ドラマ

SUITS/スーツ6話あらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判も紹介!

SUITS/スーツ6話
ゴマくん
ゴマくん
『SUITS/スーツ』6話が放送されたね!
ペンちゃん
ペンちゃん
海外ドラマ版とリンクした話も多いから、日本版ではどうなってるのかネタバレが気になる~!

ということで今回は、『SUITS/スーツ』日本版の6話のあらすじとネタバレ、そして、今後の考察や感想・評判についても紹介していきます!

『SUITS/スーツ』日本版のキャストについてはコチラを参考にしてください↓

あわせて読みたい
SUITS日本リメイク版
SUITS(スーツ)日本リメイク版のキャストやあらすじは?海外版との違いや評判も ということで今回は、2018秋ドラマとして10月から放送される「SUITS(スーツ)」の日本リメイク版のキャスト...
あわせて読みたい
スーツ日本キャスト
SUITS/スーツ日本版のキャストは微妙?本家海外ドラマ版との違いや演技の感想評判も紹介! ということで今回は、日本版「SUITS/スーツ」のキャストは微妙?本家海外ドラマ版「SUITS」との違いや演技の感想・評...

『SUITS/スーツ』6話のあらすじ

まずは、『SUITS/スーツ』6話のあらすじがコチラ↓

甲斐(織田裕二)は、チカ(鈴木保奈美)から、日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。内海は、轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していた。だが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。チカは、蟹江(小手伸也)と組んで対処するよう甲斐に指示する。

蟹江は、大輔(中島裕翔)に轟フィナンシャルの資産をあぶり出すよう命じた。そこにやってきた甲斐は、別件が入ったといって大輔を連れ出す。甲斐に相談を持ち掛けてきたのは、リゾート開発会社『アテナリゾート』の藤原一輝(大澄賢也)だった。藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して会社に侵入していたのだという。実は華名は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。

同じころ、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方)と弁護士の毛利徹(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典)と会っていた。小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移したことを掴んでいた蟹江は、彼を厳しい口調で責め立てた。すると小堺は急に体調を崩し、そのまま息を引き取ってしまう。

そんな折、大輔は華名に会いに行く。華名は、アテナリゾートが不都合な環境予測データを隠蔽して人口500人ほどの小さな島にホテルを立てたことが許せないらしく……。

引用:フジテレビ公式

『SUITS/スーツ』6話では、大輔の正体がバレてしまう・・・!?

今回も海外ドラマ版と同じ内容になっているので、日本版ではどのようにストーリーが展開して行くのか?楽しみですね!

『SUITS/スーツ』6話のネタバレ

『SUITS/スーツ』6話のネタバレを紹介していきます。

ここからはネタバレありなので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!

甲斐は、チカから内海財団の会長の内海真須美を紹介されます。

内海財団では轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していたのですが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだといいます。

資料を見た限り難しいと言う甲斐に、蟹江とチームを組むことを命令しました。

 

内海財団の弁護でチームを組んだ蟹江と甲斐でしたが、甲斐は大輔に別の仕事を任せることに。

クライアントは『アテナリゾート』の藤原一輝で、大学院生の娘が勝手に会社の金を3000万円も別口座に移してしまい、警察沙汰にしたくない藤原は、娘に金を返してもらうために弁護士に依頼したのでした。

 

その頃蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦と弁護士の毛利徹、アソシエイト弁護士の米倉和博と会い、3000万円の資金を香港口座に移したことで強く問い詰めると、小堺は倒れてしまいました。

そして搬送された小堺は、ロビーで息を引き取ってしまい・・・

 

小堺の死因は肺塞栓症の持病でたまたま亡くなっただけと言うことで、蟹江に責任はないと言うチカでしたが、甲斐は納得いかず。

蟹江を問い詰めると、「会議にも出席していないお前に言われる筋合いはない」と言われますが、甲斐はあえて待たせて焦らす作戦だったのだとか。

小堺が亡くなってしまった以上、詐欺行為を立証することが難しくなってしまいました。

チカに退席を求められた蟹江。

金融犯罪に詳しい蟹江のやり方を尊重しろと言うチカに、「俺一人でなんとかします。事態をより複雑にしただけではないんですか。」と言う甲斐。

 

その頃大輔は藤原の娘の華名について調べると、華名は社員証だけではなく指紋認証が必要なエリアまで侵入していると言うことが判明しました。

 

甲斐がオフィスに戻ると、蟹江が来ていました。

蟹江は仲良くなろう、反省していると言い、甲斐に作戦を伝えますが、あっけなく却下されてしまいます。

 

大輔は華名の研究室に行くと、「ここは関係者以外立ち入り禁止ですけど。」と冷たく突き放されますが、「それは君のお父さんの会社も一緒でしょ?」と言う大輔。

華名の罪について問いますが、「悪いけどあいつに会うつもりは無いから。」と言う華名。

そして、「最初に違法行為をしたのはあいつの方よ。弁護士名乗ってんだったらあいつの会社が何をしたのかくらい調べたらどうなの?」と言う華名。

華名の父親の会社では、リゾート開発の際に環境破壊につながる行為をしており、さらに国に提出する書類の改ざんも行なっていたのでした。

「あいつは絶対に通報しない」と言う華名に、どうして?と大輔が聞くと、華名の父親の会社ではリゾート建設の新株の発行を控えているのだと言います。

華名は、「お金は島の住人に還元するから」と言い、お金を返す気はないようでした。

 

大輔が家に帰ると、家の前で砂里が待っていました。

大輔に料理を振る舞う砂里。

大輔の祖母から直伝のレシピを渡されたんだとか。

そして、遊星の話になり、遊星は静岡に帰って仕事を探すことにしたと伝えられます。

「大貴って呼んでもいい?」と言う砂里に、「外で呼んだら他人のフリするからな。」と言う大輔。

 

甲斐がオフィスへ戻ると、いつも玉井が座っている場所に蟹江の姿が。

「何してるんだ?」と聞くと、轟フィナンシャルの社長と弁護士が来ていると伝えられます。

 

「ご用件は?」と聞くと、内部調査資料を渡され、横領の事実があり、亡くなった小堺にすべての罪があると言う轟フィナンシャルの社長と弁護士。

そして、謝罪として内海財団に3000万円を渡すと言いますが、甲斐は「嘘をつくならお帰りください。小堺さんが香港に移した3000万円は小堺さんの妻が株で儲けた金です。裏は取れてます。次に来るときは全額返金できる時にしてください。」と言うと、社長と弁護士は帰って行きました。

 

大輔は藤原と華名を会わせますが、自分が環境について研究しているのに父親が環境破壊しているなんてバカバカしいと訴えます。

すると藤原は「お前は犯罪者だ。そんなに金を渡したいなら自分の稼いだ金でやれ。」と言い始め・・・華名は怒って帰って行きました。

 

ファームには、内海財団の会長が来ていました。

戦って微々たるお金しか戻ってこないのなら、もう裁判は辞めると言い始める会長でしたが、甲斐と蟹江は「それはできません」と。

そして内海会長は「そこまで言うならお任せします。」と言って、案件は継続することに。

 

甲斐は亡くなった小堺のお墓に来ていました。

小堺の妻は、夫がすべて悪いと世間からバッシングされ、苦しめられていました。

「先生は内海財団の弁護士でしょう?」と言われた甲斐は、「私の敵はご主人じゃありません。轟です。」と言います。

「私は、何をすれば?」と言う小堺の妻に、「生前ご主人は轟社長のことについて何か残していませんでしたか?備忘録とか。」と聞く甲斐。

するとそこに、蟹江が現れます。

蟹江が小堺の妻に挨拶をすると、「あなたが・・・夫は、あなたのせいで発作を起こしたんじゃ。苦しんでるのに水も与えず質問攻めにしたって・・・よくものうのうと顔を出せたものね!」そう言って蟹江をビンタする小堺の妻。

甲斐は蟹江に対して「大事な証人をまた失ったんだぞ。」と怒り・・・

 

蟹江がジョギングをしていると、轟の弁護士に会います。

「君はそんなに若いのによくあんな詐欺まがいの会社と関わっているな。お気の毒に。私なら君のことを救えるんだがな。」と蟹江は言い・・・

 

大輔が仕事をしていると、そこには華名の姿が。

「どうやってここに?」と聞くと、「説明する必要ある?」と言う華名。

すると「この弁護士事務所に偽弁護士がいるって言う情報があって、顔を見に来たの。ハーバードの名簿にアクセスしたら鈴木大輔はいたけど、全くの別人。鈴木大貴。もうこれ以上この件に首突っ込まないで。」そう言って、華名は帰って行きました。

その会話を、別のアソシエイト仲間が聞いていました・・・

 

甲斐に昨日ことを伝え、「手を引きましょう。」と言う大輔でしたが、その必要はないと言う甲斐。

甲斐は華名が本当は父親と争いたいわけじゃないと踏んでいました。

「どうしたら?」と言う大輔に、「いい加減親離れしてくれよ。」と言う甲斐。

 

甲斐がファームへ向かう途中、蟹江に会います。

蟹江は「今度は俺がチームリーダーだ。」と言い始め、轟ファイナンシャルの弁護士・米倉を連れて来ていました。

米倉は、轟ファイナンシャルの金の動きが記録されている資料を持って来て・・・

 

大輔は、藤原の元へ行き、華名に謝罪するように言いますが、「どうして泥棒された方が謝らないといけないんだ。」と言われてしまいます。

「あの子はもう大人だ。無理を言えば自分の主張が通る世界じゃない。」と言いますが、大輔は「そういう社長の態度も問題があるかと。」と反撃。

すると、「彼女を説得するのが君の仕事じゃないのか?」と言われてぐうの音も出ず。

「こんなことはしたくないがもうどうにも出来ん。娘を訴える。」と言い始めた藤原。

 

その頃ファームでは、轟ファイナンシャルのもう1人の弁護士・毛利もやって来ます。

「最初から破産をでっち上げて投資金を奪い取る気だったんだろ。」と言い、轟ファイナンシャルの帳簿を見せる蟹江でしたが、動じない相手弁護士。

すると、「この資料を渡したのは君だね?」と言い、米倉を見る毛利。「以前から内部情報を外部に売るスパイがいると噂でね、偽の帳簿を作っていたんだよ。」と言い始め、焦る蟹江。

さらに米倉は「蟹江先生に脅されて仕方なく・・・」と言い始め、勝ち誇った顔で「3000万円の半額の1500万円で和解しませんか?」と言う毛利。

 

チカに今回の件を報告すると、「お互い勝手なことやっていたからこうなったんでしょ!?明日までどうにかしなさい!」と言われてしまい、甲斐は蟹江に「もう余計なことはするな」と釘をさします。

 

甲斐がオフィスへ戻ると、大輔が甲斐に藤原が華名を訴える気だと報告します。

「もう修復不可能なんです。」と言う大輔に、甲斐は3年前、華名の母親が亡くなる前に会った時にはこっちが恥ずかしくなるくらい仲睦まじい家族だったと言います。

それを聞いた大輔はあることを思い出し・・・

「もういい。藤原社長とは俺が話す。お前は轟ファイナンシャルの調査を。」と言う甲斐でしたが、「今から娘さんに会って来ます。」と言う大輔。

「待て。内海財団の件が難航している。こっちを手伝ってもらわなきゃ」と言う甲斐に、「いい加減、子離れしてもらわないと。」と言い、華名の元へ行く大輔。

 

大輔が華名の元へ行くと、華名に藤原と、華名の亡くなった母親が写っている写真を見せます。

「君が3000万円を盗んだのは島の人のためじゃない。君のお母さんが癌を患った時、君のお父さんはリゾート計画にかかりきりだった。そのことが許せなんだろう?でも、君は誤解してる。あの島にリゾートホテルを建てたいって言い出したのは、お母さんだったんだよ。でも、計画が始まってすぐに、お母さんは癌を患った。お母さんが生きているうちにリゾートを完成させたかったお父さんは、資料の改ざんまでして計画を進めたんだ。」と言う大輔。

華名の父は、華名のお母さんががこの計画を言い出したと知ったら、華名がお母さんのことまで憎んでしまいかねないと、華名には黙っていたのでした。

それを知った華名は、父と和解することに。

そして、「もう1つお願いしても良い?」と言う大輔。

 

大輔は華名に轟社長のクレジットカード情報をハッキングしてもらうことに。

そして、轟社長が頻繁にシンガポールへ行っていることが発覚しました。

さらに、華名に轟ファイナンシャルの帳簿情報を調べてもらうと、あることが発覚します。

 

その頃蟹江は、1人で道場へ。

するとそこに甲斐が現れます。

「何しに来た?」と言う蟹江に、甲斐は「決まってるだろ。チームメイトを呼び戻しに来た。」と言います。

「俺たちはすごく似ている、勝つことがすごく好きで、だから衝突が絶えない。それに、俺はお前を尊敬もしている。」

「今更そんなお弁じゃらを。」と言う蟹江に、甲斐は「本物だったんだよ。あの偽帳簿は。先方は苦し紛れに嘘の帳簿と言っただけで、お前も、お前の情報提供者も正しかったんだ。必要な情報は揃っている。でも俺は金融犯罪には詳しくない。お前の力が必要だ。」と言う甲斐。

すると、「ならば条件がある。両手を広げてそこに立て。」と言う蟹江。

「調子に乗るな。」と言って、甲斐は帰って行きました。

 

蟹江がファームへ戻ると、轟ファイナンシャルが内海財団から騙し取った金が海外に流れていると言う情報を聞きます。

おそらくシンガポールの銀行にその金があると踏んだ甲斐と大輔でしたが、100以上もあるシンガポールの銀行から見つけ出すのは困難かと思われました。

しかし蟹江は、「全部調べる必要はない。」と、さすが金融犯罪のプロらしく、銀行の目星をつけていきます。

そして、銀行を8つにまで絞り込むと、複数の口座を持っているはずだと言い、3人で協力して証拠探しをすることに。

 

その様子を見たチカは満足そうに自分のオフィスへ行きますが、そこで『名無しより』と書かれた怪しい封筒を発見します。

 

翌日、轟社長を呼び出した甲斐と蟹江。

「社長は、シンガポールがお好きなんですね。」と言う甲斐。

そして、「ちょうど1月ほど前に、とある人物がシンガポールの口座に大金を入金したことがわかった。」と蟹江が言い、社長と弁護士の毛利に銀行の入金記録や帳簿の情報を見せます。

「こんなものどこで手に入れた?違法なことをしないと手に入れられないはずだぞ。」と言い始める毛利に、「それがどうしたって言うんだ?廃業上等だ!今すぐ警察に通報するが良い。貴様らの悪行を手記にして全部暴いてやる!将来地獄を見るのはどっちだろうな?」と蟹江が言うと、「待て!待ってくれ!刑事告訴はしないと約束してくれ!金は返す!」と言う轟社長。

「20億、全額返してもらいますよ。」と言う甲斐。

そして、轟ファイナンスは内海財団に20億全額返金することで一件落着。

 

蟹江は嫌に上機嫌になりますが、チカと内海会長が一緒にいるところを見て甲斐が手柄を独り占めしたと思い、「やっと分かり合えたと思ったのに!」と言う蟹江。

「そんな風に思うってことは、お前は抜け駆けするつもりだったんだな。」と甲斐が言い、結局2人はまた険悪なムードに・・・

 

すると、甲斐と大輔がチカから呼び出されます。

「この手紙が私のデスクに。」と言って、例の手紙を見せるチカ。

そこには、大輔が経歴詐称してると書かれていたのでした。

「そんなのバカバカしい」と言う甲斐でしたが、「そう?じゃあここで確認して見ましょうか。ハーバードの卒業生名簿。」と言うチカ。

「ちょっとそれは・・・」と言う大輔でしたが、チカがハーバードの名簿を検索すると、そこには大輔の顔写真が載っていて・・・

 

オフィスへ戻る途中、「どうやって?」と言う甲斐に、大輔は「わかりませんよ。ハーバードの名簿にアクセスするなんて・・・」と言いますが、2人は華名のことを思い出し・・・

華名はハーバードの名簿をハッキングして書き換えてくれていたのでした。

>>次週へ続く

以上が『SUITS/スーツ』6話のネタバレになります!

今回もまた海外ドラマ版とほとんど同じ内容の話で、でも日本テイストにちょっと話が変わっていたりして、なかなか面白かったですね!

そして最後のハーバードの名簿のところは、かなりスカッと!ナイス華名!(笑)

 

でも、海外ドラマ版ではマイクとレイチェルが出前をとって一緒にピザを食べるシーンがあるので、そこはもう少しシーンに入れて欲しかったかな〜?

あと、レイチェルの場合は「無料で美味しいご飯が食べられるから」と言って、マイクと外でもご飯食べてるんですよね〜。

 

大輔と真琴がもう少し親密に描かれても良いのかな?と思いました。

『SUITS/スーツ』の今後の考察

『SUITS/スーツ』6話が放送されましたが、『SUITS/スーツ』は今後どのような展開になっていくのでしょうか?

『SUITS/スーツ』日本版ドラマの今後の考察について解説していきます!

 

来週は、とうとう真琴が中心の回ですね!

確か真琴が司法試験に向けて勉強をするのですが、替え玉を使おうとして・・・と言う展開だったんですが、日本版ではどうなるのか?

 

そろそろ大輔との恋仲も発展して欲しいかな〜と思ったり。

と言う事で、次週の放送も楽しみですね!

『SUITS/スーツ』6話の感想と評判

最後に、『SUITS/スーツ』6話の感想と評判を紹介していきます!

https://twitter.com/macaron20114/status/1062227676562251776

ゴマくん
ゴマくん
やっぱり最後のシーンが爽快だったね!
ペンちゃん
ペンちゃん
蟹江先生が轟を追い詰めるシーンもかっこ良かった!

まとめ

今回は、

  • 『SUITS/スーツ』6話のあらすじ
  • 『SUITS/スーツ』6話のネタバレ
  • 『SUITS/スーツ』の今後の考察
  • 『SUITS/スーツ』6話の感想と評判

について解説しました!

SUITS/スーツ』6話を見逃してしまった人は、無料で見る方法もあるので、参考にしてみてくださいね↓

あわせて読みたい
SUITS日本リメイク版見逃し無料視聴
SUITS/スーツ日本リメイク版ドラマ見逃しを無料視聴する方法は?YouTubeでも見れる? ということで今回は、『SUITS/スーツ』を無料で見る方法について詳しく解説していきます! 今すぐ『SUITS/スーツ...

↓↓『SUITS/スーツ』1話~最終回までのネタバレ・感想記事を更新中!↓↓

あわせて読みたい
SUITS/スーツまとめ
SUITS/スーツ日本版1話~最終回まで全話あらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『SUITS/スーツ』日本リメイク版の1話~最終回まで全話あらすじ&ネタバレ、そして、感想や考察も紹...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。