呪術廻戦

【呪術廻戦の呪術師の等級一覧】階級の上げ方や呪霊との力関係を解説

【呪術廻戦の呪術師の等級一覧】階級の上げ方や呪霊との力関係を解説

マンガ呪術廻戦は人間の負の感情から生まれた呪霊を払う呪術師たちの物語です。

呪術師に関しては複雑な設定が用意されているため、読み進めていく内に、あれはどういう設定だったのかな?と混乱することもしばしばあります。

この記事では、呪術師に関する設定や、物語に登場する呪術師をまとめて説明します。

呪術廻戦の呪術師とは?

呪術師とは?

呪術廻戦の世界では、人間の持つ負の感情が『呪い』もしくは『呪霊』と呼ばれる存在になって人々に害を及ぼすとされています。

この呪いを祓うのが呪術師と呼ばれる人々です。作中では『術師』と呼ばれることもあります。

呪術師は呪いを視認できる才能と、呪霊と同じ種類の負のエネルギーである『呪力』を持ち、呪力を消費する特殊能力である『術式』を用いて呪霊に対抗します。

一部の例外を除いて、生まれつき呪力を持たない者は呪術師になることができません。

呪術師以外の人間は非術師と呼ばれ術師と区別されますが、数の上では術師の方が少数です。

呪術師たちは日本だけで年間一万件を越えるとされる呪いによる死や行方不明事件から非術師を守るため、日々、奮闘しています。

呪いを祓うためであれば社会的に隠蔽されている情報に触れることが許されていたり、危険な呪術師を『秘匿死刑』という方法で処刑する権利を持っていたりと、様々な面で優遇されているようです。

呪術師自身は負のエネルギーをコントロールできるため、非術師のように頻繁に呪霊を生み出すことはありません。
ただし死亡した術師自身が死後、呪霊に姿を変える例があるので、術師を殺害する際には呪力を使わなければならないと言われています。

呪詛師とは?

物語の中で、敵方の呪術師のことを呪詛師と呼んでいます。

呪詛師と呪術師の能力に違いはありません。呪詛師と呪術師は、反社会性の有無によって区別されています。

呪術師は非術師を呪い殺すことを禁じられており、違反者は呪術規定9条により「呪詛師」と認定されて処刑の対象となります。

呪殺を生業にしている呪術師や、社会にテロを仕掛けるような呪術師は自動的に呪詛師と呼ばれることになるわけです。

呪術師の等級・階級の上げ方

等級システム

呪術師にはその実力を示すための等級が決まっています。
階級は四級~一級と、一級の上に位置する特別な存在である特級があります。

誰でも特級に上がれるわけではなく、大抵の術師は準一級が天井になるようです。

一級の術師は呪術界を牽引して行くトップエリート的存在であり、与えられる任務の危険性・機密性・報酬の額も準一級以下とは段違いとされています。

その上の特級ともなると、全員がチート呼ばわりされる程、規格外の実力を持つ怪物揃いであり、存在そのものが呪術界の勢力図を左右する程と言われています。

ただし、階級はあくまで術師としての能力を判定したものであり、上の階級でも必ずしも呪術師の世界で強い権力を持っているというものでもないようです。

階級の上げ方

呪術師が上の階級を上げるためには他の呪術師の推薦が必要とされています。

推薦する呪術師は誰でもいいというわけではなく、たとえば物語の主人公、虎杖悠仁は呪術を学ぶ呪術高等専門学校に通っていますが、担任の教師からの推薦を受けることはできないことになっています。

例として、一級に昇格するためには次のプロセスが必要とされています。

  1. 二名以上の一級術師から推薦される
  2. 一級術師・または一級相当の術師に同行して任務を成功させる
  3. 一級相当の能力があると判断された場合、最初に準一級に認定される
  4. その後、ソロでの一級任務を受ける
  5. 任務の出来によって、一級になれるかどうかが決定される

呪術師の等級・階級一覧まとめ!

特級

五条悟

都立呪術高等専門学校(以下、東京校)の一年担任教師。呪術界の名家であり御三家と呼ばれる五条家の出身です。

自他ともに認める『最強の呪術師』で、五条家の中でも希とされている六眼と無下限呪術という二つの才能に恵まれており、存在そのものが人間と呪霊のパワーバランスを左右すると言われています。

夏油傑

『最悪の呪詛師』と呼ばれる呪霊操術(呪霊を操る呪術)の使い手。

かつては五条の親友でしたが、術師が非術師の犠牲になる現状に疑問を抱き、非術師の皆殺しを目指していました。

九十九由基

特級呪術師の中では唯一の女性。回想シーンに登場するのみで、現在の動向や術式の詳細も判明していないため、読者から物語の黒幕ではないかという疑惑を抱かれています

乙骨憂太

東京校二年生。
目の前で交通事故死した少女、折本里香の怨霊に長年取り付かれていました。

里香の力は同じ特級の夏油を退けるほど強力なものでしたが、後に乙骨は自身の力で里香を怨霊にしていたことが判明します。里香が成仏した後も特級認定のままですが、その後、どのような力の使い方をしているのかは不明です。

一級

東堂葵

呪術高専京都校の三年生。

非術師の生まれで、子供の頃、九十九と出会ったことで術師を目指すようになりました。粗野で独善的な性格ですが、気に入った相手にはとことん入れ込みます。呪力を持ったモノや生命の位置を入れ替える術式、不義遊戯(ブギウギ)の使い手です。

冥々

五条の先輩にあたりますが、呪術高専を中心とした組織からは一定の距離を置き、フリーランスに近い立場で活動している呪術師です。言動は守銭奴的です。

カラスを使役する黒鳥操術を得意にしていますが、肉体を駆使した戦いにも長じています。

禪院直毘人(ぜんいん なおびと)(特別一級)

御三家の一つ、禪院家の二十六代目当主。
酒好きの老人で、対象をアニメーションのコマのように支配する投射呪法を使用します。

夜蛾正道

東京校の学長。
五条や夏油の学生時代の担任でした。
呪術により作り出される人形である呪骸(じゅがい)を扱う『傀儡呪術学』のエキスパートです。

日下部篤哉

東京校の二年生担任。
術式を持たないにも関わらず一級にまで昇進を果たした実力者で、居合い切り等を使う流派、シン・陰流を修めています。

厳つい容姿をしていますが、自分より強い相手とは戦いたがらないという慎重な性格です。

七海健人

五条の後輩。呪術高専に通っていたものの呪術界のブラックさに嫌気がさし、サラリーマンの道を選びましたがそちらもブラックだったため、せめて適正のある仕事をしようと呪術の道に戻った変わり種です。

相手の長さを7:3で割ったポイントに強制的に弱点を作り出す、「十劃呪法(とおかくじゅほう)」を使用します。

準一級

狗巻棘

東京校二年生。
口にした言葉で相手に呪いを与えるという、呪言の使い手。普段は言葉で周囲の人間を傷つけないように、おにぎりの具だけを語彙にして会話しています。

庵歌姫

京都校の二年生担任。任務中は巫女装束をまとっています。五条や夏油の先輩にあたりますが、「弱い」とバカにされ、敬意を払ってもらえなかった様子です。

加茂憲紀

京都校の三年生。御三家・加茂家の出身。自分の血液や、血の付着した物体を操る赤血操術を使用します。

与幸吉(むた こうきち)

京都校二年生。
生まれながらにして虚弱で激痛の走る肉体に悩まされる代償として、作成した傀儡を日本全国が圏内になるほどの範囲で遠隔操作できる『傀儡操術』を身につけていました。

授業や任務にはこの傀儡で参加しており、クラスメートからは傀儡としての名前である「究極メカ丸」と呼ばれています。

二級

虎杖悠仁(階級なしだが、二級相当の評価)

本編の主人公。呪術とは無縁の世界に生まれましたが、呪いの王と呼ばれる両面宿儺の指を飲み込んだことで、宿儺の器となり、呪力を手に入れました。東堂葵から一級へ推薦する話が出ていたことから、評価としてはその時点で二級以上の実力があることになります。

伏黒恵

東京校一年生。御三家、禪院家の出身。
使用する術式は禪院家の秘伝とされる『十種影法術』。影から十種類の式神を呼び出す多彩な術式で、両面宿儺にも評価されています。

使用者が滅多に存在しない呪術の奥義、領域展開を不完全ながら身につけているなど、若年でありながら才能に恵まれた術者です。

猪野琢真

21歳。七海を尊敬している呪術師。帽子で顔を覆い、仮面のようにすることで身体に四種類の瑞獣を降ろすという『来訪瑞獣』を使用します。

灰原雄

七海が呪術高専に通っていた頃の後輩。人当たりのいい快活な性格でしたが任務で死亡しました。

西宮桃

京都校の三年生。
魔女のようにホウキに乗って空を飛ぶことができる術式の持ち主です。

準二級

パンダ

東京校二年。
外見はパンダそのものの姿をしています。人間ではなく、夜蛾が作り出した突然変異呪骸です。

人間のような感情を持ち、会話が可能です。

三級

釘崎野薔薇

東京高一年。本作のヒロインで、ワラ人形を活用した芻霊呪法(すうれいじゅほう)を使用します。モデルのような容姿に反して、ヒロインらしからぬ言動が魅力です。

禪院舞依

京都校二年。御三家、禪院家の生まれ。
ゼロから物質を作り出すことができる術式、『構築術式』を使います。
双子の姉である真希に対して、愛憎入り交じった感情を抱いています。

三輪霞

京都校二年。
自身を中心にした半径2.21メートル内に進入したものをオートで攻撃する、『シン・陰流簡易領域』を使用します。
裕福ではない家庭の出身で、中学生のとき、シン・陰流最高師範からスカウトされたことをきっかけに呪術の世界に入りました。

四級

禪院真希

東京校二年。舞依の双子の姉。呪術の才能を一切持たない代償として超人的な身体能力を得る『天与呪縛』の持ち主。
本来は二級相当の実力者ですが、実家の差し金により最下級残留を余儀なくされているようです。

呪術師と呪霊の力関係は?

特級~四級の区分は、呪術師だけでなく呪霊にも設定されています。

ただし呪術師の等級と、呪霊の等級はイコールではありません。
たとえば一級呪術師の場合、一級呪霊を祓うことができるレベルの実力が求められています。

つまり同じ階級の場合、常に呪術師>呪霊という力関係なのです。

そう考えると物語の中のパワーバランスは呪術師側が有利であるように思われますが、
最新の展開では呪術師側にもかなりの被害が出ています。

これは特級呪霊が大挙して押し寄せていることと、迎え討つ呪術師側は、いろいろな事情により特級呪術師の行動が制限されてしまっているためと思われます。

『呪術廻戦』の漫画を安く読む&買う方法

『呪術廻戦』の漫画を単行本で購入していたり、電子漫画で購入している方も多いと思いますが、もっと安く読む&買う方法があります!

ゴマくん
ゴマくん
なんなら2冊くらい無料で読む方法もあるんだよ!
ペンちゃん
ペンちゃん
定価で購入してるなんてめっちゃ損だよね!

『呪術廻戦』の漫画を安く読む裏技はこちらの記事で解説しています↓

『呪術廻戦』の漫画を安く読む方法はこちら

まとめ

  1. 呪術師は人間の感情が生み出す呪いを祓うことが使命
  2. 非術師を呪殺した呪術師は、呪詛師に認定され、排除の対象となる
  3. 呪術師の階級は特級~四級までに区分されている。たいていの呪術師は、準一級が限界
  4. 呪術師と呪霊の力関係は、同級の呪霊を呪術師が祓うことができるパワーバランス

個性的な呪術師たちが数多く登場する呪術廻戦。アニメ放映を10月に控えていますが、声優さんが決定していないキャラクターもまだまだいるようです。今後、発表される情報を楽しみに待ちましょう!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。