呪術廻戦

呪術廻戦の乙骨憂太の現在やいつ登場する?術式や能力と強さもまとめ!

呪術廻戦の乙骨憂太の現在やいつ登場する?術式や能力と強さもまとめ!

乙骨憂太(おっこつゆうた)は漫画呪術廻戦の前日譚であり、コミックスでは0巻という表記になっている「東京都立呪術高等専門学校」の主人公です。

本編ではまだ名前が語られる程度で本格的に登場もしていないキャラクターですが、作中でも最強格と思われる力の持ち主であることから、読者から参戦が期待されています。

このページでは、乙骨憂太のプロフィール、強力な力を秘めている理由、能力の詳細などを説明して行きます。

呪術廻戦の乙骨憂太のプロフィール

生年月日・所属・階級

乙骨憂太は2001年3月7日生まれ。一般家庭の出身ですが、後に日本有数の呪術師であり怨霊でもある菅原道真の子孫であることが判明しています。

0巻第一話の時点で東京都立呪術高等専門学校の一年生、一年後の本編では二年生に進級しています。呪術師としての階級は、最上位の特級です。

身体的特徴・性格

黒の短髪に柔和な顔立ち。左手の薬指に指輪をはめています。
外見の通り気弱で優しい性格で、クラスメートからは善人だとセルフプロデュースしているような顔だ、と揶揄されたこともあります。

しかし奥底には熱いものを持っており、仲間が傷つけられた際には激高して、殺してやる、と相手に言い放ったこともあります。

経歴

小学生時代は宮城県仙台市に住んでいた乙骨は、強大な呪力を持つ特級過呪怨霊、祈本里香(おりもとりか)に取り憑かれたことで家族と離れ、最終的に東京にある呪術高専に転入しています。

里香のせいで周囲の人間に被害を及ぼし続ける日々を送っていたため、一時は死を願っていた乙骨でしたが、呪術高専で呪いをコントロールする術を学び、戦いの中で里香の呪いを解くことに成功しました。

 

乙骨憂太の現在は?

呪術廻戦本編は0巻の一年後にあたり、0巻で一年生だった乙骨は二年生に進級しています。

しかし呪術高専の東京校・京都校の間で行われた交流戦に乙骨は姿を見せておらず、海外に出向いていたことが明らかになっています。

その後扉絵に描かれた際、0巻で敵対する勢力に所属していた海外の呪術師・ミゲルに同行している姿が描かれています。ミゲルは作中最強と呼ばれる五条悟の足留め役を担当するほど優れた呪術師であることから、教師役として乙骨に呪術師のノウハウを学ばせているの
かもしれません。

 

乙骨憂太はいつ登場する?

現時点で乙骨は扉絵などに描かれたり、言及されるシーンで一コマ程度登場することを除いては、0巻にしか登場していません。

0巻は本編の主人公である虎杖が登場せず、乙骨を主人公にした独立した物語になっています。ここでは乙骨と彼に取り憑いた怨霊、里香を中心に物語を 説明します。

特級過呪怨霊・祈本里香の呪縛

小学校の頃、乙骨は肺炎にかかり入院していた病院で、同学年の少女、祈本里香と出会いました。二人は将来、結婚の約束を交わすほど 仲良しになりましたが、里香は交通事故死してしまいます。

怨霊となった里香は乙骨に取り憑き、乙骨の家族にも攻撃を加えるようになったため、乙骨は家族と離れて暮らさざるを得なくなってしまいました。

呪術高専へ転入

6年後、東京の高校に通っていた乙骨は、彼をいじめようとした同級生に里香が重傷を負わせてしまったことをきっかけに、呪いについて学ぶ学校である呪術高専に転入します。

里香はただの少女の怨霊とは思えないくらい規格外な呪力を秘めており、里香を危険視した呪術会上層部は乙骨を処刑しようと考えていましたが、担任の五条悟が反対したのです。

学友と共に呪霊を祓う任務をこなしながら、乙骨は少しずつ呪いの扱い方を学んで行くのでした。

夏油との戦いと里香との別れ

非術師(呪術を使えない人間)を猿と見下し、呪術師だけの世界を作り出そうと計画していた呪詛師・夏油傑(げとうすぐる)は乙骨を殺め、巨大な呪力を持つ里香を手に入れようと画策します。

夏油は新宿と京都に大量の呪霊を放ち、呪術高専側の最強戦力である五条悟を釘付けにした上で孤立した乙骨を殺そうとしますが、里香の力を完全に解放した乙骨に敗れ逃走した後、五条に討たれます。

 

夏油に勝利する力を得るため、里香と一緒にあの世へ逝くことを約束していた乙骨は死を覚悟しましたが、乙骨が目にしたのは、なぜか生前の姿に戻った里香でした。

これまで乙骨の力は彼にとりついている里香の力を借りたものだと思われていましたが、乙骨は超大物呪術師・菅原道真の子孫であり、里香を失いたくなかった乙骨の無意識が、死んだ里香に呪いをかけて怨霊にしていたことが判明します。

泣いて里香に詫びる乙骨でしたが、里香はこの六年間は生きているときより楽しかったと告げて消滅するのでした。

乙骨の再登場は?

これまで本編に乙骨が登場しなかった理由ですが、身もフタもない言い方をしてしまうと、彼が強すぎるからという説明になってしまいます。

0巻で乙骨が退けた夏油傑は、本編でもラスボスクラスに位置づけられる実力者でした。呪術高専サイドには夏油以上の実力を誇る五条悟も控えているため、乙骨が本編で最初から登場していた場合、どんな敵が相手でも、ワンサイドゲームになってしまいかねません。

しかし最近の連載で五条が戦線離脱を余儀なくされる展開となり、五条が自分に代わる人材として乙骨を挙げていることから、近いうちに乙骨の出番も回ってくるかもしれません。

 

乙骨憂太の術式や能力と強さは?

現時点で明らかになっている乙骨の力は次のようなものです。

特級過呪怨霊・祈本里香を戦わせる

乙骨は里香が生前にくれた指輪を薬指にはめています。この指輪を外し、力を貸してほしいと願うことで、里香を完全顕現させることが可能です。

ただし里香は従ってくれるというより、乙骨に危害を加えるものを問答無用で攻撃するという戦い方をするため、扱いには注意が必要です。

特級過呪怨霊・祈本里香の力を借りる

上に書いた戦い方だけでは、乙骨自身は何もしていないように思えますが、里香を戦わせるだけではなく、里香の呪いの力を借りて自分自身で戦うことも可能です。

0巻では里香の呪いの一部をもらいうけ、刀に宿すことで呪霊たちと対抗していました。刀を破壊されても素手で敵を叩きのめしていたため、肉体に呪いを宿すこともできるようです。

また、仲間が使用していた高度な術式を不完全ながらも真似たりしています。

里香の力を取り込もうとしていた夏油傑の分析によると、里香の正体は変幻自在の底なしの呪力の塊であるため、こうした芸当も可能になるようです。

死者に呪いをかけ、怨霊化させる(?)

以上の能力は乙骨にとりついていた里香を経由した力でしたが、里香を強大な怨霊に変えた原因は乙骨にあるらしいと判明しているため、そもそも乙骨には死んだ人間を強大な力を持つ怨霊に変える、という能力が備わっていることになります。

ただし里香がそれだけの力を宿していたのは里香と乙骨の強い結びつきが関わっていたとも考えられるので、里香以外の死者に対しても同じ力が使えるのかは不明です。

『呪術廻戦』のアニメを無料で視聴する方法

10月2日から放送がスタートする『呪術廻戦』

ゴマくん
ゴマくん
深夜だからアニメを見逃しちゃった・・・
ペンちゃん
ペンちゃん
動画配信サービスの無料トライアル期間を利用すれば、無料で『呪術廻戦』の動画を見ることができるよ!

『呪術廻戦』のアニメの見逃し配信を行っている動画配信サービスをまとめてみたので、もし見逃してしまった方や、1話から一気に見たい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね↓

『呪術廻戦』のアニメを無料視聴する方法はこちら

『呪術廻戦』の漫画を安く読む&買う方法

『呪術廻戦』の漫画を単行本で購入していたり、電子漫画で購入している方も多いと思いますが、もっと安く読む&買う方法があります!

ゴマくん
ゴマくん
なんなら2冊くらい無料で読む方法もあるんだよ!
ペンちゃん
ペンちゃん
定価で購入してるなんてめっちゃ損だよね!

『呪術廻戦』の漫画を安く読む裏技はこちらの記事で解説しています↓

『呪術廻戦』の漫画を安く読む方法はこちら

まとめ

  1. 乙骨憂太は呪術廻戦0巻の主人公
  2. 自分に取り付いた強力な怨霊の力を借りて戦っていたと思われていたが、大元は乙骨自身の力だったことが判明している
  3. 現在はなんらかの理由で海外に赴いている
  4. 作中最強格の力を持っていることから、今後戦いが激化した際には参戦することが期待されている

アニメ化が発表されている呪術廻戦ですが、前日譚である0巻がどういう扱いになるのかは判明していません。本編主人公の虎杖同様、乙骨も魅力的なキャラクターなので、是非アニメにも登場してほしいところです。

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。