アニメ

僕のヒーローアカデミアのあらすじ内容を簡単にわかりやすく解説!面白いのかもまとめ

週刊少年ジャンプで連載されていて、アニメ化もされている『僕のヒーローアカデミア』、通称『ヒロアカ』ですが、どんなストーリーなのでしょうか?

今回は、『僕のヒーローアカデミア』を読んだことがない、見たことがない方向けに、『ヒロアカ』の簡単なあらすじをわかりやすくまとめてみました!

また、面白い理由やポイントなどについても解説していきます。

『僕のヒーローアカデミア』のあらすじを簡単にわかりやすく解説

『僕のヒーローアカデミア』の世界観と主人公

『僕のヒーローアカデミア』の舞台は、世界総人口の約8割が何かしらの超常能力を持つようになった、いわゆる超人社会です。

約8割が超常能力を持つということは、つまり、それは「超常」ではなくなるということです。

そのため、『僕のヒーローアカデミア』の世界では、これを「個性」と呼びます。

 

「個性」の発現は幼少期の内に起こるとされており、発現しない人間ももちろん存在します。

個性が発現しなかった者を「無個性」と呼び、主人公は「無個性」の少年・緑谷出久(みどりやいずく=デク)です。

『僕のヒーローアカデミア』は、無個性の少年が一人前のヒーローになるまでの物語なのです。

 

憧れの“ヒーロー”との出会い

人口のほとんどが個性を持った社会では、能力を悪用する者も現れており、彼らは“ヴィラン”と呼ばれています。

そして、ヴィランから人や町を守る“ヒーロー”が存在します。

その中でも名実ともにNo.1、「平和の象徴」とも呼ばれるオンリーワンな存在が「オールマイト」というヒーローです。

 

デクは小さな頃からオールマイトに憧れ、オールマイトのように笑顔でみんなを助けるヒーローになりたいと夢描いてきました。

しかし、無個性のデクにヒーローは絶望的な夢でした。

そんなある日、デクが街でヘドロヴィランに襲われる事件が起こります。

 

デクはオールマイトに救われ、個性がなくてもヒーローになれるかと問いかけますが、個性があったとしても命がけの職務だと諦めるように諭されてしまいました。

オールマイトと離れると、先程のヘドロヴィランが幼馴染の爆轟勝己を人質に暴れている光景を目にします。

その時、デクは目の前で襲われている幼馴染を、自分の身など顧みず、ただただ助けたいという思いだけでヴィランに飛びかかったのです。

多くの語り継がれるヒーローには「考えるより先に、体が動いていた」という共通するエピソードがあり、正にここで起きた出来事を目にしていたオールマイトはデクの資質を認め、「君はヒーローになれる」と告げました。

動き出した“ヒーロー”への歩み

オールマイトに認められたデクは、彼の個性の秘密について語られます。

オールマイトの個性は受け継がれてきた力・意思であり、それを譲渡するというものでした。

そして、デクはこの個性“ワン・フォー・オール”の後継者に指名されました。

 

しかし、この時のデクの身体では個性を受け継ぐことができないため、オールマイトの指導の下に猛特訓の日々に突入します。

見え隠れするヒーロー資質で猛特訓を期限ギリギリで、しかも課題以上の結果で乗り切ったデクに、いよいよその日が訪れます。

器を為したデクに、自身の髪の毛を差し出すオールマイト・・・どんな形でもいいようですが、とにかくDNAを取り込むことで譲渡されるようです。

実感のない譲渡ではありましたが、この日はデクにとって非常に重要な日です。数々のヒーローを輩出する名門雄英高校ヒーロー科の入学試験へ向かうのでした。

 

入学試験で見るデクの素質

譲渡された個性を試す間もなく入学試験に向かったデクですが、実技試験に苦戦します。

仮想ヴィランを倒せず、ポイントを得ることができないまま時間が過ぎていきます。

制限時間が迫る中、せめて1体と諦めない姿勢を見せますが、妨害用の巨大な仮想ヴィランが登場します。

この仮想ヴィランが、倒してもポイントにならない上に圧倒的なパワーで妨害してくるのです。

他の受験生が逃げながらポイントを稼いでいく中、1人転んで逃げ遅れる女の子(麗日お茶子)が目に入ります。

女の子を助けることだけを考え、デクは巨大な仮想ヴィランへと立ち向かうのです。

ポイントも得られないのに助けに行くデクの姿を見て、何かに気付く根っから委員長キャラの飯田天哉をよそに、デクは初めて個性を使い、一発で巨大ヴィランを仕留めたのです。

あまりに強力な個性のため、反動に耐え切れなかったデクの手足はブランブランの状態で空中から落ちていくのですが、お茶子の個性で助けられます。

危険を顧みずに立ち向かう姿は飯田の目を奪い、自身の身体を犠牲にして仮想ヴィランから救出したお茶子の心を打ったデクの素質は、やはり本物なのです。

 

実技試験0ポイントの結果

見事に巨大仮想ヴィランからお茶子を救ったデクでしたが、実技試験で倒したのは、このポイントなしの妨害用ヴィランだけでした。

完全に不合格であろう結果に加え、試験以降連絡が取れないオールマイトからは見放されてしまったのだと落ち込み、放心状態となってしまっているデクに、ついに通知が届きます。

投影されたビジョンにはオールマイトの姿が。連絡が取れなかった事情なども説明されますが、本題に入ると、不合格が告げられます。

覚悟はしていたものの、やはりさらに落ち込みを見せるデクでしたが、続きがありました。

別のVTRに切り替わると、そこにはお茶子の姿が映っています。巨大ヴィランから助けてもらったお礼にポイントを分けたいという直談判の映像でした。

しかし、厳正な試験であるため、やはりポイントを分けることは許されません。

ですが、入学試験の採点の裏側にはレスキューポイントという別のシステムが存在したことが知らされます。

優しい行動を起こしたお茶子、お茶子を救った正しくヒーローのデクは大幅なレスキューポイントを獲得し、見事に雄英高校ヒーロー科合格を果たしました。

 

ヴイラン連合の登場

なんとか雄英高校入学を果たし、夢に向かい始めたデクは、同じくヒーローを目指す様々なクラスメイトとともに学校生活を送りますが、個性の使い方には苦戦が続きます。

そんな中、災害救助訓練の授業で事件が起きます。雄英高校の教師となった平和の象徴オールマイトの命を狙い、死柄木弔率いるヴィラン連合が襲撃してきました。

授業に参加する予定だったオールマイトは、諸事情により不在でした。担任の相澤先生と、敵の個性で分断されたヒーロー科生徒たちで応戦しながら、他のヒーロー・先生の応援を待つこととなりました。

いち早く事態を察知し、駆け付けるなり「私が来た」と登場したのはオールマイトです。

オールマイトとの対戦用に造られた“脳無”という化け物に、過去の戦いでの後遺症で活動力の落ちてしまったオールマイトは苦戦します。

生徒たちの機転の利いた動きが後押しし、限界を超えた猛ラッシュで脳無を吹っ飛ばし、応援のヒーロー・教師も到着して危機を乗り越えました。

しかし、天下の雄英高校が侵入を許し、生徒を危険な目に遭わせてしまったことは事実で、逃してしまった死柄木たちヴィラン連合は、より大きな脅威へと育っていくのです。

 

世界が注目する雄英高校

ヴィラン連合の襲撃から間もなく、雄英高校には体育祭が迫っていました。

超能力が当たり前となった世界で、スポーツの祭典に代わってビッグイベントとして注目されることとなったのが雄英体育祭です。

ヒーロー科にとってはプロヒーローのスカウトにお披露目の場となるアピールの場でもあります。

平和の象徴としての力を失いつつあるオールマイトは、この体育祭で「君が来た」ということを示してほしいとデクに伝えます。

大きな注目を集める体育祭で、総合1位こそ手にすることはできなかったデクですが、各競技で爪痕を残すことができました。

この大きな舞台の裏で起こる出来事から、雄英高校ヒーロー科1年の生徒たちを取り巻く環境が大きく変化しはじめていきます。

 

諸悪の根源“オール・フォー・ワン”

体育祭後、ヒーロー殺しステインというヴィランによる事件をきっかけにヴィラン連合はますます強大な力を付けていきます。

職場体験・林間合宿などを通して、ヒーロー科生徒たちも成長を続ける中、最悪の事件が始まりを告げたのです。

爆轟の誘拐から端を発したのですが、クラスメイトによる救出エピソードなどを挟みながら進み、「神野の悪夢」と呼ばれるほどまでに拡大していきました。

平和の象徴オールマイトは、ヴィラン連合の黒幕でもある諸悪の根源オール・フォー・ワンと直接衝突することになったのです。

すでに個性の残り火で活動しているオールマイトは限界を大きく超えてなお戦い続け、ほとんどトゥルーフォーム(本来の姿)に戻りながらも、渾身の策と一撃でオール・フォー・ワンを打ち破ることができました。

ヒーローとして、平和の象徴として、ワン・フォー・オールの残り火が消えるまで戦い抜いたオールマイトは「次は君だ」と、犯罪者への警鐘ともワン・フォー・オールの担い手としての継承とも取れるメッセージを残したのでした。

 

辿り着いた新スタイルで仮免取得

神野の悪夢を経験したデクたちは、ヒーロー仮免試験へ向けて、更なる個性強化と必殺技の開発に励みます。

これに並行して、個性の伸びや技の性質に合わせたコスチュームの見直しも行います。そんな中、神野での戦いでも負傷したデクの腕は、これまでと同じスタイルでの戦闘が困難なほどに劣化しているのでした。

授業を覗きに来たオールマイトやサポート科の発目明からのヒントをもとに、コスチュームの改良と足技を軸とした「シュートスタイル」に辿り着きます。

シュートスタイルを手に入れたデクは、曲者揃いの仮免試験へと向かいます。

体育祭で個性を披露している雄英生は、他校から対策を練られた上での参加となり一見不利な状況ではありますが、個性強化や必殺技の訓練をはじめ、新しく手に入れたデクのシュートスタイルなどでの大きな成長を見せて大活躍です。

強力な個性を持つ爆轟勝己と轟焦凍はトラブルにより補講を受けることとなりますが、ほとんどの生徒が仮免を取得し、緊急時のヒーロー活動権限が与えられました。

 

大きくなる悪と新たな個性?

仮免取得後、ヒーローインターンが始まると、デクは3年生通形ミリオの紹介を経て、サー・ナイトアイの事務所で活動することとなります。

極道組織による壮大な復興計画に巻き込まれるのですが、初めに接触したデクとミリオを筆頭に、多くのヒーローが一人の少女を救う戦いに乗り出します。

組織の計画を阻止し少女を救い出すことには成功したものの、犠牲となったものも大きく、ヴィラン連合の拡大や新たな悪意の台頭が続いていきそうです。

個性を譲渡されてからというもの、授業や特訓、様々な事件を通して成長してきたデクですが、ある日不思議な夢を見ます。

譲渡されたワン・フォー・オールの影響のようですが、この夢をきっかけに、これまで使っていた超パワーとは別の個性が発現します。

 

「僕が来た」

「お前にはこれから6つの個性が発現する」と言われたデクですが、今のところ全貌はわかりません。さらなる成長とともに明らかにされていくと思います。

平和の象徴の後継者と諸悪の根源の教え子、今後もますます楽しみな内容に期待してしまいますが、オールマイトのように「僕が来た」というデクの姿が1番楽しみです。

 

『僕のヒーローアカデミア』が面白い理由

最後に、『僕のヒーローアカデミア』が面白いと言われる理由についてまとめてみました

少年漫画の王道

『僕のヒーローアカデミア』は週刊少年ジャンプに掲載されていますが、少年ジャンプには欠かせない努力・友情・勝利という全ての要素が、盛り込まれています。

主人公は、幼少期に個性が発現しなかった時点で、憧れのヒーローになるには絶望的だと言われながら育ってきた、無個性の少年です。

スポーツ未経験だが、ズバ抜けた運動能力を持っていたり・・・

生まれつき里の嫌われ者だが、里の長になることを絶対に曲げなかったり・・・

など、やや頼りなく心配な、いわゆるちょっと残念な感じの主人公が自分の持ち味である何かを武器に、努力し成長していくという少年漫画らしいストーリーです。

 

さらに、幼馴染がライバルで互いに切磋琢磨するスポコン要素や、委員長キャラ・お調子者キャラ・優等生キャラなど学校を舞台にしたキャラクター豊富な学園要素も、ストーリーを盛り上げる要因としては大きいかも知れません。

もちろん、バトルシーンは大きな魅力です。超常能力を使ったバトルになるので、自然と迫力ある描写が増えますが、迫力だけでなくキレイなのです。

戦闘に限らず、学校行事の体育祭や文化祭の話・場面も展開を含め、ワクワクするように描かれています。

 

豊富な個性・キャラクターと相性

雄英高校ヒーロー科という舞台だけあって、当然クラスメイトは全員個性を持っています。

先生ももちろんですが、作品内に登場してくるヒーローやヴィランも、さらに小学生までも個性を持っているのです。

登場するキャラクターが増えれば増えるほど、個性の案を出すだけでも大変なことなのに、個性被りが滅多に出てこないのです。

また、「個性」と言うだけあって、それぞれのキャラクター性・容姿がなんとなく、個性とイメージが合うように描かれています。

個性とキャラクターの連動性だけでも十分に面白いですが、その個性・性格が影響するキャラクター同士の相性も見どころです。

 

胸を熱くする名シーンの数々

喜怒哀楽すべての感情が表れやすい青春真っただ中の登場人物たちなので、感情移入しやすい場面もとても多いです。

キャラクター同士の会話だけでなく、1人のキャラクターにおける心の葛藤のシーンで、つい涙してしまうことがあります。名シーンには欠かせない、端的な名言や深い意味を為す名言ももちろんあります。

オールマイトの「私が来た」など、キャラクターごとによく言うセリフも、かっこいいものから笑えるものまでたくさんあります。

自分自身の経験に重ね合わせたり、味わってみたいと憧れた場面に出遭ったり、小さい頃ヒーローになりたかったという人だったり、見る人がそれぞれ『ヒロアカ』に入り込めちゃうような、そんな作品です。

 

『僕のヒーローアカデミア』のアニメや映画を無料で見る方法

『僕のヒーローアカデミア』のアニメや映画を無料で見たい方は、こちらの記事で『ヒロアカ』を無料で視聴する方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

『僕のヒーローアカデミア』のアニメを無料視聴する方法はこちら

『僕のヒーローアカデミア』の映画を無料で視聴する方法はこちら

 

まとめ

以上、今回は『僕のヒーローアカデミア』のストーリーのあらすじをわかりやすく解説しました!

少年漫画の王道的なストーリーなので、楽しめる作品になっていると思います!

 

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。