芸人

吉本興業は給料未払いのブラック企業でやばい?ギャラが低すぎる理由はなぜで今後契約書は作成される?

吉本興業、『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』に所属するタレントの11人が反社会的勢力の忘年会に参加し、金銭を受け取ったとして謹慎処分となりました。

 

普段テレビを見ている私たちとしては、とても衝撃的なニュースでしたよね。

謹慎処分になった芸人さんたちがみんな有名な方達ばかり・・・。

 

しかし、今回謹慎処分となった芸人さんたちに同情的な声も上がっています。

というのも、吉本興業が給料が未払い、ギャラが低すぎるなどのブラック体制が根付いており、当たり前にテレビ出演、営業を行っていても稼げないというのが実態だという噂が・・・。

 

吉本興業は給料未払いのブラック企業なのでしょうか?

また、吉本興業のギャラが低すぎるのはなぜなのか?

交わされていなかった契約書は今後作成されるのか?

などについて調査してみました!

吉本興業で謹慎処分になった11人は誰?

まずは、今回問題となった反社会的勢力の忘年会に参加したとされる芸人11人について。

 

反社会的勢力のパーティーに会社を通さず芸人を出席させる「闇営業」をしたとして、お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さん(42)が所属の吉本興業との契約を解消された問題で、吉本は24日、パーティーに出席していた宮迫博之さん(49)=雨上がり決死隊、田村亮さん(47)=ロンドンブーツ1号2号=ら所属芸人11人を謹慎処分にしたと発表した。人気芸人の処分により、劇場の出番変更だけでなく、テレビ局も番組の差し替えなどを迫られることになりそうだ。

 謹慎処分になったのは、宮迫さん、田村さんの他、レイザーラモン・HGさん(43)、ガリットチュウ・福島善成さん(41)、くまだまさしさん、ザ・パンチ・パンチ浜崎さん(38)、天津・木村卓寛さん(43)、 ムーディ勝山さん(39)、2700・八十島宏行さん(35)、2700・常道裕史さん(36)、ストロベビー・ディエゴさん(41)。

 宮迫さんらはこれまで、パーティーに出席したことは認めたものの、反社会的勢力とは知らなかった、ギャラはもらっていない、と主張しており、吉本は厳重注意処分としていた。だが、その後の調査で、ギャラを受け取った事実があったと吉本は認定した。宮迫さんらも受け取ったことを認めた。

出典:https://mainichi.jp/articles/20190624/k00/00m/040/101000c

 

今回の問題は、お笑い芸人で同じく吉本興業所属のカラテカ入江さんを中心に、振り込め詐欺などを行う反社会的勢力の忘年会に参加し、ギャラとして金銭を受け取ったことが問題とされています。

 

カラテカ入江さんについては問題の中心人物だったという事で契約解除。

さらに、参加した吉本興業の芸人11人は無期限の謹慎処分となりました。

 

謹慎処分になったのは、

  • 雨上がり決死隊・宮迫博之さん(49)
  • ロンドンブーツ1号2号・田村亮さん(47)
  • レイザーラモン・HGさん(43)
  • ガリットチュウ・福島善成さん(41)
  • くまだまさしさん
  • ザ・パンチ・パンチ浜崎さん(38)
  • 天津・木村卓寛さん(43)
  • ムーディ勝山さん(39)
  • 2700・八十島宏行さん(35)
  • 2700・常道裕史さん(36)
  • ストロベビー・ディエゴさん(41)

ら11人。

 

さらに、ワタナベエンターテインメントに所属する『ザブングル』の2人も参加しており、『ザブングル』の2人もワタナベエンターテインメントの判断で謹慎処分となっています。

吉本興業は給料未払いのブラック企業なの?

そんな今回の”闇営業”の問題ですが、吉本興業で闇営業が行われた背景には、吉本興業のブラック体制が原因なのではないかと言われています。

 

まず囁かれているのは、吉本興業の給料未払いの問題です。

 

吉本興業は給料未払いのブラック企業なのでしょうか?

 

調べてみたところ、ある吉本興業所属の芸人さんのインタビューにて、こんな内容が語られていました。

――それでは収入の見通しを立てられず、生活が不安定になるのでは?

X だから、若手時代は必死にバイトをしていましたね。というか、スタート時にギャラが安いのはごく当たり前の話なので、それは仕方がないのですが、どうしても許せないことがあります。それは、マネジャーが請求書を処理してくれないことです。

――実働した分のギャラを、仕事先に請求してくれないということですか?

X はい。もちろんまったく行わない、というわけではないのですが、仕事が重なって忙しいマネジャーや、タレントとコミュニケーションがうまく取れていないマネジャーなどは、いくら催促しても請求書を出してくれないんです。当然、入金処理がなければノーギャラですよ。

――それは、Xさんの場合どれくらいの金額になりますか?

X 細かいものは数えるのもバカらしいですが、過去5年を遡っても、数十万単位、ヘタすれば100万円以上の金額になると思います。そこから吉本の売り上げ、芸人のギャラが生まれるわけで、つまり彼らは会社の利益を完全に損なっています。自分(マネジャー)の給料には反映されないかもしれませんが、商品であるタレント、さらには会社にまで被害を出すことが、平然とまかり通っているんです。

出典:https://www.cyzowoman.com/2018/01/post_168856_1.html

なんと、働いた分の給料の請求を事務所側にしてくれない、経費として利用した領収証の請求も行われていないというのです。

 

マネージャーは吉本興業の社員ですから、マネジメントを仰せつかっている以上、請求業務は仕事の一環。

必ず行わなくてはいけない仕事。

にも関わらず、マネージャーの請求漏れによって働いた分のギャランティすらもらえないということがあるのだそう。

 

――ちょっと理解に苦しみますが、なぜマネジャーは請求を行わないのでしょうか?

X 単純に忙しい、という部分はあると思います。ただ、すぐに清算できるはずの領収書さえ、机の中にしまいっぱなしという方が何人もいるのが、とにかく許せない。真面目な若手は「タテついて干されたら困る」と、泣き寝入りする者も多くいます。自分はすでに、マネジャーから嫌われてもいいと諦めていますが。

出典:https://www.cyzowoman.com/2018/01/post_168856_1.html

 

さらに、マネージャーが請求業務を行わない理由として、”忙しい”という理由もあるようですね。

 

また、マネージャーに楯突くことでテレビや営業の仕事を回してもらえなくなるという実情もあるようです。

 

う〜ん、これってかなりやばい状況ですよね。

 

請求が行われなければ、実質給料未払いということと一緒だと思います。

 

だって、自分が働いて稼いだ分、1銭ももらえないんですから・・・

 

普通の会社だったら労働基準法違反で罰せられますよね。

 

ただ、それがまかり通るのは、芸人やタレントなどの芸能人は基本的に『個人事業主』だからということがあります。

 

社員として会社に所属しているわけではなく、一個人事業主として吉本興業にマネジメントを依頼して、その代わりにギャランティを分け合うという形式なので、たとえお金が支払われていなくても、それは会社の問題ではなく事業間(吉本興業と芸人の間)の問題ということになってしまいます。

 

吉本興業のブラック体制については前々から問題視されていましたが、数々の芸人さんも給料未払いについて言及されているようです。

 

マネージャーが”忙しい”というのも、慢性的な人手不足とも捉えられますし、やはり吉本興業がブラック企業、ブラックな体制であることは否定できないのではないでしょうか?

吉本興業のギャラが低すぎる理由はなぜ?

吉本興業に給料やギャラの未払いがあるという情報について解説しましたが、吉本興業には『ギャラが低すぎる』という問題もあり、度々テレビなどで芸人さんたちも触れられていますよね。

 

吉本興業のギャラが低すぎる理由や原因はなぜなのでしょうか?

 

吉本興業のギャラが低いと言っても、具体的にいくらくらいなのか?気になる方も多いですよね。

 

調べてみたところ、吉本興業と契約している芸人さんたちのギャラの取り分は、

 

9:1

 

と言われています。

 

9が芸人さん・・・ではなく、吉本の取り分です。

 

芸人さんは1しかもらえません・・・。

 

先ほどの芸人さんも、インタビューでこう語っています。

――まず初めに、本当に吉本のギャラは安いのですか?

X氏(以下、X) ギャラの取り分は、有名な話ですが、吉本9割、芸人1割からスタートするので、安いでしょうね。業界最底値(笑)。

――歩合制の比率は、実績や年数に応じて変わる?

X もちろんそれはあります。また、CMや雑誌など、仕事先によっても取り分が変わるようですが、吉本から詳しい説明はありません。銀行で記帳して初めて「ああ、これだけ稼いでたんだ」とわかります。

 

9割吉本興業に持っていかれる・・・やばいですよね。

 

だって、100万円のギャラだったとしても、吉本に90万円、芸人さんに10万円しか入ってこないということですよね。

 

さらに、テレビに出演している芸人さん、そしてその奥さんたちも、吉本興業のギャラの低さには驚いていると言います。

 

たとえば、品川庄司の庄司智春さんとご結婚された、元モーニング娘。の藤本美貴さん

 

藤本美貴さんが夫の庄司智春さんの給料明細を見ると、そのギャラの低さに驚いたのだそう。

もちろん藤本美貴さんもタレントとして活動されていますから、自分の事務所のギャラの取り分と比べて低すぎると感じたのだと思います。

番組では、「名言・珍言ゆうとっtter」のコーナーで、リスナーから届いた藤本の発言を取り上げた。それによると、藤本は庄司と同じ番組で共演した後、給与明細でギャラを確認し「吉本って、本当に9対1なんだ。同じ番組だったら、私のほうが多い」と言ったのだとか。

庄司は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属しているが、藤本は、アップフロントプロモーションに所属している。そのため、藤本は給料体制の違いに驚きを隠せなかったようだ。

この珍発言が読みあげられると藤本は大ウケしながら、庄司は、藤本の給与明細を見ていないため、そのことにも気づいていないのだと明かした。藤本は「ウワサで(よしもとは)『9対1』って言ってるけど、結構リアル(本当だな)って思った」と語って、笑いを誘っていた。

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/10894490/

 

同じ業界で働く藤本美貴さんが実感したくらいですから、吉本興業のギャラが9対1でしか支払われないというのはまず事実で間違い無いということですね。

 

さらに、同じく吉本興業に所属するココリコの遠藤さんの元妻の千秋さんも、フジテレビ系列の番組内でこう語っています。

 昨年、放送された『コレを言わずに年が越せるか!ぶっちゃけ告白TV! カミングアウト祭! 2013』(フジテレビ系)内で、その真相が語られている。

千秋は元夫であるココリコの遠藤章造の給料明細を見て、「吉本って本当にギャラを9割取るんだなと思った」という。

出典:https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201403_post_3846/

 

同じ業界で働いている人から「少ない」と言われるくらいですから、吉本興業のギャラはかなり低いんでしょうね。

 

吉本興業の人気芸人のギャラはいくら?

ただ、売れない芸人さんや駆け出しの芸人さんならまだしも、売れている芸人さんに対しても9対1の措置を取っているのか?というと、疑問が残りますよね。

 

たとえば、吉本興業に所属している大物、売れっ子芸人で言うと、

 

  • 明石家さんまさん
  • 加藤浩次さん
  • ダウンタウン
  • ナインティナイン
  • 千原兄弟

 

などがいらっしゃいますね。

 

特に、明石家さんまさんやダウンタウンのお2人なんかは、ご自身の冠番組もたくさんお持ちですし、かなりの売れっ子で、芸能界では大物ですよね。

 

明石家さんまさんの年収で言うと、15億円ともいわれています。

 

内訳としては、『踊る踊るさんま御殿』などのレギュラー番組1本のギャラが150万円なんだそう。

 

明石家さんまさんのレギュラー番組といえば、

 

  • 踊る踊るさんま御殿
  • ホンマでっか!?TV
  • さんまのお笑い向上委員会
  • 痛快!明石家電視台

 

などがあり、そのほかにも特番として『さんまのまんま』や『さんタク』などの番組もお持ちですよね。

 

週に4本のレギュラー番組が1月に4週分だとすると、それだけで16本の出演。

16本×150万円だとしても、2400万円にも登ります。

 

もちろんそのほかにもテレビ出演やラジオ出演などはあるでしょうから、レギュラー番組以外の収入を合わせたとしても、ものすごい金額になりますよね。

 

これが本当に”年収”として明石家さんまさんがもらっているとすれば、流石に吉本興業がここからさらに9割をせしめているとは考えにくいです。

(そうしたら莫大な金額になりますよね・・・)

 

ダウンタウンに関しては、ギャラ単価が120万円〜150万円といわれていますが、なんと『笑っていいとも!』に出演していた際にはギャラが5万円だったと発言しています。

当時について「相当尖っていた」という松本。「自分たちのことしか考えてなかったので、今の26歳の方がよっぽど大人」と振り返り、「いいとも!」については「ずっと(ギャラが)5万円でしたからね。後説あって、『増刊号』もやらされて、それも込み込みで5万円」とぶっちゃけ、笑いを誘った。

出典:https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190107/ent1901079814-n1.html

 

まあ、5万円でも一般庶民からすると数時間で稼ぐなんて大金なんですが・・・。

 

とまあ、これらのことを踏まえると、吉本興業の芸人さんでも、ある一定の人気や知名度、そして地位や権力を持つようになれば、ギャラの取り分が増えるのでは無いでしょうか?

 

じゃなければ、明石家さんまさんやダウンタウンのお2人なんかは、とっくの昔に事務所を退社してそうですよね・・・^^;

 

流石に吉本興業でも、売れている芸人さんを逃したくは無いでしょう。

吉本興業のギャラが低い理由は?

ですが、なぜ吉本興業のギャラはここまで低い取り分になるのでしょうか?

 

その理由について考えてみましたが、やはり1番に言えることは、吉本興業の事務所の規模や力ではないでしょうか?

 

吉本興業と言えば、一般人でも知らぬ人はいないほどの有名な事務所ですよね。

 

芸能界って特殊な世界ですが、やはり所属事務所の後ろ盾あってこそのタレントなので、なかなかフリーでのし上がっていくのは大変な世界です。

(武井壮さんなんかは事務所に所属していないのでかなり稼いでいるみたいですが・・・)

 

まあこれはあくまで憶測的な話ではありますが、芸能界って基本”コネ”ですよね。

 

実力がまかり通る世界ではないと思っています。

 

現に、実力もない二世タレントが次々とテレビドラマや映画、バラエティ番組に出演、さらには歌まで出す始末。

 

これじゃあ本気で芸能界に入りたい、俳優になりたいと頑張っている人の努力がバカバカしく感じられてしまいます。

 

それくらい、芸能界というのはコネや権力に塗れている世界だと思います。

 

もちろん、最終的には努力や実力が評価されるとは思いますが、それは知名度あってこその話。

 

知名度がなく、テレビなどへの露出がなければ、実力を評価してくれる視聴者や一般市民の目に触れることもありません。

 

そういう背景があって、民放局や広告代理店へのコネがある大きな事務所に所属することで、タレントや芸人さんたちが表舞台に立つことができるというわけなんですね。

 

吉本興業は芸能界でもトップクラスの有名事務所ですから、やはり有名になりたい芸人さんたちは吉本興業に所属して、有名になれるように頑張るわけですよね。

 

吉本興業的には、事務所の維持やマネジメントのためにお金をかけているわけだから、芸人のギャラの取り分を9対1にしても当然、という考えなのかもしれません。

 

現に、そんな実情があるにも関わらず、吉本の養成所から吉本興業に所属する芸人さんは後を絶ちませんよね。

 

それくらい、芸能界では影響力のある事務所ということは間違いなく、他の事務所に所属するよりも、吉本興業に所属することのメリットが大きいというのはあるのだと思います。

 

また、先ほど挙げた明石家さんまさんやダウンタウンさんなどのほかにも、吉本興業には有名芸人さんがたくさん所属していらっしゃいますよね。

 

そういった先輩芸人さんに気に入ってもらうことで、コネや人脈を広げて仕事をもらうということもできるのかな?と思いました。

吉本興業と反社会的勢力の関係はある?

そんな吉本興業ですが、今回反社会的勢力に対する闇営業が明るみに出たことで、こんなうわさも囁かれているようです。

 

それは、

吉本興業自体が反社会的勢力と関係しているのでは?

という噂です。

 

というのも、以前吉本興業に所属していたあの大物司会者:島田紳助さんも、かつて暴力団関係者との繋がりがあるとのことで世間を賑わせ、そのことをきっかけに芸能界を引退されました。

 

島田紳助さんは、報道がある前から週刊誌などに暴力団関係者との繋がりに関して報じられていたこともあり、芸能界の闇を感じましたよね。

 

吉本興業に限らず、芸能界という特殊な世界では、そういった反社会的勢力との繋がりを持っているとよく報じられています。

さらに、ここには記載できませんが、現在活動しているタレントさん、女優さんの父親などの親族でも、そういった暴力団関係者が居るという情報も。

 

これらのことを踏まえてみても、芸能界自体が”クリーンな印象”には遠く及ばないですよね。

 

吉本興業の歴史は古く、その中で暴力団関係者との繋がりを報じている記事もあります。

今からおよそ100年前に当たる大正初期、港湾労働者を集めて山口組を組織した春吉は、対立していた労働者組織の瓦解や三菱商船などとの大口契約という幸運に恵まれ、一気に組織の規模を大きくした。ついに神戸港の顔役にまでなった春吉は、日々過酷な労働を続ける労働者をねぎらうため、浪曲や漫才といった寄席を開くことを決めた。その依頼先が同じ関西圏で勢力を伸ばしつつある吉本興業であったのは言うまでもない。

出典:https://www.excite.co.jp/news/article/Menscyzo_7894/

 

記事の真偽については100年前のことなので確かめようがありませんが、可能性としてはあると思います。

 

というのも、やはり娯楽というのは私たちの生活にとって切っても切れない関係にありますし、当時はテレビやスマホなんてありませんから、実際にその場に赴いて芸を披露するというのが一般的ですよね。

 

また、現代ではほとんど聞かなくなりましたが、昔は土地や地域を守っているのが現在の暴力団関係者だったという通説もあります。

 

例えば、その土地で商売をするためにはその土地を守っている暴力団関係者の許可を得る必要があるとか、みかじめ料を支払うとか、そういうものですね。

 

一般庶民も、自分たちの土地で安全に商売ができるように、みかじめ料を支払って守ってもらっていたというわけです。

 

現代はそういった事例も少なくなりましたが、一般市民と芸能界は、これまた違う世界ですから、芸能界の場合はそういった繋がりがないとは言い切れないところがあると思います。

 

まあ、現在は色々とコンプライアンスが厳しくなっていますから、吉本興業に限らず、芸能事務所と反社会的勢力の繋がりというのは無いとは思いますが・・・

 

ですが、最近多くなった覚醒剤や麻薬所持で逮捕される芸能人。

その裏にも、そういった反社会的勢力の力が働いているとも考えられますよね。

吉本興業に契約書がないのはなぜ?

吉本興業の”闇営業”について取り沙汰されましたが、吉本興業に契約書がないということも問題視されていますよね。

 

吉本興業に契約書がない理由はなぜなのでしょうか?

 

吉本興業に契約書がないことに関しては、今回の”闇営業”が報道された際に、日本テレビ系の『スッキリ』でも、同じく吉本興業に所属する司会の加藤浩次さんや、コメンテーターとして出演するハリセンボンの近藤春菜さんも疑問の声をぶつけています。

 

近藤春菜さん曰く、「事務所(吉本興業)と契約書を交わしたことはない」と語っています。

 

近藤春菜さんや加藤浩次さんほどの売れっ子芸人でさえも、しっかりとした契約書を交わしていないというのは、会社としてどうなのかな〜と思いますよね。

 

”闇営業”という言葉が使われていますが、そもそも

「事務所を通さずに営業活動を行なってはならない」

ときちんと契約を結んでいなければ、『契約違反』にはならないはず。

 

カラテカ入江さんの契約解除に至っても、そもそも妥当な契約解除なのか?というところは疑問が残ります。

(もちろん反社会的勢力との関係云々は悪いことではありますが、事務所とカラテカ入江さんの契約上の問題について)

 

吉本興業で契約書を交わしていない理由としては、

  • 後々融通が利かないから

という理由が主な理由として考えられると思います。

 

『後々融通が利かない』というのは、契約を変更したくなった場合や、ギャラの取り分を変更したくなった場合、その他吉本興業側に不利益な契約があった場合に、契約書を交わしていることで芸人側が有利な状況になってしまうことを避けたいのかな?と思いました。

 

吉本興業の現状は、いわば『口約束』『暗黙の了解』というような状況です。

 

例えば

吉本興業を辞めたら1年間活動禁止

という決まりがあるそうです。

 

しかし、この活動休止の決まりに至っても、業界内の暗黙のルールと言いますか、きちんと契約書が交わされていないので、破っても法的にはなんら問題はありませんよね。

 

ただ、吉本興業の事務所の力があるから、他の事務所でも契約できない、テレビ局や劇場でもその芸人を使うわけにいかないという状況になる・・・・ということだと思います。

 

また、この『活動禁止』期間については、契約書を交わすことができない理由として、憲法違反になる可能性があるということも挙げられると思います。

 

何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC22%E6%9D%A1

 

国民憲法第22常にもある通り、日本国民は転居や職業の選択を自由に行うことができると定められています。

 

そのため、吉本興業の活動禁止の契約に関しては、憲法違反になる可能性があるというわけです。

 

現在は契約書がないため、実質『暗黙の了解』として行われていますが、実際に契約書を作成して契約する場合には、憲法違反になることから契約が無効となる場合があるということです。

今後の吉本興業の対応や契約書は作成されるのか?

契約書を作成しておらず、契約をきちんと交わしていない吉本興業ですが、今後吉本興業では契約書を作成することがあるのでしょうか?

 

多くの報道番組や、報道番組に出演する弁護士さんからも、「契約書を作成するべき」という声が上がっています。

 

しかし一方で、同じく吉本興業に所属する千原兄弟の千原ジュニアさんは、6月25日放送のTBS系『ビビット』にて、

「今後も吉本興業が契約書を作成する可能性はない」

と断言しています。

 

長い間吉本興業に所属して活動を行なっている千原ジュニアさんですから、おそらく事務所のことに関しても色々と理解しているのでしょうし、その肌感覚から「今後も契約書を作成することはない」と断言されたのだと思います。

 

ただ、今回”反社会的勢力”との関係ということで、かなり大きく取り沙汰されているため、吉本興業でも何かしらの対応をする必要があると思います。

 

契約書を作成するかどうかはわかりませんが、今後このような問題に発展しないためにも、契約書を作成してほしいなと、個人的には思います。

今回のまとめ

  • 吉本興業には給料未払いの問題が実際にあった
  • 吉本興業のギャラの取り分は吉本9対芸人1
  • 吉本興業と反社会的勢力の繋がりはある?
  • 吉本興業に契約書がないのは吉本興業にとって不利だから

 

以上!吉本興業の芸人が起こした闇営業、そして、吉本興業のブラック体制について解説しました。

多くの芸人さんが所属する吉本興業。

今後クリーンなイメージにしていく為にも、ぜひ契約書を作成するなど、会社として体制を整えていってほしいですね。

 

▼こちらの記事もおすすめです
あわせて読みたい
イグジットはつまらないしチャラくないけどデヴィ夫人が絶賛?コンビ仲は良いのか悪いのかとファッションもまとめ!今話題のお笑いコンビ『イグジット』 若者を中心に大人気ですよね。 そんな『イグジット』の2人は実はチャラくないし面白...
あわせて読みたい
イグジットりんたろー。は元介護士で学歴と元相方は誰?彼女や女癖が悪いし7股していた?今若者を中心に大人気のお笑いコンビ『イグジット』 そんな『イグジット』のりんたろー 。さんは元介護士? 学歴や元相方がの不祥...
あわせて読みたい
イグジット兼近の昔の職業や相方の不祥事やJOYとの確執とは?兄弟と父親についてもまとめ!今若者に大人気のお笑いコンビ『イグジット』 そんな『イグジット』のかねちーこと兼近さんの昔の職業や相方の不祥事とは? JOY...
あわせて読みたい
横澤夏子はつまらないのになぜ売れる?うざい理由や在日の噂は?今回は、映画『マンマ・ミーア!2ヒア・ウィー・ゴー』に出演し、ハリウッドデビューを果たした横澤夏子さんがつまらないのになぜ売れるの? ...
あわせて読みたい
女芸人THEW2018はつまらないし笑い声がやらせ?面白くない原因や2019は打切りの噂と評判も と言うことで今回は、2018年12月10日に放送された『女芸人No.1決定戦THE W』はつまらないし笑い声がやらせ? ...
あわせて読みたい
坂上どうぶつ王国の内容は志村どうぶつ園のパクリで出演者は誰?視聴率や感想評判も ということで今回は、『坂上どうぶつ王国』の内容は『志村どうぶつ園』のパクリ?坂上忍が出演していたコーナーはどうなる? ...
あわせて読みたい
深イイ話のナレーションの語尾がうざい?深くないしイライラする理由とは?日本テレビで毎週月曜日に放送されている『深イイ話』 そんな深イイ話が、「うざい」「深くない」「つまらない」などと言われているようで...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。