アニメ

進撃の巨人アニメ4期はいつから放送?内容はどこからどこまででネタバレは?

今回は、『進撃の巨人』4期アニメの放送はいつから?

『進撃の巨人』アニメ4期が放送されるとしたらどこからどこまで放送されるの?

また、『進撃の巨人』アニメ4期の放送枠となるであろうシーンの内容ネタバレも紹介していきます!

\アニメ1,2,3期が全話見放題/
▼今すぐ無料で見たい方はこちら▼

※無料視聴する方法を解説している記事へジャンプします。

『進撃の巨人』アニメ4期はいつから放送?

現在『進撃の巨人』のアニメは1期2期3期まで放送されています。

 

そして、気になる4期の放送は、

2020年10月〜

『進撃の巨人Final season』として放送予定となっています。

 

放送局はNHK総合に決定しています。

う〜ん、NHKには一抹の不安が・・・。

 

 

もし1〜3期まで見逃してしまった人がいたら、『進撃の巨人』1期2期3期全てを無料でイッキ見できる方法を参考にしてみてくださいね↓

>>進撃の巨人アニメ1,2,3全シーズンフル動画を無料視聴する方法まとめはこちら

 

『進撃の巨人』アニメ1期〜3期までの放送まとめ

『進撃の巨人』の放送はこんな感じで進められてきました↓

進撃の巨人1期(1・2クール)全25話1巻〜8巻まで
進撃の巨人2期全11話(26話〜37話)9巻〜12巻まで
進撃の巨人3期1クール全12話(37話〜49話)13巻〜18巻途中
進撃の巨人3期2クール全10話(50話〜59話)18巻途中〜22巻まで

 

『進撃の巨人』アニメ4期はどこからどこまで(何巻まで)放送?

進撃の巨人アニメ4期では、

原作23巻~26巻までの「マーレ編」

が描かれることは間違いありません。

 

アニメ3期が原作22巻「世界の真相編」のラストシーンまで描いて綺麗に終わったので、アニメ4期はその続きから始まるということになります。

「マーレ編」は原作91話~105話までの計15話なので、アニメ4期が1クールだとすれば区切りの良いところで収まりそうです。

 

アニメ4期が2クールに分けて放送される場合は、原作27巻以降の「パラディ島奇襲編」まで進むでしょう。

ただし「パラディ島奇襲編」は原作でも未だに解決していない部分なので、2クール目はモヤっとする終わり方をしてしまう恐れがあります。

 

→『進撃の巨人』原作漫画を無料で読みたい方はこちらをチェックしてみてくださいね。

 

『進撃の巨人』4期は何クール放送される?

進撃の巨人アニメ4期は、ずばり2クール分放送されると推測できます。

本当はマーレ編までを1クール分に収めるほうがキリがいいのですが、マーレ編は少し特殊なエピソードなので、ここだけアニメ化するとは考えにくいです。

と言うのもマーレ編の主人公はエレンやミカサではなく、エレンたちから見て”敵国”に暮らす人々を描いたお話になっているのです。

詳しくは以下のネタバレで解説しますが、マーレ編にはエレンやミカサが終盤まで登場しません。

鎧の巨人ことライナーの心情を中心に、どうして彼らが巨人の力を使って壁中人類を滅ぼそうとしていたのかが明かされるくだりになっています。

いわば本来の主人公であるエレンたちが「敵」として扱われるエピソードが続くため、そのまま終わってしまうとアニメ派のファンが混乱してしまいそうです。

 

しかしマーレ編に続く「パラディ島奇襲編」は原作でも未解決の部分なので、おそらく途中でアニメが原作に追いついてしまうでしょう。

そのためアニメ3期でやっていたように「アニメ4期(パート1)」「アニメ4期(パート2)」という形を取り、少し時期をずらして原作の進みを待つのではないかと予想できます。

 

『進撃の巨人』4期のネタバレは?

では、実際に『進撃の巨人』4期のアニメが23巻〜26巻まで放送される場合、どんな内容になっているのか?

漫画のネタバレを紹介していきます!

 

ここからはネタバレありなので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!!

『進撃の巨人』漫画最新刊を無料で読みたい方はコチラもチェック

 

まずは、マーレについてよくわからない!という方のために、マーレについてちょっと解説!

マーレとは?

進撃の巨人と言えば、壁の中にいれば巨人に食べられない!安心!という世界が基本でしたよね。

自分たちは壁の中にいるから安全。壁の外にいた人たちはもうみんな巨人に食べられちゃったんだ。と教わってきたエレンたち。

 

しかし、実はエレンたちがいる世界は、世界のほんの狭い空間に過ぎなかったのです。

エレンたちが住んでいたのは、パラディ島という島。

 

エルディア人とマーレ人

本来大陸には、エルディア人マーレ人の2種類の民族がいます。(他にも民族はいますが登場するのはこの2種族)

 

エルディア人エレンたちの民族で、巨人になる能力を持っている。ユミルフリッツという祖先が後世に9つの巨人の力を残していった。
マーレ人 巨人になる能力を持っていない

 

元々はエルディアの民族がマーレを滅ぼし他民族を支配していましたが、その後マーレ人とエルディア人は戦争になり、エルディア人は巨人の勢力を使って挑みますが、現代の武器などを使用して、さらにエルディア人から7つの巨人の力を奪ったマーレ人が勝利

 

負けたエルディア人の中でも、大陸に住んでいたエルディア人はマーレの迫害を受け、捕虜のような形になります。

そして、捕虜になったエルディア人に対して「市民権を与える代わりに、巨人としてエルディア人と戦え」とマーレの人々が言います。

 

戦いを好まないエルディア人の国王フリッツは、パラディ島に逃げ、大きな壁を作り戦いから逃れることにしました。

この壁こそが、進撃の巨人の肝となる3つの壁なのです。

 

マーレ編の内容をネタバレ

ここからは『マーレ編』の完全なネタバレになるので、ネタバレしたくない方は読み飛ばしてくださいね。

 

 

エルヴィンを始めとした有能な兵士たちを多数失った、シガンシナ区の戦いから4年後。

マーレの戦士たちが「始祖」の奪還に失敗したことを切っ掛けに、外の世界ではマーレと中東連合国との戦争が起こっていました。

巨人の力を有するマーレはなんとか勝利を収めますが、諸外国の近代兵器の発達によって「巨人の力だけでは戦争に勝てない時代が来る」と悟ります。

 

この情勢の変化で最も困るのは、巨人兵器としてマーレに飼い殺しにされているエルディア人たちでした。

大陸に残ったエルディア人の末裔は今でも数多く、彼らの多くは「悪魔の血」と呼ばれ酷い差別を受けています。

それでも殺されずにいるのは、遺伝的に巨人化することが可能なエルディア人には兵器としての価値があったからでした。

しかし近代兵器に勝てなくなればマーレがエルディア人を生かしておく理由がなくなり、差別や迫害がさらに進んでしまいます。

 

そんな悲惨な未来を防ぐため、ジークはあらためて「始祖」の奪還作戦を再開することを提言します。

九つの巨人の中でも最強の力を秘めた「始祖」さえ取り戻せば、近代兵器の発達による戦力差など簡単に埋めることができるからです。

その重要性を世間にアピールするため、エルディア人でありながら世界的な要人としての地位をもち、さらに「戦槌の巨人」を管理するタイバー家が協力してくれることになります。

 

これからライナーにとっては自分だけでなく家族や故郷を賭けた最終決戦が始まるはずなのですが、彼の心境は複雑です。

ライナーは選ばれた戦士であるという自負と、自分を庇って死んでいった仲間への無念、さらにはパラディ島で仲良くなってしまった”敵”たちへの贖罪など、様々な思いが去来していました。

 

そして事件は、タイバー家の当主ヴィリーが演説を行う祭事の日に発生します。

多くの出店で賑わうお祭りの最中、ライナーは戦士候補生のファルコに連れられてある建物の地下へと入りました。

そこにはなんと、パラディ島にいるはずのエレンが座っていたのです。

「何しにここに来た?」と問うライナーに、「お前と同じだ」と答えるエレン。

 

一方そのころ、ヴィリー・タイバーは世界各国の要人を前に「歴史の真実」を語っていました。

彼はタイバー家に伝わる真実の歴史を暴露し、かつて巨人大戦を終わらせたのは「悪魔」と呼ばれるフリッツ王自身なのだと明かします。

しかしフリッツ王のおかげで保たれた平和も、エレン・イェーガーが起こした反乱によって壊されかけていると言うのでした。

 

演説が佳境に差し掛かったころ、突如として地下からエレン巨人が現れてヴィリーを殺害してしまいます。

かつてライナーに「お前らが出来るだけ苦しんで死ぬよう努力する」と言った通り、ライナーの故郷を一瞬にして地獄絵図に変えるエレン。

 

そんなエレンを止めようと、タイバー家の戦槌の巨人が戦闘態勢に入ります。

戦槌の巨人は特殊なスキルでエレン巨人を追い詰めますが、途中から加勢してきた雷槍持ちのミカサによって形成は逆転。

さらに立体起動装置を着けたパラディ島の兵士たちが次々に現れ、マーレ兵や民間人は成す術なく殺害されていきます。

 

マーレ側も九つの巨人を投入して応戦しますが、結果だけ見ればパラディ島側の大勝利。

戦槌の巨人はエレンに捕食され、軍港は超大型巨人に破壊しつくされ、町はメチャクチャになってしまいました。

エレンを含めたパラディ島の兵士たちは作戦終了と共に飛行船で逃走します。

 

ところが帰還途中、マーレの戦士候補生であるガビとファルコが飛行船に侵入し、サシャが撃ち殺されてしまいます。

拘束されたガビは「ジーク戦士長の意思を受け継ぐ」と大騒ぎしますが、なんとパラディ島の飛行船には裏切ったジークが同乗していたことが判明。

実はジークとパラディ島の人々はとっくに結託しており、エレンの「始祖の巨人」とジークの「王家の血筋」を揃えることで最強の巨人の力「地鳴らし」を発動することを目論んでいたのです。

 

マーレから帰還したエレンたちですが、今度は政治的な紛争に巻き込まれることになります。

ミカサがヒィズル国の将軍の血筋であることが判明したことで外国との繋がりが出来たり、パラディ島の実質的な統率者だったザックレーが暗殺されたりと壁中は滅茶苦茶。

そしてエレンはエルディア人の希望として持ち上げられるようになり、反逆組織のトップとして政府と敵対することになってしまいました。

 

さらに壁中のレストランで提供されていたワインに、巨人化のトリガーとなる脊髄液が混入していたことが明らかになります。

これによって一口でもワインを飲んだことのあるパラディ島の民は、ジークの意のままに巨人化する操り人形と化してしまったのです。

エレンとジークは結託してパラディ島の政府を出し抜き、リヴァイやミカサすらも騙し討ちにしようとします。

 

そんな島内のいざこざはお構いなしに、今度はマーレの戦士たちがパラディ島を襲撃します。

複数の九つの巨人が送り込まれた頂上決戦が発生し、エレンとジークは巨人化を維持できないほどギリギリまで追い詰められてしまいました。

 

しかし死の直前で二人が触れ合い、ついに「始祖の巨人」と「王家の血」が覚醒。

エレンとジークは「すべての道が交わる座標」に到達し、巨人の力の始まりである「始祖ユミル」に会うのでした。

 

『進撃の巨人』最終回の結末はどうなるのか予想!

次回の放送でアニメ最終章となってしまった『進撃の巨人』

最終回はどうなるのか?『進撃の巨人』ファンの方に予想していただきました↓

 

まず最初に言えるのは、進撃の巨人の最終回はそう遠くないということです。

作者の諫山先生は2013年時点で「進撃の巨人は20巻完結を目標にしている」と言っていて、それが年々少しずつ伸びて30巻まで来ています。

しかしそれは少年漫画にありがちな引き延ばしではなく、丁寧に説明していたら予定より長引いてしまった…というのが正しい解釈でしょう。

2019年の最新のインタビューでは「あと1年ちょっとくらい」と語っていることから、物語がかなり佳境に近づいていることを伺わせています。

 

原作30巻では、本作の最重要人物である「始祖ユミル」の素性がついに明かされました。

アニメを2クール分に分けるとするなら始祖ユミルの登場から原作ラストまで描かれる可能性が高いので、アニメの最終回と原作の最終回はピッタリ重なる可能性も考えられます。

 

では、その内容はどんなものになるのでしょうか。

ファンの間でも様々な考察が飛び交っていますが、筆者としてはハッピーエンドとバッドエンドが半々になる可能性が非常に高いのではないかと推測しています。

根拠は2018年に放送された「情熱大陸」に諫山先生が出演した際、映し出されていた「進撃の巨人のラストシーン」のイメージ画です。

そのイメージ画には、赤ん坊を抱いて「お前は自由だ……」と語る男性の後ろ姿が描かれています。

この男性は一見するとエレンに見えますが今のところ正体は不明で、また抱いている赤子がその人物の子なのかも明かされていません。

 

ただしこのラストシーンを信じるならば、ファンの間で予想されていた最終回のひとつ「人類全滅エンド」は回避されたと言っていいでしょう。

後ろ姿の男性と赤子がエルディア人だと仮定するなら、地鳴らしによってエルディア人が全滅するという最終回も否定することができますね。

 

しかしあれだけ引っ張っておいて地鳴らしを発動させずに終わるというのも拍子抜けなので、エレンは地鳴らしを何らかの形で活用するのでしょう。

始祖ユミルを手なずけたエレンがエルディア人から巨人の力を無くし、地鳴らしによって世界中の兵器だけを踏み潰す…なんて終わり方をすればハッピーエンドと言えるでしょうか。

少年漫画としてはこれで王道の終わり方だと言えそうですが、あの諫山先生がそんなシンプルな終わらせ方をするとは思えないので、さらに一捻りしてくることは間違いないでしょう。

 

細かい描写は諫山のみぞ知る…ですが、筆者としては「ハッピーエンドになったが、あまりにも大きな犠牲を払った」という終わり方になる可能性が高いと睨んでいます。

巨人の力は消えたがエルディア人は全滅するとか、エルディア人が差別されることはなくなったがエレンやミカサは死亡してしまう…とかですね。

予想外の展開を好む諌山先生があえて情熱大陸でラストシーンを見せてきたということは、あの後ろ姿もエレンとは別の誰かという可能性が高いと思います。

まとめ

今回は、進撃の巨人について解説しました!

『進撃の巨人』が今後どんな展開になって行くのか、楽しみですね!

 

進撃の巨人を無料視聴

『進撃の巨人』のアニメは完全無料で視聴することができますよ↓

>>進撃の巨人アニメ1,2,3全シーズンフル動画の見逃しを無料視聴する方法はこちら

『進撃の巨人』の漫画を無料で読みたい方はこちらをチェック↓

>>進撃の巨人最新刊を無料で読めるアプリまとめ!レンタルより安くてお得に読む方法はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。