ファンタスティック・ビースト

グリンデルバルドの変装を解く呪文や本物のグレイブスは死んだの?いつから変わったのかも

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で、ゲラート・グリンデルバルドはグレイブスに化けて、クリーデンスに接触を図っていましたね。

今回は、グリンデルバルドの変装を解いた呪文についてや、グレイブスは死んでいるのか?

などについて解説していきます。

グリンデルバルドの変装を解く呪文は?

まずは、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の最後のシーンで、グリンデルバルドの変装が解かれるシーン。

そこでグリンデルバルドの変装を解いた呪文についてですが、あの呪文は、

レベリオ

という呪文です。

この『レベリオ』というのは、ラテン語で『明らかにする』という意味だそうです。

日本語字幕では、『現れよ』と訳されていました。

本来の姿を明らかにする、現させるという意味ですかね。

『ハリー・ポッター』シリーズでの登場シーン

似ている呪文としては、『ホメナム・レベリオ』という呪文があります。

その場に人がいた場合、人を現す呪文で、『ハリー・ポッター』シリーズにも登場する呪文になります。

『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1』

代表的なシーンで言えば、『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1』で、ハリーたちがシリウスの家だったブラック家があるグリモールドプレイスに行った際。

その場に誰かがいないのか?確かめるために『ホメナム・レベリオ』の呪文を使用しました。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

また、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の中で、ハリーが『半純血のプリンス』の魔法薬の教科書を手放さないことから、ハーマイオニーが『スペシアリス・レベリオ(化けの皮、剥がれよ)』という呪文を使用しました。

グリンデルバルドが化けていたグレイブスは死んだの?

グレイブスに化けていたグリンデルバルドですが、結局本物のグレイブスは死んでしまったのでしょうか?

グレイブスはどんな人?

その前に、ちょっとだけグレイブスについて解説を入れておきましょう。

パーシバル・グレイブスは、アメリカの魔法使いです。

生年月日1909年以前
出身地不明(おそらくアメリカ)
所属アメリカ合衆国魔法議会
役職魔法方執行部 部長
魔法保安局長官

グレイブスは、アメリカの魔法省の役人ですね。

グレイブスは死んだのか?

そして、結局グレイブスは死んでしまったのか?についてですが、グレイブスが死んだのかどうかは明らかにされていません。

誘拐されたのか?グレイブスが殺されてしまったのか?まだわからないということは、今後本物のグレイブスがストーリー中に登場し、行方不明になっていた期間に何があったのか?語るような場面も出てくるかもしれません。

また、変身方法については『変身術』を使っていたとされており、ポリジュース薬を使った変身ではないようです。

『ハリー・ポッター』シリーズでも、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』にて、バーティ・クラウチJr.が、マッドアイ・ムーディーに化けているという描写がありました。

マッドアイについてはこちらの記事で解説しています。

マッドアイはいつから偽物に変わった?
マッドアイムーディーはいつから偽物に変わった?クラウチジュニアがアズカバンを脱獄した方法『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で、話の肝になる部分は、マッドアイ・ムーディーが実はバーティー・クラウチJr.であったところですよね...

 

バーティ・クラウチJr.がマッドアイに化けていた際には、ポリジュース薬を使って化けていたため、マッドアイを生かしていました。

ポリジュース薬は、相手の一部(髪の毛や爪など)が無いと相手に変身することができないため、生かしておく必要がありました。

 

しかし、グリンデルバルドは変身術を使ってグレイブスに化けていたということは、グレイブスを生かしておく必要はなかったと言えます。

なので、もしかしたらグレイブスが死んでいる可能性もあると言えますね。

ただ、変身する場合はある程度本人の情報などを仕入れる必要があるため、生かしておいて監禁されていたという可能性はあるかもしれません。

グリンデルバルドはいつからグレイブスになっていた?

では、グリンデルバルドはいつからグレイブスに変身していたのでしょうか?

変身した時期はハッキリしていて、

1926年12月

と言われています。

1926年にニュートがニューヨークを訪問していますから、時期は同じですね。

 

ただ、ニュートが訪れたのが12月なのか、もっと後の1月以降なのか?ということはハッキリわかっていません。

ただ、服装から察するに12月〜3月あたりの寒い時期であることは間違いないでしょう。

そのため、グリンデルバルドがグレイブスに化けてからそう時間は経っていなかったと考えられます。

 

もしくは、ニュートがニューヨークに到着した時点ではまだグレイブスが本物であった可能性もありますね。

ただし、映画の冒頭のシーンで、グレイブスがオブスキュラスに破壊されたであろう場所を訪れるシーンがあり、非常に興味深そうな顔をしていることから、ニュートがニューヨークに到着した時点ですでにグレイブスの中身がグリンデルバルドになっていたという可能性が高いです。

ファンタビ&ハリポタの映画や原作本を無料で見る方法

ファンタビの映画を無料で見る方法
ゴマくん
ゴマくん
『ファンタスティック・ビースト』の映画シリーズも無料で見る方法があるよ!
ペンちゃん
ペンちゃん
ファンタビはまだ観てないから、無料で見れるのは助かる!!

『ファンタビ』シリーズを全作品無料視聴する方法はこちら!

ハリポタの映画を無料で見る方法
ゴマくん
ゴマくん
さらにさらに!『ハリー・ポッター』の映画シリーズも、無料で見る方法があるよ!
ペンちゃん
ペンちゃん
ハリポタの映画って7作品あるから、無料で観れるならめちゃくちゃお得だね!

『ハリーポッター』シリーズの映画を全作品無料視聴する方法はこちら

ハリポタの原作本を無料で読む方法
ゴマくん
ゴマくん
さらにさらに!なんと『ハリー・ポッター』の原作小説全巻や、続編の呪いの子無料で読める方法があるよ!!
ペンちゃん
ペンちゃん
全巻買ったら2〜3万円はするから、それが無料って超お得だね!

『ハリーポッター』の原作小説を全巻無料で読む方法はこちら

まとめ

  1. グリンデルバルドの変装を解いた呪文は『レベリオ』
  2. グレイブスは生きているか死んでるかはわからない
  3. グレイブスに変装した時期は1926年12月

『ファンタスティック・ビースト』シリーズは、3作目の製作も決まっていますから、今後どのようなストーリーになっていくのか楽しみですね!

その他のファンタビシリーズの考察もぜひ参考にしてみてくださいね!

ファンタビ&ハリポタ考察まとめはこちら
ファンタビ考察

『ファンタスティック・ビースト』シリーズの考察&解説記事はこちらにまとめています↓

ファンタスティック・ビーストシリーズの考察と伏線回収まとめはこちら

ハリポタ考察

『ハリーポッター』シリーズ全作品の考察&解説記事はこちらにまとめています↓

ハリーポッターシリーズ全作品考察まとめ!伏線回収や裏設定の解説はこちら

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。