BLEACH/ブリーチ

【ユーハバッハが負けた理由はなぜ?】最後の一護との決着について解説!

【ユーハバッハが負けた理由はなぜ?】最後の一護との決着について解説!

死後の世界を守る死神の力を手に入れた主人公・黒崎一護が人々を守るために戦う物語であるBLEACH。

物語のラスボスであるユーハバッハは、神のような能力を備えていた強敵でしたが、激闘の末、一護たちに敗北しました。
無敵とも思われる能力を持っていたユーハバッハを、一護たちはどのようにして倒したのでしょうか?

この記事ではユーハバッハのプロフィールや能力、敗北の理由などを解説します。

ユーハバッハのプロフィール

神の名を持つ男

外見は黒髪に髭を生やした壮年男性。一人称は「私」、配下からは「陛下」と呼ばれています。
性格はきわめて冷酷で、他者を自分の目的を叶えるための道具と見なし、不要になれば容赦なく切り捨てます。
生年月日や年齢は不明ですが、少なくとも千年以上は生きているようです。

ユーハバッハが血液や霊力・身体の一部を他人に与えると、その相手は新たな能力を手に入れることができます。その相手が死ぬと、身につけていた能力はユーハバッハのものとなります。

生まれたときは視覚・聴覚を持たず、身動きもできなかったユーハバッハは、力を与え、その後、奪うという行為を繰り返すことによって、次第に超人的な力を身につけるようになりました。

なおユーハバッハという名前は、旧約聖書の神を示す言葉である「YHVH」から付けられた呼称です。

滅却師の始祖

ユーハバッハは悪霊・虚(ホロウ)を消滅させる力を持った一族である滅却師(クインシー)の始祖であるとされています。
千年前、配下の滅却師たちを率い、死神たちが統治する死後の世界、ソウル・ソサエティに戦いを挑んだユーハバッハは死神の組織である護挺十三隊とその長である山本元柳斎たちに敗北しました。

現代になって力を次第に取り戻したユーハバッハは、滅却師を中心に据えた集団『見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)』を築き上げ、再びソウル・ソサエティに侵攻を開始します。

元柳斎に雪辱を果たしたユーハバッハはその後、ソウル・ソサエティの支配者である霊王が住む霊王宮に侵入して、霊王を殺害することにも成功します。

霊王が存在することによって成り立っていた死後の世界と現世の秩序を崩壊せた上、霊王の力を吸収したユーハバッハでしたが、最終的には黒崎一護・阿散井恋次・藍染惣右介・石田雨竜の連携の前に敗れ、死亡したのでした。

なおユーハバッハは霊王を殺害する際、彼のことを「父」と呼んでいますが、血縁関係があるのか、ユーハバッハが霊王の力を分け与えられたような存在だからそう呼んでいたのかは不明のままに終わりました。

小説版の描写によると、霊王が殺害されたことによって崩壊の危機に瀕していた世界は、ユーハバッハの遺体に結界を張り、霊王の代わりの役目を与えることによって維持されているようです。

代表的な技・武器・能力

聖別(アウスヴァーレン)

自ら力を与えた滅却師や、子孫の滅却師から能力を奪い、自分のものにする力です。
力を奪う範囲は調節可能で、奪った力を別の手駒に分け与えることもできるようです。

基本的に自分以外の滅却師を目的達成用のツール程度にしか考えていないユーハバッハは、最終的にほとんどすべての滅却師にこの聖別を行い、力を奪い尽くしました。

大聖弓(ザンクト・ボーゲン)

巨大な弓。空中に星座を描くような形で出現させて使用します。
戦闘では遠距離に吹き飛ばされた際、元の場所に戻ってくるため自分自身を撃つという方法で活用することもありました。

名称不明の剣

大聖弓と同じ方法で出現させた剣。この剣で山本元柳斎を倒しました。この剣にも正式な名前があるようですが、霊王宮で戦った兵主部一兵衛(ひょうすべいちべえ)の「名前を奪う」攻撃を受けたため、正式名称は不明のままで終わっています。

外殻静血装(ブルート・ヴェーネ・アンハーベン)

滅却師が持つ防御能力である静血装(ブルート・ヴェーネ)の強化版。

通常の静血装は身体の表面に刻印のようなものを浮かび上がらせて防御力を強化させるものですが、外殻静血装は身体の外にも出現させることが可能で、触った相手を相手の体内から攻撃することもできます。

全知全能(ジ・オールマイティ)

未来を予知し、その未来を改変することができる最強の能力。発動時は眼球の中に瞳が増加します。
敵が取り出した武器を最初から破壊されていたことにしたり、無効化したりすることも可能です。
この能力で黒崎一護の武器である斬魄刀・斬月を破壊して、一護の戦意を喪失させています。

ユーハバッハが負けた理由はなぜ?

物語の終盤でユーハバッハは『全知全能』を駆使して猛威を振るい、一度は一護の武器である斬月を破壊して一護を絶望の淵に落としました。

しかし一護の前にかつての敵だった月島秀九郎が現れ、過去を改変する能力である『ブック・オブ・ジ・エンド』を使って、斬月を修復してくれます。

戦意を取り戻した一護は、死神の阿散井恋次、かつて激闘を繰り広げた藍染惣右介と共にユーハバッハへ最後の戦いを挑みます。

作中でも屈指の強者である面々の猛攻を一蹴して、一護に致命傷を与えたかに見えたユーハバッハでしたが、彼が一護だと思いこんでいた相手は完全催眠の能力で一護の姿に変わっていた藍染でした。その隙をついて一護はユーハバッハに渾身の一撃を加えます。バラバラになったユーハバッハでしたが、すぐさま復活を遂げ、攻撃を再開します。

そのとき駆けつけたのが、滅却師で一護の友人だった石田雨竜でした。
石田がユーハバッハに向けて放った『静止の銀』という名の矢は、『聖別』で命を落とした滅却師の身体の一部を集めて作り出されたものであり、ユーハバッハの能力を一瞬だけ使用不能にさせる効力を持っていました。

能力が停止したユーハバッハに向けて、一護がボロボロの斬魄刀を降りかぶります。割れた刀身の中から現れたのは、一護が以前に振るっていた、初期形態の斬月でした。

斬月に両断され、ユーハバッハは息絶えることになったのでした。

まとめると、ユーハバッハは藍染の完全催眠・石田の静止の銀・一護の斬魄刀に残されていた最後の力の連携によって敗北したということになります。

ユーハバッハの全知能力で負けを防げなかったのか?

なぜ未来がわからなかったのか?

一護たちとユーハバッハのラストバトルを振り返って疑問に思われるのは、『全知全能』で未来を読みとれるはずのユーハバッハがどうして一護たちの攻撃を察知できなかったのかという部分です。そこでユーハバッハを破った一護たちの連携攻撃を整理してみましょう。

藍染の『完全催眠』は『全知全能』の天敵

物語中盤までのボスキャラを務めていた藍染惣右介は、自身の斬魄刀である『鏡花水月』を使って相手の五感や霊感を誤認させる『完全催眠』を切り札にしています。

実はこの完全催眠、ユーハバッハの『全知全能』に対して大変、相性がいい能力なのです。

藍染が相手を完全催眠にかけるためには、対象に一度は鏡花水月の力を解放する瞬間を見せる必要があるのですが、ユーハバッハの全知全能は未来の様々な可能性を視認する能力であるため、能力を発動すると、「鏡花水月の解放を見る可能性」も見てしまうのです。

そのためユーハバッハは最初から完全催眠の発動条件を満たす状態になってしまい、藍染の術中に落ちてしまったのでした。

石田雨竜は特別な滅却師?

その後、ユーハバッハが石田の放った静止の銀を回避できなかったのはどうしてなのでしょうか。

実は石田雨竜には、本編で語られていない秘密が隠されているようなのです。

そもそもこのラストバトルに突入した時点で、ユーハバッハは配下の滅却師すべてを用済みとみなし、『聖別』を行って全員の力を取り上げています。
ところが石田だけは、『聖別』の影響を受けていないのです。

最終的にユーハバッハに牙を向けた石田ですが、以前、ユーハバッハは石田を自分の後継者に指名するほど高く評価していました。
石田には、他の滅却師にはない才能が備わっていたとも考えられます。

なお『全知全能』には予知の対象外となる事柄もあります。霊王や霊王と同質の存在の未来は予知できないという制約があるのです。

実は霊王は元・滅却師らしいという情報が物語の中で示唆されています。
石田には、もしかすると霊王になる素質が隠されているのかもしれません。

ユーハバッハは夢と予知を取り違えた

ユーハバッハに致命傷を与えたのは一護でしたが、実は一護に斬られる瞬間をユーハバッハは予知していました。
ですがユーハバッハはこの出来事を予知ではなく夢を見ただけだと勘違いしていました。

実はユーハバッハは、眠りにつく間だけ、能力を側近のハッシュヴァルトと交換しています。(おそらく睡眠時の用心として、自分に忠実なハッシュヴァルトに対応させるため)

すると眠りから目覚める瞬間は、脳裏に浮かんだ情景が単なる夢なのか、予知なのか区別が難しくなってしまうのです。

そのためにユーハバッハは、自分が討ち取られる瞬間を予見していたにも関わらず、単なる夢だと考えて対策を採らなかったのでした。

『全知全能』はその名の通り、万能に近い能力でしたが、使用するユーハバッハの認識によっては予知した事柄への対処を誤ることがあり、そのせいでユーハバッハは敗北したと言えます。

黒崎一護とユーハバッハの関係は?

黒崎一護の生い立ち

主人公、黒崎一護とユーハバッハとの間には深い因縁があります。

実は一護は、死神だった父親と、滅却師だった母親の間に生まれた子供だったのです。

一護の母親は、一護が幼い頃に虚から一護を守って命を落としています。

本来、母親は大抵の虚なら難なく倒せるような才能のある滅却師でしたが、ちょうど同じ時期にユーハバッハが『聖別』を行ったため、戦う力を失っていたのです。

つまり一護にとってユーハバッハは、遠い祖先であり、母親の死因を間接的に作ったでもあるのです。

『斬月』とユーハバッハ

一護とはじめて対面したとき、ユーハバッハは彼のことを「息子」と呼びました。もちろんこれは言葉通りの意味ではありません。後でユーハバッハは石田のことも息子と呼んでいることから、自分から見て有望に見える子孫にこの表現を使っているようです。

滅却師としてではなく死神として戦いに身を投じている一護ですが、彼の中には滅却師の力も受け継がれています。

死神の武器である斬魄刀は、死神個人の才能を反映した分身のような存在であり、その力を解放するためには、精神世界で斬魄刀の化身と対話を重ねる必要があります。

一護の前にも彼の斬魄刀・斬月の化身が出現しましたが、後にその化身の姿が、千年前のユーハバッハと同じだったことが判明しています。

一護は父親から死神の力を受け継いでいましたが、その死神の力と滅却師の力が混ざっていたのです。

一護のようにユーハバッハの姿が自分の中に現れる滅却師は見受けられません。だからこそユーハバッハは一護のことを重視していたのでしょう。

ユーハバッハは結局何がしたかったのか?

ソウル・ソサエティに対する復讐心や権力を得るために戦っているように見えたユーハバッハですが、死の間際に本当の目的を明かしています。

彼の目的は、現世と死の世界であるソウル・ソサエティ、さらに虚の住む世界である虚圏の境界を取り払い、生と死という概念を消滅させて、人々を死の恐怖から永遠に救うことだったと言うのです。

どうやら現世を含む世界のバランスを維持するには霊王の存在が不可欠らしく、そのバランスを崩壊させることが霊王を殺害した理由だった様子です。

しかしユーハバッハは敗北した上に、その死体を霊王の代わりに世界を維持する「装置」のような存在として利用される末路を迎えました。

また死の恐怖を取り除きたいという目的に対しても、藍染から「恐怖が無くなった世界では勇気は生まれない」と否定されています。

『BLEACH』のアニメや漫画を無料で見る方法

ゴマくん
ゴマくん
久しぶりに『BLEACH』のアニメを見たいな〜!
ペンちゃん
ペンちゃん
『BLEACH』のアニメは、動画配信サービスの無料トライアルを利用すれば完全無料で見れるよ!しかも、今までNetflixでも配信されていなかった206話以降も視聴する方法もあるよ♪

『BLEACH』のアニメを無料で見る方法についてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね↓

無料で『BLEACH』のアニメを視聴する方法はこちら

『BLEACH』の漫画を無料で読む方法はこちらの記事で解説しています↓

無料で『BLEACH』の漫画を読む方法はこちら

まとめ

  1. ユーハバッハは滅却師という一族の始祖
  2. 死後の世界と現世のバランスを崩壊させて人々を死の恐怖から救うことを望んでいた
  3. 未来を予知し、予知した未来を改変する『全知全能』という強力な能力を身につけていた
  4. 『全知全能』を駆使して猛威を振るったが、予知を認識する際の隙をつかれて敗北した
  5. 主人公一護の遠い祖先にあたり、一護の使う斬魄刀・斬月の化身はユーハバッハと同じ姿をしている

BLEACHは新作アニメの制作が決定しており、ユーハバッハの登場する「千年血戦篇」が初めて映像化されます。
アニメで猛威を振るうユーハバッハの姿を楽しみに待ちましょう!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。