アニメ

ハイキュー!!の最終回の結末を予想!漫画とアニメはいつ終わる?

漫画からアニメ化され、2020年には2クールの放送も決定している『ハイキュー!!』

そんな『ハイキュー!!』も、そろそろ最終回が近いのでは?と言われていますが、『ハイキュー!!』の最終回はいつになるのでしょうか?

また、最後の結末はどうなるのか?なども予想してみました。

『ハイキュー!!』の最終回はいつになる?

まずは、『ハイキュー!!』の最終回はいつになるか?について、ファンの方の予想をまとめてみました。

44巻〜48巻あたりで終了

アンケートの結果、『ハイキュー!!』の最終回は

44巻〜48巻あたり

で最終回を迎えるのでは?という意見が多かったですね。

30代/男性
30代/男性
終了話は400話、単行本は44巻になると予想します。
終了話はVリーグの試合が終わったタイミングになると思うので今の進行を踏まえるのと区切りということで400話が妥当と考えました。
それを踏まえて41巻の終わりが日向が熱で会場を後にしたところで終わりましたので42巻は春高終了からのブラジル修行編。
のころり2巻でVリーグ編となり終了すると思います。
40代/男性
40代/男性
ハイキュー!!の連載終了は2021年の年明けくらいになって、単行本の最終巻は48巻くらいになるのではないかと予想します。
「最終章」と銘打たれてから始まった日向VS影山(ジャッカルVSアドラーズ)の試合が実質のラストゲームになると思うんですよね。
サブタイトルにも影山を指して「ラスボス」とするものがありましたし。
そして最近は一試合のボリュームが単行本5冊くらいで、連載期間にするとおよそ一年弱です。
なので年末年始か、長くても来年の今頃には最終回を迎えているのではないかと思います。

オリンピックの代表選考で終了

さらに意見が多かったのは、日向がオリンピックの代表選考で選ばれるところで終了するのではないかという予想です。

40代/男性
40代/男性
春高でベスト8で敗退となったことを受け、いよいよ連載では最終章に入りました。作者のコメントにももうちょっとだけお付き合いくださいとあったので、近い将来ハイキュー!!連載終了となりそうです。
ここで気になるのが今年は東京オリンピックが開催されるという事です。以前にオリンピック編をというコメントもあったようなので、東京オリンピック開催直前くらいに終わるのではないかと個人的には予想します。
ブラジルで大きくなった日向がオリンピックの日本代表として影山と再びコンビを組むところで連載終了となるのではないでしょうか。そんなことから現在41巻でている単行本は47巻で終了かなと思います。
40代/女性
40代/女性
現在、41巻まで発売されていてもうすぐ高校生編が終了して、今、プロリーグ編が連載されていていること、そして、今までの伏線がすごいスピードで回収されていることから、かなり最終回は近いと思われます。
現在の影山対日向の対決がおわり、オリンピックへの代表選考…っていうところで最終回を迎えると予想します。
白鳥沢戦、音駒戦が単行本で言うと5~6巻使用しているため、この現在の試合にその巻数を費やすのか?
白鳥沢戦も、音駒戦も、日向やそのチームメイトの成長をその試合の間で見せる事に使っているのだけど
現在のプロリーグ戦は、完成された彼らを魅せるのに費やすのではないかと思うので、けっこうあっさり決着つくのではないのかな?と思います。
今のプロリーグ戦に3巻くらい、オリンピックへの道に1巻くらい使って、50巻くらいで終わるのではないかと思います。

漫画の終わり方としてはあるあるっぽい終わりになりそうですね。

続きが気になる終わり方ですが、キリは良くなると思います。

プロ編まで続ける!

また、プロ編まで続けるのでは?という意見もありました。

30代/男性
30代/男性
連載終了時期:2030年、単行本:100巻までと予想します。
現在、高校編が終了し、最終章と銘打ってビーチバレーを挟んでプロ編に突入していますが、日向がまだ一年生だった高校編を早くに切り上げたのは高校でのネタが枯渇してきたことと、同じくバレーの試合描写のパターンが尽きてきたことによって、それをプロ編に注ぎ込みたかったのではないかと。
ということでプロ編でもそれまでと同じくらいの時間を費やすと想像して、これまでと同じ年数、巻数。更に回を重ねるごとに描写が細かく長くなっていく長期連載の法則から1.5倍して大体これくらいになるかなと。

あまり長く連載すると、「つまらなくなった」などと言われることにもなりかねないので・・・プロ編まで長く連載する可能性は低そうかな〜とは思います。

 

今回の結果を総合すると、

〜50巻

くらいまでで最終回を迎えるという可能性が高そうです。

アニメに関しては、4期2クールの放送がどこまでされるのか?

さらにその後5期の放送がいつになるか?によって変わってくると思います。

『ハイキュー!!』最終回の結末予想

では、『ハイキュー!!』の最終回の結末についてはどうなっていくのか?

こちらもファンの方に予想していただきました!

30代/男性
30代/男性
また、Vリーグ編に入り、今まで登場したキャラがどんどん登場しているので、全キャラを出すとなるとフルセットにしないと描ききれないとおもいました。
続いて、終わり方は5セット目のマッチポイントを日向が影山目掛けてスパイクを打ち影山が弾いてBJが勝利という結果になると思います。
そのスパイクは日向の今までのプレーで一番高く飛んで打つときは見開き1ページで描かれると思います。
その次のページで観客や影山が驚くほどでまるで翼が生えたような印象をもったと思います。
そして、マッチポイントを決めた日向は最大のライバルであった影山に勝つことができて大はしゃぎすると思います。
これは日向の性格上、絶対描かれると思います。
そして、予想した終了時期を踏まえるとちょうど東京オリンピックごろになるので一番最後はオリンピックの試合で影山と日向が出場して最後は日向がスパイクを打つというところで終わると思います。
40代/男性
40代/男性
最近の連載では影山を「ラスボス」と表現しています。
なので、本当に最後の敵となるかは分かりませんが、少なくとも終盤に向けて日向にとっての最大のライバルという点は揺るがないでしょう。
高校では味方だったのが今後は敵チームとして戦っていく可能性が高いわけですが、やはり最終的には二人が組んだチームは見たい。
一つの可能性としておそらく日本代表はあるでしょう。
代表というのは大会があるごとに定期的に招集されるものですから、日向と影山が最終的な対決をする前にも何度か招集はあるでしょう。
影山は基本的に選ばれる側でしょうが、日向はどうだろう?しばらくは招集されないかもしれませんね。
そこで二人が同じチームになることはあるか。その手前で何度かすれ違いもあるでしょう。
この漫画はラスボスとしては影山の存在がありますが、単純に日向翔陽自身の成長も一つのテーマとしてあります。
いくらか伸びているようだとはいえ、一般的なバレー選手としてはやはり間違いなく小さい。現実のバレー選手としてもリベロでも無ければまず活躍は難しいわけです。
その中で日向が「小さな巨人」として、例えば鷲匠鍛治監督のような、元も現役も含めた小さなプレイヤー達に夢を見せることができるのか。
その答えが結末に繋がっていくと思います。
日本代表として影山と日向が組むこと、そして「小さな巨人」を全世界に見せる。そんな結末。
あと本当の最後には烏野高校に戻ってきてほしいですね。別にコーチとしてとかではなくとも、ただ帰ってくるだけでいい。
そしてまた、小さな巨人に憧れた新入部員が入ってくる。
30代/女性
30代/女性
現在の連載が、プロリーグ戦がやっと始まった感じですが
高校生から、彼らがどれぐらい成長しているか
そして、プロにならなかった子たちがどのように現在成長しているかを
紹介する、かなりわくわく展開が続いていますが
そろそろ、それも出し切ったところで、プロリーグ戦を中心にシフトしていき
このプロリーグ戦で彼らの集大成という形で
高校生編から(もともとすごかったけど…)今までどれだけ成長したのかを
惜しみなく出し尽くして、オリンピックへ、さらなる頂を目指すという形で最終回を迎えると思います。
それまでに、まずは星海対日向対決、牛若対木兎、そして、最後は影山対日向対決を描いていくと思います。
星海対日向、牛若対木兎のように同様のプレイヤー同士の対決は、お互いのプレイの高め合い対決と予想できますが
影山対日向の、ポジションも違う、プレイスタイルも違う彼らが
中学からの因縁の対決をどう決着するかが、最終回に向けての対決だと思います。
音駒戦での、研磨対日向のように、研磨の策略にどう日向が打ち勝っていくか?という戦いではなく
影山の今までの弱点(コミュニケーション能力や実直すぎるところ)を宮侑と日向とで攻略してくが
影山もプロリーグに入ってからのさらなる成長を見せつけ
それをさらにどう攻略していくのか?というところが見どころになるのではないのかと思います。
そして、春高の稲荷崎戦の宮侑が日向に言った言葉を逆に影山が日向に言って
オリンピックで一緒に戦っていくというところで最終回になるのではないかと思います。
40代/男性
40代/男性
最終回はやっぱり日向がラスボスの影山に勝利し、彼よりも長くコートに居続けるというあの宣言を現実のものにしてくれると期待しています。
すごく安直な予想ですけど、でも振り返ると影山はずっと日向のライバルであり、彼にとって一段上にいるプレーヤーでしたからね。
そんな影山にようやく一勝するところを描き、影山もまたそれを受けてリベンジ宣言しながら握手するという、そんな王道ど真ん中な決着になっていると思います。
そして最後は日向も影山も日本代表チームに選ばれて、「海外チームを前に烏野変人コンビ復活!」というところで終わるのではないでしょうか?
さらに、その海外チームには大王様――及川徹の姿があるのではないかと。
日向の海外修行編でまさかの登場をしてくれた及川ですが、彼は別れ際に日向に対して「俺は全員倒す」と言っていましたよね。
あれは日本代表に選ばれるのを目指すというよりは、むしろその選ばれた日本代表チーム全員と戦える場所を目指しているように聞こえました。
それが海外の代表チームなのか、それともどこかのプロチームなのかはよく分かりませんが、いずれにせよ日本に戻ってくる感じではなさそうです。
なので最後は日向&影山コンビがネットを挟んで及川と睨み合う形になるような気がしています。
40代/女性
40代/女性
2016年のリオデジャネイロオリンピックですでに代表デビューを果たしている影山。日向はブラジルで修行して日本へ戻ってきます。そして2020年東京オリンピック。
日本代表の合宿に二人とも召集され、オリンピックに向けて練習を重ねる二人。東京オリンピックの初戦前夜。
日向と影山がオリンピック選手村の一角でばったり会い、二人が出会ってからこれまでのバレーを振り返ります。中学時代に影山に負けたことから始まる打倒影山の想いを日向は影山に改めて伝え、影山は田中ばりの「うけてたーつ」で答えます。
そして一夜明けいざオリンピック初戦へ!といった感じで最終回が終わるのではないかと予想します。もちろんその前日本代表には牛若や星海など高校時代からしのぎを削るライバルたちが一緒に召集されているという状況でしょう。
ファンとしてはオリンピックで金メダル獲得のシーンまで見たいところではありますが、連載と実際のオリンピックの試合が重なると展開しづらい部分もあるので、東京オリンピックでの日本バレーチームの活躍を応援する意味も込めて、盛り上がった形でハイキュー!!を終了して、実際のオリンピックの試合を見るといった感じになるのではないでしょうか。
さらにオリンピック終了後に、遅れて出る単行本で余韻を楽しむといった流れが理想です。

みなさん、日向と影山のラストに注目しているみたいですね。

その後については、海外チームに入って戻ってこない可能性や、オリンピック出場、もしくは鳥野高校に戻ってきてコーチになるところまで描かれるのか・・・?

その辺がラストの結末で注目される部分ですね。

『ハイキュー!!』の終わり方に対してファンからの期待の声

最後に、『ハイキュー!!』の終わり方に対しても、ファンの方からの期待の声を集めてみました。

みなさんどんな結末を期待されているのでしょうか?

30代/男性
30代/男性
まずは、今まで登場したキャラがどのタイミングで登場するのか楽しみです。
特に烏野の中でまだ西谷がまだ登場していないので、いつ登場してどんな成長を遂げているのか楽しみです。
続いては今後の展開ですが、今はスタメンだけで展開していますが、ベンチメンバーもどんどん登場してほしいです。
その中にもしかするといままで登場したキャラが紛れている可能性があるので登場が楽しみです。
あと、佐久早のよう公式試合で初登場のキャラがどんなプレーをするのかも楽しみです。
特に、佐久早は春高編の試合でとうじょうすると思っていたのですがそれがなくプレーが見たかったのでとてもよかったです。
そして、最後に試合結果が日向勝利で終わってほしいと思います。
40代/男性
40代/男性
とりあえず悲しい展開にはなって欲しくないですね。
例えば影山か日向のどちらかが怪我をしてしまうとか、再起不能になるとか、それ以上のことが起きてしまうとか。
基本的にはバレーに向き合う各々の姿勢がこの漫画における人間描写の中心であり、バレーから離れた部分での悩みや事件などでドラマを作り出してはいないので、あまりその辺の心配はないとは思いますが、週刊少年ジャンプはアンケート結果によって大幅なテコ入れがあったりもする雑誌なので、人気の陰りや感想の傾向などによって多少心配ではあります。
まあ、既にほぼ殿堂入り的な扱いが確定しているであろう大人気漫画ですし、現状の在り方を支持するファンがほとんどだとは思うので、大丈夫だとは思います。
あとはやはりスポーツ漫画として。バレーの醍醐味、楽しみ方を教えてくれる漫画なので、プロにその場を移したことでプロならではの楽しみ方、高度な戦術などがまた大量に注がれてくると嬉しいです。
30代/女性
30代/女性
高校生だった彼らが、どのように成長したのかが、次々と公表されている中、いまだに西谷だけが旭さんが一言発言しただけで公表されていないので・・・かなり引っ張っているところから、かなり奇想天外なことが予想されるので西谷がどのように成長しているかがとても楽しみです。
また、みんな大好き、及川さんがブラジル編以来登場していないので、どう今のプロリーグに、関わってくるのか…及川対影山をまたみてみたい。
高校生編の時に、だれもが考えた、ドリームチームを作ることが可能になってきた現在の展開のなか…
現実世界でオリンピックが近づいてきて、代表のチームがだれが選ばれてくるのかが、そして、だれが落選するのか…。
同窓会的な展開で、社会人になったみんなでバレーをプレイしているところで
話が終わるという展開もすごいうれしいです。
すべてが終わって、さらに10年後とかで、田中の子どもがバレーを始める所で終わったりとかも見たいです。
30代/男性
30代/男性
最終回は日向と影山の変人コンビが日本代表チームで復活するところを描いてほしいですね。
しかしその前に、最終章にまだ登場していないキャラクター達の現在もどんどん明かされていくのを期待しています。
具体的には西谷と天童の近況です。
二人とも高校時代の仲間達の会話にチラッと登場してはいるのですが、なぜか詳細な情報が伏せられているんですよね。
どちらも本人にその気があればプロ入りしていてもおかしくない実力者でした。
まあ、同時にバレーとは全然関係ない分野に進出しても全く不思議ではない行動力とか、独自の世界観を持ったキャラクターでもあったのですが。
本当にいったいどこで何をしているのでしょうね?
考えてみればこの二人に限らず、その後の人生を追ってみたいキャラクターが「ハイキュー!!」にはたくさんいます。
最終回の後でまた時々ジャンプに戻ってきて、日向と影山以外の高校卒業後を描いた短編漫画などを描いてくれるととても嬉しいです。
40代/女性
40代/女性
春高での日向発熱での途中離脱によるベスト8敗退という突然の流れでかなりの急展開になった感じもあり、ちょっと急いで終わらせにかかっているのかという印象もありましたが、そこで終了しなかったのはせめてもの救いです。スラムダンクの例もあり大会敗退後、間もなく終了という残念な感じにはならずに済みました。ある意味で今までの漫画ではなかった大会終了後、主人公たちが高校を卒業した後のストーリーが描かれているので、そう言った意味では新鮮さも感じます。今年は東京オリンピック開催年ですので、ハイキュー!!で盛り上がったバレーボール熱のようなものが実際の日本代表の選手たちや応援するファンたちににうまく伝わって、日本代表が活躍してくれたらいいなぁと思っています。

怪我などで悲しい結末にはなってほしくないということと、メンバーたちのその後について気になっている方が多いみたいですね。

スピンオフ的な感じでメンバーたちが大人になり、子供ができて〜みたいなところが描かれるのも面白いかもしれませんね!

『ハイキュー!!』のアニメや漫画を無料で読む方法

『ハイキュー!!』のアニメを無料で見たい方は、こちらを参考にしてみてくださいね↓

ハイキュー!!アニメの見逃し動画を無料視聴する方法まとめ【1〜4期】

 

『ハイキュー!!』の漫画を無料で読む方法はこちら↓

『ハイキュー!!』原作漫画を無料で読む方法はこちら

まとめ

以上!今回は『ハイキュー!!』の最終回の結末はどうなるのか?についてファンの方達の予想をまとめてみました!

人気漫画だけに、最後の結末がどうなるのか?期待と不安、どちらも大きいですね。

今後の『ハイキュー!!』の展開にも注目していきましょう!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。