10の秘密

10の秘密の娘の瞳がうざいしイライラ!嫌いと言われる理由を考察

火曜ドラマとして放送中の『10の秘密』

向井理さんが主演のミステリードラマですが、向井理さん演じる白河圭太の娘役の白河瞳について、

ひとみうざい!
イライラする!

などの声が挙がっています。

娘の瞳がうざいと言われる理由や、イライラする原因について考察してみました。

『10の秘密』の娘の瞳がうざいしイライラすると言われる理由

お父さんに感謝がなさすぎる

1つ目に考えられる理由は、父親である白河圭太(向井理)に対する感謝の気持ちがなさすぎるところではないでしょうか。

シリアスなドラマなだけに、大人世代が見ている事が多いドラマ。

中学生の女の子なんて、親への感謝ができるほど出来た子はそうそういないとは思いますが、大人目線で見ると

男手ひとつで育ててくれた父親に感謝の気持ちがなさすぎる
父親がかわいそう

という声も目立ちます。

 

しかも、瞳が

勝手に塾をやめていた

というところも視聴者をイラつかせるポイント。

 

親が月謝を支払っているのに塾を休んで、しかも勝手に辞めていた・・・だと!?

と、親世代なら間違いなくキレそうな場面も。

 

私立の中学に通わせてもらって、バイオリンもさせてもらって、めちゃくちゃ恵まれた環境で生活しているのにも関わらず、なんとも父親を蔑ろにしすぎな一面が視聴者をイラつかせる一因になっていることは言うまでもありません。

 

「私のせいで」キャラがうざい

2つ目に考えられるのは、10年前に起きた火事の件ですね。

 

瞳と圭太、元奥さんの由貴子と3人でキャンプに行った時のこと

瞳から目を離して夫婦喧嘩

瞳探しに行く

山小屋燃えてる

瞳が持っていたと思われるオイルランプ発見
(多分瞳が誤って落として火がついた・・・?)

オイルランプ回収して証拠隠滅

瞳の父親が警察に名乗り出なかった

という出来事がありました。

 

瞳は火事の時4歳だったため、なんとなく火事について覚えていたのです。

火事のことが気がかりになっていた瞳は、父親に火事の真相を聞こうとしますが、

「死者は出なかった」

と言われます。

 

しかし、後からあの火事のせいで死者が出たということを知り、

  • 「私が人殺しだ!私のせいだ!」
  • 「人を殺したのに何の罰も受けないで生きてきたなんて!」
  • 「どうして言ってくれなかったの!お父さんなんて信用できない!」

的な展開になります。

 

まあね、多感なお年頃ですから、そういう風になる気持ちもわかるんですが・・・

 

でもさ、もし圭太が警察に「娘から目を離した時に誤って火事を起こしてしまいました・・・」と言っていたらどうなったでしょう?

おそらく、監督不行き届きで父親の圭太や、母親の由貴子が罰せられる可能性もありますよね。

そうなれば、マスコミだって家族を追い回すでしょう。

 

瞳が大きくなった時、

「お前が火事起こしたんだろ!人殺し!」

などと言われて、ずっといじめられる生活を送ってきたかもしれません。

 

確かに、両親である圭太や由貴子が瞳から目を離したのも許されることではないですし、目を離していなければ火事にならなかったかもしれません。(火事の真相はまだわかっていませんが)

名乗り出なかったことも、法に触れることかもしれません。

 

ですが、瞳が4歳の時に警察に本当のことを言っていたら?

今のような恵まれた暮らしができたでしょうか?

きっと、火事を起こした原因になった『加害者』というように扱われて暮らしていたら、

  • 「なんで私から目を離したのよ!」
  • 「お父さんとお母さんが悪いんだ!」
  • 「なんで警察なんかに話したのよ!」

とか言いかねませんよね。

 

娘のため(圭太は自分のためだと言い訳していたとも言っていましたが)に黙っていた両親の気持ちも考えず、あのような発言をするのは幼稚だなと思ってしまいますし、もし「自分のせいだ」という気持ちが本当にあるのだとすれば、警察に行けば良いのでは?と思ってしまいますよね。

 

警察に「私が火事の原因かもしれません」と言えば、また捜査されるかもしれません。

それをしないで、悲劇のヒロインぶるのは如何なものかと思います。

 

お父さんの嘘つき!→自分が話聞いてない

また、4話で圭太と由貴子が言い争っているのを見た瞳。

その後、圭太が「話がある」と部屋を訪れたにも関わらず、ガン無視。

 

翌日、父親である圭太と言い争いのようになった時に、

  • 「お父さんの嘘つき!」
  • 「もう信用できない!」
  • 「全部話すって言ったじゃん!」

と言い出しますが、

 

いやいやそもそもあなた無視してたでしょ?

昨日お父さん何か話そうとしたのに、あなたが聞かなかったんでしょって・・・。

と思った方も多いと思います。

 

全部お父さんのせいにしてますが、自分にも落ち度あるよね?ってことです。

自分が聞こうともしない、お父さんをどうにかして悪者にしようとしていますが、じゃあまずはきちんと話聞きましょうよってことですよね。

 

それに、中学生くらいになれば、『大人の事情』ってのも少しはわかるでしょう。

いくら血の繋がった親子だからって、全てを話せないことなんていくらでもあるわけです。

事実、瞳だってコソコソ会っている音大生の伊達翼のことだって、圭太には話していないわけですから。

 

お父さんばかり責めて、自分の気持ちや行動は明かさない。

それってフェアじゃないですよね。

 

中学生なのに危機感なさすぎる

さらにさらに、瞳が誘拐された時のことですが、お母さんの由貴子と会う約束をしていた瞳。

「お母さんの代理の者です」

という人と公園で待ち合わせていた際に、何者かに誘拐されました。

 

うん、中学生なのに危機感なさすぎるな・・・って思っちゃいますよね。

そもそも母子の関係に『代理人』なんて来るか?と思いますし、知らない人から連絡が来たのにホイホイ待っているところが危機感がなさすぎます。

 

まあ、世間一般的に見れば中学生ってまだ子供ですし、幼い一面や危機感がないところもあると思いますが、

そもそも瞳が中学生に見えない

というのもあるかもしれません。

 

瞳の見た目がもっと幼くて子供っぽい子だったら、

「子供だから仕方ない」

となるところも、中学生に見えない見た目なので、ますますイライラしてしまう要因になっていると思います。

『10の秘密』の娘の瞳がうざいというツイッターの声

『10の秘密』の娘の瞳役を演じるのは山田杏奈

そんな『10の秘密』で娘の瞳役を演じているのは、女優の山田杏奈さんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田杏奈(@anna_yamada_)がシェアした投稿

生年月日2001年1月8日
出身地埼玉県
血液型A型
身長159cm
事務所アミューズ

山田杏奈さんは、2001年生まれで現在19歳。

2011年の小学生時代から芸能活動をしており、芸歴は長めですね。

アミューズに所属していて、過去には

  • 『小さな恋のうた』
  • 『ミスミソウ』

などの映画にも出演されています。

 

確かに、19歳では中学生役はちょっと大人びすぎてるかな〜という印象はありますね。

せめて15〜6歳くらいの子を起用するか、もっと幼い見た目の子を起用しても良かったかもしれません。

もしくは、高校生役にするとか・・・。

まとめ

以上!今回は、『10の秘密』の娘、瞳にイライラする理由について考察してみました。

今期のドラマではちょっと微妙かな〜と思い始めましたが、最後まで秘密が何なのか?見届けたいと思います!

1話から見逃してしまった!という人は、無料で見る方法もありますよ

詳細はこちら>>10の秘密1話〜最終回まで見逃しフル動画を無料視聴する方法はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。