ハリーポッター

ハリーポッターのパーシー・ウィーズリーの裏切りはなぜ?最後はどうなったのか

『ハリーポッター』シリーズに登場するパーシー・ウィーズリー

ハリーの友達のロンの兄ですが、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』でハリーたちを捕らえるなど、なぜか味方ではなくなってしまいますね。

パーシー・ウィーズリーはなぜハリーたちを裏切ったのか?

また、最後はどうなったの?などについて解説していきます。

 

参考

『ハリー・ポッター』&『ファンタスティック・ビースト』シリーズは無料視聴することができますよ♪

詳細はこちら>>ハリーポッター&ファンタビ全シリーズを無料視聴する方法まとめ!

パーシー・ウィーズリーのプロフィール

生年月日1976年8月22日
出身地イギリス
出身校ホグワーツ、グリフィンドール寮、監督生、首席
家族ウィーズリー家、三男
職業魔法省職員

パーシー・ウィーズリーは、ウィーズリー家の三男。

ロンの兄で、ハリーたちよりも5歳年上。

 

ホグワーツのグリフィンドール寮出身で、ホグワーツ在学中は監督生を務めていました。

首席で卒業し、その後魔法省に入省。

魔法省国際魔法協力部で働いたのち、魔法省下級補佐官に昇進しました。

 

パーシーはウィーズリー家の兄弟の中で1番真面目で頭がお堅いタイプ。

成績も良く模範生ですが、冗談が通じず、双子のフレッドとジョージにからかわれることもしばしば。

 

ハリーはパーシーに関して、『ハーマイオニーと気が合う』と思っていたという描写もされています。

(ハーマイオニーも規則を守る模範生のため)

ホグワーツ在学中にはレイブンクローの監督生だったペネロピー・クリアウォーターと交際していたという経歴もあります。

ペネロピー・クリアウォーターは、『ハリー・ポッターと死の秘宝』にて、ハリーたちが人攫いに捕まりそうになった際、ハーマイオニーが咄嗟に口に出した名前。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』では、バジリスクの目を間接的に見たことにより石になった生徒の1人です。(原作のみ)

パーシー・ウィーズリーの裏切りはなぜ?

そんなパーシー・ウィーズリーですが、なぜか『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』以降、家族を裏切り魔法省側についてしまいました。

 

パーシーの裏切りの理由は、

規則と規律を守る性格ゆえ

の裏切りであると考えられます。

 

パーシーはホグワーツ在学中から、魔法省に就職することを目標としていました。

その後、パーシーはトップの成績で卒業し、魔法省に入省。

 

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の時には、国際魔法協力部の上司であるバーティ・クラウチを崇拝しており、熱心に仕事をしていました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wizarding World(@wizardingworld)がシェアした投稿

 

もちろん、パーシーにとって1番崇拝していたのは魔法大臣であるコーネリウス・ファッジ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wizarding World(@wizardingworld)がシェアした投稿

 

魔法界の大統領的な立場の人物ですから、パーシーにとっては憧れの人物でした。

 

要するに、パーシーは公務員的な立場。

そして、自分が仕える国の公的機関(魔法省)を崇拝しているというイメージですね。

 

ハリーを嘘つき呼ばわりしたファッジ

そこで変化があったのは、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のラスト。

三校対抗試合の優勝カップを掴んだハリーとセドリック・ディゴリーは、ポートキーになっていた優勝カップによってリドルの墓に連れてこられました。

そこでセドリックは殺され、ハリーの目の前でヴォルデモートが完全復活を遂げたのです。

 

 

しかし、魔法大臣であるコーネリウス・ファッジは、ヴォルデモートの復活を信じようとしませんでした。

ファッジは、魔法界が再び震撼させられることに対する恐怖から、ヴォルデモートの復活は嘘だと信じたかった・・・とも言えます。

 

そしてその後、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』にて、ハリーは魔法省によって嘘つきに仕立て上げられました。

 

魔法省は

  1. ホグワーツにドローレス・アンブリッジを送り込む
  2. ハリーの住むリトル・ウィンジングというマグルの街にわざとディメンターをけしかけ、わざと魔法を使わせてホグワーツを退学に追い込もうとする
  3. 日刊予言者新聞を使ってハリーが嘘つきで、ヴォルデモートの復活などたわ言だと魔法界に周知させる

などなど、ハリーにとって都合の悪い事実ばかりを作り上げようとしていました。

 

魔法大臣をリスペクトしているパーシーは・・・

もちろん、ハリーの友人のロンやハーマイオニーをはじめ、ダンブルドアやウィーズリー一家、不死鳥の騎士団のメンバーなどはハリーの言ったことを信じていました。

 

しかし、パーシーは魔法大臣であるコーネリウス・ファッジをリスペクトしているため、ハリーの言うことよりもファッジの言うことを信じたと言うわけです。

 

そのため、パーシーの頭の中では、

ハリーの言っていること→嘘

ファッジの言っていること→真実

という状態になっていました。

 

パーシーは、ハリーに肩入れする自分の両親や兄弟たちに愛想を尽かし、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の頃からロンドンで1人暮らしを始めます。

 

パーシーの中では完全に魔法省が正しいと思っていたと言うわけですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wizarding World(@wizardingworld)がシェアした投稿

 

パーシーはスパイとして利用される

パーシー以外のウォーズリー一家はハリーの味方をしていますし、ダンブルドア側の人間であることは周知です。

そのため、ファッジはパーシーをスパイとして利用するため、国際魔法協力部から魔法省下級補佐官という役職に昇進させました。

 

ダンブルドア側の人間が何を考えているのか把握したかったためですね。

 

そのため、パーシーはアンブリッジの直属の部下として働いていました。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』でパーシーがハリーを捉えていたのは、アンブリッジの部下だからというわけです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wizarding World(@wizardingworld)がシェアした投稿

 

パーシー・ウィーズリーは最後どうなった?

そんなパーシー・ウィーズリーですが、最終的には家族と和解しました。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の最後の方で、ハリーたちはデスイーターと魔法省神秘部で戦いになります。

 

そして、魔法大臣であるコーネリウス・ファッジの目の前にヴォルデモートが現れたのです。

ファッジやそのほかの魔法省職員たちも、ヴォルデモートの復活を認めざるを得ない状況になりました。

 

パーシーも、その時自分の過ちに気づいたのでした。

 

しかし、パーシーはすぐには素直になることができず、しばらくは家族と疎遠の状態が続きました。

が、『ハリー・ポッターと死の秘宝』以降、魔法省がヴォルデモート陣営に乗っ取られたことで、魔法界全体に生命の危険が及んだことで、ようやく家族と和解します。

 

その後、『ハリー・ポッターと死の秘宝』では、ホグワーツの戦いにも参戦して生き延びました。

 

パーシー・ウィーズリーのその後

パーシー・ウィーズリーはヴォルデモートの陥落後、魔法省で再び働き始めます。

魔法運輸部の部長に就任したパーシーは、オードリーという名の女性と結婚し、モリー、ルーシーという2人の娘を設けました。

 

まとめ

以上!今回はウィーズリー家のパーシー・ウィーズリーについて解説しました!

ハリー・ポッターシリーズでわからないことがあったら、コメント欄で質問してくださいね!

 

参考

『ハリー・ポッター』&『ファンタスティック・ビースト』シリーズは無料視聴することができますよ♪

詳細はこちら>>ハリーポッター&ファンタビ全シリーズを無料視聴する方法まとめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。