BLEACH/ブリーチ

藍染惣右介の復活の可能性は?刑期や生きているのか考察!

藍染惣右介の復活の可能性は?刑期や生きているのか考察!

藍染惣右介(あいぜん そうすけ)はマンガBLEACHに登場する人気キャラクターの一人であり、読者に強い印象を残した登場人物です。

物語の中盤から後半にかけて主人公・一護に立ちはだかった強敵であり、最終章でも出番は少ないながらも美味しい場面で活躍しました。

この記事では、藍染のプロフィールと、最後に果たした役割、今後続編などが製作された場合に再登場したり復活したりする可能性があるか等を考察して行きます。

藍染惣右介のプロフィール

身体的特徴など

出身階級不明。
年齢不詳の5月29日生まれ。
身長は186センチ、体重は74キロ。

ウェーブのかかった髪を左右に分け、眼鏡をかけていましたが、後に眼鏡を取り、髪をオールバックに上げました。

一人称は「僕」もしくは「私」
好きな食べ物は豆腐、苦手な食べ物はゆで卵です。

経歴

物語前半では、死後の世界であるソウル・ソサエティで悪霊・虚(ホロウ)を退治する役目を果していた死神の一人でした。
死神が集まる護挺十三隊の五番隊隊長であり、百十年前は当時の隊長だった平子真子の元で、副隊長として働いていました。

温厚な人柄で大勢の隊員から尊敬され、教育者としても高い評価を得ていた藍染でしたが、それらの顔はすべて見せかけで、本性は目的のためには手段を選ばない冷酷な性格でした。

近くにいる者の願望を叶える『崩玉』というアイテムの存在を知った藍染は、入手するための策を巡らせ、ソウル・ソサエティが混乱に陥ったことに乗じて崩玉を奪い去ります。その際、自分に心酔していた副隊長の雛森桃を躊躇することなく刺し貫くなど、冷血ぶりを露わにしました。

その後、虚の住む世界である虚圏(ウェコムンド)の王となった藍染は、ソウル・ソサエティの支配者である霊王が住む領域へ侵略を企てます。しかし急成長を遂げた主人公、黒崎一護の力に対応しきれず、敗北した後に力を封印されてしまうのでした。

卓越した戦闘力と完全催眠

護挺十三隊の隊長たちはそれぞれ一般の死神をはるかに凌駕する戦闘力を備えていますが、藍染は彼らをも超える実力を身に付けています。

他の隊長の二倍以上の霊力を隠していた藍染は、ソウル・ソサエティに反逆した後、死神たちを大いに苦しめました。

また死神の武器である斬魄刀には特殊な能力が備わっているものもありますが、藍染の斬魄刀、鏡花水月(きょうかすいげつ)には完全催眠の能力が隠されていました。

これは鏡花水月の始解(力を解放する最初の段階)を見たものは五感などを完全に支配されてしまうというもので、敵対した者達はこの完全催眠にも翻弄されています。

藍染惣右介の最後の結末

一護に敗北した後、ソウル・ソサエティで幽閉されていた藍染でしたが、物語のラスボス・ユーハバッハと一護が戦う際、幽閉を解かれて最終決戦に参加しています。

その際の藍染の働きぶりは、読者に鮮烈な印象を残すものでした。

ユーハバッハは『全知全能(ジ・オールマイティ)』という能力を持っています。
これは未来に起こる全ての出来事を見通し、見通した出来事を改変することができるという強力な力で、ほとんどの攻撃は通用しないことになってしまいます。

この『全知全能』に対抗できる数少ない手段こそが、藍染の鏡花水月による完全催眠でした。

上で説明したように、完全催眠を使用するためには始解を見せる必要があります。

ユーハバッハは未来の全ての可能性を見通すことができるため、その未来の中には「鏡花水月の始解を目にする未来」も含まれてしまいます。

つまりユーハバッハには、最初から藍染の完全催眠を使用する条件が成り立っているのです。

完全催眠に惑わされたユーハバッハは一護の姿になった藍染を一護と思いこんで攻撃してしまいます。藍染のこの行動が、ユーハバッハを打倒する糸口を開いたのでした。

勝利に貢献した藍染でしたが、最終決戦を終えた後は再び幽閉されています。

藍染惣右介の刑期は?

藍染はソウル・ソサエティの重鎮である中央四十六室の面々を大量殺戮したため、本来なら死罪が適用されるはずでした。

しかし崩玉を体内に取り込んでいた藍染は不死身になっていたため、死刑にはかけられず、『無間』と呼ばれる監獄に収監されることになります。刑期は一万八千八百年という膨大なものでしたが、藍染は判決言い渡し時にも四十六室の人々を嘲笑したため、刑期を二万年に延長されてしまいました。

この時点から物語の最終章までに約二年が経過しており、さらに最終話ではそれから十年経っているため、藍染が正式に放免されるのは、最低でも一万九千九百八十八年後ということになります。

藍染惣右介は生きている?

ユーハバッハとの戦いから十年が経過した物語の最終話でも藍染は登場しています。

死が存在しない世界を造り上げ、人々を恐怖から救いたかったというユーハバッハの言葉に対して、死の恐怖に立ち向かう人間の精神こそが「勇気」であり尊いものだと述懐しているのです。

拘束された姿で暗闇にいることから、十年経っても刑期の通り幽閉され続けているものと思われます。

その姿は十年前と変化していません。元々死神は年老いる速度もゆっくりであるようですが、崩玉を取り込み、不死身に近い存在になった藍染は、このまま永久に変化せず生き続けるのかもしれません。

藍染惣右介がその後復活する可能性は?

続編などが製作された場合、幽閉されている藍染が、再び外へ出てくる可能性や、一護たちの敵となって立ちはだかる展開はあり得るのでしょうか?

ユーハバッハとの戦いで戦力不足を補うため藍染の幽閉を解き、封印されていた力を一時的に解放したのは、護挺十三隊の総隊長に就任していた京楽春水でした。

京楽はその後も総隊長を務めている様子なので、ユーハバッハ戦のように、戦力不足に陥った際は、同じように藍染を参戦させるという判断を下す可能性は高いと思われます。

また藍染の刑期は二万年という膨大なものですが、無限ではないため、続編の舞台がはるか未来の時代になるような設定だった場合、出獄している藍染が登場するかもしれません。

未来の藍染が、どのようなスタンスになっているかは想像が困難です。

ただ、一度一護に敗北した後の藍染は、それまで以上に達観したような態度が目立っており、他者を認める余裕が生まれているようにも思われることから、敗北前のように世界を支配したいというような欲求は薄れてしまったのかもしれません。

どのような形で再登場するとしても、藍染が敵方に回るような展開にはならないように思われます。

『BLEACH』のアニメや漫画を無料で見る方法

ゴマくん
ゴマくん
久しぶりに『BLEACH』のアニメを見たいな〜!
ペンちゃん
ペンちゃん
『BLEACH』のアニメは、動画配信サービスの無料トライアルを利用すれば完全無料で見れるよ!しかも、今までNetflixでも配信されていなかった206話以降も視聴する方法もあるよ♪

『BLEACH』のアニメを無料で見る方法についてはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね↓

無料で『BLEACH』のアニメを視聴する方法はこちら

『BLEACH』の漫画を無料で読む方法はこちらの記事で解説しています↓

無料で『BLEACH』の漫画を読む方法はこちら

まとめ

  1. 藍染は優秀な死神だったが、組織を裏切って強大な力を手に入れようとした
  2. 他の死神をはるかに超える戦闘能力と、相手を支配する完全催眠の能力を持っている
  3. 主人公・黒崎一護に敗れ、二万年の刑期で収監されている
  4. ラスボス・ユーハバッハとの戦いで完全催眠を活用して勝利に貢献した
  5. 物語の続編がある場合、状況によっては再び登場するかもしれない

BLEACHは唯一映像化されていなかった最終章のアニメ制作が決定しています。
終盤で藍染が活躍するシーンは物語の見所の一つです。アニメでどのように再現されるのか、楽しみにしていましょう!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。