ドラマ

黄昏流星群7話あらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判も紹介!

黄昏流星群7話
ペンちゃん
ペンちゃん
『黄昏流星群』7話が放送されたね!
ゴマくん
ゴマくん
完治の浮気が確信になる・・・!?内容が気になる〜

ということで今回は、2018秋ドラマ『黄昏流星群』7話のネタバレとあらすじ、今後の考察と感想・評判も紹介していきます!

『黄昏流星群』7話のあらすじ

まずは、『黄昏流星群』7話のあらすじを紹介していきます!

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の病室に、水原聡美(八木亜希子)と須藤武史(岡田浩暉)が見舞いに来た。須藤と聡美は交際を始めたという。聡美と買い物に出た真璃子(中山美穂)は、須藤と屈託なく仕事の話をする完治の姿に寂しさを感じる。

真璃子が家に帰ると、日野春輝(藤井流星)から電話が入った。完治の容体について話す二人だが、美咲の話題になると気まずい空気になる。また連絡して良いかと言う春輝に、美咲のいないと時にはかけてこないで、と真璃子は断って電話を切った。

退院した完治が荻野倉庫に出社。大口の取引先に契約を打ち切られ経営は相変わらず苦しい。完治の入院に一端の責任を感じる川本 保(礼二)は気まずそうにしながらも、「経費削減」をうったえる。そんな川本に、完治は新事業の資料を差し出す。須藤から、別れた家族の思い出の品を倉庫で預かって欲しいと頼まれた完治は、捨てられない品を個別で預かるサービスを考えたのだ。商売として成り立たないと反対する川本だが、荷物の整理まで一人で行うと言う完治の熱意に負けて渋々了承する。

その昼、食堂で働く目黒 栞(黒木 瞳)を見つけるが何故かよそよそしい態度。気がかりながらも、完治は新事業を軌道に乗せるため駆けずり回り残業をこなす毎日…。その理由を尋ねることもできないまま栞と会えない日々が続いた。実は、栞は完治と別れて欲しいと美咲に言われたことに大きく心を揺さぶられ、ある大きな決断を下そうとしていた…。
そんななか、美咲と春輝の結納が行われることになり…。

引用:フジテレビ公式

『黄昏流星群』7話では、ついに美咲と春輝が結納を・・・

こんな状態でこのまま結婚していいのか・・・?

どんな展開になるのか、7話の放送が楽しみですね!

『黄昏流星群』7話のネタバレ

ではでは、みなさんが気になる『黄昏流星群』7話のネタバレを紹介していきます!

ここからは【ネタバレあり】なので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!!

完治が入院している病院に、須藤と聡美がお見舞いに来ました。

真璃子と聡美が席を外すと、のろける須藤。

そして、完治に「ちょっと頼みがある」と言い始め・・・

 

その夜自宅に帰った真璃子は、ハーブを見て春輝のことを思い出します。

すると、春輝から電話が・・・

「その後、どうですか?瀧沢さんの容体は?」と聞く春輝。

「美咲は、今会社なの。毎晩帰りも遅くて。本当にごめんなさい」と言う真璃子に、「あなたのせいじゃないです。また、電話しても良いですか?」と春輝が聞くと、「ダメです。美咲がいない時に、電話かけてこないでください。」と言う真璃子。

 

完治が会社へ出勤すると、課長に新しいビジネスプランの提案をする完治。

実は、須藤から別れた家族の品を預かって欲しいと頼まれたんだとか。

「一個一個集めても大した利益にならんでしょ。営業のみんなも忙しいし、余計な仕事増やさんでくれ。」と言いますが、完治が「私一人でやります。」と言うと、認めてもらえることに。

 

栞に、「ちょっとお話がしたかったのですが」と連絡がきます。

完治は連日残業になるため、しばらく栞に会うことは難しくなるのでした。

 

完治が仕事をしている様子を影から見ている栞。

完治は他の社員から、「俺には無理だと思う。単価が安すぎるし。」と言われてしまいますが、「やってみないとわからないし。」と一人で仕事を進めます。

 

そして、完治と会社で会う栞。

「忙しいんでしょう?大丈夫ですか?」と聞く栞に、「大丈夫です。地味な仕事でも、とても大切でやりがいがある。この会社にきて、そう思えるようになったんです。」と答える完治。

 

栞は自宅に帰ると、美咲に会ったことを思い出します。

そして美咲から、「お願いがあります。父と別れてください。」と言われたのでした。

 

真璃子は、春輝の母から結納の件で連絡をもらいます。

すると、『今日、残業があるからご飯つくんなくて良いよ。』と美咲から連絡が・・・

真璃子は嫌でも『美咲に好きな人がいると思う』と言う春輝の言葉を思い出すのでした。

そして、無心になるためにパンを焼くことに・・・

完治も連日残業続きのため、真璃子はどこか寂しさを感じていたのでした。

 

翌日完治が会社へ行くと、「悪いけど、残業代出ませんよ。」と言う課長。

しかし、他の社員はだんだんと完治に協力的になって来ます。

 

真璃子が自宅で美咲の結納の着物を選んでいると、美咲が帰って来ます。

そして、「結納のことだけど、本当に良いの?」と聞く真璃子。

「どう言うこと?」と聞く美咲に、「好きな人がいるんでしょ?春輝さんの他に。」と言う真璃子。

「どうしてお母さんがそのこと知ってるの?」

「そんなこといいから。」

「もう終わった。私は春輝さんと結婚する。」

「あのね美咲、条件が良いとか、周りから羨ましがられるとか、そんなこと意外に大切なことがあるの。結婚には。美咲の、正直な気持ち。」

「じゃあお母さんは、自分に正直に生きてる?お父さんとお母さん見てると、私イライラするの。そんなこと言うなら、頑張って理想の夫婦見せてよ!お母さんお父さんが浮気してるの知ってるんだよね?じゃあなんでつなぎとめる努力しないの?お母さんって本当にお父さんのこと好きなの?ええかっこしいしないで、修羅場とかちゃんとやりなよ!!」

「なんで、そんなこと言うの?あなたの前で罵り合えば良いの?お腹の中にあるもの全部吐き出したら、夫婦だって壊れてしまうことだってあるの。お父さんと、美咲と、家族でいたいから。美咲のためを思って・・・」

「そんなの言い訳じゃん!私のためとか言うのずるいよ!!」

美咲はそう言って自分の部屋へ・・・

 

完治が仕事をしていると、「誰があの機械買ったんや!経費削減って言ってるやろ!」と怒る課長。

完治は「自分の首をかけてでもこの仕事を成功させます。」と言いますが、「あんたの首になんの価値もないわ!」と言われてしまいます。

その夜、また残業している完治の元へ、栞がやって来ます。

 

「差し入れ、持って来ました。今日お手伝いしても良いですか?」と聞く栞。

そして、完治の仕事を手伝っていると、家族の思い出の話になります。

「家には思い出ボックス少ないなあ。俺のせいで。」と言う完治。

 

栞が荷物を運ぶ手伝いをしていると、体に異変が・・・

しかし完治には何も言わず、倉庫へ行くことに。

外の月を見つけると、「ちょっと見に行ってもいいですか?こんな綺麗な月、瀧沢さんと、次にいつ見られるかわからないし。」と言う栞。

完治もまた、美咲に言われた言葉を思い出していました。

 

その頃真璃子は、荻野倉庫にやって来ます。

そしてそこで、栞と完治の姿を目撃してしまいます・・・

2人で仲睦まじく栞の差し入れを食べている姿に、真璃子はその場に立ち尽くし・・・

結局真璃子は帰って行きました。

 

翌日完治はホームページデザインの会社に行き、『想い出ボックス』のホームページを作ってもらえることになります。

ネットの力を使ったことで、一気に想い出ボックスの知名度は高まり、問い合わせは右肩上がりで増えて行きます。

そして、「やりました!想い出ボックスの注文が、昨日1日で100件超えました!」と言う完治。

「私1人では対処しきれません。皆さんのお力を貸していただきたいのですが・・・」と言うと、「手伝います。」と次々に手伝いを申し出る社員たち。

 

その頃春輝の母はガンが再発していました。

 

真璃子は自宅に一人でいると、『今日も残業で遅くなります。』と完治からメールが。

すると、春輝からまた電話がかかって来ます。

「今、お宅の近くにきています。美咲ちゃん送ってきました。寄っても良いですか?」と聞く春輝。

「ちょうど良かった、パンを作りすぎたの。良かったらお土産に。」と言う真璃子。

「美咲は?」と聞いても、何も答えない春輝。

 

「ごめんなさい。美咲ちゃんといるって嘘をついて。」

「そうね。まんまと騙された。」

そして、春輝は真璃子の作ったパンを美味しいと食べていると、「あなたくらいよ。私の作ったパンを喜んで食べる人」と言う真璃子。

そして、「夫にね、好きな人がいるみたいなの。」と打ち明ける真璃子。

「落ち着いてるんですね。」

「そうね。落ち着いてる。この前ね、夫とその人が一緒にいるところを初めて見たの。足が一歩も前に出なかった。結婚して25年になるの。そうやってちょっとずつあの人は私から遠ざかって行ったの。あの人だけが悪いわけじゃない。多分、私も悪いのよね。」

そして立ち上がる真璃子。

「綺麗ね、あの観覧車。」

「乗ってみますか?コーヒーカップでも。ジェットコースターでも。」と言う春輝。

 

そして2人で夜の遊園地に行くことに。

 

真璃子を自宅に送った春輝は、「おやすみなさい」と行って帰ろうとすると、「春輝くん、ありがとう。」と言う真璃子。

 

いよいよもうすぐ結納。

「お父さん、お母さん、よろしくお願いします。」と改まる美咲。

 

翌朝、美咲に先生のことを聞くと、「先生ね、ロンドンに行くの。」と言う美咲。

そして、「お父さんは?あの人と別れたの?」と聞くと、黙る完治に、「まだ別れてなかったの?」と言う美咲。

「彼女、お母さんを亡くして参ってる。だから、もう少し待ってくれ。」と言う完治。

 

そして結納当日。

無事に結納を終えると、翌朝「今日は会社を休んだ」と言う美咲。

 

その日、完治は仕事終わりに栞の家に行くことに。

するとそこには食堂のおばさんが・・・

「栞ちゃんならいないよ。あなたにもう会いたくないって。別れたいって。」と言うおばさん。

そして完治はひとりで帰ることに・・・

 

自宅へ帰ると、真璃子はダイニングに座り込んでいて・・・

「美咲がいなくなった」

そして、完治にあるメモを見せます。

『ごめんなさい。私、やっぱり結婚できません。先生とロンドンに行きます。』

>>次週へ続く

以上が『黄昏流星群』7話のネタバレになります。

最後は衝撃の展開でしたね〜・・・

美咲がまさかの駆け落ち・・・!?

この家族、どうなるのか・・・?

『黄昏流星群』今後の考察は?

『黄昏流星群』7話のネタバレを紹介しましたが、今後はどのような展開になっていくことが予想されるのでしょうか?

『黄昏流星群』の今後の考察をしていきたいと思います!

 

来週は美咲が駆け落ち・・・

とのことですが、本当に先生と一緒になるのか??

 

う〜ん、美咲は自分の気持ちに正直になって、先生と一緒になることを選ぶ気がします。

そのほうが幸せだと思うんですけどね〜・・・

 

そして、春輝の母に真璃子と春輝の関係(?)がバレる!?

一体どうなってしまうのか・・・・

 

さらに、完治は栞のことを諦めきれず・・・(いや、お前はさっさと別れろよ。と突っ込みたい)

次週からいよいよクライマックス!

どんな展開になるのか気になりますね!

『黄昏流星群』7話の感想と評判

最後に、『黄昏流星群』7話の感想と評判を紹介していきます!

https://twitter.com/akari_1993_0701/status/1065840294225076224

https://twitter.com/musiclovet/status/1065836663119654912

まとめ

今回は、

  • 『黄昏流星群』7話のあらすじ
  • 『黄昏流星群』7話のネタバレ
  • 『黄昏流星群』の今後の考察
  • 『黄昏流星群』7話の感想・評判

について解説しました!

『黄昏流星群』7話を見逃してしまった人は、無料で見る方法もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね↓

あわせて読みたい
黄昏流星群無料視聴
黄昏流星群見逃しフル動画を無料視聴する方法!YouTubeやパンドラは危険? ということで今回は、『黄昏流星群』を無料で見る方法について詳しく解説していきます! [PR]今すぐ『黄昏流星群』の見逃...

↓↓『黄昏流星群』のネタバレ・感想を1話~最終話まで更新中↓↓

あわせて読みたい
黄昏流星群ネタバレまとめ
黄昏流星群1話~最終回まで全話あらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『黄昏流星群』1話~最終回まで全話のあらすじとネタバレを紹介! 考察や感想も紹介していきます!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。