呪術廻戦

伏黒甚爾の能力や天与呪縛とは?呪霊が見える理由はなぜ?

伏黒甚爾の能力や天与呪縛とは?呪霊が見える理由はなぜ?

呪術廻戦に登場する伏黒甚爾(ふしぐろ とうじ)は、登場シーンこそ少ないものの、作中の最強キャラクターである五条悟を瀕死に追い込むなど、読者に強烈な印象を与えて退場した人物です。

しかし出番が少なかったせいで、その能力や強さの理由については理解していない読者も多いように思われます。
そこでこの記事では、伏黒甚爾のプロフィールと、強さの秘密について解説します。

呪術廻戦の伏黒甚爾とは?

旧姓は禪院(ぜんいん)甚爾。

黒髪と鋭い目元が印象的な男です。右の口元に傷跡があります。

人間の負の感情から生まれた呪霊を祓うため呪術師が暗躍している世界で、呪術師の名家である禪院家に生まれました。

大抵の場合、呪術師の家系につながる人間は呪霊を祓うために必要な呪力を持って生まれてくるのですが、甚爾は生まれつき全く呪力を持ち合わせていない特殊な体質の持ち主でした。

そのため家庭内で冷遇されていた甚爾は、実家を飛び出し、伏黒姓の女性と結婚して、息子の恵を設けました。しかし出産後に妻は亡くなってしまいます。

以後の甚爾は、ギャンブルや女性のヒモのような暮らしで日銭を稼ぎつつ、時折能力を活かした暗殺稼業に手を染めながら日々を過ごします。
とくに呪術師が関わる暗殺任務で活躍していたらしく、術師殺しという異名で呼ばれていました。

その後、ある人物の暗殺を請け負った甚爾は、ターゲットの殺害には成功しましたが、護衛に就いていた最強の呪術師・五条悟との戦いに破れ、命を落としたのでした。

なお息子の恵は、その後、五条悟の後援を受けながら育つことになりました。

死亡により物語から退場したように思われた甚爾でしたが、ほんの一時だけ再登場しています。

成長した恵と対立する勢力にいた呪術師が降霊術のような呪術を会得しており、別人の肉体に甚爾を憑依させたのです。
憑依した後、恵と対峙した甚爾は目の前にいるのが息子だと気付き、自害を選びましたが、恵の方は、相手が自分の父親だと気付かないままでした。

伏黒甚爾の能力や天与呪縛とは?

ここでは呪術の才能に恵まれていないはずの甚爾が、暗殺稼業のような仕事をどうしてこなすことができたのかについて説明します。

縛りと天与所縛

上の章で甚爾は呪力を全く持ち合わせていないと説明しましたが、これは『天与呪縛(てんよじゅばく』と呼ばれる状態です。天与呪縛とは、呪術師の家系に生まれたものに現れることがあるハンディキャップのようなものです。

呪術師は、呪術を使う際に自分の行動に縛り(ある種の制限)を課すことで、呪力をパワーアップさせることが可能です(例:自分の呪術の内容を敵に教える)。

これは術者が望んで行う縛りですが、天与呪縛とは、生まれつき、本人が望んでもいない縛りが課せられている状態のことを指します。

たとえばある呪術師は、生まれつき四肢の一部が不自由で全身に激痛が走るというハンデを与えられていた替わりに、日本全土をカバーできるくらいの強大な呪力を身に宿していました。

甚爾の天与呪縛はこの反対で、呪術師にとって必要不可欠な呪力を全く持ち合わせていない替わりに、常人をはるかに凌駕する身体能力を身に着けています。

甚爾は視覚・嗅覚をはじめとする五感がすさまじく向上しており、本来呪力を持たない人間は認識できないはずの呪霊さえ視認可能です。
また呪力への耐性も獲得しており、呪術師の攻撃をある程度凌いだり、呪霊を体の中に飲み込んだりすることもできるようです。

いいことずくめに見える甚爾の天与呪縛ですが、呪霊を祓うためには呪力が不可欠であるため、生身では呪霊に対処できないという弱点もあります。このデメリットがあるため、甚爾は実家で優遇されていなかった様子です。

戦闘スタイル

実家を離れた後は暗殺稼業で日銭を稼いでいたと思われる甚爾ですが、天与呪縛を活かした彼の戦闘スタイルはどのようなものだったのでしょうか?

相手が呪術を使えない一般人だった場合、甚爾は身体能力だけで圧倒することも可能ですが、対呪術師の場合、そうは行きません。呪霊を呼び出して戦うスタイルの呪術師もいることから、呪霊を倒せなければ不利になってしまうからです。

そのため甚爾は、呪力を秘めた武具である『呪具』を装備していました。
呪具はそれ自体から呪力が出ているため、呪力を持たない甚爾でも呪霊を祓うことができます。

さらに五条悟と戦った際の甚爾は、天逆鉾(あまのさかほこ)という特級の呪具を装備していました。天逆鉾には発動中の呪術を強制解除させるという効果があり、自分の周囲を呪術でガードしていた五条も致命傷を与えられてしまいました。

こうした強力な呪具を、道具類を収納できる力を持った呪霊に保管させ、さらにその呪霊を自分が飲み込んでおき、状況に応じて取り出す、というのが甚爾の戦闘スタイルであるようです。

ちなみに呪力を持たない甚爾は、結界の類を張り巡らせて敵を関知する呪術に引っかかることがありません。そのため索敵に長けた呪術師を相手取っても、不意打ちをしかけることが可能です。

術師殺しの異名通り、甚爾は呪術師の暗殺に適した能力を持っていると言えるでしょう。

伏黒甚爾に呪霊が見える理由はなぜ?

本来、呪力を持たない人間は呪霊を見ることができません。甚爾と同じように天与呪縛に悩まされている禪院真希の場合、そのデメリットに対応するため、呪霊を見ることができる特別なメガネを使用しています。

ところが甚爾の場合、特定の呪具を使用しなくても、呪霊を認識することが可能です。
これは、天与呪縛により甚爾の肉体感覚が極限まで研ぎすまされているためです。超人の域に達しているような感覚の持ち主であるために、呪力がゼロでも呪いを関知することができるのです。

甚爾に注目していた九十九由基という呪術師によると、呪力を全く持っていない人間は、甚爾の他に見つかっていないそうです。
つまり真希はわずかながら呪力を持っていることになり、その違いのせいで同種の天与呪縛でも、身体能力や感知能力の差が生まれてしまうのでしょう。

甚爾が復活した際、彼の戦う姿を真希が目撃していました。同じ種類の天与呪縛の持ち主である甚爾の戦闘スタイルを真似て、真希も進化を遂げるかもしれません。

『呪術廻戦』のアニメ&漫画を無料で見る方法

ペンちゃん
ペンちゃん
呪術廻戦のアニメを1話から無料で見たいな〜
ゴマくん
ゴマくん
動画配信サービスの無料トライアル期間を利用すれば、無料で『呪術廻戦』の動画を見ることができるよ!

『呪術廻戦』のアニメの見逃し配信を行っている動画配信サービスをまとめてみたので、もし見逃してしまった方や、1話から一気に見たい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね↓

『呪術廻戦』のアニメを無料視聴する方法はこちらをクリック

ペンちゃん
ペンちゃん
呪術廻戦のアニメを見たら、漫画も読みたくなったな〜無料で読む方法はないかな?
ゴマくん
ゴマくん
『呪術廻戦』の漫画は、最大6巻くらい無料で読むことができるよ!

『呪術廻戦』の漫画は、無料で読むことができます!

さらにさらに!全巻購入すると本来は6000円以上かかるところを、たったの1980円で全巻購入する方法も解説しています↓

『呪術廻戦』の漫画を安く読む方法はこちらをクリック

まとめ

  1. 伏黒甚爾はメインキャラの一人、伏黒恵の父親
  2. 呪術師の名門である禪院家の出身だったが、呪力を全く持ち合わせていなかったため、実家を離れている
  3. 甚爾は呪力を持たない替わりに驚異的な身体能力を授かっている『天与呪縛』の肉体の持ち主
  4. 天与呪縛の特性を活用した甚爾は暗殺業を手がけることが多く、術師殺しの異名を取っていた
  5. 本来、呪力の才能がない人間は呪霊を見ることができないが、呪力がゼロである替わりに強力な天与呪縛を持つ甚爾は、呪霊を視認できる

出番は少ないながら、作中で重要な役割を果たす人気キャラクターである伏黒甚爾。

2021年2月現在、放映されているアニメ1期の範囲で登場するかどうかは微妙なところですが、今後続編が制作されるなら確実に出番があると思われます。

アニメ2期の制作を楽しみに待っていましょう!

呪術廻戦の考察&解説まとめ

『呪術廻戦』のその他の考察&解説については、こちらの記事にまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね↓

呪術廻戦の考察まとめはこちらをクリック!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。