴァンパイアになった理由と過去

 

この投稿をInstagramで見る

 

Twilight Sagaさん(@twilight)がシェアした投稿

カレン家の母という役割を担うエズミがヴァンパイアになったのも、カーライルが転生させたからです。

 

エズミは、1911年に、脚を骨折してカーライルの働く病院に入院します。

当時エズミはカーライルのことが気になっていましたが、カーライルはすぐにエズミの住んでいたオハイオ州から離れてしまいます。

 

その後、エズミは教職に就こうと思い熱心に勉強しますが、当時の古い考えから、女性が職を持つことに対してエズミの父親から反対されてしまいました。

エズミはその後、父親が勧めた見合い相手と結婚します。

しかし、結婚相手となったチャールズは、エズミにひどい暴力を振るうDV男だったのです。

 

その後エズミはチャールズの間に赤ちゃんを妊娠。

赤ちゃんを守るために、エズミはチャールズから逃げます。

そして、無事に赤ちゃんを出産しますが、生後2日で肺炎にかかり、赤ちゃんは命を落としてしまいます。

 

エズミは赤ちゃんを亡くしたショックで、崖から身を投げて自殺を図ります。

そして、エズミは病院へと運ばれました。

 

なんと、そこには医者として働くカーライルの姿が。

カーライルは、エズミのことを覚えていました。

 

このままではエズミは死んでしまうと思ったカーライルは、エズミを転生させ、ヴァンパイアにしたのです。

 

エズミは自分がヴァンパイアにされたことを驚くでもなく、そのままカーライルと共に生活するようになります。

 

ちなみに、エズミが転生したのは26歳の時のことだそう!

なので、カレン家では1番年長者ということになりますね。

 

カレン家がヴァンパイアになった順番

ちなみに、カレン家の人たちがヴァンパイアになった順番は、

 

  1. カーライル
  2. エドワード
  3. エズミ
  4. ロザリー
  5. エメット
  6. ジャスパー
  7. アリス

 

の順番になります。

 

ジャスパーとアリス以外は、全員カーライルによって転生させられており、転生後すぐから『ベジタリアン』として生活しているため、人間を襲うことはありません。

エメットは転生後に欲望を抑えることができず、何度か人間を襲ってしまったことがあるみたいですが・・・。

ジャスパーとアリスは、アリスがカレン家と一緒に生活することを予知していたため、転生後すぐにベジタリアンとしての訓練をしていました。

カーライル家の特殊能力一覧

続いては、カーライル家の特殊能力について解説していきます。

エドワードの特殊能力

エドワードの特殊能力は、

人の心を読む

という能力を持っています。

 

どんな人の心でも読むことができますが、エドワードは唯一ベラの心だけは読むことができませんでした。

ベラが『シールド』という能力を持っているからですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Pattinsonさん(@official_robertpattinson)がシェアした投稿

 

ベラの能力については、

>>トワイライトのベラの特殊能力や特殊な血とは?なぜモテるのかや正体は?

こちらの記事にて解説しています。

アリスの特殊能力

アリスの特殊能力は、

予知能力

です。

 

未来に起きる出来事を予知することができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Twilight Sagaさん(@twilight)がシェアした投稿

 

ただし、相手が”決断”をしない限り、予知することはできないとされています。

そのため、ヴォルトーリ一族のジェーンが、『決断』をすると予知されると発言しています。

ジャスパーの特殊能力

ジャスパーの能力は、

人の感情を操る

という能力があります。

 

カレン家に加わる以前、アリスと共に部隊を形成していたジャスパーは、人の感情を操る能力を使って、新生者の訓練を行なっていました。

 

全てのヴァンパイアが特殊能力を持っているわけではない

カレン家で特殊能力を持っているのはこの3人です。

全てのヴァンパイアが何かしらの能力を持っているわけではないようですね。

 

そのため、カーライルやエズミ、ロザリーやエメットには特に特殊能力のようなものは備わっていません。

 

ベラを見ればわかりますが、ベラも人間の時から『シールド』の能力を使うことができます。

使うと言っても、操ることはできないようですが、アリスも人間の時から予知能力を発揮していました。

 

おそらく、ヴァンパイアとして何かしらの特殊能力を持っている人は、人間の時から特殊能力的な何か特別な力を持っているのでは?と思います。

 

まとめ

今回は、カレン家がヴァンパイアになった理由や過去、特殊能力について解説しました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。