BLEACH/ブリーチ

黒崎一護はなぜ強い?血筋が同じ妹たちに能力がない理由とは

黒崎一護はなぜ強い?血筋が同じ妹たちに能力がない理由とは

マンガBLEACHは悪霊である虚(ホロウ)、虚を祓う力を持った死神、虚を消滅させることができる種族である滅却師(クインシー)といった勢力が入り乱れ戦う物語で、主人公の黒崎一護は様々な勢力と戦いを繰り広げながら、急成長を遂げて行ったキャラクターです。

しかし一護がどうしてそこまで強くなれたのか、コミックス全てを読み通した読者でないと判りにくいところがあります。

そこでこの記事では、黒崎一護の強さの理由についてまとめてみました。

黒崎一護のプロフィール

年齢・身体的特徴・性格など

7月15日生まれの蟹座で血液型はA型。
年齢は15歳。身長は174センチ、体重は61キロです。

二年近い歳月が経過した物語後半では、身長は181センチ、体重は66キロに成長しています。空座(からくら)第一高校に通う高校生です、

生まれつき、オレンジ色の髪を持っているため、大人から不良扱いされたり、不良に喧嘩をふっかけられたりすることはありますが、本人は真面目で思いやりのある性格です。

家族構成など

開業医を営む父親の一心と、母親の真咲の間に生まれた三人兄弟の長男です。妹の遊子(ゆず)夏梨(かりん)は双子です。

母親の真咲は数年前に虚から一護の身を守って命を落としています。そのため一護は弱者や自分の周囲にいる大事な人間をなるべく自分の手で守りたいと願う性格に育ちました。

黒崎一護はなぜ強い?

霊を感知できる特技を持っていた一護は、十五歳のとき、虚を討つために死後の世界であるソウル・ソサエティからやってきた死神である朽木ルキアと出会います。

成り行きから死神の力を手に入れ、力を失ったルキアの代わりに『死神代行』として戦うことになった一護でしたが、死神としての力はルキアから見ても規格外のものでした。

そうなった理由は、一護に生まれつき、死神・滅却師・虚の力が備わっていたからというものでした。

一護の親族には死神と滅却師がいた上に、その一人が虚と戦った影響で体内に虚の力を宿していたため、死神になる前から一護には高いポテンシャルが備わっていたのです。

物語の中で描写されている、死神の力とそれを鍛える方法を見る限り、死神の力とは、元々個人が持っていた才能や潜在能力を戦闘に適した形に整えるものであるようです。

一護の場合、虚・死神・滅却師という三種類の才能が眠っていたため、死神になったときに目覚めた力も膨大なものになったのでしょう。

さらに物語中盤で一度死神の力を使えなくなってしまった一護は、『完現術(フルブリング)』という虚由来の力を利用する技術も学んでいます。

結局、死神の力を取り戻すことになる一護ですが、その際の姿が以前とは変わっているため、完現術の影響でさらに力が磨かれているようです。

黒崎一護の寿命は?

基本的に物語に登場する死神は死後の世界であるソウル・ソサエティの住人であり、
彼らはソウル・ソサエティで生まれたか、現世で死んだ後、ソウル・ソサエティで年月を経た後に死神になっています。

そのため、一護のように現世の人間のまま死神になった例はレアケースで、物語の中で登場するのは、一護と同様に死神代行だった過去を持つ銀城空吾くらいです。

朽木ルキアがそうであるように、ソウル・ソサエティの住人は、現世の人間に比べてはるかに長寿です。すると疑問になってくるのは、人間のまま死神になってしまった一護は何歳まで生きられるのか、普通の人間のように老化はするのか、というところです。

(上のプロフィールで一護の身長、体重が増えていると書きましたが、この二年間は死神の力を失っていた時期なので参考にはなりません。銀城は年齢不詳のまま死んでしまったので老化の有無はうやむやになってしまいました)

この疑問に関しては、原作の最終話で、ある程度ヒントが出されています。

最終話で一護は十年近く年を取っているのですが、その外見は本編に比べると間違いなく大人びた感じに変化しているように見えます。

ソウル・ソサエティに住む死神の中には、百年以上少年・少女のような外見を保ったままのキャラクターもいるため、少なくとも現世にいる限り、一護も普通の人間のように年を取るのではないかと思われます。

黒崎一護の血筋や血統は?

父親は死神・母親は滅却師

一護がなぜ、滅却師・死神・虚の力を持っているかですが、両親である一心と真咲の馴れ初めが関係しています。

実は一心はソウル・ソサエティ出身の元・死神です。

炎を纏うような力を使い、死神の組織である護挺十三隊で十三人しかいない隊長の一人を務めるほどの実力者でしたが、現世に赴いて虚と戦った際、不覚をとって瀕死に陥ってしまいました。

そのとき一心を助けたのが真咲でした。真咲は滅却師の中でも才能に恵まれた使い手であり(とくに防御力を向上させる静血装が得意)、虚を難なく倒します。

しかし、倒された虚、『ホワイト』は人間の体内に侵入する能力を持っており、真咲に取り付いたため、真咲の肉体が虚に浸食されてしまいます。

真咲を救うためには、死神である一心が特殊な効果を持つ肉体(義骸)の中に入り、真咲の側に居続けることが必要でした。

真咲に命を助けられていた一心は、躊躇することなく死神としての地位を捨てることを決意し、現世にとどまる道を選んだのです。

その後、二人は結ばれ、長男の一護が生まれます。このとき真咲に取り付いていた虚、ホワイトは真咲の身体から一護へと移りました。

結果、一護は死神・滅却師・虚という三種類の力を身体に宿すことになったのです。

黒崎一護とユーハバッハの関係は?

本編の最終章で登場した滅却師の王、ユーハバッハは一護のことを「息子」と呼びました。

しかし血縁的な一護の父親は一心であるため、ユーハバッハの言葉には別の意味合いがあります。

死神は斬魄刀という武器を使用しますが、この斬魄刀の力を引き出すためには、死神自身の心象風景というか、精神世界の中で斬魄刀と対話して力を同調させる必要があります。

一護の場合、この対話対象が二つの姿を取っています。

一つは一護自身のカラーリングを白くしたような姿で、これは虚、ホワイトの影響を受けた姿だと思われます。

もう一つは黒装束に身を包んだ髭を生やした男の姿で、これは滅却師としての才能を具現化した姿であることが判明しています。
そしてこの姿は、ユーハバッハに酷似しているのです。
作中でも、千年前のユーハバッハと同一人物だと明言されています。

ユーハバッハは滅却師の始祖であるため、滅却師を母に持つ一護の力もユーハバッハの流れを汲んでいることは当然といえば当然なのですが、物語の中でユーハバッハの姿が自分の心象風景に出てくる登場人物は一護だけです。

つまり一護は、滅却師の血を引く者たちの中でも、ユーハバッハの力を際だって純粋な形で受け継いでいるとも言えるわけで、そういうニュアンスから、ユーハバッハは「息子」と呼んだのではないでしょうか。

実際、ユーハバッハは一護の友人である滅却師、石田雨竜が配下に加わった際、彼の能力を高く評価して後継者にすると宣言するのですが、このとき、雨竜のことも「息子」と呼んでいます。
ユーハバッハは血縁関係よりも力が受け継がれていることを重視して、その相手を「息子」と呼んでいるのでしょう。

ただ、ユーハバッハが滅却師の始祖であることを考えると、一護や雨竜の遠い祖先であってもおかしくはないとも思われます。

黒崎一護の妹:夏梨と遊子に能力がないのはなぜなのか?

真咲と一心の間には三人の子供が産まれています。

しかし本編で死神として戦う力を得たのは一護一人だけで、妹の夏梨と遊子は死神の力も滅却師の力も開花させていません。

なぜ一護だけ才能が目覚めたかという理由について本編で明言されてはいませんが、夏梨と遊子の中でも違いがあることがヒントになるかもしれません。

夏梨と遊子は双子ですが、夏梨がある程度霊を視認できるのに比べると、遊子は全く感知することもできません。

つまりきょうだいでも引き継がれた才能に違いがあるのです。

勉強や運動の才能と同じように、滅却師や死神の能力も、引き継がれる者とそうでない者に分かれるということではないでしょうか。

他に考えられる理由としては、妹たちには才能を目覚めさせるきっかけがなかった、ということもあるのではないでしょうか。

一護が死神のルキアと接触することで力を目覚めさせているように、力を使えるようになるためには外部からの働きかけが要るのかもしれません。

『BLEACH』のアニメ&漫画を無料で見る方法

ゴマくん
ゴマくん
久しぶりに『BLEACH』のアニメを見たいな〜!
ペンちゃん
ペンちゃん
『BLEACH』のアニメは、動画配信サービスの無料トライアルを利用すれば完全無料で見れるよ!しかも、今までNetflixでも配信されていなかった206話以降も視聴する方法もあるよ♪

『BLEACH』のアニメを無料で見る方法についてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね↓

無料で『BLEACH』のアニメを視聴する方法はこちら

『BLEACH』の漫画を無料で読む方法はこちらの記事で解説しています↓

無料で『BLEACH』の漫画を読む方法はこちら

まとめ

  1. 黒崎一護の強さの理由は、死神と滅却師を親族に持ち、その中に虚の力も混ざっているため
  2. 一護は人間のまま死神になったレアケースだが、最終回で年をとった姿が描かれているので、寿命は人間のままと思われる
  3. 一護の父親が死神で、母親は滅却師。母親の身体に虚が潜んでいたため、三種類の力を生まれつき持っていた
  4. 滅却師の王、ユーハバッハは一護を「息子」と呼んでいる。これは血縁関係の息子ではなく、一護がユーハバッハの力を強く受け継いでいるためと思われる
  5. 一護の妹二人は一護のような才能が開花していない様子だが、これはきょうだいでも個体差があるためか、死神の力に触れるきっかけがなかったからかもしれない

一護の出生と力の秘密については、現在アニメが制作中の最終章でじっくり語られるはずですので、放映を楽しみに待ちましょう!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。