ドラマ

スキャンダル専門弁護士QUEEN6話あらすじネタバレは?考察や感想評判と見逃しを無料視聴する方法は?

スキャンダル専門弁護士QUEEN
ゴマくん
ゴマくん
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話が放送されたね!
ペンちゃん
ペンちゃん
6話はどんな展開になるんだろう?

ということで今回は、2月14日(木)22:00〜放送の2019冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の6話あらすじとネタバレは?

また、考察や感想評判、6話の見逃しを無料で見る方法を紹介していきます!

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話あらすじ(ネタバレなし)

鈴木法律事務所に新たに持ち込まれた危機管理の仕事は、大物小説家のパワハラ疑惑。 氷見江(竹内結子)与田知恵(水川あさみ)鈴木太郎(バカリズム)は、依頼主である浮田千代子(真野響子)に会いに行く。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

氷見たちを迎えたのは千代子の秘書、若月礼二(杉野遥亮)。礼二以外の秘書たちはパワハラを訴えて辞めてしまっていた。礼二は千代子が秘書たちに厳しく当たるようになったのはここ最近で、本当は週刊誌で糾弾されるような人物ではなく、優しく穏やかな人だと擁護。そして千代子と対面する氷見たち。浮田はちゅうちょなく、あっさりと週刊誌の記事は事実だと認め、その上で、ベストセラー作家のスキャンダルということで盛り上がる蜂の巣をつついたような周囲の騒ぎをおさめて欲しいと氷見たちに要請をする。真っ白な衣装に身を包み、終始、豪放磊落な浮田は、礼二の給仕で千氷見たちと食事をしながら、礼二の中に秘められた小説家としての可能性を認め、もしも自分が亡くなったら遺産は礼二のような若い才能に使いたいと、氷見たちにこぼす。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

氷見たちは過去の仕事で縁ができたミナトテレビの部長を訪ね、礼二にフォーカスをあてた番組を提案。放送後、世論は見事に“スピン”され、騒動は収束しそうな気配を見せる中、礼二が不穏な動きをしていることを氷見が察知し・・・。

引用:フジテレビ公式

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話見逃しを無料視聴する方法は?

ゴマくん
ゴマくん
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』のドラマを見逃しちゃったよ〜

という人でも安心!

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話を無料視聴する方法はコチラを参考にして下さいね↓

あわせて読みたい
スキャンダル専門弁護士QUEEN
スキャンダル専門弁護士QUEEN6話見逃しフル動画を無料視聴する方法は?dailymotionやpandoraは危険【2月14日放送】 ということで今回は、2月14日(木)22:00〜放送分の『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話を無料で見る方法について...

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話ネタバレ

→『スキャンダル専門弁護士QUEEN』全話ネタバレはこちら

パワハラを告発される天才小説家

小説家の浮田千代子が、パワハラを受けたとして秘書たちから週刊誌に告発されます。

しかし、浮田は「あの人たちがパワハラだと思えばパワハラなんでしょう?」とパワハラを認めますが、謝るつもりはないと言います。

現在は若月礼二という秘書が1人で業務をこなしており、浮田は若月のことをひどく気に入り、才能を見出していました。

若月礼二を取材させることに

氷見はテレビ局の男性をスキャンダルネタで脅し、若月礼二を取材するように言います。

若月が取材を受けると、浮田との信頼関係や、イケメンなルックスから、世間からは高い好感度を得ることができます。

しかし、実は氷見は若月がクラブで派手に遊んでいる写真を入手していたのでした。

若月は編集社とグルだった

与田が若月がいたクラブに行くと、そこに記者の東堂も現れます。

さらに、若月は三流編集社の編集長と密会していました。

与田が編集者の人間に話を聞くと、若月に金を渡し、浮田に不利な契約で小説を書いてもらうために若月を送り込んだということが発覚します。

さらに、東堂が若月と編集者の密会現場の動画を週刊誌のネット配信で流したおかげで、若月のイメージはダダ下がり。

浮田もその事実を知ることになります。

浮田が死去

そんな矢先、図中の浮田が肺がんで死去してしまいます。

余命わずかだったのにも関わらず、それを隠して執筆を続けていたのでした。

 

すると、パワハラを訴えていた秘書たちは、今度は浮田が遺した遺産を受けとろうと躍起になります。

パワハラを訴えていたにも関わらず、「自分の死後は私たちに全て任せると仰っていましたから」と言い、氷見たちを帰そうとする秘書たち。

 

しかしそこに、若月が現れます。

すると、若月は浮田の残した遺言公正証書を取り出し、浮田は秘書たちに遺産を残したのではなく、お金は寄付すると書かれていると言います。

若月が小説家としてデビュー

若月が浮田を騙したことに違いはありませんが、浮田と過ごすうちに本気で小説家になりたいと思った若月。

さらに、浮田は若月が金をもらって送り込まれたのだと、すでに気づいていたのでした。

しかし、若月の才能を見込んで、それでも側に置いておいたのです。

 

若月は、氷見たちの後押しもあり、浮田と過ごした日々を小説にして、小説はベストセラーに。

華々しく小説家デビューすることができたのでした。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話感想・評判

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話の感想を紹介していきます。


『スキャンダル専門弁護士QUEEN』キャストや出演者の演技の評判についてはコチラをチェック!↓

あわせて読みたい
スキャンダル専門弁護士QUEENキャストと相関図
スキャンダル弁護士QUEENのキャストと相関図まとめ!出演者の演技の評判や過去作品も ということで今回は、2019冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の キャストと相関図やキャラクター設定...

まとめ

今回は、

  • 『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話あらすじ
  • 『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話見逃しを無料視聴する方法
  • 『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話ネタバレ
  • 『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話考察
  • 『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話感想評判

について解説しました!

1話〜最終回まで全話更新中の、『スキャンダル専門弁護士QUEEN』のあらすじネタバレ、感想記事はこちらをチェック!↓

あわせて読みたい
スキャンダル専門弁護士QUEEN1話〜最終回まで全話ネタバレあらすじ感想
スキャンダル専門弁護士QUEEN1話〜最終回あらすじネタバレ!感想考察や見逃しを無料視聴する方法も ↓↓『スキャンダル専門弁護士QUEEN』はFODプレミアムで配信中↓↓ [PR]今すぐ『スキャンダル専門弁護士QUEE...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。