ドラマ

SUITS/スーツ1話日本版のあらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判も紹介!

ゴマくん
ゴマくん
「SUITS/スーツ」1話が放送されたね!海外ドラマの「SUITS」を見てたから、どんな感じになってるか楽しみだったんだよね~!
ペンちゃん
ペンちゃん
もう放送されたの?見逃しちゃったから1話のネタバレが気になる~!

ということで今回は、「SUITS/スーツ」日本版の1話のあらすじとネタバレ、そして、今後の考察や感想・評判についても紹介していきます!

「SUITS/スーツ」日本版のキャストについてはコチラを参考にしてください↓

https://11kamone.com/suits-6-1115

「SUITS/スーツ」1話のあらすじ

まずは、「SUITS/スーツ」1話のあらすじがコチラ↓

スーツ日本1話ネタバレ甲斐正午(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』に所属する敏腕弁護士。東大入学後にハーバード大学に留学した経歴を持つ甲斐は、企業の買収・合併や、企業間の戦略的提携など、金になる仕事を手がけている。だが、かなり傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることもあった。
『幸村・上杉法律事務所』は、幸村チカ(鈴木保奈美)が代表弁護士を務める、日本四大弁護士事務所のひとつ。敏腕弁護士を父に持つ有能なパラリーガル・聖澤真琴(新木優子)、頭脳明晰で人心掌握術にも長けた甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)、ハーバード大学のロースクール出身で甲斐をライバル視している弁護士・蟹江貢(小手伸也)らが働いている。
事務所の稼ぎ頭である甲斐は、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていた。チカは、そんな甲斐に、昇格の条件としてパートナーとして働く若手の弁護士”アソシエイト”を雇うよう命じる。気乗りしないものの、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開く。そこに偶然やってきたのが、優れた頭脳と一度見たことは決して忘れない完全記憶能力を持ちながら、悪友・谷元遊星(磯村勇斗)の影響でその日暮らしのフリーター生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験にも手を染めていた鈴木大貴(中島裕翔)だった。その能力に興味を抱いた甲斐は、大貴を採用することにするが・・・。
引用:フジテレビ公式

こうしてみると、海外ドラマ版の「SUITS」の1話のあらすじと大して変わりありませんね!

甲斐と大貴の出会いや、大貴が慣れない仕事に奮闘する様子が見どころかな?と思います!

甲斐と大貴が来ている”スーツ”にも注目ですね!

「SUITS/スーツ」1話のネタバレ

「SUITS/スーツ」1話のネタバレを紹介していきます。

ここからはネタバレありなので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!

「幸村・上杉法律事務所」では、以前勤めていた社員がパワハラに遭い、その件について記事を掲載されると言われたことで、問題が生じていました。

担当弁護士である甲斐(織田裕二)に会わせろと言うクライアントに対応する幸村チカ(鈴木保奈美)は、蟹江貢(小手信也)に早く甲斐を探せと命じます。

そのころ甲斐は、ある女性とデートの真っ最中。

女性をエスコートすると、おもむろに姿を消した甲斐は、女性が預けたバッグを引き取り、中のパソコンを見ようと試みます。

なんと、その女性とは、問題となっている「パワハラ」を訴えた元社員・茜で、甲斐は茜のメールの中身を見ようと試みたのです。

事務所に戻った甲斐は、茜側の弁護士でもある木地谷に対して、茜がパワハラで病院から診断書をもらったことも嘘だということを、茜のメールを見せることで証明します。

木地谷は茜のメールを見せられると、ぐぅの音も出なくなり、事務所を後にします。

しかし、甲斐が木地谷に見せたのは、なんと甲斐がねつ造したメールということを事務所の代表弁護士であるチカに見抜かれてしまいます。

甲斐に対して怒りを露にするチカに対して、バースデーケーキを持ち込み機嫌を取る甲斐。

とりあえず問題は一旦収束します。

 

後日、シニアパートナー(※事務所の経営などにも口出しをできる、事務所の実質上のNo.2のポジション)への昇進を狙っている甲斐は、チカにそことをほのめかしますが、シニアパートナーになるためには、アソシエイト(※弁護士のサポートをする弁護士的なもの)を雇えと言われ、しぶしぶアソシエイトの面接を行うことにします。

 

その頃、鈴木大貴(中島裕翔)は、大学受験の替え玉を引き受けていました。

試験が終わり、帰ろうとする大貴が実際の受験者と違うということを試験管に勘付かれますが、危機一髪で会場を抜け出した大貴。

報酬を受け取るために指定の場所に赴きますが、

「お前に一銭も払う気はない」「警察に行けばお前も逮捕されるからな」

と言われ、結局リスクを冒して行った替え玉受験の報酬ももらうことができず、もう悪いことからは足を洗おうと決めた大貴。

時給1350円のバイトに勤しむ大貴を馬鹿にする幼馴染で悪友の谷元遊星(磯村勇斗)からは、「そんな人生で良いのかよ」「脱ボロアパート」などと言われ、新しい怪しげな仕事を持ち掛けられますが、大貴は断っていました。

しかし、そんなとき、大貴のたった一人の肉親である祖母が骨折して倒れたと連絡が来ます。

新幹線で地元の病院へ向かった大貴は、骨も弱って歩行も困難になるだろうと言われた祖母のために、東京の施設に入れることを約束します。

祖母を東京の施設に入れるため、金が必要になった大貴は、悪友・遊星の仕事を引き受け、バッグを運ぶだけで100万円もらえるという、いかにも怪しい仕事に手を出してしまいます。

そして仕事の当日、大貴は遊星に指定されたホテルへと向かいますが、ホテルに入ってから、どうしても中身が気になり、トイレの中でバッグの中を開けてしまいます。

すると、そこには3000万円もの大金が。

しかも、トイレから出ると不可思議な矛盾点に気づき、これが麻薬取引の囮捜査だということに勘付いた大貴は、指定の部屋には行かず、非常階段から逃げます。

(そのころ遊星は、ヤクザのような集団から殴られ、大貴に囮捜査のことを伝えられずにいます)

非常階段の上からも下からも追ってくる捜査員から逃れるため、2階の部屋に降り立つと、そこでは甲斐のアソシエイトを決める面接が行われていました。

大貴のことを見た甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)は、大貴をアソシエイトにぴったりと思い、甲斐に大貴を会わせます。

 

甲斐は、大貴が面接に来たのではないと知ると、いろいろと大貴に質問を投げかけ、大貴が替え玉受験やフリーターとして生活をしていること、高校2年の時に司法試験の予備試験に合格したが、悪友に頼まれたセンター試験での替え玉受験により逮捕され高校中退・司法試験を受けられなくなったことなどを知ります。

大貴は早く帰りたい一心で、「あなたより法律の知識がある」と言い、六法全書に書いてある事柄を一期一句違わず甲斐の前で披露して見せます。

そんな大貴の頭脳を買った甲斐は、弁護士資格のない大貴を別人に仕立て上げ、自分のアソシエイトとして雇うことに決めます。

 

しかし後日、甲斐が茜のメールをねつ造したということに、同僚である蟹江が気付き、さらには茜の弁護士である木地谷もメールのねつ造に気づいてしまいます。

証拠をねつ造したとなれば、シニアパートナーはおろか、弁護士資格をはく奪されるかもしれないという甲斐は、危機に直面してしまいます。

祖母を施設にいれるため、甲斐に言われるまま司法試験所持者でありながら、シンガポール在住で引きこもりの”鈴木大輔”という人物になり替わり、改名までした大貴は、新人アソシエイトとして「幸村・上杉法律事務所」に赴きますが、出勤して早々、甲斐から解雇を言い渡されてしまいます。

「これ以上違法行為を抱えるわけにはいかない」

と、勝手な理由で解雇された大貴は、怒りを露に帰宅しますが、その晩遅く、甲斐が大貴の部屋に訪ねてきます。

なんと、甲斐は茜の担当弁護士である木地谷のたった1つの弱みを見つけたのでした。

 

夜遅くに木地谷の自宅を訪れた2人は、玄関先で追い返される直前、木地谷に対して「お話ししたいのはあなたではなく息子さんです」と伝えます。

木地谷の息子が2階から降りてくると、なんと、そこにいたのは大貴が替え玉受験を依頼された依頼主だったのでした。

大貴は木地谷に、「満点を取った方が良いと思いつつ、怪しまれると思って手を抜きました」と、替え玉受験をほのめかす発言をすると、木地谷は真っ青な顔をして、記事の掲載を取りやめることを甲斐に約束したのでした。

甲斐は、記事の掲載を免れたことで、クライアントを失うこともなく、一件落着となりました。

これでシニアパートナーになれると思った甲斐は、嬉々としてチカのもとに向かいますが、「無料弁護相談を受けなさい」「さもないとシニアパートナーへの昇進はなし」と言われ、シニアパートナーへの昇格はお預けとなります。

一方大貴は、無事に甲斐のアソシエイトとして働くことができ、まっとうな(?)人生への一歩を踏み出したのでした。

以上が「SUITS/スーツ」1話のネタバレになります。

初回が2時間スペシャルだったので、ちょっと長くなってしまいましたが、甲斐が大貴をアソシエイトとして雇うところまでが放送されました。

海外ドラマ版の本家「SUITS」を見た人からすると、まあだいたいの話の流れは同じ感じですね。

これはドラマを観ないとわからないのですが、大貴が自転車で疾走するシーンや、甲斐の部屋に置いてあるサイン入りボール、音楽なんかの感じも結構似せてますね~。

ただ、やっぱり高級感やおしゃれ感はかなり劣ってる感じはあります(笑)

海外ドラマ版本家「SUITS」との違いは?

海外ドラマ版の本家「SUITS」と、日本版の違いを挙げるとすれば、

  • 大貴が名前を変えたところ
  • 高2年で司法試験の予備試験に合格したところ
  • 運んでいたのが麻薬ではなくお金になっているところ
  • 訴訟の内容

などでしょうかね!

本家「SUITS」では、名前を変えるところまではしないので、(ハーバードのシステムをハッキングしてマイク・ロスの名前を入れましたが(;^_^A)

あとは、運んでいたバッグの中身が、本家では大麻でしたね。

日本のドラマではさすがに大麻は見せられないということで、お金に代わったのかもしれませんね。

そして最後は訴訟内容。

私が見た感じでは、ちょっと訴訟の内容がショボいような気がしましたね。

会社の損害は何億とかでも、結局のところパワハラの訴訟か~ちょっとスケールが小さい?というのが個人的な感想です。

「SUITS/スーツ」の今後の考察

「SUITS/スーツ」1話が放送されましたが、「SUITS/スーツ」は今後どのような展開になっていくのでしょうか?

「SUITS/スーツ」日本版ドラマの今後の考察について解説していきます!

「SUITS/スーツ」日本版ドラマの今後を考察するとすれば、

  • 大貴は正体を隠し続けられるのか?
  • 聖澤真琴と大貴の恋の行方は・・・?
  • 甲斐と蟹江の蹴落としあいはどうなる?

というところでしょう!

まず1番重要なのは、大貴は正体を隠し続けられるのか?というところですね。

本家ではルイス(蟹江貢のポジション)が、マイク(大貴のポジション)がハーバード卒ではないことに勘付く展開なので、同じようにまずは蟹江に怪しまれるのだと思います。

そして、パラリーガルの真琴と大貴の恋の行方は、真琴が素直になることで、大貴とくっつくのではないかな~と思いますが、その前に遊星の妹・砂里との三角関係になることが予想されますね!

そして最後は、甲斐と蟹江の争いはどうなるのか?という点。

仲間内で引っ張り合うのはどうかと思いますが・・・蟹江が甲斐に執着して甲斐の弱みを探し出して甲斐を蹴落とそうとする展開が予想されます。

あくまで個人的な考察なので、「SUITS/スーツ」日本版の今後の展開に期待しましょう!

「SUITS/スーツ」1話の感想と評判

最後に、「SUITS/スーツ」1話の感想と評判を紹介していきます!

https://twitter.com/BeginAgain_06/status/1049489428501094400?s=20

本家「SUITS」と比べなければ、日本の月9としては面白いという声が多かったですね!

私も本家「SUITS」ファンなので、別物として楽しみたいと思います(笑)

まとめ

今回は、

  • 「SUITS/スーツ」1話のあらすじ
  • 「SUITS/スーツ」1話のネタバレ
  • 「SUITS/スーツ」の今後の考察
  • 「SUITS/スーツ」1話の感想と評判

について解説しました!

「SUITS/スーツ」1話を見逃してしまった人は、無料で見る方法もあるので、参考にしてみてくださいね↓

https://11kamone.com/suits-2-1344

↓↓『SUITS/スーツ』日本リメイク版ドラマ1話~最終回までネタバレ・感想記事を更新中!↓↓

あわせて読みたい
SUITS/スーツ日本版1話~最終回まで全話あらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『SUITS/スーツ』日本リメイク版の1話~最終回まで全話あらすじ&ネタバレ、そして、感想や考察も紹...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。