ドラマ

黄昏流星群6話あらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判も紹介!

黄昏流星群6話
ペンちゃん
ペンちゃん
『黄昏流星群』6話が放送されたね!
ゴマくん
ゴマくん
とうとう完治と栞の関係が発展・・・!?ネタバレが気になる〜!

ということで今回は、2018秋ドラマ『黄昏流星群』6話のネタバレとあらすじ、今後の考察と感想・評判も紹介していきます!

『黄昏流星群』6話のあらすじ

まずは、『黄昏流星群』6話のあらすじを紹介していきます!

目黒 栞(黒木 瞳)とついに一晩過ごした瀧沢完治(佐々木蔵之介)。真璃子(中山美穂)には、銀行の同期と飲んでいたらタイミングを逃したので、井上英樹(平山祐介)の家に泊まると電話した。そんな完治を栞は心配そうに見ていた。

翌朝、栞と朝食を共にし、清々しい朝を迎えた完治。しかし、帰宅する完治を送り出し、洗濯物を干し始めた栞は体に異変を感じる。一方、家に帰ったもののすぐに出社する完治の姿に途方に暮れる真璃子は、水原聡美(八木亜希子)に夫の浮気は確定的だと打ち明ける。思わず出てしまった完治の携帯電話から聞こえてきた知らない女性の声、表示された目黒栞という名前、そして明らかにおかしい昨晩の外泊…。ここまでハッキリ浮気と分かってしまうと逆に問いただす気にもなれないと真璃子は嘆く。

美咲(石川 恋)と日野春輝(藤井流星)の結婚を進めるため両家で顔合わせをすることになり、日野家に出向いた完治たちは、豪華な邸宅や春輝の母・冴(麻生祐未)の厳しい目、凜とした物言いに気圧される。特に、早く孫をと望む冴のプレッシャーに窮屈そうな美咲。帰り道、完治は美咲に戸浪恭介(高田純次)とは別れるのか問い質す。きちんと別れるから心配しないでと答える美咲。

完治が荻野倉庫に出社すると、川本 保(礼二)が荒れていた。メインの取引先から契約を打ち切られた、という。完治は融資を頼みにかつての勤め先、若葉銀行へと赴くが…。

引用:フジテレビ公式

『黄昏流星群』6話では、完治の浮気に確信を持った真璃子。

そして美咲の不倫相手と一悶着・・・!?

と言うことで、6話の放送も楽しみですね!

『黄昏流星群』6話のネタバレ

ではでは、みなさんが気になる『黄昏流星群』6話のネタバレを紹介していきます!

ここからは【ネタバレあり】なので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!!

遅くなるから同僚の家に泊まると嘘をついた完治。

怪しいと疑う真璃子でしたが・・・

 

翌朝、栞の家で朝食を食べる完治。

「不思議ですね。お葬式の次の朝から・・・幸せです。」と言う栞。

そして、完治は会社へ行くために一旦自宅へ。

自宅でも朝ごはんが用意されていて・・・

 

聡美が自宅に遊びにくると、「浮気確定か。」と言われる真璃子。

「わかるの。この人主人と何かあるって。」と言う真璃子に、「若い女?」と聞く聡美。

「わかんない。昨日は嘘ついて外泊までしてるの。問い詰める気にもなれない。ここまではっきりしてると。問い詰めるって、まだ相手に期待してるってことでしょ?嘘でもなんでもいいから疑いを打ち消して欲しいって。」と言う真璃子。

 

完治が夕飯を食べていると、春輝の母親と両家の顔合わせをすると知らされます。

「余計なこと言わないでよ。」と釘をさす美咲。

そして、顔合わせ当日。

春輝の実家の豪華さに驚く完治と真璃子。

「早く孫の顔が見たい」と言う春輝の母。

「気が早いよ。」と言う春輝でしたが、「年内には結納を、年明けには挙式を。」と言う春輝の母。

「年内は仕事が忙しくて・・・」と言う美咲でしたが、「忙しいところはお母様にサポートしてもらって。今のうちに。」と言う春輝の母。

「今のうちに?」と聞く美咲。

「結婚したらお仕事は辞めるんでしょう?」と春輝の母が聞くと、「仕事は続けたいと思っています。」と答える美咲。

「赤ちゃんが生まれたら気持ちも変わるでしょう。自分の子供はそれはそれは可愛いものですから。」と言う春輝の母。

 

顔合わせが終わり、「美咲、後悔しないのか?」と聞く完治。

「あいつとは別れるんだよな?」と聞くと、「心配しないで。先生のことはけじめつけるから。」と答える美咲。

 

春輝の母親はまた体調を崩してしまい・・・

春輝が心配していると、春輝にある人から電話がかかってきます。

 

完治が会社へ行くと、メインの取引先から契約を打ち切りされたと言うことで、川本が荒れていました。

追加融資で完治にわかば銀行へ交渉に行って欲しいと頼まれ・・・

 

春輝は、母親の検査結果について知らされていたのでした。

癌に侵されていた母親に、再発の兆候があるとのこと・・・

 

完治が銀行へ行くと、同僚の井上から無視されてしまう完治。

そして元同僚に会うと、井上が本店に栄転になったと聞かされます。

本店で融資のお願いをする完治でしたが、相手にされず・・・

完治はトイレで井上に会うと、逃げるように立ち去る井上。

完治が追いかけ、融資のことを頼みますが、「お前が俺の立場だったらどうする?融資を決めるか?」と聞かれます。

「今の俺は微妙なポジションなんだ。少しでも経歴に傷がつくことは避けたい。」と言われ、結局融資は通らず・・・

 

会社に戻った完治は、残念だった結果を伝えます。

「何のためにあんたを雇ってるんや!こういう時のためやろ!」と怒る川本。

 

その夜栞に会った完治は、「融資を断られるってこういう気持ちだったんだ」と、愚痴をこぼします。

すると、会話の流れで「私、小さいお店を持つのが夢なんです。」と、夢を語る栞。

 

自宅に帰った完治は、美咲が明後日から出張に行くことになったと知ります。

その日は春輝と式場を見に行く約束でしたが、「お母さんが大人の感覚で選んできて」と言う美咲。

「本当に出張なのか?」と問う完治に、美咲は「何言ってんの?」と言い部屋へ・・・

 

翌日完治は美咲の不倫相手の戸浪の元へ。

近くの喫茶店へ誘うと、家に来ませんか?と誘われる完治。

戸浪はアパートで1人暮らしをしており、部屋は雑然としていました。

南米の少数民族を研究している戸浪は、完治にマテ茶を振る舞います。

「女房にはとっくに見放されてます。面倒だから籍を抜かないだけでね。」と言う戸浪。

「今日は先生に、お願いに参りました。娘は、若く、無知で、無分別です。ですから、先生の方で大人の分別を働かせていただきたい。娘には婚約者がいます。これ以上、あの子の気持ちを弄ぶことはやめていただきたい。」と言う完治。

「私は彼女を弄んでなんかいない。彼女の未来を壊そうともこれっぽっちも思っていない。だた、彼女と時を過ごしてるだけです。彼女の人生には、燦々と朝日が降り注いでいます。私は、今にも暮れそうな夕日の中を歩いています。人間として別の軌道を歩いています。でも2人の軌道が重なった。一瞬ですよ。本当に一瞬。私にはかけがえのない時間だった。人生には、こんなこともあるんですよ。」戸浪がそう言うと、完治は何かを思いつめるのでした・・・

 

美咲が出張の準備をしていると、咳をしていたため、真璃子が心配します。

風邪薬を持って行くために部屋に入ると、出張の準備をしていたポーチの中にはコンドームが・・・。

 

美咲を送り出すと、「出張じゃないみたいだけど。バッグに避妊具が入ってた。」と言う真璃子。

「知ってんのか?」と言う完治。「あなたは知ってるの?」と言う真璃子。

「いや知らないよ。でも普通引き止めるだろ。」と言う完治に、「美咲はもう大人よ。結婚と恋愛は違う。あの子にはあの子のけじめのつけかたがあるのよ。」と言う真璃子。

 

完治が会社へ行来ますが、戸浪に言われたことで頭がいっぱいに・・・

するとそこへ井上から電話がかかって来ます。

「荻野倉庫のこと、掛け合ってみた。3000万円しか出せないが、売上の計画を見直せ。」と言われた完治。

川本のところへ行き、融資の話をしますが、3000万円じゃ何もできないと言う川本。

完治が説得をしますが、「素人なのに口出すな!」とキレられ、手を払いのけられると、バランスを崩してトラックの荷台から落ちてカゴ台車の下敷きになってしまった完治・・・

 

その頃真璃子は、春輝と式場へ。

プランナーが電話で席をはずすと、チャペルに2人きりになります。

春輝が真璃子の腕を取理、腕を組みますが、プランナーが来ると咄嗟に手を引っ込める真璃子。

ウェディングドレスを見てみませんか?と言われ、今度はドレスを見ることに。

真璃子はドレスを見ながら自分の結婚式の時を話し始めます。

神前式だったから着物だったと言うと、「残念だったな。真璃子さんのドレス姿似合うと思うのにな。」と言って、真璃子にドレスを合わせる春輝。

真璃子が美咲が来られなくなったことを謝ると、「真璃子さん・・・」と言う春輝。

「お母さんって呼んでください。」と真璃子が言うと、「僕は美咲さんのことを知っています。美咲さんは他に好きな人がいるけど、その人とは一緒になれないから僕と結婚するんだって。」と言う春輝。

「そんなんで良いの?」と言う真璃子に、「僕も同じようなものですから。去年母がすい臓がんになって、それで早く母を安心させるために結婚を。美咲さんも了承しています。」と答える春輝。

そして、「僕にも好きな人がいます」と言う春輝。

「そうなの?」と驚く真璃子。

「あなたです。僕が好きなのは、真璃子さんです。」と言う春輝。

「そんなの、おかしいでしょ。そんなの。私のこと幾つだと思ってるの?」と言う真璃子に、「人を好きになるのに年齢なんて関係ありません。ただ僕は、あなたが辛い時に助けになれればと思っています。」と言う春輝。

すると、真璃子に電話が。

 

完治が救急病院に運ばれたと知り、春輝と一緒に病院へ。

完治は足の骨にヒビが入っただけで、心配いらないとのこと。

「救急車で運ばれたからどうしたものかと思ったじゃない!」と言う真璃子。

仲睦まじそうな姿を見て複雑な気持ちになる春輝。

 

救急病院には栞が。

容態を聞く栞でしたが、「ご家族以外にはそう言ったことは・・・」と言われてしまい・・・

するとそこには美咲が。

栞と目が合った美咲は、ホテルのことを思い出し、栞が完治の不倫相手だと気づくのでした。

 

完治の面会に行った美咲は、戸浪の学会について行ったことを話し始めます。

「帰りたくなかった」と言う美咲に、「先生とはもう別れなさい。」と言う完治。

「わかった。先生とは別れる。でも、その代わり約束して。お父さんもあの人と別れて。」と言う美咲。

>>次週へ続く

以上が『黄昏流星群』6話のネタバレになります。

今回は春輝が真璃子に告白・・・!

そして、美咲から栞と別れろと言われた完治は、果たしてどうするのか・・・?

次週の展開が気になりますね!

『黄昏流星群』今後の考察は?

『黄昏流星群』6話のネタバレを紹介しましたが、今後はどのような展開になっていくことが予想されるのでしょうか?

『黄昏流星群』の今後の考察をしていきたいと思います!

 

6話では春輝の思い、そして美咲の思いが判明する内容になっていましたが、7話ではどう展開していくのか気になりますよね。

そして7話では、栞がある決断をすることになっています。

実は、病院で会ったときに、完治と別れてくれと美咲から言われていたのでした。

 

栞は完治にわざと冷たくして別れるようにするのかな〜と思ったり・・・

でも自分の欲望にも逆らえない・・・?

 

美咲は美咲で、結局戸浪先生を諦めきれずに、結婚は破談になりそうな予感・・・

 

と言うことで、『黄昏流星群』7話の放送も楽しみですね!

『黄昏流星群』6話の感想と評判

最後に、『黄昏流星群』6話の感想と評判を紹介していきます!

https://twitter.com/kKqqC7WberBIryS/status/1063090082024833026

https://twitter.com/htm156/status/1063089912834977793

まとめ

今回は、

  • 『黄昏流星群』6話のあらすじ
  • 『黄昏流星群』6話のネタバレ
  • 『黄昏流星群』の今後の考察
  • 『黄昏流星群』6話の感想・評判

について解説しました!

『黄昏流星群』6話を見逃してしまった人は、無料で見る方法もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね↓

あわせて読みたい
黄昏流星群無料視聴
黄昏流星群見逃しフル動画を無料視聴する方法!YouTubeやパンドラは危険? ということで今回は、『黄昏流星群』を無料で見る方法について詳しく解説していきます! [PR]今すぐ『黄昏流星群』の見逃...

↓↓『黄昏流星群』のネタバレ・感想を1話~最終話まで更新中↓↓

あわせて読みたい
黄昏流星群ネタバレまとめ
黄昏流星群1話~最終回まで全話あらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『黄昏流星群』1話~最終回まで全話のあらすじとネタバレを紹介! 考察や感想も紹介していきます!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。