ハリーポッター

謎のプリンスの首飾りで呪われたのはなぜ?赤いコートの女子生徒はケイティ・ベル

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』で、結構衝撃的だったシーンの1つは、赤いコートの黒髪の女の子が、急に宙に浮かんで目をカッと開くシーン。

あのシーン映画館で観ると結構トラウマになります・・・(笑)

しかし、そもそもなぜあの女の子は呪われてしまったのでしょうか?

首飾りを渡した人物や、呪おうとした理由などについて解説していきます。

 

参考

『ハリー・ポッター』&『ファンタスティック・ビースト』シリーズは無料視聴することができますよ♪

詳細はこちら>>ハリーポッター&ファンタビ全シリーズを無料視聴する方法まとめ!

謎のプリンスの赤いコートの女子生徒はケイティ・ベル

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』で、宙に浮かんだ怖いシーンの赤いコートの女子生徒は、ケイティ・ベルという生徒です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wizarding World(@wizardingworld)がシェアした投稿

 

ケイティ・ベルは、ハリーたちより1学年上のグリフィンドール生で、クディッチチームでチェイサーを務める人物でもあります。

原作では割と登場回が多いですが、映画ではそこまで登場しているイメージはありませんね。

 

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』では、ハリーやハーマイオニーを中心に活動していたダンブルドア軍団の一員にもなりました。

ハリーとは良好な交友関係を築いている1人ですね。

 

ケイティ・ベルに呪われた首飾りを渡したのは誰?

では、そんなケイティ・ベルに呪われた首飾り(ネックレス)を渡したのは誰なのでしょうか?

 

ドラコ・マルフォイでしょ?

 

と思ったあなた!!

実は、原作ではこの辺を詳しく解き明かしています。

 

実は、ケイティ・ベルに呪われた首飾りを渡したのは、『三本の箒』の女店主のマダム・ロスメルタです。

マダム・ロスメルタは、ドラコ・マルフォイに服従の呪いをかけられ、ケイティ・ベルに呪われた首飾りを渡したのでした。

 

ケイティ・ベルと一緒にいたリーアンという女子生徒は、ケイティがトイレから帰ってきたときに首飾りを持っていたと証言していました。

女店主であるマダム・ロスメルタが女子トイレにいても何の違和感もありませんから、服従の呪文をかけられてケイティに首飾りを渡したとなれば納得ですね。

 

ドラコ・マルフォイが女子トイレにいたら流石に目立ちますからwww

 

ケイティ・ベルはその後どうなった?

ケイティ・ベルは、その後聖マンゴ魔法疾患傷害病院で治療を受け、無事に回復しています。

命に別状がなかったのは、首飾りを直接触らなかったことで死に至ることはなかったそう。

 

なぜマルフォイは首飾りでケイティを呪おうとしたのか?

では、なぜドラコ・マルフォイはマダム・ロスメルタに服従の呪いをかけ、ケイティに首飾りを渡して呪いにかけようとしたのでしょうか?

 

結論から言うと、ダンブルドアを殺すためですね。

 

ドラコ・マルフォイの算段は、

  1. 適当な生徒に呪われた首飾りを渡すためにマダム・ロスメルタに服従の呪いをかける
  2. 服従されたマダム・ロスメルタがホグワーツの生徒に首飾りを渡し、服従の呪文をかける
  3. 首飾りを受け取った生徒は服従の呪いでダンブルドアに首飾りを渡す
  4. 首飾りを受け取ったダンブルドアが首飾りに触って死ぬ

というものです。

 

しかし、ケイティと一緒にいたリーアンがケイティの異変に気がつき、ケイティから包み(首飾り)を奪おうとしたところ、首飾りが露わになり、手袋越しに首飾りに触れてしまったことで呪われてしまった・・・というわけ。

 

マルフォイがケイティを狙って首飾りを渡したわけではなく、マルフォイの計画に巻き込まれてしまったのがたまたまケイティ・ベルだったということです。

 

なぜドラコ・マルフォイはダンブルドアを殺そうとしたのか?

そもそもなぜドラコ・マルフォイはダンブルドアを殺そうとしたのか?と言うと、ヴォルデモートにダンブルドアを殺せと命じられたからです。

 

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の冒頭でマルフォイの母親がスネイプと『破れぬ誓い』を交わしていましたが、これはドラコ・マルフォイがダンブルドアを殺せなかったときのために、スネイプがその意志を受け継ぎ、ドラコを守ると誓ったものです。

 

『破れぬ誓い』についてや、なぜドラコがダンブルドアを殺せと命じられたのか?についてはこちらの記事で解説しています。

>>ハリーポッターと謎のプリンスの破れぬ誓いを解説!マルフォイはなぜデスイーターになったの?

 

呪われた首飾りはどこで手に入れた?

また、あの呪われた首飾りについてですが、あれは『ボージン・アンド・バークス』という、ノクターン横丁にある闇の品を取り扱う店でマルフォイが購入したものです。

 

映画でも、ハリーたちが新学期が始まる前にマルフォイの跡を追うシーンがありますが、原作ではあの時に、マルフォイは『ボージン・アンド・バークス』で2つの品を購入(?)したことがわかっていました。

 

1つは呪われた首飾り。

そしてもう1つは姿をくらますキャビネット棚です。

 

ちなみにこの首飾りは、ハリーが2年生の時に『ボージン・アンド・バークス』で目にしています。

ハリーは『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の時に、ウィーズリー家からフルーパウダー(煙突飛行ネットワーク)でダイアゴン横丁に行こうとした際に、誤って『ボージン・アンド・バークス』の店の暖炉に出てきてしまったのです。

その際に、ちょうどドラコ・マルフォイとその父親が店に訪れたところでした。

ハリーは店の中にこの呪われた首飾りがあることを目撃しています。

 

姿をくらますキャビネット棚を修理するように店主に頼んでいたのは、ホグワーツにデスイーターを引き入れるためですね。

姿をくらますキャビネット棚に関しては、こちらの記事で少し触れています。

>>スネイプがダンブルドアを殺したのはなぜ?頼むの意味や右手が黒い理由は呪い?

 

まとめ

以上!今回は『ハリー・ポッターと謎のプリンス』で、ケイティ・ベルが呪われた首飾りを運ぼうとした理由や、ドラコ・マルフォイが呪いをかけようとした理由などについて解説しました!

ハリーポッターシリーズでわからないところがあったら、ぜひコメント欄から質問してくださいね!

 

参考

『ハリー・ポッター』&『ファンタスティック・ビースト』シリーズは無料視聴することができますよ♪

詳細はこちら>>ハリーポッター&ファンタビ全シリーズを無料視聴する方法まとめ!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。