ドラマ

トレース科捜研の男2話あらすじとネタバレは?感想評判と考察や見逃しを無料で見る方法も【1月14日放送】

ゴマくん
ゴマくん
『トレース〜科捜研の男〜』の2話が放送されたね!
ペンちゃん
ペンちゃん
どんな展開になるのか楽しみ〜!

と言うことで今回は、2019冬ドラマとして、1月14日(月)21:00〜放送のドラマ『トレース〜科捜研の男〜』のあらすじとネタバレを紹介!

また、今後の考察やドラマの感想評判、見逃しを無料で見る方法についても紹介していきます!

 

『トレース〜科捜研の男〜』原作のネタバレや内容についてはこちらをチェック!↓

https://11kamone.com/trace-manga-4461

『トレース〜科捜研の男〜』の原作漫画を無料で読む方法はコチラをチェック!↓

https://11kamone.com/trace-manga-free-4712

『トレース〜科捜研の男〜』2話あらすじ(ネタバレなし)

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸 亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される。

事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。そのとき有里は、現場から逃走する男の姿を目撃していた。真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永 渉(篠原 篤)を拘束していた。現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。しかし、照合の結果は不一致だった。

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。

引用:フジテレビ公式

『トレース〜科捜研の男〜』2話の見逃し動画を無料で見る方法はある?

ゴマくん
ゴマくん
『トレース〜科捜研の男〜』の2話を見逃しちゃったよ〜

と言う方でも安心!

『トレース〜科捜研の男〜』2話は無料で視聴する方法があります!

『トレース〜科捜研の男〜』の2話を見逃してしまった人や、もう1度見たいと言う人は、無料で見る方法の記事を参考にしてみてくださいね↓

あわせて読みたい
トレース科捜研の男2話見逃し動画を無料で見る方法は?dailymotionやpandoraは危険!【1月14日放送】 ということで今回は、2019年1月14日よる9:00〜スタートの『トレース科捜研の男』2話を無料で見る方法について詳しく...

『トレース〜科捜研の男〜』2話ネタバレ

続いては、『トレース〜科捜研の男〜』2話のネタバレを紹介していきます。

ここからは【ネタバレあり】なので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!

大学病院の外科医・真田和寿の大学教授の就任祝いのパーティーで、真田和寿は何者かにバルコニーから突き落とされて殺害されてしまいました。

娘の友里は、逃げ去るウェイターの姿を目撃。

ウェイターの宮永渉はすぐに特定され、さらに宮永の手には大きな真新しい傷が。

 

宮永のDNAと、現場に落ちていた血痕と、被害者の衣服についていたDNAの照合を行う科捜研の真野とノンナたち。

しかし、現場に残されていた血痕・衣服についていた血痕と、宮永のDNA型は一致せず、別の人物のDNAであるということが発覚します。

 

その後の取調べで宮永は殺害を否認。

さらに現場に着いたときにはすでに真田は殺害されていたと供述します。

また、手の傷については動転していて覚えていないと発言する宮永。

警察は、証拠不十分で宮永を釈放せざるを得なくなります。

 

捜査一課長の江波は虎丸に1週間以内にホシ(犯人)を上げなければ班を解散すると脅します。

 

虎丸は焦りから、また宮永が犯人であると”勘”で断定し、捜査を進めることに。

そんな虎丸に対し、真野は「また勘ですか」と怒り・・・

 

臨場の現場でノンナが倒れてしまいます。

ノンナはワインを積み上げた棚ごと倒れてしまい、床にはワインの残骸が・・・

その場所はまだ検査をする前でした。

 

ノンナは、被害者の娘の友里の病院へ運ばれ、目を覚ましたノンナと真野は、友里に呼び止められます。

友里は父親が死んだ真相を知りたいこと、早く犯人が見つかってほしいことなどを真野に話し、捜査状況を聞きくことに。

真野は、被害者の真野和寿が、バルコニーから転落する前、バルコニーの手すりに登り、その後バルコニーの内側を向いていた状況であったことを伝えます。

「犯人と何か会話をしていた可能性があります。誰か、お父様に恨みを持つような人はいませんか?」と聞く真野でしたが、「父は、誰かに恨まれるようなことはありません」と答える友里。

 

その夜、ノンナは「もう科捜研やめたい」と、妹に弱音を吐きます。

その頃真野は、子供の頃の事件のことを思い出していました。

「お兄ちゃんは絶対に犯人じゃない!本物の犯人を見つけて!」と言う幼き日の真野。

 

翌日、ノンナはまたミスを連発し、ほかの研究員に怒られていましたが、就業時刻になり、真野はノンナを連れ出します。

その場所とは、真田の殺害現場でした。

バルコニーをまた調べ始め、今度は下に降りると、バルコニーから折り鶴が落ちてきました。

その折り鶴には、血がべっとりついていました。

 

折り鶴についていた血液は女性のものでO型の血液型。

10年以上前の古い紙で折られており、さらにその折り鶴には宮永の指紋がついていたのです。

そのことを虎丸に報告する真野とノンナ。

 

その夜、被害者の真田のお通夜に行ったノンナ。

すると、友里に話しかける女性の姿を目撃します。

「あなたに謝らなければならないことがあるの。お父さんが殺された理由について」と言うその女性。

しかし、週刊誌に囲まれた友里は、その女性を見失ってしまいます。

 

さらに、猪瀬は尾行していた宮永を見失ってしまい・・・

 

その後、友里に話を聞くノンナ。

しかし、あの女性が誰なのかわからないと答える友里。

そして、父親の遺品から妙なものが出てきたと言います。

友里は、父親の遺品から折り鶴が出てきたこと、血がついていて真っ赤だったことを伝えます。

 

翌日、友里が遺品から見つけた折り鶴を検査すると、遺品の折り鶴も同じくO型の血液で、女性のものということが発覚します。

虎丸たちは、友里に声をかけてきた女性の似顔絵を作成し、女性を探すことに。

 

虎丸は、公安の貸しがある公安の知り合いに、被害者の真田の着衣から発見されたDNAを考案のデータベースから照合しろと頼みます。

すると、岸田という男とDNAが一致。

虎丸は岸田を事情聴取しますが、岸田は犯行を否認。

さらに、血痕が付着するような傷はどこにも見当たりませんでした。

 

虎丸は、真野たちの元へやってきて、もう一度岸田のDNA鑑定をしろと言いますが、真野は「本当に傷はなかったんですか?」と聞きます。

そして、身体検査の写真を確認すると、背中に点々の赤い斑点のようなものが見つかります。

真野は、宮永がパーティー後に包帯を買った場所に血痕が残っているかもしれないこと、そして宮永の検査をしたいと言い始める真野。

さらに真野は、折り鶴に『中原』という文字を見つけ、おそらく答案用紙ということが判明したと虎丸に伝えます。

 

真野たちは、宮永が事件当日包帯を買ったという薬局を訪れます。

しかし、そこには血痕の跡が残されておらず・・・

しかし、真野は支払ったお金に血液が残されていると思い、売上金を確認します。

すると、500円玉に血液が付着しているのを発見。

 

科捜研に戻り500円玉を検査すると、その血液のDNAは宮永のものと一致。

さらに、現場に残されていた血痕と、被害者の衣服に残されていた血痕のDNAとも一致することがわかります。

「でも、これじゃあ岸田さんと宮永さんのDNAが同じってことになりますよね?」とノンナが聞くと、真野はキメラの話をし始めます。

キメラとは、特異体質のことで、1つの個体に別のDNAが存在する体質のこと。

 

宮永は、岸田から骨髄移植を受けたため、岸田のDNA型が体内に残っていたのです。

 

虎丸たちは宮永の自宅に入り、何か手がかりをつかもうとします。

すると、そこには真田友里の写真がありました。

さらに、宮永は宿直中の友里を襲おうとしているということがわかります。

 

虎丸たちが調べたところによると、やはり宮永は高校生の頃に岸田から骨髄移植を受けており、さらにその移植を受けた病院は真田和寿が勤務していた病院でした。

また、宮永が骨髄移植を受けた時期と同時期に、宮永の見舞いにくる途中だった中原という女子高生が事故で病院に運び込まれ、その後死亡してしまっていたことが発覚します。

おそらくあの折り鶴を折ったのが、宮永の同級生で、恋人だった中原という女子高生であるとのこと。

 

そして、虎丸と真野たちは、友里の勤務する病院へ。

 

その頃宮永は、友里の勤務する病院に侵入していました。

そして、真野たちが病院に到着した頃には友里は宮永に捕まっていました。

「どうして?」と聞くと、「恨むなら、親父を恨め」と答える宮永。

そして、宮永は友里の首を絞め・・・

しかし、宮永は殺す前に手を緩めます。

そこに駆けつけた真野。

そして、虎丸たちに捕らえられる宮永。

 

後日、友里の病院を訪れるノンナと真野。

ノンナは、友里に本当のことを話します。

宮永に中原沙知絵という恋人がいたこと、そして、中原沙知絵の緊急手術を担当したのが真田だったことを伝えると、「まさか、父が医療ミスを?」と聞く友里でしたが、首を横に振るノンナ。

そして、「友里さん、心臓移植の手術をしていませんか?」と聞く真野。

 

宮永はお通夜に現れた三井という、当時中原沙知絵の手術に立ち会った女性医師の元を訪れ、あの時の真相を問い詰め他のです。

すると、三井は「悪いのは全部真田さんなのよ!」と答え・・・

 

真田は、当時危篤状態になっていた友里の移植の順番が近いことを知り、友里と同年代の中原沙知絵を脳死状態にするために筋弛緩剤を投与し、沙知絵を脳死状態にしたのち、友里にその心臓を移植したのでした。

その事実を知った宮永は、友里と、父親の真田和寿に復讐をしようと決めたのです。

 

あの事件の時、宮永が真田に問い詰めると、中原沙知絵を脳死状態にしたことを認めた真田。

そして、「すまなかった」と謝る真田がバルコニーの手すりに登ると、その脚を押し、真田を突き落としたのでした。

 

しかし、宮永は友里の首を絞めた時、友里の鼓動を聞き、恋人の中原沙知絵の鼓動を感じ、殺すことを躊躇ったのだと聞かされます。

 

友里の病院を後にすると、「本当にこれでよかったんでしょうか?」と聞くノンナ。

ノンナは、友里に悲しい真実を突きつけたことを後悔していたのでした。

しかし真野は、「どんな真実であったとしても、知らない方がいいことなんてない。進むべき方向がわからない闇の中で立ち止まっているのは、何より辛い。遺族は、真実を知ることで初めて、前に進むことができるんだ。それを手助けするのも、科捜研の大事な仕事の一つだ。お前はよくやった。」と答えます。

>>次週へ続く

『トレース〜科捜研の男〜』2話の考察と今後の予想

『トレース〜科捜研の男〜』2話が放送されましたね!

今回は心臓移植の裏で起こった悲劇・・・

ということで、宮永の心情を考えたら、辛すぎますよね。

というか、宮永もだけど、中原さんの親御さんの気持ちを考えたら・・・

実際にこんなことがあったらやり切れませんよ・・・

もちろん宮永のしたことは悪いことですけど、同情してしまいますね。

 

ドラマの演出面で言うと、どうやらツイッターなどでは船越英一郎さんの演技が波紋を呼んでいるようですね(笑)

船越英一郎さんといえばサスペンスの大御所なので、刑事役はハマっていると思うんですが・・・

若い人からしたらちょっとくどい演技なのかな・・・?(^_^;)

これも演出だと思って楽しみましょう(笑)

 

『トレース〜科捜研の男〜』3話も楽しみですね!

『トレース〜科捜研の男〜』2話感想と評判

最後に、『トレース〜科捜研の男〜』2話の感想と評判を紹介していきます!

https://twitter.com/sorasato1126/status/1085074852900294656

『トレース〜科捜研の男〜』のキャストの演技の評判についてはこちらをチェック!↓

https://11kamone.com/trace-cast-4379

まとめ

今回は、

  • 『トレース〜科捜研の男〜』2話あらすじ
  • 『トレース〜科捜研の男〜』2話見逃しを無料で見る方法
  • 『トレース〜科捜研の男〜』2話ネタバレ
  • 『トレース〜科捜研の男〜』2話考察と今後の予想
  • 『トレース〜科捜研の男〜』の感想評判

について解説しました!

『トレース〜科捜研の男〜』1話〜最終回まで更新中のあらすじ・ネタバレ記事も参考にしてみてくださいね!↓

あわせて読みたい
トレース科捜研の男1話〜最終回まで全話あらすじネタバレ!感想評判と考察や無料視聴する方法も ↓↓『トレース科捜研の男』はFODプレミアムで配信中↓↓ [PR]今すぐ『トレース科捜研の男』の見逃し動画を無料で見た...

https://11kamone.com/2019winter-drama-4348

EMA
EMA
『トレース〜科捜研の男〜』のドラマについての感想なども、コメントに書き込んでみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。