映画

ハーマイオニーの生い立ちやなぜ魔女になった?マグルの両親や汚れた血についても

『ハリー・ポッター』シリーズのヒロインであるハーマイオニー・グレンジャー。

彼女の両親については映画ではあまり触れられていませんが、どんな生い立ちなのでしょうか?

マグルなのになぜ魔女になれたの?穢れた血(汚れた血)と言われる理由についても解説していきます。

ハーマイオニー・グレンジャーとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wizarding Worldさん(@wizardingworld)がシェアした投稿

生年月日 1979年9月19日
出身地 イギリス/イングランド
身長 165cm
英名 Hermione Jean Granger

ハーマイオニー・グレンジャーは、マグル生まれの魔女。

 

ハリーとロンの親友であり、3人の中に留まらず、ホグワーツの中でも超優秀な生徒。

自身が怖がっているものに変身するマネ妖怪ボガートは、ハーマイオニーがO.W.L.(フクロウ)試験に全部落第したと告げるマクゴナガル先生に変身するなど、失敗することを恐れています。

 

ホグワーツに入学してからの7年間(実際には6年間)、ハーマイオニーはロンやハリーと共にヴォルデモートに関する勢力と戦ってきました。

 

本を読んだり勉強をするのが得意で、図書館にある誰も読まないような分厚い本を『軽い読み物』と称して愛読しており、内容まで暗記しています。

度々彼女の知識は役に立ち、常にハリーやロンを救ってきました。

 

しかし、苦手なことはスポーツ、クディッチなどの箒に乗る競技と、守護霊の呪文(エクスペクト・パトローナム)。

勉強科目ではハリーやロンに負けたことがないハーマイオニーですが、(『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の魔法薬学の授業でハリーに負けたことを除いて)箒に乗ることは苦手であると自覚しています。

 

ダンブルドア軍団(D.A.)の闇の魔術に対する防衛術の練習では、常に呪文が得意なハーマイオニーでさえ上手に守護霊を作り出すことはできませんでした。

ハーマイオニー・グレンジャーの生い立ちや両親はマグル?

そんなハーマイオニーですが、ハーマイオニーはマグル生まれで、両親はマグルです。

つまり、魔法族ではない、魔法族の血が入っていない人間であるということ。

 

ハーマイオニーの両親はイギリス/イングランドで歯科医院を営んでいる歯科医。

ハーマイオニーに兄弟はおらず、一人っ子である模様。

 

ハーマイオニーの過去についてはあまり触れられておらず、どんな幼少期を過ごしたのかはわかっていません。

 

ホグワーツに入学できることを知ったのは11歳の時で、とても驚いたとされています。

 

恐らくですが、ホグワーツに入る前から魔法を使うことができたのではないかと思います。

魔法と言っても、自分で制御したり操ることはできず、ハリーが動物園で蛇の檻のガラスを消したように、『不思議なことができる』という感じ。

 

魔法を使える魔女や魔法使いは、幼少期に何かしら不思議な力を使うことができるとされています。

映画では触れられていませんが、ハリーも幼少期に丸刈りにされた自分の髪を伸ばしたり、ダドリーのお下がりとして着せられそうになったセーターを縮めてしまうなどの『不思議な力』が見られました。

また、ハリーたちの同級生のネビル・ロングボトムも、ネビルの幼少期、ネビルがスクイブ(魔法族なのに魔法が使えない出来損ない)だと思ったネビルのおじがネビルを窓から落としてしまったところ、体がボールのように跳ねたという描写もあります。

 

ハーマイオニー・グレンジャーはなぜマグルから魔女になったの?

では、マグルであるハーマイオニーはなぜ魔女になることができたのでしょうか?

 

ハーマイオニーのように、マグル生まれから魔女になる人もいます。

マグル生まれの魔法使いと魔女

ハリーの母親であるリリー・エヴァンスも、元々はマグル生まれで、家族の中で彼女のみが魔法族でした。

(そのため、リリーはホグワーツ入学前から不思議な力を使うことができた)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wizarding Worldさん(@wizardingworld)がシェアした投稿

 

ホグワーツでハリーたちの下級生にあたるコリン・クリービーデニス・クリービーの兄弟もマグル生まれの魔法使いです。

マグル生まれから魔法使いや魔女が生まれる原因は?

では、なぜマグルから魔法使いや魔女が生まれるのでしょうか?

それは、スクイブが関係していると言われています。

 

スクイブとは?

スクイブとは、魔法族の子供であるにも関わらず、魔法を使うことができない人のことを指します。

魔法界では「出来損ない」などと言われ、偏見の目で見られることが多いです。

 

『ハリー・ポッター』の作中に登場するスクイブは、

  • アーガス・フィルチ(ホグワーツの管理人)
  • アラベラ・フィッグ(リトル・ウィンジングのダーズリー一家のご近所さん)

などがいます。

 

マグル生まれの魔法使いや魔女にはスクイブの先祖がいる

マグル生まれから魔法使いや魔女が生まれる原因は、先祖にスクイブがいることではないかと言われています。

 

先祖の誰かにスクイブがいて、スクイブの中にある『魔法使いや魔女の血』が、突然子孫に現れるのでは?とのこと。

 

マグル生まれ 魔女

わかりやすくすると、こんな感じですね。

先祖の誰かにスクイブがいた場合、魔法使いや魔女の血がその子孫に現れるということ。

 

なぜスクイブの必要があるのか?

魔法使いや魔女の先祖がいれば、スクイブである必要はないと思われますが、スクイブである必要があるのにはこのような理由があります。

 

下の図を見てください。

 

マグル生まれの魔女

たとえマグルの配偶者と結婚した場合でも、その子供は魔法使いや魔女になる可能性が極めて高いのです。

そのため、先祖がスクイブではなく普通の魔女や魔法使いだった場合、高確率でその子孫は魔女か魔法使いが生まれてくることになり、一般的な半純血の魔法族の家系になります。

 

半純血の魔法使いや魔女はたくさんおり、

  • セブルス・スネイプ(母親が魔女、父親がマグル)
  • ヴォルデモート/トム・リドル(母親が魔女、父親がマグル)
  • シェーマス・フィネガン(母親が魔女、父親がマグル)

などがいます。

 

スクイブであれば、その子供に魔法の力が現れる可能性は低く、何世代かは一般的なマグルの家庭として生活できるというわけです。

 

要点まとめ

ハーマイオニーがマグル生まれの魔女なのは、ハーマイオニーの家系の先祖にスクイブがいた可能性が高いから

 

マグル生まれの魔法使いや魔女はどうやってホグワーツに行くの?

ここで疑問になるのは、両親ともマグルなのに、魔法使いや魔女としてホグワーツに通うという事実を、どう受け入れてもらうのか?ということですね。

 

マグル生まれの魔法使いや魔女の場合、ホグワーツに通うことになったという手紙と同時に、ホグワーツの職員がマグルの両親と魔法使いや魔女である当人に対して魔法界の説明を行うとされています。

 

ある日突然魔法使いや魔女が現れて、

「あなたは魔女/魔法使いです」

と告げられるなんて・・・・

 

That’s really fantastic!!!!

 

 

 

すみません取り乱しました。

 

 

学校職員から魔法界の説明を受けて、

  • ホグワーツへ入学するための学用品などを買うダイアゴン横丁への行き方
  • 9と3/4番線への入り方
  • グリンゴッツでのマグルのお金から魔法族のお金への両替

などについても学びます。

 

 

ちなみに、ハーマイオニーはホグワーツ入学前に教科書を全て読んで暗記し、さらには『ホグワーツの歴史』『クディッチ今昔』などの魔法界に関する本を読み、魔法や魔法界について熱心に勉強しました。

 

そのため、ホグワーツ特急の中で、ハリーたちのコンパートメントの中で「レパロ(なおれ)」の呪文を使い、ハリーの壊れた眼鏡を直すこともできましたし、ホグワーツに到着してから、組分け帽子のことや魔法の天井についても誰よりも詳しく知っていました。

ハーマイオニー・グレンジャーはなぜ穢れた血(汚れた血)と呼ばれるの?

そんなハーマイオニーですが、マルフォイから侮辱を受けることがありました。

それは、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』での出来事。

 

グリフィンドールのクディッチチームと、スリザリンのクディッチチームが揉めていた時に、ハーマイオニーが割って入ったところ、

「お前の意見なんか聞いていない。穢れた血め」

と、マルフォイが言い放ったのです。

 

それを聞いたロンが激怒し、マルフォイに「ナメクジ呪いの魔法」をかけようとしますが、折れた杖が逆噴射して、自分に呪いをかけてしまう結果になりました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wizarding Worldさん(@wizardingworld)がシェアした投稿

 

穢れた血/汚れた血の意味とは?

『穢れた血/汚れた血』とは、マグル生まれの魔法族に対する侮辱的な言葉です。

 

ちなみに、原書では

『mudblood』

と表記されています。

 

そのため、この『穢れた血』の訳し方に関しては色々と言われているようで・・・

『mud blood』は、直訳すると『泥血』

 

『mud』には、泥という言葉の意味の他にも、不名誉なこと、無価値なことなどの意味があります。

 

反して日本語の『穢れた』には、忌まわい、不浄な状態、 共同体に異常をもたらすものなどという意味があります。

 

『mud』と『穢れ』に関してはちょっと似た意味でも捉えることができますが、厳密に言うと違う感じもありますよね。

 

ただ、純血を汚された、穢れた血であると言う表現ならば、『穢れた血』でも十分通じると思われます。

 

マルフォイのような純血主義者が使う言葉

ちなみに、この『穢れた血/汚れた血』という言葉は、マルフォイ一家のような純血主義者が使う言葉であり、一般的な魔法族が使うことはありません。

 

人種差別的な言葉と思っていただければ良いでしょう。

 

マルフォイ一家は代々純血の一族で、魔法界にはそのような代々純血の一族が存在し、『聖28一族』と呼ばれています。

 

『聖28一族』の家系は以下の通り

家系 『ハリー・ポッター』での登場人物 備考
アボット家 ハンナ・アボット ハリーたちの同級生/ハッフルパフ寮
エイブリー家 エイブリー デスイーターの1人
ブラック家 シリウス・ブラック/R・A・B
ブルストロード家 ミリセント・ブルストロード ハリーたちの同級生/スリザリン寮
バーク家 カラクタカス・バーク ボージン・アンド・バークスの店主
カロー家 アレクト・カロー/アミカス・カロー ダンブルドアの死後、ホグワーツの教授になったデスイーター
クラウチ家 バーティ・クラウチ/バーティ・クラウチJr. 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の主要人物
フォウリー家 ハリポタでの登場なし
フリント家 マーカス・フリント ハリーたちの上級生/スリザリン寮
ゴーント家 メローピー・ゴーント/モーフィン・ゴーント/マールヴォロ・ゴーント ヴォルデモートの母親の家系でスリザリンの末裔
グリーングラス家 アステリア・グリーングラス 後にドラコ・マルフォイと結婚
レストレンジ家 ベラトリックス・レストレンジ
ロングボトム家 ネビル・ロングボトム ハリーたちの同級生/グリフィンドール寮
マクミラン家 アーニー・マクミラン ハリーたちの同級生/ハッフルパフ寮
マルフォイ家 ドラコ・マルフォイ/マルフォイ家 デスイーター
ノット家 セオドール・ノット ハリーたちの同級生/スリザリン寮
オリバンダー家 ギャリック・オリバンダー 杖作り
パーキンソン家 パンジー・パーキンソン ハリーたちの同級生/スリザリン寮
プルウェット家 モリー・プルウェット(ウィーズリー) ロンの母の実家
ロジエール家 エヴァン・ロジエール デスイーターの1人
ロウル家 ユーフェミア・ロウル ハリポタ作品では登場なし
セルウィン家 セルウィン デスイーターの1人
シャックルボルト家 キングスリー・シャックルボルト
スラグホーン家 ホラス・スラグホーン 魔法薬学の教授/スリザリンの寮監
トラバース家 トラバース デスイーターの1人
ウィーズリー家 ロン・ウィーズリー/ウィーズリー一家 ハリーの同級生、及びその家族
ヤックスリー家 ヤックスリー デスイーターの1人

 

上記の表を見てわかる通り、純血主義者はデスイーターの確率が極めて高いです。

 

ただし、ロンの一族であるウィーズリー一家や、ネビルの一族であるロングボトム一家などは、純血主義であるわけではなく、たまたまマグルと結婚しなかっただけで、マグル生まれに良心的な純血一族も存在します。

 

完全に純血の魔法使いは少ない

ハリー・ポッターの世界では、むしろ完全に純血の一族の方が少ないとされています。

ほとんどがマグルの血を引いている家系が多く、一般的な魔法使いであればマグル生まれが差別の対象になることはありません。

 

この純血主義に関しては『ファンタスティック・ビースト』シリーズに登場するゲラート・グリンデルバルドも似たような思想を持っています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fantastic Beastsさん(@fantasticbeastsmovie)がシェアした投稿

 

 

まとめ

  • ハーマイオニーの両親はマグルで歯科医である
  • ハーマイオニーのようなマグル生まれの魔法使いや魔女は、先祖にスクイブがいる可能性が高い
  • 『穢れた血』とは、魔法界の人種差別的な発言の1つ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。