ドラマ

イノセンス冤罪弁護士1話あらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判と見逃しを無料視聴する方法も

ゴマくん
ゴマくん
『イノセンス冤罪弁護士』が始まったね!
ペンちゃん
ペンちゃん
どんな展開になってるのか気になる〜!

ということで今回は、2019冬ドラマとして、1月19日(土)22:00〜放送のドラマ『イノセンス冤罪弁護士』1話のあらすじとネタバレ、そして、今後の考察や感想評判、見逃しを無料で見る方法などを紹介していきます!

『イノセンス冤罪弁護士』1話あらすじ

イノセンス冤罪弁護士1話

保駿堂法律事務所で刑事事件を担当する若手弁護士の黒川くろかわたく(坂口健太郎)は、日本の司法制度の下では異例の3年で5件もの逆転無罪を勝ち取っている凄腕弁護士。しかしその素顔は、人当たりはいいものの、整理整頓が苦手で取材嫌い、事務所の物置に住み着いている変わり者。訳あって大手事務所をクビになり、ひと月前から保駿堂法律事務所で働く新米弁護士の和倉わくらかえで(川口春奈)は、不本意ながら拓を手伝うことになるが、独特のペースに振り回されてストレスが溜まるばかり。この日も拓は冤罪事件に関心を持つ報道ディレクター・有馬ありま聡子さとこ(市川実日子)の取材をドタキャンし、勝手に依頼を受けていた依頼人との約束を優先させる。

依頼人・阿蘇あそ恵美子えみこ(中島ひろ子)の夫・重雄しげお(吉田栄作)は、自宅に放火をした容疑で逮捕された後、犯行を自白。阿蘇家には借金があり、偶然にも恵美子が不在の日に事件が起きたことから保険金目当ての犯行とされているが、恵美子は夫の犯行が信じられないと言葉を詰まらせる。拓は火事の際に重雄が慌てて持ち出したという戦隊ヒーローのフィギュアに興味を示す。それは5年前に10歳で亡くなった息子・幸雄ゆきおの形見の品だった……。

早速接見に向かう拓と楓だが、今回の事件はすでに被疑者の重雄が自白済み。弁護方針を尋ねる楓に拓は、警察の調書が犯人像をイメージしやすい“よく出来た調書”だったと言う。さらに拓は、生気無く自白内容を認める重雄に“ある質問”を投げかけることで、警察から虚偽の自白を強要されたことを告白させる!

翌日、火事のあった阿蘇宅跡で証拠写真を撮る拓と楓、パラリーガルの城崎きのさき穂香ほのか(趣里)は、集まって来た小学生たちから“ユキオの呪い”で火事が起きた、と気になることを言われる。実は幸雄が亡くなったのは廃工場で花火をしていた際の失火が原因だった……。そんな中、所長の別府べっぷ長治ながはる(杉本哲太)から呼び出された楓は、事務所の利益に無頓着な刑事事件担当の拓やベテラン弁護士の湯布院ゆふいん和人かずと(志賀廣太郎)が暴走しないように監視役を任命される。冤罪にこだわるあまり警察や検察に批判的すぎる拓たちは、別府からあまり良く思われていないようで……。

そして迎えた公判初日。重雄の取り調べをした刑事の下呂げろが証人として出廷するが、下呂の挑発に乗った重雄は法廷で暴れ、心証を損なってしまう。さらに、検察側は弁護側が主張する1階の押入れにあったストーブからの失火を科学的に否定し、弁護側は窮地に!!

そんな状況でも焦った様子もなく再び現場に足を運ぶ拓にイラつきを抑えられない楓は、少しでも刑期を軽くするための情状弁護に切り替えることを提案するが、拓は意外な答えを返す……。そして、拓が最後に向かったのは大学の実験施設。待っていたのは物理学科准教授の肩書を持つ偏屈な科学者・秋保あきう恭一郎きょういちろう(藤木直人)。そこで楓が目にしたのは想像を超える拓の大暴走!?

果たして放火事件の真実と裁判の行方は……!?

引用:日テレ公式

『イノセンス冤罪弁護士』1話見逃し動画を無料で見る方法は?

ゴマくん
ゴマくん
『イノセンス冤罪弁護士』を見逃しちゃった!

という人でも安心!

『イノセンス冤罪弁護士』の1話を見逃しても、無料で見る方法があるので参考にしてくださいね↓

→『イノセンス冤罪弁護士』1話〜最終回まで全話無料視聴する方法はこちら

『イノセンス冤罪弁護士』1話ネタバレ

→『イノセンス冤罪弁護士』全話ネタバレはこちら

黒川拓という、刑事事件に力を入れる若手弁護士がいました。

拓の取材を進める有馬

3年で5件もの冤罪事件を無罪に導いた黒川に、有馬は興味を示していました。

そして、拓の取材をしに弁護士事務所に訪れます。

楓はセクハラ被害で前の事務所を不当解雇に

前の事務所が大手弁護士事務所という楓。

楓は、前の事務所でセクハラ被害を訴えたところ、不当解雇されてしまったのです。

放火事件の冤罪を救え

黒川は、保険金目当ての放火事件の冤罪を救うために動き出すことに。

事件当時、現場にいたのは被疑者の阿蘇重雄だけ。

保険金目的の放火だとして重雄は逮捕され、重雄は警察に自白を強要されて逮捕されてしまったのです。

妻の恵美子に聞くと、実は阿蘇家には借金があり、それが動機ではないのかと言われたのだとか。

さらに、阿蘇家にあった燃え残りを見ると、その中には戦隊モノのフィギュアが。

実は、それは5年前に亡くなった息子の遺品だと言います。

家事のせいで、息子さんとの思い出のアルバムなども全て燃えてしまったのです。

阿蘇重雄に会いに行く黒川たち

阿蘇に会いに行き、黒川が「息子さんの部屋に自分で火をつけたんですか?」と聞くと、「そんなわけないじゃないですか。息子の思い出の詰まった部屋に・・・」と答える重雄。

実は、重雄は取り調べの時に警察から「お前の妻も逮捕する」と脅され、嘘の自白をしたのだとか。

そして、嘘の供述で調書を取られたのでした。

2つ質問をする黒川

  1. 取り調べのことを裁判で話すことはできますか?
  2. あなたは自宅に放火をしましたか?

1番目の質問には、「はい」と答える重雄。

そして、2つ目の質問には、「していません」と答えると、「わかりました。僕が無罪にします」と伝える黒川。

現場に行く黒川たち

黒川と楓、穂香は火事現場に入ります。

黒川たちが現場から出ると、小学生が「心霊写真撮りに来たの?」と訪ねて来ます。

小学生たちは「ユキオの呪いのせいで家が燃えた」と噂になっていると言い、黒川は詳しく話を聞くことに。

しかし、子供達の母親たちが来て、強引に子供たちを連れて行きます。

有馬が調べたユキオについての情報と火事当時の動画

重雄の息子の阿蘇幸雄くんは、先天性の心臓病を患っており、治療でお金がかかるため阿蘇家には借金があったのだとか。

しかし、幸雄くんは病気で亡くなったわけではなく、10歳の時に花火をしていて廃工場に引火し、逃げ遅れて亡くなってしまったのだと言います。

幸雄くんが火事で亡くなったため、『ユキオの呪い』と言われていたのでした。

楓は黒川の監視をしろと指示されます

所長の別府と登別から、黒川の行動を監視しろと命じられる楓。

黒川は無罪にするためならどんな方法も厭わず、暴走してしまうことがあると言います。

黒川をしっかり見張っていれば、楓を法務部門に移動すると言う別府。

裁判に負けるのは問題じゃないが、黒川の暴走を止められなければ楓の立場も危ういと言われてしまいます。

第1回公判

重雄は、検察官が読み上げた起訴状を「全て間違いです」と言います。

「私は、自宅に火なんかつけていません。何もかもデタラメです。」

 

黒川は、証人尋問に、取り調べを担当した刑事を召喚します。

「被告の妻を逮捕すると言いましたか?」「いいえ。」

「火傷をしながら火の中からお子さんの物を持ち出していますが、火をつけたのは矛盾していると思いませんか?」「いいえ。」

そして、刑事は子供の幸雄のことについて触れ、重雄を挑発すると、重雄は刑事に掴みかかります。

このことにより、重雄の心象は悪くなってしまいました。

幸雄は学校でいじめられていた

公判の後、妻の恵美子に話を聞く黒川と楓。

幸雄くんは、体が弱いことで学校でいじめられていたのでした。

そのため、火災事故の時も、幸雄くんが一緒に遊んでいたわけではなかったのです。

重雄は、幸雄を守ってやれなかったことで、ずっと罪悪感を感じていたのだと言います。

第2回公判

専門家の鑑定により、確かに2階の子供部屋で出火していると主張する検察側。

専門家の鑑定によると、梁の上部だけが焼けて丸くなっているため、2階から出火したことに間違いはないと言います。

再び現場に行く黒川たち

公判後、黒川と楓は火事現場に赴きますが、やはり梁は上部だけが焼けて丸くなっていました。

その後、幸雄くんが亡くなった廃工場にいく黒川たち。

黒川は、廃工場にサバゲーをやっている跡を見つけます。

「そういえば、阿蘇さんの家が焼けた時の映像にも、野次馬の中にサバゲーをやっていた人たちが映っていた」と言う黒川。

そして、黒川はフェンスに引っかかっていたある物を持って帰ります。

火災事件をする黒川

後日、大学の研究室へ行く黒川たち。

そこにいたのは東央大学理工学部物理学科准教授の秋保恭一郎。

黒川は秋保に頼み、火災現場と同じ状況で火災実験をすることにしたのです。

第3回公判

再び例の専門家を呼んで尋問を行う黒川。

前回の調査結果について、「梁の下に隙間がないから空気が入り込む余地がない、だから梁の下は燃えず、上部だけが燃えて丸くなった。それは本当ですか?」と聞く黒川。

「もし、隙間があればどうですか?」と聞くと、「隙間があれば1階から燃えた火が2階に行くことがありますが、まずありえないでしょう。」と答える専門家。

 

黒川は阿蘇家の設計図を証拠として提出します。

実は、阿蘇家の梁には根太と言う木材が使われており、その木材によって梁の下部に隙間があり、炎が梁の上部へと移動した。

それによって2階から出火したように思われていたのでした。

原因はサバイバルゲームの無線機

実は、阿蘇家にあったストーブは、廃工場で行われていたサバイバルゲームで使用されていた無線機の周波数に反応し、その電波によってストーブが点火したのでした。

『ユキオの呪い』は、サバイバルゲームの違法電波により、テレビが勝手についたりする現象のことだったのです。

この現象については、重雄が火事現場から持ち出したビデオテープにも残されていました。

そして無事、阿蘇重雄は無罪を勝ち取ることができたのでした。

>>次週へ続く

『イノセンス冤罪弁護士』1話考察

『イノセンス冤罪弁護士』1話が放送されましたね!

冤罪を晴らすということなので、殺人事件とか、そう言った重罪なのかと思いきや、自分たちの身近でも起こりそうな、リアルな事件を取り上げて行くようですね。

 

放火、そして次週は強盗事件ですが、身近で起きてもおかしくない事件ですし、自分も冤罪の被害者になる可能性だってあります。

でも、警察に起訴されたら99%が有罪になるなんて・・・

日本の刑務所にも、冤罪で捕まっている人が大勢いるのかも・・・と思ったら、ゾッとしますよね。

そうなった時、自分の身を守ってくれる、黒川のような弁護士がいたらなあと思いました。

 

今回の放火事件でも、ありえないような偶然が重なって、あんな風に家が燃えてしまって。

(あれ1番悪いのはサバゲーをしていた人たちですよね・・・彼らは罪に問われないのか?)

息子さんの遺品も燃えてしまったことも、見ていてすごく辛くなりました。

 

次週は強盗事件の冤罪を晴らすということで、どんな展開になるのか楽しみですね!

『イノセンス冤罪弁護士』1話感想・評判

https://twitter.com/8j9nSGvIdGtu8OC/status/1087026056970817536

https://twitter.com/roseprincess_mr/status/1086957366728220672

『イノセンス冤罪弁護士』のキャストや出演者の演技の評判についてはコチラ↓

https://11kamone.com/innocence-cast-4998

まとめ

今回は、

  • 『イノセンス冤罪弁護士』1話のあらすじ
  • 『イノセンス冤罪弁護士』1話見逃し動画を無料視聴する方法
  • 『イノセンス冤罪弁護士』1話ネタバレ
  • 『イノセンス冤罪弁護士』1話考察
  • 『イノセンス冤罪弁護士』1話感想・評判

について解説しました!

EMA
EMA
『イノセンス冤罪弁護士』の感想についても、コメントに書き込んでみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。