ハリーポッター

ハリーが持っている鏡の破片は何でいつから持ってる?ダンブルドアの弟が持っていた理由も解説

ハリーが持っている鏡の破片について解説!

『ハリー・ポッターと死の秘宝』にて、ハリーが持っている謎の鏡の破片。

映画の中で突然出てくるので、一体この鏡はなんなのか?よくわからないという方も多いと思います。

今回は、ハリーが持っている鏡について掘り下げて解説していきます!

この記事でわかること
  1. ハリーが持っている鏡は何?
  2. ハリーはいつ鏡を手に入れた?
  3. ダンブルドアみたいな人は誰?
  4. ダンブルドアの弟が鏡を持っていた理由

『ハリー・ポッターと死の秘宝』でハリーが持っている鏡は何?

『ハリー・ポッターと死の秘宝』を見ていると、度々ハリーが覗き込んでいる鏡の破片のような物。

『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1』では、ハリーが鏡を覗き込むと、ダンブルドアのような姿が・・・死んだ人を映し出す鏡なの?

と、この鏡の破片について「???」となっている人も多いですよね。

まずは、ハリーが持っている鏡の破片の能力について解説していきます。

鏡の正体は両面鏡

ハリーが持っている鏡の正体は、『両面鏡』という物です。

ハリーの鏡は割れていますが、本当は四角い普通の鏡です。

なぜ割れたのか?については、後ほど解説していきますね。

 

両面鏡は、対になっている鏡で、2つの鏡を誰かと共有することで本来の力を発揮します。

両面鏡を覗き込むと、もう一つの鏡を持っている人が映し出されるようになっているんです。

なので、お互いに鏡を持ち歩いていれば、近くにいなくても会話をしたり、お互いがどんな状況にいるのか把握することができるようになっています。

ハリーは鏡をいつ誰から手に入れたの?

ハリーは『ハリ・ポッターと死の秘宝』でずっと両面鏡の1つを持ち歩いていますが、ハリーはいったいいつ誰から鏡をもらったのか?どうやって手に入れたのか?ということは、映画では一切描写されていません。

しかし、原作の中では両面鏡は『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から登場しています。

ハリーが鏡をもらったのはシリウスから

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』で、新学期が始まる前、ハリーはグリモールドプレイスというシリウスの館にいました。

そして、学校へ行く直前、シリウスから『両面鏡』を手渡されます。

しかしこの時は、何に使う物なのか?どんな能力があるのか?ということは、ハリー自身も知りませんでした。

シリウスはこの時、

「スネイプがもし君を困らせるようなことがあったら、私に知らせるいい手段だ。」

とだけ言って、ハリーに包みにくるんだ鏡を手渡します。

鏡ははぜ今まで使われなかったのか?

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の時から鏡を持っていたのに、なぜハリーは鏡を使わなかったのか?その理由について解説します。

 

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の中で、ハリーはスネイプから『閉心術』の授業を受けるようになりますね。

ハリーはヴォルデモートとのつながりがどんどん強くなっており、さらにヴォルデモートは”開心術”という心を読み取る能力に長けているため、ヴォルデモートがハリーの心を読み、利用することを避けるために”閉心術”を習得する必要がありました。

現に、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の時には、ハリーを誘き出すために、わざとシリウスが拷問されている幻覚をハリーに見せ、ハリーを魔法省へと導きました。

 

スネイプから閉心術を個人教授されていたハリーでしたが、スネイプは開心術(レジリメンス)を使ってズケズケとハリーの心に入り込んできます。

そのため、ハリーはスネイプにシリウスからもらった物を読み取られてはマズイと思い、シリウスからもらった両面鏡を包みから一度も開けずにトランクの中に入れたままにしていたのです。

 

View this post on Instagram

 

He’s a controversial figure, but the Potions Master will ‘always’ have a special place in our hearts. Happy birthday, Severus Snape!

Pottermoreさん(@pottermore)がシェアした投稿 –

 

シリウスとスネイプは学生時代の同級生で、犬猿の仲です。

そのため、シリウスの弱味になるような物をスネイプに見せまいとハリーなりに考えた結果、ハリーはシリウスと両面鏡で繋がることはありませんでした。

なぜ鏡は割れているの?

では、なぜ『両面鏡』は割れているのでしょうか?

両面鏡が割れたのは、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の最後です。

もちろんこれも映画では描写されていません。

 

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』で、ハリーたちダンブルドア軍団が魔法省に行き、助けに来た不死鳥の騎士団のシリウスがベラトリックス・レストレンジに殺されてしまいました。

 

ハリーは新学期まで、またダーズリーの家に帰るため、トランクに荷物を詰めていると、新学期が始まる前にシリウスからもらった包みを発見します。

ハリーが包みを開けると、そこにはハリーの父親であるジェームズとよくこの鏡を一緒に使っていたことがメモに書かれていました。

ハリーは両面鏡の使い方についてその時初めて知ったのです。

そして、鏡に向かってシリウスの名前を叫びます。

しかし、鏡には自分の顔しか写らず・・・シリウスの姿が現れることは二度とありませんでした。

 

映画では詳しく描写されていませんでしたが、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』で、ハリーは両面鏡を使っていれば、閉心術をしっかり習得していれば、シリウスが死ぬことはなかったと、自責の念に駆られます。

(両面鏡でシリウスと連絡を取っていればハリーたちも、不死鳥の騎士団も魔法省に行くことはなかった)

そんな気持ちになってしまったハリーは、自暴自棄になって鏡をトランクに投げ入れ、その上から荷物をバンバン放り投げます。そこで、両面鏡は割れてしまったのです。

『ハリー・ポッターと死の秘宝』でなぜ両面鏡を使うことにしたのか?

では、ハリーはなぜ『ハリー・ポッターと死の秘宝』の時に両面鏡を使うことにしたのでしょうか?

ハリーは『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1』の最初にダーズリーの家から不死鳥の騎士団のみんなで隠れ穴に向かう前、トランクの整理をしていました。

すると、トランクの奥底にある何かで手を切ってしまいます。

その”何か”こそが、『両面鏡』の割れた破片でした。

ハリーはその時にまたシリウスのことを思い出し、何かに使えるかもしれないと鏡を持って行くことにします。

 

そして、ハリーたちが分霊箱探しに行く前、ハリーの誕生日パーティーの際、ハグリットから『モークトカゲの皮でできた巾着』をプレゼントにもらったハリー。

この巾着は、何かを隠すのにぴったりで、持ち主以外の人物が巾着の中から取り出せないようになっています。

ハリーは巾着の中に両面鏡の破片と、その他の大切な物を入れて持ち歩くことにしました。

両面鏡に映るダンブルドアのような人は誰?

『ハリー・ポッターと死の秘宝』の中で、ハリーが両面鏡を覗くと、そこにはダンブルドアのような人物が写っていました。

ハリーは『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1』でマルフォイの館の地下牢に監禁された際、両面鏡に向かって「助けて!」と叫ぶと、ドビーが現れ、ハリーたちは助かることができました。(結果としてドビーは死んでしまいましたが)

 

View this post on Instagram

 

The best way forward is to stick together.

Harry Potter Filmさん(@harrypotterfilm)がシェアした投稿 –

 

ではあのダンブルドアのような人物は誰なのか?

 

ダンブルドアのような人は弟のアバーフォース

ダンブルドアのような人物の正体は、『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』を最後まで見ればわかりますが、あの男性はアバーフォース・ダンブルドアというアルバス・ダンブルドアの弟です。

 

アバーフォースとアルバスは見た目がそっくりなので、ハリーはダンブルドアだと思っていたのでした。

アバーフォースはなぜ両面鏡を持っていたの?

では、なぜアバーフォースはシリウスが持っていたはずの両面鏡の片方を持っていたのでしょうか?

アバーフォースが両面鏡を持っていた理由について、こちらも映画では描写がありませんが、原作ではしっかりと解説されています。

 

遡ること『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のこと。

ホグズミードに行ったハリーたちは、そこである人物を見つけます。

それは、マンダンガス・フレッチャー。

マンダンガスは、シリウス亡き後、勝手にグリモールドプレイスに入り込み、シリウスの自宅にあった金目のものを全て売り払っていたのでした。

 

その現場を目撃したハリーは激怒。

シリウスは遺言でハリーにグリモールドプレイスを遺すと言っていたので、あの館はハリーの物になっていました。

 

と、その話は置いておいて、『両面鏡』も、マンダンガスが勝手に持ち出していたため、マンダンガスが持ち出した『両面鏡』を、アバーフォースは金を出して買ったのでした。

 

ダンブルドアから両面鏡について聞いていた

アバーフォースは兄であるアルバス・ダンブルドアが死ぬ前に、『両面鏡』の存在について知らされていました。

そのため、いざという時にハリーを守るため、『両面鏡』をマンダンガスから買い、手に入れることにしたのです。

こういった背景から、アバーフォースは『両面鏡』を持ち、ハリーの様子を伺っていたのです。

アバーフォース・ダンブルドアについて

アバーフォースについて知らない人のために、アバーフォース・ダンブルドアについても解説しておきますね。

アバーフォース・ダンブルドアは、アルバス・ダンブルドアの弟で、アリアナ・ダンブルドアの兄。ダンブルドア家の次男ということになります。

 

アルバスとアバーフォースはアリアナの死を巡って険悪になり、その仲が改善することはありませんでした。

と言われることもあれば、その後関係が改善し、周囲にバレないようにアルバスに協力していたと言う説もあります。

アリアナの死についてやダンブルドア一家についてはこちらの記事で解説しています。

 

アバーフォースはホグズミード村の『ホッグズ・ヘッド』というバーのバーテン&オーナーになり、ヴォルデモートが勢力を伸ばしていた頃(ハリーの両親が殺された年代)に『不死鳥の騎士団』に入団しています。

アバーフォースに関しては、「戦いから逃げた」と言われていますが、アバーフォースはヴォルデモートが勢力を伸ばす中、真っ向から戦っても勝てないと悟り不死鳥の騎士団での活動からは抜けていました。

 

アバーフォースは現実主義者的なところがあり、アルバス・ダンブルドアに対して忠実なハリーにも「お前は兄の何を知っている?」と言う場面もありますね。

アバーフォースの部屋には妹のアリアナの肖像画があり、アリアナがネビルをホグワーツに呼びに行くシーンもあります。

ハリーポッターシリーズの映画や本を無料で見る方法

ハリーポッターシリーズを視聴したい方のために、無料で視聴できる方法をご紹介します。

『ハリーポッター』シリーズを無料視聴したい方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね!

『ハリーポッター』シリーズを全作品無料視聴する方法はこちら

 

さらに、『ハリーポッター』の原作本を無料で読む方法もあります!

原作を読んでもっと深く『ハリーポッター』について知りたいという方は、こちらの記事で『ハリーポッター』の原作小説を無料で読む方法について参考にしてみてくださいね♪

『ハリーポッター』の原作小説を全巻無料で読む方法はこちら

まとめ

  1. ハリーが持っている鏡は『両面鏡』
  2. 『両面鏡』は対になっている鏡で、鏡を持っている者同士で会話などができる
  3. 元々の持ち主はシリウス・ブラックだった
  4. 鏡に映るダンブルドアのような人物は、弟のアバーフォース・ダンブルドア
  5. シリウスの館から鏡を盗んだマンダンガス ・フレッチャーから、アバーフォースが鏡を買っていた

『ハリー・ポッター』シリーズは原作小説を読んでいないと難解な部分が結構ありますよね。

『ハリーポッター』シリーズについては詳しく解説&考察しているので、その他の解説&考察記事もぜひ読んでみてくださいね!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。