2020春ドラマ

【SUITS/スーツ2】1話ネタバレと感想!海外ドラマと日本リメイク版の違いもまとめ

2020年4月から新ドラマとしてスタートする『SUITS/スーツ2』。

日本リメイク版はシーズン2になりますが、海外ドラマ版(アメリカ版)はどんなあらすじ・結末になっているのでしょうか?

日本リメイク版との違いについてもまとめてみました。

登場人物
  • ハーヴィ・・・甲斐正午(織田裕二)
  • マイク・・・鈴木大輔(中島裕翔)
  • ジェシカ・・・幸村チカ(鈴木保奈美)
  • ハードマン・・・上杉一志(吉田鋼太郎)
  • レイチェル・・・聖澤真琴(新木優子)
  • ルイス・・・蟹江貢(小手伸也)
  • ドナ・・・玉井伽倻子(中村アン)
  • トレヴァー・・・谷元遊星(磯村勇斗)
  • ジェニー・・・谷元砂里(今田美桜)

キャストの詳細や海外ドラマとの違いはこちら

海外ドラマ版『SUITS/スーツ』シーズン2の1話あらすじとネタバレ

マイクの経歴詐称がバレる・・・?

ジェシカの元にマイクがハーバードを卒業していないと情報が入ります。(出どころはトレヴァー)

マイクの経歴詐称を疑い始め、ハーバードの卒業名簿を調べるも、シーズン1でローラという天才ハッカーが助けてくれたおかげでハーバードの卒業名簿にはマイクの名前が。

しかし詰めが甘く、卒業名簿ではなく学士号名簿にマイクの名前はありませんでした。

学士号の件で経歴詐称をまだ疑っているジェシカは、ハーヴィに対して「知っていて雇ったのならあなたもクビにする」と告げます。

マイクとジェニーの別れ

マイクは恋人のジェニーと揉め事に。

トレヴァーがマイクの携帯の留守電を勝手に聞き、その留守電にはレイチェルとマイクがキスしたことが分かる内容が。

トレヴァーはジェニーにマイクがレイチェルとキスしたことを告げます。

マイクは訳がわからないままジェニーに別れを告げられ、レイチェルの留守電を聞かなかったことでレイチェルにも『気がない』と勘違いされ、気まずい雰囲気になってしまいます。

ハードマン復帰の危機

事務所のジェシカのパートナーであるハードマンの妻が亡くなります。

不正ばかりしていたハードマンに対し、「浮気を妻にバラす」と脅していたことでハードマンは止む無く休業していましたが、妻が亡くなった今その脅しは効きません。

ジェシカはマイクのことも気がかりですが、今はハードマンの復帰阻止を優先。

ハーヴィにハードマンの復帰を阻止できれば、マイクのことは目を瞑ると約束します。

 

ハーヴィはハードマンに対し、事務所に戻る気なら浮気のことを娘にバラすとまた脅します。

しかし、ハードマンは娘には全て話したため、脅しは問題ないと言って再び事務所に復帰。

ハードマンが復帰すれば、自分の邪魔になるジェシカとハーヴィをクビにするつもりです。

さらには、マイクの粗を探してやばいことになりかねません。

マイクのクビを回避

結局ハードマンがクビされたことで、ジェシカはハーヴィにマイクをクビにすると告げます。

しかし、ハーヴィはマイクをクビにするなら自分も事務所を辞めると。

ジェシカは好きにしなさいと言いますが、ハーヴィは今自分とマイクが揃って辞めたらハードマンが怪しんで調べ上げ、無資格者を雇ったことについてジェシカが責任を取らされると忠告します。

ジェシカはマイクをクビにすることを考え直したのでした。

 

日本リメイク版『SUITS/スーツ2』1話あらすじとネタバレ

鈴木大輔が帰国

『幸村・上杉法律事務所』にアメリカ・ボストンから帰ってきたのは鈴木大輔。

早速序盤から甲斐のために得意の記憶力で甲斐の担当する人気バンドの案件を解決します。

その後、甲斐から任されたのは大手出版社の案件。元契約社員の女性から『盗用』だとして訴えられていたのです。

大輔は出版社の提示する金額で和解を申し出ますが、元契約社員の女性は自分の名前をクレジットに載せるように要求し、和解には応じませんでした。

大輔は盗用を訴える元契約社員の女性の作品をもう一度見直したところ、他作品の盗用が確認されました。

大輔はもしこのまま盗用を訴えるなら、逆に元契約社員の女性の作品の盗用について訴えると言い、和解内容に「本の出版を約束する」という内容を盛り込んで和解を成立させます。

 

甲斐はM&Aの案件を担当

一方甲斐は、ロケットなどの技術開発をしている会社の社長から、事業の売却をしたいという依頼を受けます。

100億円を最低売却金額に設定されますが、なかなかその金額で売却の話は進みません。

さらに、評価額を50億円に値下げすると言われたことで、甲斐の信頼を失うピンチに陥ります。

しかし、その後甲斐は売却を急ぐ技術開発の会社について調べます。

すると、特許をすでに取得している別会社があることが発覚し、売却を急いでいたのは特許を侵害しているからなのではと詰め寄ります。

そして、甲斐は「クロースライセンス」という別の提案をして解決に結びつけます。

 

共同代表の上杉の復活・・・!?

事務所の共同代表の上杉一志の妻が亡くなります。

妻にある秘密をバラすと脅したことで、上杉は事務所から離れていましたが、その切り札が使えなくなったため、上杉は事務所復帰を目論みます。

焦る甲斐と幸村。幸村は、「無資格の弁護士を置いておくことはできない」と言って、甲斐に大輔をどうにかするようにと言います。

しかし、甲斐は「今大輔をクビにしたら上杉が怪しむ」と言って幸村を説得。

ですが後日、上杉は事務所に完全復活するのでした。

 

大輔と真琴の恋の行方

大輔は帰国した初日に真琴を食事に誘います。

「付き合ってほしい」と告白しますが、社内恋愛が嫌な真琴は「考えたい」と返事を濁します・・・

 

参考

【1話〜最終回まで】あらすじとネタバレはこちらの記事にまとめています

『SUITS/スーツ2』1話〜最終回まであらすじネタバレまとめはこちら

『SUITS/スーツ2』1話の感想

ついに始まりました!『SUITS/スーツ2』1話!!

まずダニエル・ハードマンポジションに吉田鋼太郎さん!ぴったりでしたね〜。ハードマンのあの嫌〜な感じが・・・(笑)

 

ただ、大輔がボストンから帰ってきた設定は何のために必要だったんだ・・・!?って感じですが^^;

私はてっきりハーバードのロースクールに入って弁護士になるのかと思ったら、ハーバードの情報を仕入れるためだけにボストンに行ったってことなのでしょうか?

(まあ、ロースクールを出て弁護士になったら海外ドラマと全然話が違くなっちゃいますが・・・

ちなみに原作では、ハーバードに入学が決まっていたマイクが不正入試に加担したことで入学取り消しになってしまうんです。

でも、日本だったら海外に行けばその情報まで調べられるのか・・?

大輔の頭脳があればそのままハーバードに合格できそうな気もしますがね〜。)

 

シーズン1の時も感じたことですが、やはりちょっとチャチな感じはしてしまいますね。

でも、映像なんかは結構豪華に出来上がっているな〜と思います。サントラとかも。

弁護の内容は若干違うところもありますが、ストーリー展開的にはほぼ同じ感じで進んでいますね。

 

私が特に気になっているのは、シーラの存在!

海外ドラマでルイス(蟹江)の恋人になるのですが、シーラポジションの女性が登場するのか?

2話か3話あたりで登場するのではと思っていますが、どなたが役柄を演じられるのか気になっています。

 

『SUITS/スーツ2』では、とにかくハードマン(日本版の吉田鋼太郎さん)が色々かき回してくれるところが見どころなので、その辺がどう展開してくのか見ものですね!

次週にも期待していましょう!

『SUITS/スーツ』を無料視聴する方法

『SUITS/スーツ』海外ドラマ版全シーズンを無料視聴する方法はこちらで解説しています。

『SUITS/スーツ』海外ドラマ全シーズンを無料視聴する方法はこちら

 

『SUITS/スーツ』日本リメイク版ドラマシーズン1、シーズン2両方無料視聴する方法はこちらで解説しています。

『SUITS/スーツ』日本リメイク版ドラマを無料視聴する方法はこちら

まとめ

以上、今回は『SUITS/スーツ2』海外ドラマ版のあらすじネタバレと、日本版との違いなどについて解説しました。

今後の展開も気になりますね!

Thank you

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事が少しでも役に立ったら、下のSNSボタンからポチッとシェアしていただけると嬉しいです(o^^o)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。