BLEACH/ブリーチ

黒崎一護と石田雨竜は親戚?父母について解説

黒崎一護と石田雨竜は親戚?父母について解説

マンガBLEACHの主人公、黒崎一護と、同級生の石田雨竜は、連載の序盤から共に戦ってきた戦友です。

しかし物語の最終章が映像化されていないこともあってか、BLEACHを知っている人にも、一護と石田が親戚であることなどはあまり認知されていない様子です。

この記事では、一護と雨竜のプロフィールと、二人の関係について詳しく説明します。

黒崎一護のプロフィール

年齢・身体的特徴・性格など

7月15日生まれの蟹座。血液型はA型です。
連載第一話の時点で15歳。身長は174センチ、体重は61キロです。
その後、二年近い歳月が経過したため、身長は181センチ、体重は66キロに成長しています。
空座第一高校に通う高校生です。

オレンジ色の髪が目立つため、親しくない人間からは不良扱いされています。喧嘩っ早いところはありますが、本質は優しく義理堅い性格です。

家族構成など

家族は開業医を営む父、一心と妹の遊子・夏梨(双子)の四人家族です。

母親の真咲は一護が幼い頃、一護を襲ったグランドフィッシャーという虚(ホロウ:悪霊の一種)から息子を守って死亡しています。
この経験は一護の人格に大きな影響を与えました。その後の一護は、自分はヒーローではないからすべての人間を守ることなんてできない、と自覚しながらも、それでも可能な限り人々を救いたい、と願うようになります。

虚との戦いと両親の秘密

15歳になった一護は、虚を祓う使命を持った死神、朽木ルキアと出会い、死神の力を得て、『死神代行』として虚と戦うことになります。

実は彼の両親には秘密が隠されていました。父親・一心は元・死神であり、亡き母、真咲は滅却師(クインシー)という虚を消滅させる力を持った一族の出身でした。

二人の血を受け継いだ一護は、死神として破格の才能を開花させることになるのです。

戦闘スタイル

死神の力を手に入れた一護は、死神特有の武器である斬魄刀を使って戦います。
多くの死神がそうであるように基本的には接近戦主体の戦闘スタイルですが、斬撃を放つ技、『月牙天衝』などで遠距離攻撃も可能です。

また物語が進むに従って虚の力も使用できるようになるため、虚閃(セロ)という虚特有のビーム攻撃も放つことができるようになりました。

石田雨竜のプロフィール

身体的特徴・性格など

11月6日生まれ。血液型はAB。

黒髪を左右に分け、切れ長の瞳にメガネをかけている少年です。一護と同じ空座第一高校に通う同級生です。

身長・体重は初登場の時点で171センチ・55キロ。舞台が二年後になった物語後半では、177センチ、57キロに成長しています。
特技は裁縫で、手芸部の部長を務めています。三年生の時点では生徒会長に就任しています。

礼儀正しく物腰も丁寧ですが、意外な短気な側面もあり、敵対した相手に対しては痛烈な皮肉を浴びせることもしばしばです。

戦闘スタイル

滅却師の末裔である雨竜は、弓矢に似た形状の武器を使用して戦います。

使用する武器や能力は非常に多彩で十数種類に及びます。死神のように自分自身の力だけを使うのではなく、大気中などに存在する霊子を集めて活用するというスタイルです。

雨竜が作中で使用した主な装備・能力

孤雀(こじゃく)

空間に存在する霊子を固定化してつくる弓矢。集めた霊子が多いほど、威力が上がります。

散霊手套(さんれいしゅとう)

霊子を拡散させる効果を持つ手袋。これを付けた状態で霊子を集める訓練をすることで、霊子の収束・コントロール能力が向上しますが、手袋を外すと短時間さらなるパワーアップが可能な反面、コントロールが暴走して再起不能になりかねないというデメリットもあります。

雨竜は祖父の死の原因を作った死神、涅マユリと手袋を外した状態で戦ったため、一時的に滅却師の力を失ってしまいました。

魂を切り裂くもの(ゼーレシュナイダー)

刃の周辺を霊子が高速で周回しているチェンソーのような武器。この刃で切り裂くことで、対象の霊子を奪い、利用することが可能となります。

完全反立(アンチサーシス)

滅却師の王、ユーハバッハから授かった能力。任意の二カ所を指定して、その間に起こった出来事を逆転することができます。自分と相手のダメージを入れ替えたりする使い方が可能です。

黒崎一護と石田雨竜は親戚?

上で説明したように、一護の母、真咲も滅却師の家系の生まれでした。

純血統の滅却師だった黒崎一族の末裔だった真咲は、同じく純血統の滅却師でありいとこにあたる石田竜弦と結婚するはずでした。真咲も竜弦も才能に恵まれた滅却師だったため、子供をつくることでさらに強力な滅却師を生み出すことが求められていたのです。

しかし最終的に、真咲は一護の父親になる一心と結婚することになります。その後、別の女性と結婚することになった竜弦の息子が、雨竜です。つまり一護と雨竜はまたいとこということになります。

石田雨竜の父と母について

上で述べたように雨竜の父親は純血統の滅却師だった石田竜弦です。

真咲の代わりに彼の妻になったのは、石田家に使える滅却師の一人(ただし純血統ではない)だった片桐叶絵という女性でした。

彼女と竜弦の間に生まれたのが雨竜ですが、叶絵は息子が幼い頃に亡くなっています。

物語本編で、竜弦は大病院の院長の座に就いています。滅却師の才能に恵まれながら、『金にならない』と言い放って伝統をないがしろにする態度を見せているため、雨竜とは反りがよくありません。

そのため、幼い雨竜に滅却師の修行を施したのは祖父の宗弦でした。
この宗弦もすでに亡くなっているため、雨竜は実家を離れて一人暮らしをしています。

とはいえ竜弦も息子のことを放置していたわけではなく、物語中盤で滅却師の力を失った雨竜の手助けをしたり、物語のラスボス・ユーハバッハに一矢報いるために必要な武器を与えたりと、要所要所でサポートを行っています。

石田雨竜のその後や最後はどうなった?

ユーハバッハは母親の仇

物語の最終章で一護たち死神の前に立ちはだかったヴァンデンライヒ(見えざる帝国)は滅却師を中心に構成された集団でした。

彼らの指導者であるユーハバッハは滅却師の始祖であり、自らの力を受け継いだ滅却師たちの中から、必要に応じて滅却師の力を取り上げる『聖別』という権限を持っていました。

実は石田の母・片桐叶絵と一護の母・真咲が命を落としたのは、どちらも『聖別』がきっかけでした。

叶絵は純血統の滅却師ではなかったために、真咲は虚と戦った際、虚の力が体内に入ってしまったため、どちらも不要な存在と判断され、滅却師の力を奪われてしまったのです。

もともと病弱だった叶絵は力を失ったせいで体調を崩してしまい、真咲は力を失ったせいでグランドフィッシャーに対抗することができなかったために帰らぬ人となりました。

つまりユーハバッハは、一護と雨竜両名にとって、母親の死因を作った仇ということになります。

星十字騎士団へ加入

しかし雨竜は仇であるユーハバッハの求めに応じて、見えざる帝国の精鋭集団である星十字騎士団(シュテルンリッター)に入団します。ユーハバッハの雨竜に対する評価は高く、雨竜は彼の後継者に指名されたほどでした。

もちろん雨竜にユーハバッハに忠誠を誓うつもりはなく、終盤でユーハバッハに反旗を翻します。

雨竜が父親から託された『静止の銀』という矢は、ユーハバッハの聖別で命を落とした滅却師の血栓を固めたもので、ユーハバッハに放つことで、彼の能力を一時的に無効化する効力を秘めていました。

この矢を放つことで、雨竜はユーハバッハ撃破に貢献したのです。

雨竜は特別な滅却師?

基本的に配下の滅却師を手駒としか見ていなかったユーハバッハは、世界を変革するという目的に一つ一つ近付いていくたびに、不要と見なした滅却師たちに『聖別』を繰り返し、最終的に生き残った滅却師は雨竜一人だけになってしまいました。

ところがなぜか雨竜だけは、最後まで『聖別』の対象にはなりませんでした。

ユーハバッハが雨竜を殺したくなかったのか、『聖別』が雨竜に通用しなかったのか、本編では説明されていません。

そもそも雨竜は『聖別』を受けた叶絵の子供なので、当然自身も純血の滅却師ではないために最初から『聖別』の対象になっていてもおかしくないのですが、どうして見逃されていたのかも不明です。

理由の一つとして考えられるのが、雨竜が祖父・宗弦の教えを受けていたという事実です。

星十字騎士団の一人によると、宗弦が修練していた滅却師の技術はユーハバッハ率いる滅却師たちとは別系統の古い技術だったそうなので、ユーハバッハの力が通じない特別なプロテクトがかけられていたという推測も成り立ちます。

宗弦の技術を重視していたからこそ、ユーハバッハは雨竜を後継者に選んだのではないでしょうか。

その後

物語の最終回で大人になった雨竜は、総合病院で医師の仕事に就いています。父の竜弦が院長を務めている病院で働いているようなので、親子の溝は十年前より縮まったのかもしれません。

『BLEACH』のアニメを無料で見る方法

ゴマくん
ゴマくん
久しぶりに『BLEACH』のアニメを見たいな〜!
ペンちゃん
ペンちゃん
『BLEACH』のアニメは、動画配信サービスの無料トライアルを利用すれば完全無料で見れるよ!しかも、今までNetflixでも配信されていなかった206話以降も視聴する方法もあるよ♪

『BLEACH』のアニメを無料で見る方法についてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね↓

無料で『BLEACH』のアニメを視聴する方法はこちら

『BLEACH』の漫画を無料で読む方法はこちらの記事で解説しています↓

無料で『BLEACH』の漫画を読む方法はこちら

まとめ

  1. 黒崎一護は死神の力を手に入れ、虚と戦う道を選んだ少年
  2. 石田雨竜は虚を消滅させる力を持った滅却師(クインシー)の末裔
  3. 雨竜の父と一護の母がいとこ同士であるため、二人はまたいとこの間柄になる
  4. 雨竜の母と一護の母が死ぬ原因をつくったのは、滅却師の王、ユーハバッハ
  5. 雨竜は一時、ユーハバッハの配下に加わっていたが、最終的には反旗を翻した
  6. ユーハバッハは滅却師の力を取り上げる権限を持っているが、なぜか雨竜だけは力を奪われなかった

今年、アニメ化が発表されたBLEACH最終章『千年血戦編』はユーハバッハとの戦いを描いたストーリーであり、一護や雨竜の過去が掘り下げられる展開になります。アニメの放映時期は今のところ未定ですので、続報を楽しみに待ちましょう!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。