BLEACH/ブリーチ

藍染惣右介はなぜ強い?卍解が使えない理由や能力も解説!

藍染惣右介はなぜ強い?卍解が使えない理由や能力も解説!

マンガBLEACHに登場する藍染惣右介は、物語の中盤まで主人公・黒崎一護たちの前にたちはだかった強敵であり、作中のキャラクターの中で誰か最強なのかを議論する際に必ず候補に挙げられる実力者です。

しかしその強さの理由や能力については判明していない部分もいくつか残っています。
この記事では、藍染のプロフィールを紹介すると共に、その強さの理由や能力について解説します。

藍染惣右介のプロフィール

年齢不詳。誕生日は5月29日。
身長は186センチ、体重は74キロ。

死後の世界であるソウル・ソサエティで、悪霊・虚から人々を守る役目を果たしている死神の一人であり、死神の組織である護挺十三隊で十三人のトップの一人である五番隊隊長を務めていました。

人格者として部下から慕われ、教育者としても担当する講義に立ち見が出るほど高い評価を得ていた優秀な死神でした。

しかし「皆に尊敬される藍染隊長」は見せかけの姿に過ぎず、本性は目的のためなら慕ってくれた部下を使い捨てにすることも躊躇しない冷血漢でした。

藍染は百年以上前から研究のために大勢の死神を実験材料に使っており、その目的は、死神や虚を遙かに超える力を手に入れることだったのです。

周囲にいる者の願いを叶える力を持ったアイテム、『崩玉』の存在を知った藍染は、主人公・黒崎一護や他の死神たちを策略で思うままに操り、崩玉を入手することに成功します。

その後、崩玉の力で強化した虚の軍勢を支配下においた藍染は、ソウル・ソサエティの王である霊王の居城に侵入するため鍵である王鍵(おうけん)を手に入れるため、一護の住む空座町の人々を生け贄にしようと企てます。

しかし実験材料の一人と見なしていた一護が予想を超えたパワーアップを遂げたため、藍染は敗北し、力を封印された後でソウル・ソサエティの監獄『無間』へ収監されてしまうのでした。

ソウル・ソサエティの崩壊をもくろむラスボス・ユーハバッハが攻勢をかけてきた物語の最終章では、藍染は一時的に封印を解かれ、一護と共にユーハバッハと戦っています。

藍染惣右介はなぜ強いのか?

超隊長級の実力

崩玉を手に入れた藍染は、一護たちとの戦いの中で徐々に進化を遂げます。

しかし崩玉を手に入れる以前から、藍染は非凡な実力の持ち主でした。
崩玉を奪い、ソウル・ソサエティを去る直前に、藍染は護挺十三隊の隊長二名を簡単に倒しています。
修行の結果、隊長と同等の力を手に入れていた一護でさえ、藍染に全く歯が立ちませんでした。
この時点の藍染はまだ崩玉を取り込んでいないため、崩玉なしでも同僚の隊長格をはるかにしのぐ力を身につけていたことが判ります。

最初から強かった?

こうした驚異的な強さを藍染はどこで手に入れたのでしょうか。

藍染の強さの理由は、物語の中で全く語られていません。

しかし一護は藍染に勝利した直後、刃を交える中で藍染の孤独のようなものを感じ取れたと語っています。

飛び抜けた才能を持っていた藍染は、だからこそ周囲に対して孤独を感じており、対等な理解者を求めていたのではないか、と一護は推察しているのです。

この想像が正しかったとすれば、藍染は「理由のない強者」だったと考えられます。
理由があったり、努力の末に力を手に入れたのなら、その理由を取り除いたり、修行を途中で止めれば理解者が得られるかもしれないからです。

強いことに理由のない生まれつきの天才だったからこそ、藍染は孤独から逃れられず、悪行に走ったのだとも思われます。

藍染惣右介は実は卍解を使えない?

卍解を使わなかった藍染

死神の武器である斬魄刀は、持ち主が厳しい修練を重ねることで『始解』『卍解』という二段階のパワーアップを果たすことが可能です。

護挺十三隊の隊長たちや一護は物語の中でこの卍解を披露しているのですが、藍染は始解を使用したのみで、卍解を使用するシーンは一度もありませんでした。

天才であるはずの藍染が、なぜ卍解を一度も見せなかったのでしょうか。理由について考察してみます。

藍染は卍解を使用できない説

斬魄刀は死神にとって分身のような存在であり、始解や卍解を会得するためには、それぞれの死神が自分の精神世界の中で、斬魄刀の化身と対話を重ねる必要があります。

一護が推測したように、強大な力を求めていたはずの藍染が本当は孤独を抱えていたとするならば、藍染は自分の精神世界の中で斬魄刀との対話をきちんと済ませていなかったのかもしれません。

つまり藍染は卍解を使わなかったのではなく、そもそも会得していなかったとも考えられます。

使用する機会がなかった説

もう一つ考えられる可能性が、「物語の中で使う機会がなかった」というものです。

本編では様々な斬魄刀が登場しましたが、能力が戦闘向けではない斬魄刀や、始解と卍解で機能が大きく異なっている斬魄刀もいくつか見受けられます。

また能力が仲間や周囲を巻き込むような内容であるため、使用する状況が限られているような斬魄刀も登場しました。

藍染の斬魄刀の卍解もそういう種類のもので、本編ではたまたま使用できる機会がなかったとも考えられます。

藍染惣右介の能力を解説!

基本的な戦闘能力

上でも説明しましたが、藍染の戦闘力は死神の中でも突出しています。

霊圧(死神などの持つ霊力の強さ)は通常の隊長の二倍を超えているようです。

ただしあらゆる神の中で最強というわけではなかったらしく、護挺十三隊の総隊長である山本元柳斎重國と対戦した際は、なるべく山本の全力を発揮できないよう配慮しながら戦っています。

完全催眠

藍染の代名詞とも言える能力が完全催眠です。

これは藍染の斬魄刀・鏡花水月(きょうかすいげつ)の能力で、対象の五感や霊感を自在に操作して幻覚を見せることが可能です。

催眠にかける条件は相手に鏡花水月の始解の瞬間を見せること。
物語序盤~中盤にかけての藍染は、この催眠能力を駆使して、ソウル・ソサエティの中で暗躍していました。

鬼道

死神は斬魄刀を振るって戦うだけではなく、鬼道(きどう)という魔法のような力を使うことも可能です。
死神の中でも鬼道に向いている死神とそうでない死神がいるようですが、藍染は鬼道の才能にも恵まれています。

たとえば同じ隊長格の狛村左陣(こまむらさじん)と戦った際は、鬼道「黒棺」を使用するだけで狛村を倒しています。

ちなみに鬼道は呪文のようなものを詠唱して発動させる仕組みになっているのですが、
黒棺を使用する際、藍染は詠唱を省略して発動させています。鬼道は詠唱を破棄すると
威力が低下したりそもそも発動しなかったりするようですが、藍染は高度な鬼道である黒棺も難なく発動させています。

その他には、敵の鬼道を無効にする『断空』や、作中で登場した鬼道の中では最大級の破壊力を持つと思われる『五龍転滅』といった鬼道も使用しています。

カリスマ性

ある意味完全催眠や戦闘能力より厄介なのが、藍染自身の人望です。

藍染は護挺十三隊の中で自分の本性をほとんど完璧に隠し通していました。最低でも百十年以上前から、同僚の死神を実験台にするような悪行を繰り返していたのですが、実験台にされた死神を除いて、誰も藍染を疑うことはなかったのです。

偽りの自分を造り上げ、さわやかな弁舌で他人を操作する要領のよさこそが、藍染が長期間にわたって悪事を重ねることができた最大の要因なのかもしれません。

崩玉による進化

ただでさえ実力者だった藍染ですが、手に入れた崩玉を体内に取り込むことでさらなる進化を遂げました。これは願いを叶える力を持つ崩玉が、藍染の意志に応えた結果だと思われます。

パワーアップを繰り返した藍染は、不死身に近い肉体となり、彼を倒した一護も命を奪うことはできなかったくらいです。

しかし肉体が強化されるに従って、藍染はそれまでの冷静沈着さを失い、最終的には自分の力に溺れるような精神状態になってしまいました。

冷静さを失ってしまったことが一護に敗北した理由の一つとも思われるので、崩玉に頼りすぎたことは、藍染にとって失敗だったのかもしれません。

藍染惣右介の過去や生い立ちは?

藍染の出身地がどこで、何歳なのか、親兄弟がいたのかなどは、物語の中で一切明かされていません。
ただし推測することは可能です。

ソウル・ソサエティは貧富の差が大きい社会ですが、基本的に死神の階級は実力主義であるため、護挺十三隊の中には名家出身の隊士も卑賤出身の隊士も混ざっています。名家出身の死神の場合、物語の中で「あの○○家の~」と言及されていますし、卑賤出身の場合も「貧しい出身から出世した~」というような言い方で語られています。

ところが、藍染の出身については全く語られていません。

これは藍染が名家でも卑賤でもない、中くらいかつ、平凡な家庭の生まれだからではないでしょうか。

物語序盤~中盤にかけての藍染は、穏やかな笑顔を浮かべる温厚なマイホームパパのような風貌でした。

藍染が特別な生まれではなく、平凡な環境で偶然生まれた怪物のような存在だったすれば、彼にふさわしい外見だったのかもしれません。

『BLEACH』のアニメや漫画を無料で見る方法

ゴマくん
ゴマくん
久しぶりに『BLEACH』のアニメを見たいな〜!
ペンちゃん
ペンちゃん
『BLEACH』のアニメは、動画配信サービスの無料トライアルを利用すれば完全無料で見れるよ!しかも、今までNetflixでも配信されていなかった206話以降も視聴する方法もあるよ♪

『BLEACH』のアニメを無料で見る方法についてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね↓

無料で『BLEACH』のアニメを視聴する方法はこちら

『BLEACH』の漫画を無料で読む方法はこちらの記事で解説しています↓

無料で『BLEACH』の漫画を読む方法はこちら

まとめ

  1. 藍染惣右介は才能に恵まれ、皆に慕われる死神だったが、さらなる力を求めてソウル・ソエティを裏切った
  2. 黒崎一護に敗北して収監された後、ラスボスとの戦いでは一護の味方をしている
  3. 強大な力を持っていた理由は明らかになっていないが、強さに理由のない天才だった可能性が高い
  4. 他の死神をはるかに凌ぐ戦闘力の他に、完全催眠や鬼道といった多彩な能力に恵まれている
  5. 優秀な死神が使用できる斬魄刀の『卍解』を作中で披露していない。斬魄刀との対話が足りなかったか、使用する機会がなかったことが理由と思われる
  6. 過去や生い立ちも一切明かされていない。名家でも卑賤でもない、平凡な出自かもしれない

物語の最終章がアニメ化されることが決定したBLEACH。最終章には藍染が登場するシーンもありますので、放映を楽しみに待ちましょう!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。