NARUTO-ナルト-

はたけカカシの幼少期や生い立ちは?過去の暗部時代や経歴についても解説

今回は、アニメ『ナルト』に登場する、はたけカカシの過去の生い立ちや、暗部時代の活躍について解説していきます!

はたけカカシの幼少期や生い立ちは?

カカシは第二次忍界大戦の英雄、『木ノ葉の白い牙』と恐れられた天才忍者はたけサクモの一人息子として生まれ、男手一つで育てられました。

サクモも血を色濃く受け継いでいたカカシは、幼い頃から忍術、体術、頭脳のどれを取ってもトップクラスです。

その証拠に、アカデミーをカカシはなんと5歳で卒業します。

そして翌年6歳になったカカシは、この歳で中忍になると言う異例のスピード出世を果たしたのです。

父親の自殺

そんなカカシですが、7歳の頃に父サクモが自殺。

カカシは父サクモと同様に、心に闇を抱えてしまうようになったのです。

父の死を引き金に、任務遂行に異常に執着するようになったカカシですが、9歳の頃共に任務をこなすチームになったオビトとリンの影響を受けるようになりました。

上忍時代

オビト達とチームを組んで3年が過ぎた頃、12歳で上忍となったカカシ。

第三次忍界大戦の最中、リンが攫われてしまったのです。

まさに父サクモが死を決意することになった任務と状況は同じでした。

リンを選ぶか、任務遂行を選ぶのか…!

カカシは父とは反対に任務遂行を選択しますが、オビトに止められてしまいます。

続けてオビトはサクモのことを英雄と慕い、その姿にカカシの心も動かされて行ったのです。

考えを改めたカカシは、オビトと見事な連携を見せ、リンを救出します。

オビトとの別れ

しかし敵の攻撃に合い、カカシを庇ったオビトは瀕死の重傷を負ってしまったのです。

死を覚悟したオビトは、自身の写輪眼をカカシに渡すことを決意します。

こうしてオビトの写輪眼はリンの医療忍術を使い、カカシに移植されたのです。

上忍祝いのプレゼントとして受け取った親友の写輪眼を得て、更に忍びとして実力を伸ばしたカカシは、『写輪眼のカカシ』という異名で呼ばれ他里にまでその名が轟いていきました。

はたけカカシの父母や死因は? 

カカシの父、はたけサクモは『木の葉の白い牙』と呼ばれた英雄でした。

サクモはその名が他里にも知れ渡るほどの実力を持った忍びだったのです。

そんなサクモが死ぬ原因となったのは、カカシがまだ7歳の頃でした。

隊長としてサクモが任務に出た際、仲間の命を見捨て任務を続行するか、任務を放棄して仲間を救うかの二択を迫られてしまいました。

サクモは悩んだ末、仲間を救うことを選びます。

木の葉での迫害

しかし忍にとっては、任務を遂行することが使命であり、何よりも優先しなくてはならないことです。

サクモの苦渋の決断は、木の葉で受け入れられることはなく、誹謗・中傷の的になってしまいました。

守ったはずの仲間からも中傷されるようになった事に耐えられなくなったサクモは、心身を病んでしまい自殺してしまうのです。

それを発見したのは中忍になったばかりのカカシでした。

それ以降カカシは任務遂行に異常な執着心を見せる様になったのです。

また、カカシの母について作中で語られたことはなく、謎に包まれています。

はたけカカシの過去の暗部時代とは?

カカシはオビトとリンを同時期に失い、失意のどん底へと落ちてしまいました。

その当時は仲間の忍びとも距離を置き、孤立してしまったのです。

そんなカカシを案じた師である波風ミナトは、火影直轄の暗殺戦術特殊部隊である暗部にカカシを配属させました。

そしてミナトは自身の妻、クシナの護衛任務につかせたのです。

クシナの護衛任務

クシナはその頃ナルトを孕っており、ミナトはカカシに命の尊さや繋がりの大切を伝えようとしていたのです。

しかし、そんなミナトの思惑通りになることはありませんでした。

カカシは暗部での暗殺任務を安易とこなし、『冷血のカカシ』と呼ばれるようになったのです。

頭角を表していたカカシは部隊長を務めるまでになり、後に入隊してきたヤマトやイタチの先輩に当たります。

はたけカカシの経歴は?

カカシはなんと5歳で下忍となり、6歳で中忍、12歳で上忍となった天才忍者です。

更に13歳で火影直轄の暗殺戦術特殊部隊である暗部に配属となりました。

カカシはすぐに頭角を表し、部隊長を任されるまでになります。

下忍の担当上忍になる

およそ10年間暗部での任務をこなして来たカカシは、火影に再び就任した猿飛ヒルゼンに下忍の担当上忍になるよう命令を下されました。

しかしカカシが最初に課した試練を超えらるものがおらず、合格者0という最難関の試験が行われていたのです。

そんな中、その試練を初めて突破したのがナルト、サスケ、サクラでした。

仲間を想う気持ちを持ち合わせた3人は見事にカカシの試練を乗り越え第七班としての活動を始めました。

途中サスケが里抜けし、バラバラになってしまった時期もありますが、カカシは常に師として3人(ナルト・サスケ・サクラ)を見守っていたのです。

6代目火影に就任

第四次忍界大戦では戦友うちはオビトを打ち破り、大筒木カグヤを倒すことに尽力しました。

結果として世界は救われその功績も重なり、カカシは第四次忍界大戦から一年後に6代目火影に就任したのです。

『NARUTO』のアニメ&漫画を無料で見る&安く買う方法

漫画を安く買う
ペンちゃん
ペンちゃん
『NARUTO』の漫画が読みたくなってきたな〜!でも、漫画って買うと高いんだよね・・・
ゴマくん
ゴマくん
『NARUTO』の漫画は、ある方法を使えば定価よりも安く読むことができるよ!

『NARUTO』の漫画を通常より安く読む方法は、こちらで解説しています↓

『NARUTO』の漫画を定価より安く買う方法はこちら

アニメを無料で見る
ペンちゃん
ペンちゃん
『NARUTO』のアニメは無料で見る方法はないの?
ゴマくん
ゴマくん
『NARUTO』のアニメも、全話無料で見る方法があるよ!

『NARUTO』のアニメを無料視聴する方法は、こちらの記事で解説しています!

『NARUTO』のアニメを無料視聴する方法はこちら

まとめ

  1. はたけカカシは異例のスピードで上忍に上り詰めた天才
  2. はたけカカシの父は、周囲の誹謗中傷を受けた精神的疲労で自殺。母は不明となっている。
  3. はたけカカシの暗部時代は、冷血のカカシと呼ばれ、部隊長になった
  4. はたけカカシは火影まで上り詰めた実力者。

カカシはなんと5歳で下忍となり、6歳で中忍、12歳で上忍となった天才忍者です。

しかしその背景では、男手一つで育ててくれた父をカカシは亡くしてしまい、心に闇を抱えたことも。

カカシは様々な困難を仲間と共に乗り越え、六代目火影にまで上り詰めた木の葉にとってなくてはならない存在です。

NARUTOの解説&考察まとめはこちら

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。