洋画

ジュマンジネクストレベルの前作との繋がりは?見てない人向けのあらすじや内容を解説!

12月13日(金)から、『ジュマンジ』シリーズ3作目になる『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が日米同時公開されますね。

そんな『ジュマンジ/ネクスト・レベル』ですが、前作との繋がりはあるのでしょうか?

また、前作を見ていない人向けに、過去作のあらすじや、抑えておきたいポイントなども紹介していきます!

参考
  1. 『ジュマンジ』
  2. 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

前2作品は無料視聴することができますよ♪

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』を観る前に、ぜひおさらいしてみてくださいね!

詳しくはこちら>>ジュマンジ1,2の字幕吹き替え動画を無料視聴する方法はこちら!

 

1作目『ジュマンジ』のあらすじ

1作目の『ジュマンジ』は、アランという少年のお話。

ある街で大きな工場を経営している社長の元で生まれたアランという少年がいました。

ある日アランは「ジュマンジ」とかかれた箱を見つけて開いてしまいます。

 

するとなにやらボードゲームらしきものが出てきて興味本位でゲームを起動させてしまいます。

そのすると母親が途中手で入ってきてしまい一時中断します。

そこから自分の話をしはじめ自分の将来の事について父親と喧嘩してしまい、家を出ようとしてしまいます。

しかし家を出ようと扉を開けるとそこには友達のサラが立っていました。

 

普段からいじめられていたアランはいじめられっ子に自分の自転車を取られてしまって
いたのです。

アランはボードゲームをしないかとサラに勧めるのですがサラは子供の遊びだとバカに
します。

しかしサラがその勢いでサイコロを振ってしまったのです。

 

すると駒が自動的に動き出しボードの真ん中のにメッセージが浮き出てきて暖炉の中に黒い
何かが出現したのです。

すると振り子時計がいきなり鳴りだしアランはびっくりしてサイコロを振ってしまいます。

すると「3か5が出るまでジャングルだ」とメッセージが現れ、アランはゲームの中に吸い込まれ、それからサラの前に姿を現す事はありませんでした。

 

そして26年後アランは大人の姿になって戻ってきました・・・。

 

サラと再会したアランはジュマンジを見事クリアする事に成功し、結婚して幸せに暮らします。

しかしとある海岸で少女たちがあるボードゲームを拾ってしまうのでした・・・・。

 

1作目『ジュマンジ』の感想や見どころ

私が初めて見たのはまだ子供の頃だったのですが、今の時代からしたら案外刺激は少ない
かもしれませんが、当時からしたら衝撃の連続でした。

そして話の雰囲気とか展開とかタイミングが今の時代にしてはとても新鮮で斬新だと思われます!

いつも友達とよくやっているボードゲームがリアルな再現力を持ってしまったみたいな話だったので正直まだ子供だった私は「ジュマンジ」の主要人物が羨ましかったです。

いきなりライオンが出てきてたり、ゾウが出てきて街を徘徊しまくったり、見た事ない生物が襲ってきたり・・・

家の中がジャングルになったりと視聴者が居眠りする事を絶対に許さない内容です。

 

特に見どころは少年アランが髭フサフサのおじ様になって帰ってきた時ですよね。

最初出てきた時はゲームが送りこんできた変人なのかと思ってました。

だってまさか戻ってくるとは誰も思いませんよ!

 

従来の映画作品だとあの展開は二度と見る事はなかったってパターンじゃないですか。。

そして極め付けにはサラとの再会。サラびっくりしすぎて気絶しちゃってましたもんね。

 

もうアクションとかSFは見飽きたよ~って方は見る事をオススメします。

きっとあなた夢の中でサイコロを振る事になります。

 

2作目『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のあらすじ

2作目の『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、4人の高校生と一人の男の話です。

1996年、ビーチを走っていた男が不思議な箱を見つけという息子にプレゼントしました。

彼の名前はアレックス。

アレックスは箱を開けてみると中にはボードゲームが入っており興味を示さずそのまま放置
しました。

 

しかしその晩寝ているとその箱が緑色に光りアレックスが目を覚まします。

もう一度箱を開けてみると一つのカセットゲームが入っており、それを起動したアレックスは姿を消してしまいました。

 

時は変わって2016年。

ゲームオタクのスペンサーは友人のフリッジに頼まれていた代筆した宿題のレポート
を渡しに「幽霊屋敷」という場所にいきます。

そこは20年前アレックスという少年が突然失踪したという気味の悪い所でした。

レポートを渡し終わり学校に行くと、スペンサーはフリッジと一緒に呼び出されてしまいます。

宿題の不正がバレてしまい、他の女子生徒2人と一緒に、倉庫で罰則を命じられてしまいました。

 

女子生徒の1人は体育教師の前で「体育教師になんてなりたくない」と言ってしまった
コミュ障のマーサ。

もう1人の女子生徒は、授業中にスマホで電話したことでお咎めを食らった、スマホとかわいい自分大好きのベサニーでした。

 

4人で作業をしているとフリッジがジュマンジと書かれたゲームソフトとゲームを見つけてしまいます。(しかし何故そこにあったかは不明)

 

ゲームが起動しキャラクター選択画面に入り4人プレイする事になります。

 

  1. スペンサーはブレイブストーン博士
  2. フリッジは動物学者フィンバー
  3. ベサニーは地図専門家オベロン
  4. マーサはセクシー戦士ラウンドハウス

 

を選択します。

そしてゲームが起動すると、4人はゲームに吸い込まれ選択したキャラクターの姿で現実とは異なった姿でゲームの世界を旅する事になります。

 

そして物語を進めると、操縦士シープレーンという男に命を救ってもらう事になります。

どうやら彼は4人と同じ世界からやってきたプレイヤーらしいのです。

 

しかし言葉に少し時代のズレを感じ最初に聞いた現実の名前を思い出してみると名前は
アレックス。

そう、なんと彼はあの失踪したというアレックスだったのです!!

 

彼に現実世界のことを伝えるとショックを受けますが、アレックスは先を進む事を決断します。

そして、宝石を戻す事に成功してゲームをクリアすると、無事に元の世界に帰ることができました。

 

4人は戻ってすぐにアレックスがどうなったかを確認しに「幽霊屋敷」にいきます。

するとあの「幽霊屋敷」は前の面影を残しておらずオシャレなイルミネーションに、オシャレな造りの家に変わっていました。

しかもアレックスは結婚しており子供もいたのです!

 

なんと彼は当時の1996年の失踪する前に戻っており「幽霊屋敷」の未来が変わっていたのです。

最後にフリッジがジュマンジのソフトを破壊して4人の高校生は仲良く出かけていきました。。。

2作目『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の感想や見どころ

少し予想外でした。

まず前作のダークな感じは全て消え去っています。

終始明るい雰囲気で多分誰でも抵抗なく見れると思う感じで私はコレもありだと思います。

そして、予想以上に面白くて何回も見てしまいました。

まず前作とは違い、ゲームの中といった現実とはかけ離れた舞台がファンタジー色をグレードアップしていました。

 

今回の中で大半の方は、ラストに皆で「ジュマンジー!!」と一人ずつ叫ぶあたりとか、スペンサーとマーサの上手にできたキスシーンとかが一番好きなシーンだと言うと思うのですが・・・

私は少し変わり者で、オベロンがシープレーンに人工呼吸で自分のライフを分け与えるところが大好きでした。

 

ライフが全て無くなったら死んでしまうと解っているのに自ら体をはって「現実世界に戻してあげたい」といったのが、なんか女性の強さを現してる感じがして心が温まりました♪

 

そしてそしてここで涙を誘うのが、現実世界に戻った後のシーン。

アレックスがベサニーに言うんです。

「子供の名前はベサニー」

「命の恩人の名前だ」

 

私はここで号泣してしまいました。

このベサニーとアレックスのさりげない関係性がとても感慨深いものを感じました。

まだ見てない人は絶対見た方がいいです!心のモヤモヤが吹き飛びますよ♪

『ジュマンジ』シリーズ2作品の繋がりはある?

『ジュマンジ』と『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の繋がりと言われると難しいのですが、前作と今作では全く登場人物が違うので話は別々です。

 

1つ分かるのは、前作も今作も「ジュマンジ」というゲームという事に変わりはないという事です。

 

1がボードゲーム。2がコンピューターゲーム。

ジャンルは違えど、「ジュマンジ」というワードで始まり終わるという事になっている
んだと思います。

 

あと本当に憶測なのですが、前作でアランは子供の時にジャングルに行く事になり、ジュマンジの中に閉じ込められ出てこられなくなってしまいます。

 

もしかすると今作のジャングルと何か関連性があるかと踏んでおります。

 

例えばですがあの案内人。本当にNPCですか?NPCのフリえおしたアランだったとか
考えるととても話に深みが感じませんか?

 

ひょっとすると今作もしくは次作『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の中のどこかにアランが混ざっている可能性があるんじゃないかと思いました。

 

そして「ジュマンジ」というのは呪いとか魔法の一種ではないかと思います。

 

持ち主の好みに形態を変える、そこから二度と出られない難しい呪われたゲームとか・・・

 

なのでこれからも「ジュマンジという名のゲーム」は次作でもそのまた次でも「ゲーム」という定義で持ち主を縛り続けていくのかなという事でしょう。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』と過去2作品の繋がり

2と3の話は、公式サイトを見てもらえばわかる話だと思いますが、単純にゲーム世界は一緒です。

 

物語は前作の『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』から二年後のストーリー。

ゲームを修理し起動したのはスペンサーで、違うのは最初のキャラクター選択がないこと。

 

  1. マーサはラウンドハウス
  2. エディはブレイブストーン
  3. マイロはフィンバー
  4. フリッジはオベロン

という異色のパーティーになりました。

 

しかも当のスペンサーはゲームのどこいるのかわからないという感じになってますね。

 

ついでにアレックスはいないっぽいかもです。流石に家庭持って幸せになってるのに
またって事はないこと思います。

 

多分はどこかにいると思われます。

 

前作と一緒なのはスペンサー、フリッジ、マーサ、ベサニーという人物から話が回る事は間違いないです。

というかむしろスペンサーからでしょうね。

 

個人的に気になるのは、予告動画で『ゲーム・オブ・スローンズ』っぽい氷の壁があること・・・www

もしかしたら、他のSF・ファンタジー作品の要素をところどころに散りばめているのかもしれません(笑)

 

最新作『ジュマンジ/ネクスト・レベル』を見る前に抑えておきたいポイント

さて、これから3を見る事に関してですが前作を見ていなくてもこの話は間違いなく面白いと思います。

なぜなら我らがドウェイン・ジョンソン様が最高のアクションと肉体美を魅せてくれる事間違いないからです!!

 

わかる方はわかると思いますが、この方が出てるだけで目がいっちゃいますよね。

そして多分わかりやすく前作の解説っぽいものも入ってると思いますので見てない方でも
全然入り込めるかと思われます。

そして個性豊かなキャラクターばかりなので見る価値アリアリの作品です。

 

しかしながら個人的意見を言わせてもらえれば是非前作を見てほしいです。

せめて2からでも見てほしいです。

 

物事には成り立ちというモノがあり、人と人との細かいやり取りや、どういう表現をしたとか、どんな言葉を発したとか・・・そういう過程を知った上で見るのと見ずに見るのとは
感動の回数と度合いが違うと思うのです。

 

  • スペンサーとフリッジが最初どんな関係でどんな言葉を交わしている仲だったとか
  • ベサミーがどれだけダメダメな人間でどういう変化をしたとか
  • マーサがどれだけ社交的になったとか
  • マーサとベサミーがどれだけ仲良くなったとか

 

前作を見ていれば些細な変化が解って面白さが2倍にも3倍にもなる事を保障します!

 

参考
  1. 『ジュマンジ』
  2. 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

前2作を無料視聴する方法はこちらから確認してくださいね♪

詳しくはこちら>>ジュマンジ1,2の字幕吹き替え動画を無料視聴する方法はこちら!

まとめ

以上!今回は『ジュマンジ/ネクスト・レベル』を見る前のおさらいや、過去作を見ていない人向けの『ジュマンジ』の解説をしました。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』を見る前に、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。