ドラマ

わた定原作小説の結末をネタバレ!ドラマの最終回予想や感想評判は?

わたし定時で帰ります
ゴマくん
ゴマくん
『わたし定時で帰ります』略して『わた定』のドラマが始まるね!
ペンちゃん
ペンちゃん
原作は小説みたいだけど、結末のラストはどうなるんだろう〜?

ということで今回は、『わた定』の原作小説の結末をネタバレ!

ドラマ版の最終回はどうなるのか予想や、感想評判についても紹介していきます!

『わた定』原作小説

2019春ドラマとしてスタートする『わた定』

吉高由里子さん主演のドラマですが、原作は朱野帰子さん原作小説の『わたし定時で帰ります』になります。

表紙的に漫画なのかと思ったら、小説だったんですね!

『わた定』のあらすじ

絶対に残業しないと心に決めている会社員の結衣。時には批判されることもあるが、彼女にはどうしても残業したくない理由があった。仕事が最優先の元婚約者、風邪をひいても休まない同僚、すぐに辞めると言い出す新人。様々な社員に囲まれて働く結衣の前に、無茶な仕事を振って部下を潰すという噂のブラックな上司が現れて――。

出典:新潮社

ドラマで吉高由里子さんが演じる主人公・東山結衣は、どんなに上司から批判を浴びても絶対に残業をせず定時で帰る女。

仕事やプライベートで様々な人たちに囲まれながら働く女性を描いた作品となっていて、共感できる部分も多いです。

ブラックな上司の登場で、結衣がどう立ち向かっていくかというところも見どころとなっています。

『わた定』原作小説の結末ラストをネタバレ!

では、そんな『わた定』の原作小説は、一体どんなラストを迎えるのでしょうか?

『わた定』の原作小説の結末をネタバレしていきます!

仕事中毒の父と仕事第一の元婚約者

主人公の東山結衣は、仕事中毒の父親の元で育ち、婚約者も仕事第一優先の男。

 

そんな環境で育った結衣は、自分は絶対にプライベートを優先すると心に誓い、どんなことがあっても残業をせず、社畜にはならない、定時で帰ることを貫いていました。

 

しかし、福永という新しい上司が現れ、結衣の生活が脅かされます。

福永は、きっちり定時までに仕事を終わらせた結衣に対して、退社ギリギリに仕事をいいつけたり、無茶な仕事を依頼して部下を潰す上司として有名だったのです。

 

さらには、

  • すぐに「仕事やめたい」と言い出す新入社員
  • 仕事が遅く、残業ばかりで次第に会社に住み着いた男性社員
  • 体調が悪くても出社する皆勤賞第一の女性社員

など、様々な人に囲まれる結衣。

結衣の新しい恋人で婚約者

元婚約者は仕事第一人間だったため、結衣が新しく恋人・婚約者として選んだのは、プライベートの時間を大切にする趣味人間の男。

しかし、選ぶ男を間違えた・・・

 

新しい婚約者は、プライベートな時間を大切にはしますが、結衣とは違った感性の持ち主で、浮世離れしすぎた性格。

結衣は新しい婚約者にも翻弄されます。(男を見る目がない・・・)

福永のやり方に物申す!!

仕事では、上司の福永のやりたい放題に耐えられなくなった結衣。

結衣は社長に時間談判しに行き、週の残業時間を定めてもらい、福永が無茶な仕事を頼めないように計らったのでした。

 

しかしそんな中、結婚前の両親顔合わせの日に婚約者・巧の浮気が発覚。

結衣は婚約者と別れることに決めます。

せっかく仕事も上手く行きはじめていたのに・・・

 

同じ職場で働く元婚約者とヨリを戻すような話にもなりますが、結局そのまま婚約者とも別れ、元婚約者ともヨリを戻さないまま、結衣はまた今日も仕事をするのでした・・・

 

ー終わりー

 

『わた定』の小説はこのようなラストで終わります。

仕事に恋に翻弄されていた結衣でしたが、結局定時で帰る姿勢は貫きながら、恋人とは上手くいかずに終わってしまいます。

 

なんだか吉高由里子さんが以前主演を務めた『正義のセ』みたいですね。

仕事は上手くいくようになるけど、恋はダメになって・・・っていう。

 

ストーリーの終わりとしては賛否両論ありますが、ハッピーエンドやバッドエンドだけが物語のラストではないので、物語の過程を楽しめれば良いのではないかと思います。

『わた定』ドラマの最終回はどうなる?

『わた定』の原作小説の結末ネタバレを紹介しましたが、『わた定』のドラマ版の最終回は、一体どんなラストになるのでしょうか?

『わたし定時で帰ります』のドラマ版の最終回を予想して行きましょう!

 

ドラマの見どころとしては、恐らく

  • 結衣の恋の行方
  • 職場の同僚や上司と向き合う
  • 働く環境について

この辺がテーマになってくると思います。

 

特に、ドラマと言えばやっぱり恋愛ですから、恋愛の要素はかなり絡めてくるのではないでしょうか?

 

また、今とても問題になっている残業などの働き方について。

 

パワハラやセクハラ、マタハラなんかのハラスメント問題も絡めてくる可能性が高いですね。

 

定時で帰るという結衣のポリシーに対する”答え”が、何かしら最終回に繋がるのではないかと思います。

この辺はドラマが放送されてみないとわかりませんが、小説よりはハッキリとわかりやすいラストになるのではないかな〜と思います。

『わた定』の感想・評判は?

最後に、『わた定』の感想・評判を紹介していきます!

女性の口コミ
女性の口コミ
何度もイライラした。結衣ではなく、福永とか、晃太郎とか、賤ヶ岳とか、三谷とか、、、もはや結衣と柊以外全員?笑 私自身は、何がなんでも定時に帰りたいというほどではないけれど、福永や晃太郎の考え方はやっぱりダメだ。そういう価値観の人間が上にいるだけでがんじがらめになる。かといって、自分が定時に帰るために仕事を下に丸投げするような腐った上司も論外。極端ではあるけど、結衣みたいな上司が一番良いんじゃないか。丸投げはしないし、定時に帰りはするけど周りのことはちゃんと見えている。あぁ働き方改革に終わりは見えない…
女性の口コミ
女性の口コミ
前から気になっていましたがドラマ化と聞いて手に取りました。ライトなお仕事小説だと思ってたので、強烈なキャラクター達が出てきて少し読むの怯みました(笑)定時で帰るのは賛成だけど、周りが残業してるのにそこを貫くのは凄い。結衣がかっこよかったです!
男性の口コミ
男性の口コミ
定時で帰るがモットーのヒロインが周囲のお仕事人間達を変えていくという話なのかと思ったら、ブラック上司のせいでどんどん定時で帰れなくなり、悲惨な状況の中、自ら体を張って戦うというかなり予想外の展開に。会社って、仕事ってなんなんだろう。どうしたら幸せになれるんだろう。働くということについて、人生について、様々に考えさせられた。戦時中の話も興味深い。恋の行方も気になりつつ、面白く読了。
男性の口コミ
男性の口コミ
仕事人間の父親が反面教師になり、何が何でも定時に退社していた結衣。発注元の会社の無理難題、無能な上司、仕事が遅い部下、仕事中毒の元婚約者などの存在により、仕事は大幅に遅れ、ついに残業せざるを得なくなる。彼女は孤立しているようで、実は周りに結構理解者がいる。無能な上司を退場させた作戦は見事。社長も中々の人物。修羅場を経験した2人は、2年前別れた時よりお互いを理解し、元の鞘に収まるのかと思いきや、やはり結婚とは別問題なのだろう。それにしても両家顔合わせの日に浮気をする巧って…
女性の口コミ
女性の口コミ
『対岸の家事』に続き、朱野さんの著作を読むのは2作目。面白いのに、途中投げ出したくなるほど結衣の同僚(特に無能過ぎるジジイ)の描写がキツかった。が、最後まで読んでスッキリ。個人的に、誰も死なず、回復不可能なまでに体を壊さず働ける環境が最重要だと思っているので、結衣の根本思想には理念としてかなり共感。登場人物が明確に描き分けられていて、現実ではそこまで極端には表れないのかもしれないが、職場の人間関係だとか身の処し方だとか、どれもこれもこういうのあるよなぁと思える。社内における女性の立ち位置問題などは特に…

『わたし定時で帰ります』の原作小説は結構好評ですね。

 

現在の働き方についての問題がしっかりと描かれていて、特に女性の共感を得られるお話なのかな〜と思います。

 

最近では残業に対しても賛否両論ありますが、それ以外にもパワハラ、マタハラ、セクハラ、そして男女平等と言いつつも、女性管理職が増えない・出産育児などで働き続けることができない問題など、様々な職場問題を抱えている日本。

 

そんな現在の日本で、なんのために働くか?どんなことが幸せなのか?

 

自分の働き方、そして周囲の人たちの働き方に対する理解を深められる作品なのではないかなと思いました。

まとめ

今回は、

  • 『わた定』の原作小説
  • 『わた定』の原作小説の結末ラストをネタバレ!
  • 『わた定』ドラマの最終回はどうなる?
  • 『わた定』の感想・評判は?

について解説しました!

4月からスタートの『わたし定時で帰ります』、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。