BLEACH/ブリーチ

黒崎一護と志波海燕は兄弟?顔や性格が似ている理由

黒崎一護と志波海燕は兄弟?顔や性格が似ている理由

BLEACHに登場する死神、志波海燕(しばかいえん)は登場シーンこそ少ないものの、ヒロインの一人、朽木ルキアに強い影響を与えたキャラクターです。

この海燕ですが、最初に登場した頃から、主人公である黒崎一護と容姿が似ている、と読者に指摘されていました。

一護と海燕の姿が似ていることに理由はあるのでしょうか?この記事では、一護と海燕のプロフィールと両者の関わりについて説明します。

黒崎一護のプロフィール

年齢・身体的特徴・性格など

7月15日生まれの蟹座。血液型はA型。
年齢は15歳。身長は174センチ、体重は61キロです。
二年近い歳月が経過した物語後半では、身長は181センチ、体重は66キロに成長しています。

空座(からくら)第一高校に通う高校生で、生まれつきオレンジ色の髪をしているため、教師から不良呼ばわりされたり不良に絡まれたりしがちですが、本人はぶっきらぼうながら真面目で優しい性格です。

家族構成など

開業医を営む父親の一心と、母親の真咲の間に生まれた三人兄弟の長男です。妹の遊子(ゆず)と夏梨(かりん)は双子。

母親の真咲は数年前に亡くなっています。母親が幼かった一護を守るような形で命を落としたことから、一護は「人を守る」ということに強いこだわりを持つ性格に育ちました。

死神代行

幼い頃から霊的なものを見る才能に恵まれていた一護は、高校一年のとき、死者の世界であるソウル・ソサエティの住人である朽木ルキアと出会います。

死神であるルキアは、死者の魂が怪物化した存在である虚(ホロウ)を祓うという任務を担当していました。

あるきっかけから死神になる力を手に入れた一護は、力を失ったルキアの代わりに、死神代行として虚と戦うことを決意します。

死神の力に目覚めた一護は、斬魄刀という、虚を斬るための刀剣を手に入れました。『斬月』という名を持つ斬魄刀は接近戦の他に、刀身から斬撃を放つ月牙天衝という技で遠隔攻撃を行うことも可能です。

志波海燕のプロフィール

特徴・家族など

10月27日生まれ。身長183センチ、体重68キロ。

かっては名門貴族でしたが現在は没落してしまっている志波家の長男です。妹の空鶴、弟の岩鷲(がんじゅ)そして妻の都という家族がいます。友達作りが特技と自認しているほど、気さくで明るい性格です。

所属・戦闘方法など

ソウル・ソサエティを守る精鋭集団、護挺十三隊の十三番隊副隊長を務めていました。

短期間で副隊長の地位に登りつめるほど優秀な死神で、周囲の人間からも慕われていました。妻の都も死神で、海燕に次ぐ第三席の地位にありました。

十三番隊に入隊してきた朽木ルキアは名門貴族の養女だったため上手く周囲にとけ込めませんでしたが、面倒見のいい海燕には心を開き、妻の都のことも好ましく感じていました。

斬魄刀の名前は『捩花(ねじばな)』。
水を操る斬魄刀で、トライデントのような槍状に変形し、水流を周囲に回転させながら攻撃します。

黒崎一護と志波海燕は兄弟?

黒崎一護と志波海燕の顔が似ているのはなぜ?

一護と海燕の容姿ですが、瓜二つというほどではないにしても非常に似ています。
海燕は一護を黒髪にしてまつげを増やしたような顔立ちです。

これは他人のそら似ではなく、きちんとした理由があります。
実は、一護と海燕には親戚関係があるのです。

物語の終盤で、一護の父、黒崎一心が元・死神であったことが判明しました。

本来はソウル・ソサエティの住人だった一心は、ある事情から現世に留まることになり、妻子を得ていたのです。

このとき、婿入り結婚をした一心の結婚前の名前は、志波一心。実は志波家の分家筋にあたる人物だったのです。

具体的に親族の中で一心と海燕がどういう位置関係にあるかという点ですが、海燕の妹、空鶴が一護に協力する成り行きになったとき、「叔父貴」を哀しませる結果になっても、一護を危険な場所に送り出すつもりだ、という言葉を口にしています。

一護が危険な眼に遭うことで哀しむ人物=一護の親族と考えると、作中で登場している一護の男性の親族は一心くらいしかいません。

つまり空鶴が「叔父貴」と呼んだのは一心だというように解釈すると、一心は海燕たちの叔父ということになり、その息子、一護と海燕たちはいとこ同士になるのです。容姿や性質がある程度似ているのも頷けます。

黒崎一護と志波海燕は性格も似ている?

容姿だけではなく、一護と一心は性格にもかなり共通点があるように思われます。

どちらも弱者に優しい性格で、自分一人で責任を背負い込みがちなところがあり、だからこそ周りの人間に好かれています。

ただし一護より海燕の方が、快活な性格で表情も明るいものが多いように見受けられます(性格や振る舞いだけなら、叔父の一心の方が海燕に近いように思われます)。

子供の頃の一護は今より明るい性格でしたが、母親を失ったことが影を落とし、快活さが薄れています。

海燕は子供の頃に一護のような経験をしていなかったのか、同じような経験を経てもそれを乗り越えることができたのかもしれません。

志波海燕はその後や最後はどうなった?

無念の死

海燕は本編第一話の時点で、すでに故人となっています。

彼の命を奪ったのは、物語中盤まで黒幕的存在だった藍染惣右介が作り出した改造虚、
メタスタシアでした。

メタスタシアに妻の都を殺害された海燕は、敵討ちを挑みますが、メタスタシアの能力により斬魄刀を使用不能にされてしまった上に身体を乗っ取られてしまいます。

同行していたルキアはやむなく彼の身体ごとメタスタシアを倒しますが、尊敬する上官を手に掛けてしまった事実は、ルキアの心に拭いがたい後悔の念を植え付けたのでした。

意外な再会

その後、ルキアは海燕と意外な形で再会を果たします。虚を支配下に収めた藍染の本拠地である虚圏(ウェコムンド)に一護たちと乗り込んだルキアは、藍染配下の虚、アーロニーロ・アルルエリと戦います。

他の虚の能力や情報を吸収する特性を持っていたアーロニーロは、海燕と共に消滅したはずのメタスタシアの能力と記憶も保有しており、海燕の姿になってルキアに襲いかかってきたのです。

悔恨の念から戦意を失いかけるルキアでしたが、以前に海燕が語っていた、人の心というものは個人の胸の中ではなく、触れ合った相手との関係性の中にあるという言葉を思い出し、ここでくじけないことが海燕の誇りを守ることになると決断してアーロニーロに勝利するのでした。

長年思い悩んできた悔恨を、ルキアは自分の手で取り払うことができたのです。

『BLEACH』のアニメを無料で見る方法

ゴマくん
ゴマくん
久しぶりに『BLEACH』のアニメを見たいな〜!
ペンちゃん
ペンちゃん
『BLEACH』のアニメは、動画配信サービスの無料トライアルを利用すれば完全無料で見れるよ!しかも、今までNetflixでも配信されていなかった206話以降も視聴する方法もあるよ♪

『BLEACH』のアニメを無料で見る方法についてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね↓

無料で『BLEACH』のアニメを視聴する方法はこちら

『BLEACH』の漫画を無料で読む方法はこちらの記事で解説しています↓

無料で『BLEACH』の漫画を読む方法はこちら

まとめ

  1. 黒崎一護は死神の力を手に入れた高校生
  2. 志波海燕はソウル・ソサエティを守る護挺十三隊の十三番隊副隊長。優秀な死神で、朽木ルキアに尊敬されていた
  3. 一心が海燕の叔父にあたるらしいという描写があるため、一護と海燕はいとこ同士の間柄
  4. 海燕は虚との戦いで身体を乗っ取られ、ルキアに倒された
  5. 海燕を殺めたことに悔恨を抱いていたルキアだったが、海燕をコピーした虚を討ったことで、立ち直ることができた。

物語最終章のアニメ化が決定しているBLEACH。これまでにアニメ化された部分で、海燕の出番はほとんど終了していますが、アニメのオリジナル要素で登場シーンがあるかもしれません。アニメの放映を楽しみに待ちましょう!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。