アニメ

次元大介の国籍や名前の由来とモデルは?都市伝説やトリビアもまとめ!

1967年以降今でも老若男女の人気を持つ、ルパン三世。

そのルパンをいつも隣で助けてくれるクールなガンマン次元大介。もうマグナムといったら次元となるくらいの知名度です。

さていい相棒のお二人ですが、今回はそんなルパンの相棒の次元大介の国籍や名前の由来など、はたまた都市伝説などをまとめていきたいと思います。

参考

ルパン三世のアニメを全話無料視聴したい方はこちらから方法をチェックしてみてくださいね↓

次元大介の国籍は何人なのか考察

次元大介の国籍はなんと

日本

なのだと調べた結果わかったのです。

 

これについての考察になりますが、もともと次元大介はほかのキャラと違って、あまり過去の事を話しません。

 

ですがアニメシリーズ中に、次元大介はルパン三世に

「ガキの頃に縁日の射的で、あと1発のところで弾がなくなって泣き顔を見たことがある」

と話しています。

 

という言葉から、縁日という言葉は言い換えればお祭りです。

逆に言えばお祭りを縁日というのは日本特有ということになります。

その言葉を使っていることが次元の国籍が日本であるということがより証明できます。

次元大介は何歳?

早撃ちで有名な次元大介ですが、いまだに明確な年齢は公式に発表されていないようです。

 

そこでいろいろと調べてみると原作上では、ルパン三世は26歳、銭形警部がその3歳上の29歳だと言うことだそうです。

 

またルパンの国籍が次元と同じ日本で、ルパンの出身大学が原作の仮想上の設定で『東西京北大学』だとなっています。なおかつ次元とルパンは幼馴染という設定もあることから次元の年齢もルパンと同じくらいの26~27歳なのではないかと考察します。

 

ですがあくまで原作上の設定が26歳なので、現在の映画やアニメシリーズでのルパン一味は30代くらいの年齢で設定されているそうです。

次元大介の名前の由来は?

次元大介という名前になった由来は調べてみると何種類かあるようです。

 

まず、ルパン三世の作者モンキーパンチ先生は、『四次元』という言葉や『次元が違う』などの『次元』という言葉がとても好きだったらしく、ほかのアニメとは次元の違うクオリティの高いアニメにしたいと言う気持ちも込めながら次元にしたのだろうとおもいます。

 

次に、これもモンキーパンチ先生が次元というワードの次の名前を決める際、『事件大好き』という言葉をもじって、

『事件を次元に、大好きを大介』

にしたことから『次元大介』というクールなガンマンの名前が決まったみたいです。

次元大介のモデルになったのは実在の人物?

次元大介のモデルとなった人物は、1961年5月3日に公開されたアメリカ合衆国の映画

『荒野の7人』のジェームズ・コバーン演じるブリットというキャラクターです。

 

この映画の作中に出てくる登場人物は黒のハットにシャツ(ベスト)とガンマンらしいキャラクターばかりです。

クールな服装で銃を構える姿は次元大介と似ているところがあります。

 

やはりガンマンといったら、コンバットマグナムにダークトーンのシャツと帽子が一番似合います。

こちらはリメイク版ですが、こんな感じの雰囲気ですね。

 

確かに次元大介っぽい!!

次元大介の都市伝説やトリビアをまとめ!

次元大介のトリビアとして、なんと次元大介の風貌は、あのルパン三世を長髪にして、髭と帽子を付けただけで完成したキャラクターらしいです!

これは実際に『トリビアの泉 ~素晴らしき無駄知識~』にて作者のモンキーパンチ先生が語っているので間違いない事実です。

 

また宮崎駿監督は、次元の目は極力帽子で隠すように制作するようにスタッフに指示を出しており、次元の人物設定を

『ルパンがいなければパッとしない殺し屋などで終わる男でありルパンのダメなところを見つけルパンと行動を共にしている』

のようにしていたそうです。

まとめ

  • 次元大介の国籍は『日本』
  • 次元大介の年齢は原作では26~27歳、アニメなどでは30代半ば。
  • 次元大介の名前の由来は作者モンキーパンチ先生の好みの言葉。
  • 次元大介のモデルは『荒野の7人』のブリット。
  • 次元大介のトリビアや都市伝説はある。
参考

ルパン三世のアニメを全話無料視聴したい方はこちらから方法をチェックしてみてくださいね↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。