ハリーポッター

ギルデロイ・ロックハートはその後どうなった?呪文で失われた記憶は戻ったの?

ギルデロイロックハートはその後どうなった?

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』に登場する闇の魔術の防衛術の教師、ギルデロイ・ロックハート。

秘密の部屋に行く際に呪文が暴発し、自らがオブリビエイトされてしまったギルデロイですが、その後はどうなってしまったのでしょうか?

今回は、ギルデロイ・ロックハートのその後について解説していきます!

ギルデロイ・ロックハートについて

まずは、ギルデロイ・ロックハートについて軽く解説していきます。

ギルデロイ・ロックハートは、クィレルの後任としてホグワーツにやってきた闇の魔術に対する防衛術の先生です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Harry Potter Filmさん(@harrypotterfilm)がシェアした投稿

 

元々は大人気作家として活躍する人物で、甘いマスクで女性ファンが多く、ロンの母であるモリー・ウィーズリーや、ハーマイオニー・グレンジャーも虜になったほど。

しかし、実際に教壇に立ってみると、全く教師としての役割は果たさず・・・。

ロンの妹のジニーが秘密の部屋に連れてかれ、助けるためにハリーとロンはギルデロイ・ロックハートを連れて3階の女子トイレへ行きますが、そこでハリーたちの記憶を消し、自らの名誉を守ろうとしたロックハートですが、ロンの杖が折れていたために呪文が暴発。

自分にオブリビエイト(忘却術)をかけ、記憶がなくなってしまいます。

ギルデロイ・ロックハートはその後どうなった?

記憶がなくなり、頭がおかしくなってしまったロックハートですが、その後どうなったのか?映画の中では一切語られていませんよね。

ギルデロイ・ロックハートのその後については、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の原作にて記されています。

ロックハートは『聖マンゴ』に入院していた

ギルデロイ・ロックハートは、記憶をなくした後、『聖マンゴ魔法疾患傷害病院』に入院していました。

実は『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』で、ロンの父が魔法省の神秘部で襲われるという事件が発生し、ロンの父が聖マンゴの病院に入院。

ハリー、ロン、ハーマイオニー、ジニーは、お見舞いの途中でお茶を飲みに行こうとしたところ、ロックハートに遭遇したのでした。

 

ギルデロイ・ロックハートは、見た目はあまり変わっておらず、白い歯を輝かせていましたが、中身は2歳くらいの子供のようになり、ハリーたちに何枚もサインを書いて渡そうとします。

癒者(魔法界の医者)は、ハリーたちがロックハートのお見舞いに来たのだと勘違いし、ロックハートの病室に4人を連れて行きます。

『ヤヌス・シッキー病棟』という長期療養のための病棟に入院しているロックハートは、ハリーたちが訪れた際に『やっと文字が書ける』状態まで回復していました。

 

本人いわく、

もう続け字が書けるようになりましたからね!

引用:『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』より

とのこと。

ちなみに、聖マンゴでハリーたちはネビルの両親にも遭遇しています。

ネビルの両親の状況についてはこちらの記事で解説しています。

ギルデロイ・ロックハートの記憶は戻ったの?

最終的にギルデロイ・ロックハートの記憶は戻ったのか?についてですが、記憶が戻った可能性は極めて低いと思いますね。

ハリーたちに会った際にもほとんど記憶は戻っておらず、小さな子供のような状態ですから、そこから読み書きができるようになって、普通に日常生活が送れるようになったとしても、かつての記憶を取り戻すことはできない状態になってしまったのだと思います。

 

まあ、と言ってもロックハートの場合は自業自得ですし、それくらいの威力のある忘却術をハリーとロンがまともに受けていたら、ハリーやロンがロックハートのような状態になったということですからね。

同情の余地はありません。

ギルデロイ・ロックハートは結局詐欺師?

最後に、結局ギルデロイ・ロックハートは詐欺師だったのか?について。

ギルデロイ・ロックハートが詐欺師か?と聞かれたら、詐欺師であると答えて間違いはないと思います。

 

ギルデロイ・ロックハートは、様々な著書を発売、ベストセラーを記録していましたが、実はそれらは全て他の誰かの功績を奪い取ったもの。

功績を奪うと、ロックハートは自分の得意な『忘却術(オブリビエイト)』をかけ、全て自分の手柄にしてしまうという悪行を働いていたのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pottermoreさん(@pottermore)がシェアした投稿

 

そもそもなんでダンブルドアはロックハートを闇の魔術の防衛術の先生として迎え入れたのか・・・というところはまあ若干謎ですが(確かクィレルが死んだことによって呪われていると噂が立ち、誰も応募してくる人がいなかった・・・とかだった気がします)

ということで、ギルデロイ・ロックハートは功績のような実力は1つもなく、ペテン師であるということですね。

ハリポタ&ファンタビの映画や原作本を無料で見る方法

ハリポタの映画を無料で見る方法
ゴマくん
ゴマくん
『ハリー・ポッター』の映画シリーズは、無料で見る方法があるよ!
ペンちゃん
ペンちゃん
ハリポタの映画って7作品あるから、無料で観れるならめちゃくちゃお得だね!

『ハリーポッター』シリーズの映画を全作品無料視聴する方法はこちら

ファンタビの映画を無料で見る方法
ゴマくん
ゴマくん
さらにさらに!新たなシリーズの『ファンタスティック・ビースト』の映画シリーズも無料で見る方法があるよ!
ペンちゃん
ペンちゃん
ファンタビはまだ観てないから、無料で見れるのは助かる!!

『ファンタビ』シリーズを全作品無料視聴する方法はこちら!

ハリポタの原作本を無料で読む方法
ゴマくん
ゴマくん
さらにさらに!なんと『ハリー・ポッター』の原作小説全巻や、続編の呪いの子無料で読める方法があるよ!!
ペンちゃん
ペンちゃん
全巻買ったら2〜3万円はするから、それが無料って超お得だね!

『ハリーポッター』の原作小説を全巻無料で読む方法はこちら

まとめ

  1. ギルデロイ・ロックハートは忘却術が逆噴射して記憶喪失となった
  2. ロックハートはその後『聖マンゴ魔法疾患傷害病院』に入院していた
  3. ロックハートの記憶は戻ることはなく、幼児並みの知能しか無くなってしまった

『ハリーポッター』シリーズについては詳しく解説&考察しているので、その他の解説&考察記事もぜひ読んでみてくださいね!

ハリポタ&ファンタビ考察まとめはこちら
ハリポタ考察

『ハリーポッター』シリーズ全作品の考察&解説記事はこちらにまとめています↓

ハリーポッターシリーズ全作品考察まとめ!伏線回収や裏設定の解説はこちら

ファンタビ考察

『ファンタスティック・ビースト』シリーズの考察&解説記事はこちらにまとめています↓

ファンタスティック・ビーストシリーズの考察と伏線回収まとめはこちら

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。