ハリーポッター

【ディメンターとデスイーター違い】ヴォルデモートの仲間なのかやその後はどうなった?

『ハリー・ポッター』シリーズで登場するディメンター。

ですが、途中から『デスイーター』という言葉も出てきて、

ペンちゃん
ペンちゃん
どっちがどっちかわからない!

ってなってる方も多いのではないでしょうか?

今回は、ディメンターとデスイーターの違いや、ヴォルデモートの仲間なの?その後はどうなった?などについて解説していきます!

ディメンターとデスイーターの違い

ディメンターとデスイーターは、全く違う存在です。

ディメンターとは?

ディメンターとは、アズカバンという、魔法界の監獄を監視している看守です。

黒いマントを被ったような姿をしており、人の幸福を餌にして生きています。

ディメンターは、魔法生物の一種ですね。

デスイーターとは?

デスイーターとは、ヴォルデモートの手下集団のことを指します。

例えば、ベラトリックス・レストレンジや、ルシウス・マルフォイなど、ヴォルデモートに仕えている人たちのことをデスイーターと言います。

こちらは魔法族のグループの名前みたいな感じです。

名前は似ていますが、2つは異なる存在です。

ディメンターはヴォルデモートの仲間(手下)なのか?

デスイーターは、ヴォルデモートに忠誠を誓っている『手下』のような存在ですが、ディメンターはヴォルデモートの仲間なのでしょうか?

結論から言うと、ディメンターは魔法省からヴォルデモートに『寝返った』と言えます。

ディメンターが寝返った理由

ディメンターが魔法省からヴォルデモート側に寝返った理由は、

餌を多く与えると約束されたから

です。

ディメンターは、人の『幸福』を餌にして生きています。

 

ディメンターは今までは魔法省の管轄の『アズカバン』という魔法界の監獄の看守をしていました。

囚人たちの幸福な気持ちを吸い取ることが、ディメンターたちにとっての『餌』だったわけです。

しかし、ディメンターは餌(アズカバンにいる囚人の幸福な気持ち)が足りないことから魔法省に反乱を起こします。

そこで登場したのが、復活したヴォルデモートです。

 

ヴォルデモートは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の時にディメンターに

自分の側につけば餌をたくさん与える

と約束し、ディメンターはヴォルデモートの誘いに乗り、ヴォルデモートの側に寝返りました。

デスイーターの集団脱獄はディメンターの寝返りによるもの

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の最後に、ベラトリックス・レストレンジなど、元々アズカバンに収監されていたデスイーター たちが集団脱獄しました。

これは、ディメンターがヴォルデモート側に寝返ったために起きた脱獄事件です。

ディメンターはアズバンの看守でしたが、そのディメンターがヴォルデモートに協力したため、脱獄が可能になったのです。

ヴォルデモートが約束した『餌』

ヴォルデモートはディメンターに『餌』を多く与えると約束しました。

その餌というのが、マグルの幸福な気持ちです。

ヴォルデモートはディメンターをマグルの世界には放ち、マグルたちを絶望させようと考えたのです。

そして、マグルを魔法族の支配下に置こうと考えたんですね。

ちなみに、マグルにはディメンターの姿は見えません。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の冒頭で、ハリーの従兄弟であるダドリーが襲われますが、ダドリーにはディメンターの姿は見えていませんでした。

映画ではディメンターの姿が映っているのでわかりづらいですが、原作では「気分が悪くなった」みたいな感じで、気持ちが変化したことしかダドリーはわかっていませんでした。

ディメンターはその後どうなったのか?

ディメンターは、ヴォルデモートが精力を持っていた間は、ヴォルデモート側としてホグワーツの戦いでも、ヴォルデモート の味方として戦っていました。

しかし、ヴォルデモートが滅んだため、ディメンターたちの居場所はなくなりました。

元々はアズカバンの看守としての役割がありましたが、魔法相を裏切ったため、もちろん看守として復帰することはできません。

ディメンターは徐々に絶滅する

ディメンターたちは、先ほども触れた通り、『人間の幸福』を餌にして生きています。

そのため、その『餌』がなくなれば、『餓死』することになります。

ディメンターの力は弱まり、繁殖も行われなくなれば、徐々に絶滅への一途を辿ることになるでしょう。

デスイーターはその後どうなったのか?

対するディメンターですが、その後はほとんどのディメンターが逮捕されることになりました。

ディメンターたちそれぞれの行方についてはわかりませんが、唯一はっきりとわかっているのは、

ルシウス・マルフォイは逮捕されなかった

ということです。

ルシウス・マルフォイは元々デスイーター として活動していましたが、ホグワーツの戦いの際、ヴォルデモートの失脚前にデスイーターを『辞めた』ため、逮捕されませんでした。

ゴマくん
ゴマくん
なんか都合いいな・・・

マルフォイ一家のその後について詳しくはこちらの記事でも解説しています↓

マルフォイがハリーを助ける理由
マルフォイはなぜ黙ってた?ハリーを助ける理由や最後やその後どうなったのか解説!『ハリー・ポッターと死の秘宝パート1』の最後に、マルフォイ邸に連れて来られたハリーたち。 マルフォイはハリーとわかっていながらも、...

ハリーポッターシリーズの映画や本を無料で見る方法

ハリーポッターシリーズを視聴したい方のために、無料で視聴できる方法をご紹介します。

『ハリーポッター』シリーズを無料視聴したい方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね!

『ハリーポッター』シリーズを全作品無料視聴する方法はこちら

ペンちゃん
ペンちゃん
同じ要領でファンタビシリーズも無料で見れるよ!

 

さらに、『ハリーポッター』の原作本を無料で読む方法もあります!

原作を読んでもっと深く『ハリーポッター』について知りたいという方は、こちらの記事で『ハリーポッター』の原作小説を無料で読む方法について参考にしてみてくださいね♪

『ハリーポッター』の原作小説を全巻無料で読む方法はこちら

ゴマくん
ゴマくん
『ハリー・ポッターと呪いの子』も読めるよ!

まとめ

  1. ディメンターとデスイーター は全くの別物で、ディメンターは魔法生物の一種
  2. ディメンターは魔法省からヴォルデモートに寝返った
  3. ディメンターはその後魔法界に居場所がなくなり、絶滅の一途を辿ると思われる
  4. デスイーターはヴォルデモートの失脚後に逮捕された

そのほかハリー・ポッターシリーズでわからないことがあれば、どんどんコメント欄から質問してくださいね!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。