呪術廻戦

呪術廻戦の釘崎野薔薇の術式や能力は黒閃?過去や名言もまとめ

呪術廻戦の釘崎野薔薇の術式や能力は黒閃?過去や名言もまとめ

人気漫画、呪術廻戦に登場する女性キャラクター、釘崎野薔薇(くぎさきのばら)

連載の最初期から登場している主人公のクラスメイトです。

他の漫画ならヒロインと呼ばれておかしくないポジションなのですが、ファンの間からは「野薔薇アニキ」「野薔薇様」などと、ヒロインらしくない愛称で呼ばれています。

釘崎野薔薇はどのようなキャラクターなのでしょうか?プロフィール、能力などを簡単に説明します。

呪術廻戦の釘崎野薔薇のプロフィール

所属と階級・出身地

釘崎野薔薇は物語の舞台である東京都立呪術高等専門学校の一年生です。初登場時の呪術師としての評価は、3級呪術師。

出身地は明言されていませんが、本人の説明によると、盛岡から4時間以上かかる僻地に住んでいたとのことですので、東北地方のどこかのようです。

身体的特徴・性格

身長は160センチ前後です。髪は茶色に染めたボブカット。自信家で、原宿に出てきたときには、芸能人にスカウトされないかと心配していました。

黙っていれば落ち着いた雰囲気の美人に見られますが、かなり口が悪く、短気で腹を立てるとすぐに手足が出ます。

反面、義侠心に富むところがあり、敵に人質を取られた際は、要求に応じて危険を顧みず丸腰になったり、任務で赴いた少年院で、非行少年の命を躊躇無く助けようとしたりする姿も見られます。

釘崎野薔薇の術式や能力は?

基本的な戦い方

野薔薇の使用する術式は、芻霊呪法(すうれいじゅほう)と呼ばれるものです。

簡単に言うと、丑の刻参りの藁人形に釘を打ち付ける呪術を発展させたようなもので、呪力を込めた釘を敵の身体の一部分か、敵本体に打ち込むことでダメージを与えることができます。

ダメージの大きさは釘を叩く道具によって変わるらしく、普段の戦闘では金槌を使いましたが、手加減する必要がある演習では、ピコピコハンマーを使っていました。

作中では以下のような技を使っています。

共鳴り敵の身体の一部や敵の呪力が埋め込まれた物体を入手した後、そこに釘を打ち込み、ダメージを与える。遠隔攻撃が可能。
 簪(かんざし)物体や敵に直接釘を打ち込んで攻撃する。打ち込んだ後、時間差で呪力を炸裂させることも可能。

 

黒閃の発動

呪術師の中で語り継がれている黒閃という概念があります。

これは簡単に言うと、クリーンヒット・クリティカルヒットのようなもので、呪力を込めた打撃を放つ際、打撃と呪力の時間差が.000001秒以内だったときに発動します。

黒閃を成功させると攻撃の威力は飛躍的にアップする他、スポーツでいうところの「ゾーン」のような状態に入り、呪力を効率的に操作するコツも掴めるとされていますが、意図的に黒閃を発動させるのは不可能とされています。

黒閃を成功させた術師は数名判明していますが、作中、実際に発動するシーンがあったのは、主人公の虎杖と、野薔薇の二人だけです。

 

釘崎野薔薇の過去とは?

野薔薇の過去ですが、生い立ちや呪術を身に着けた事情などはほとんど明かされていません。

唯一判っている過去のエピソードは、小学生の頃の友達に関する話です。野薔薇が小学一年生の頃、東京から引っ越してきた沙織ちゃんという少女がいましたが、地元の人間は彼女を「田舎者を馬鹿にしている」と決め付けて被害妄想を膨らませた末に追い出してしまったそうです。

この出来事の結果、野薔薇は自分の故郷を含む田舎が大嫌いになりました。彼女が呪術高専に入学した理由も、「東京に出てこれるから」というものです。

 

釘崎野薔薇の名言まとめ

今の所活躍シーンは限られている野薔薇ですが、要所要所で名言(迷言)を口にしています。いずれも少年漫画のヒロインのイメージとはかけ離れたインパクトのある言葉ばかりです。

 

釘崎野薔薇の名言1

私は綺麗にオシャレしている私が大好きだ!強くあろうとする私が大好きだ!私は「釘崎野薔薇」なんだよ!

引用:『呪術廻戦』漫画より

姉妹校との演習で口にした言葉です。女性であること、呪術師の家系であることにコンプレックスを感じながら戦う相手に対して、男がどうとか女がどうとか関係ない、と自信満々に言い放ちました。

この発言をした辺りから、野薔薇を野薔薇アニキ呼ばわりする読者が現れ始めました。

 

釘崎野薔薇の名言2

寝不足か?毛穴開いてんぞ

引用:『呪術廻戦』漫画より

上で述べた演習前に因縁を吹っかけてきた相手選手に対して言い返した台詞です。相手も女性であることがポイント。ネチネチ罵倒を繰り返す相手を、短いセンテンスで激怒させました。

 

釘崎野薔薇の名言3

心配しなくても すぐに兄貴も送ってやるわ

引用:『呪術廻戦』漫画より

特級呪物・『呪胎九相図』が受肉した兄弟の内、次男・三男と戦った際の台詞です。

簪を発動させて三男に致命傷を与え、兄を案じながら死に行く彼に対してこの言葉を投げかけました。主人公サイドの人間が言う台詞じゃない、と読者を戦慄させました。

 

『呪術廻戦』の漫画を安く読む&買う方法

『呪術廻戦』の漫画を単行本で購入していたり、電子漫画で購入している方も多いと思いますが、もっと安く読む&買う方法があります!

ゴマくん
ゴマくん
なんなら2冊くらい無料で読む方法もあるんだよ!
ペンちゃん
ペンちゃん
定価で購入してるなんてめっちゃ損だよね!

 

『呪術廻戦』の漫画を安く読む裏技はこちらの記事で解説しています↓

『呪術廻戦』の漫画を安く読む方法はこちら

まとめ

  1. 釘崎野薔薇は田舎から上京してきた呪術師
  2. 喧嘩っ早い性格だが、優しいところもある
  3. 能力は、藁人形の呪術を発展させたような芻霊呪法
  4. ヒロインとは思えない発言の数々で読者の心を掴んでいる

アニメ化が決定している呪術廻戦。野薔薇ももちろん登場します。原作の名(迷)台詞がアニメで再現されるのを楽しみに待ちましょう!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。