ドラマ

イノセンス冤罪弁護士2話あらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判と見逃しを無料視聴する方法は?

イノセンス冤罪弁護士2話あらすじ
ゴマくん
ゴマくん
『イノセンス冤罪弁護士』2話が放送されたね!
ペンちゃん
ペンちゃん
今回はどんな展開になってるのか気になる〜!

ということで今回は、2019冬ドラマとして、1月26日(土)22:00〜放送のドラマ『イノセンス冤罪弁護士』2話のあらすじとネタバレ、そして、今後の考察や感想評判、見逃しを無料で見る方法などを紹介していきます!

『イノセンス冤罪弁護士』2話あらすじ

イノセンス冤罪弁護士2話

拓(坂口健太郎)の父・しん(草刈正雄)が最高検のエリート検察官だと知ったかえで(川口春奈)は、拓がわざわざ薄給の刑事事件の弁護士をしていることを疑問に思うものの本人には聞けずにいた。そんな中、お金にならない当番弁護の依頼が舞い込む。弁護するのは、コンビニで現金を奪い店員に怪我を負わせた強盗致傷の容疑で逮捕された21歳の飲食店アルバイト・十勝とかち岳雄たけお(山田裕貴)。担当刑事によると、岳雄は十代の頃から窃盗を繰り返していた札付きのワルだという。接見した拓と楓に対しても態度が悪く、いきなり激昂した岳雄は、自分はやっていないと机を叩く!

岳雄の手に調理師のバイト中にできた無数の切り傷があることに気づく拓だが、自分に疑いの目を向ける楓にキレた岳雄から追い返され、まさかの弁護拒否!岳雄を心配する母・睦美むつみ(仙道敦子)から、高校時代にはグレてしまったが今は料理人を目指して洋食屋で真面目に修行をしていた岳雄が強盗をするはずがないと言われる拓と楓。睦美から改めて弁護依頼を受けた拓は、徹底的に検証して戦うことを宣言する!
しかし、テレビ局員の聡子さとこ(市川実日子)に集めてもらった事件の情報を見ると、犯行現場の監視カメラ映像に加え現場には指紋が残っており、岳雄は限りなく黒。そんな中、別府べっぷ所長(杉本哲太)に呼び出された二人は今回の弁護は楓の主導にしたいと提案される。楓は拓の暴走を防げという別府からのプレッシャーを痛感……。

翌日。起訴前弁護で不起訴を勝ち取りたい拓と楓、穂香ほのか(趣里)は、有罪となる根拠を崩すために犯行現場のコンビニへ。調べるうちに警察の杜撰な捜査が明らかになるものの、母子家庭で育った岳雄がグレて犯罪に走ったと決めつける近所の人たちの偏見に、楓は憤りを覚える。岳雄が事件発生時刻にいたと主張する近所のガソリンスタンドを訪ねた三人は、監視カメラに映った岳雄の姿を見つけるが画面の時刻は事件発生時刻より少し早く、アリバイにはならない。現場調査に来ていた検察官の指宿いぶすき(小市慢太郎)に警察の見込み捜査を訴える拓だが、指宿は『疑わしきは疑われるだけの根拠がある』と拓の父から教わったと話す……。
不起訴を勝ち取るタイムリミットが迫る中、弁護材料が見つからず焦る楓。しかし拓はなぜかガソリンスタンドの向かいの家の庭にあった巨大オブジェに執着し、楓を苛立たせる。そして、留置所では連日の取り調べにより、岳雄が追い詰められていた。その頃、拓から監視カメラの映像解析を頼まれていた科学者の秋保あきう(藤木直人)はあることに気づく……。果たして偏見が生む冤罪被害を防ぐことができるのか?拓が大暴走の末に見つける真実とは!?

引用:日テレ公式

『イノセンス冤罪弁護士』2話見逃し動画を無料で見る方法は?

ゴマくん
ゴマくん
『イノセンス冤罪弁護士』2話を見逃しちゃった!

という人でも安心!

『イノセンス冤罪弁護士』の2話を見逃しても、無料で見る方法があるので参考にしてくださいね↓

→『イノセンス冤罪弁護士』1話〜最終回まで全話無料視聴する方法はこちら

『イノセンス冤罪弁護士』2話ネタバレ

コンビニ強盗事件発生

コンビニ強盗の犯人として、犯行を否認する十勝岳雄が逮捕・連行されました。

その報道が流れるテレビ局では、有馬が「報道のあり方に疑問」を局長に唱えますが、「スクープの一つでも持ってこい」と一蹴されます。

「相変わらず意見が合いませんね」と嘆く同僚に有馬は、「あーゆーバカが偏見と報道被害を生むのよ」と一言。

ちょうどその頃『保駿堂法律事務所』では、黒川の父がエリート検察官だと知った和倉が、何故黒川が薄給な刑事事件の弁護士をしているのか疑問を持ちながら、霧だけないでいました。

そこへ、十勝の事件の当番弁護の話が舞い込みます。

十勝との接見

コンビニ店員に怪我をさせて窃盗をした罪で拘留されている十勝に、黒川と和倉が接見に向かいます。

そこで出会った担当刑事は「札付きの悪」と彼を称します。

十勝は10代の頃から、素行が悪く補導歴も多くある人物のようです。

接見するも、「やってねーよ」と態度の悪い十勝。

今は調理師見習いで働いていて、「俺頭悪いから刑事からやったと言われて気が立っていた」と反省の色も見え、事件当日はガソリンスタンドに行っていた事などを話し、犯行を否認します。

しかし、和倉の物言いから、「顔とか態度で見下してるのバレバレなんだよ、ムカつくから二度と来んなくそ女」と十勝は怒鳴り、接見を勝手に切り上げてしまいます。

十勝の現在の姿

接見を終えて、「あれはやっている」と怒りの和倉。

そこへ、面会を求める十勝の母・睦美に出会います。

睦美から、十勝が料理人になるために母親のお店ではなく洋食屋で真面目に頑張っていた事実を聞き、「僕が徹底的に調べて戦います」と黒川は約束します。

事務所に戻ると有馬が調べた事件の情報が。

それだけを観ると、店内に指紋が残っていたり、防犯カメラの映像も、状況的には限りなくクロに近い事が想像されます。

そんな中、黒川と和倉は所長から「今回の事件は和倉先生の主導で」と言い渡されます。

前回のようなミスがないように、つまり、黒川の暴走を和倉に止めろという事です。

捜査開始

事件のあったコンビニに聞き込みに行く黒川・和倉・城崎。

ビデオカメラでは、犯人はマスクをしており、十勝とは明確にはわかりません。

被害にあった店員から「十勝は元店員だった」ので「マスクしていても目の感じでわかる」と言われます。

店に居合わせたお客さんも、「母子家庭だから」と偏見の言葉を発し噂をしています。

「片親だから」「母子家庭だから」と偏見の目を向ける世間に、和倉はイライラします。

そして、十勝が立ち寄ったと言っていたガソリンスタンドへ。

そこで、指宿検事に遭遇します。

なんと、警察から検察に資料として提出されたのは、防犯カメラの映像ではなく、それを撮影した写真2枚だけだったというのです。

コンビニでの聞き込みに加え、ろくに映像も確認しない警察のずさんな捜査が浮き彫りになります。

カメラの映像を再度確認するも、十勝は6時45分〜49分の4分間しか映っていなく、事件の発生した7時のアリバイにはなりません。

十勝の昔の仲間であるアルバイト店員は「犯人だと思いますよ、いつも金欲しいって言ってたし」と証言します。

そんな中黒川は、ガソリンスタンドの前にあるオブジェ(日の出の塔)が気になる様子。

有馬にもらった昔の特集番組と、カメラの映像を見比べていきます。

事件とは無関係のものへの興味と思い、和倉のイライラは募ります。

事件の手がかり

事件の現場となったコンビニに来て欲しいと睦美から呼びだされた黒川と和倉。

ガソリンスタンドのレシートを探していたら、コンビニのレシートが出てきたので、カメラを確認したいと懇願します。

カメラを検証する3人。

事件発生より以前に、逮捕理由となった店の入口とスタッフルームの入口に十勝の指紋がついた瞬間が映っていました。

しかし、これだけではまだ犯人でないという証明にはなりません。

そんな中新事実として、睦美から十勝とは血が繋がっていない事を聞かされます。

本当の両親から虐待をされていた十勝を引き取って育ててきて血縁関係はないが、「やましい事があったら顔を見ただけでわかる」と親子としての絆を訴えられます。

その一方、刑事からの執拗な取り調べを受ける十勝。

アルバイトもクビになった事実をしり、「お前が母親の人生邪魔してんだよ」と言われ、自暴自棄になり、拘置所の柵に頭を何度も強打する騒ぎを起こします。

それを受けて面会する和倉と黒川。

「本当に立ち直ろうと思っていた、お袋に喜んでもらえるから。でももう全部手遅れなんじゃないか」と嘆く十勝に、「肝心なのは今あなたがちゃんとしているかどうかという事だけ」と和倉が声を荒げます。

じつは、和倉も母子家庭で育ち、バカにされたくないと頑張ってきたというのです。

黒川は「バカにされると思っているのが偏見で、肝心なのは今ちゃんとしてる事」と和倉に優しく語りかけます。

事件の真相

日の出の塔の光の揺れがずっと気になっていた黒川。

拘置所の待合でペットボトルが転がった時の光の反射をきっかけに、事件当日の雨、塔、などがフラッシュバックします。

そして、ガソリンスタンドの映像解析をお願いしていた秋保と合流し、事件当日の様子を再現すべく実験をします。

実験は、事件当日にあった集中豪雨、日の出の塔の近くのビニールハウスにできた水たまりも再現。

また、それによってできた角度と道路に落ちている鏡の反射によって、塔の揺らぎが発生しているというものでした。

それは事件当日のガソリンスタンドの映像に映るものと一致。

塔の近くのビニールハウスから集中豪雨によってできた水を捨てることによってできた光の反射が、映像に映っていたことが判明します。

また、集中豪雨のあった時間から、ビニールハウスの防犯映像とガソリンスタンドの映像の時間が同時再生で検証され、ガソリンスタンドの防犯カメラの時刻表示が15分ずれていたことが判明するのです。

これにより、事件のあった7時に、十勝がガソリンスタンドにいたことが実証され、アリバイが成立、見事不起訴となりました。

事件の真犯人は、ガソリンスタンドのアルバイトである、昔の仲間でした。

もともと罪を十勝に着せるつもりで、似たような服装をし、外出している時間を見計らって事件を起こしたと自供。

一緒に悪さをしていた人間が、夢を持って前に進んでいる事への嫉妬からくるものでした。

無事釈放された十勝に、「家庭環境や素行不良の偏見に基づいた不当逮捕」である事実は変わらないこと、しかし「人は変われると信じています。偏見を覆したいなら十勝さんでそれを証明してください」と黒川は激励するのでした。

『イノセンス冤罪弁護士』2話考察

「片親だから」「素行が悪いから」ということ始め、世の中には偏見が横行していると思います。

私自身も、偏見をまったくもっていないかというと、胸をはって言えるわけではありません。

偏見は、どうしてもついて回るし、それを覆すのは本当に大変なことだと思います。

でも、人間は本当に変わろうと思えば変われる。

それは、1人で頑張る事ではなくて、信じていてくれる大事な人がいるかというメッセージでもあるのかなと感じました。

『イノセンス冤罪弁護士』2話感想・評判

https://twitter.com/rain_bow_suki/status/1089270855748579329

https://twitter.com/hinaa_yr/status/1089165158251810816

『イノセンス冤罪弁護士』のキャストや出演者の演技の評判についてはコチラ↓

あわせて読みたい
イノセンス冤罪弁護士キャストと相関図とキャラクターや評判
イノセンス冤罪弁護士キャストと相関図まとめ!キャラクター詳細や出演者の演技の評判と過去作品も ということで今回は、2019冬ドラマとしてスタートする『イノセンス冤罪弁護士』のキャストと相関図をまとめ!キャラクター詳...

まとめ

今回は、

  • 『イノセンス冤罪弁護士』2話のあらすじ
  • 『イノセンス冤罪弁護士』2話見逃し動画を無料視聴する方法
  • 『イノセンス冤罪弁護士』2話ネタバレ
  • 『イノセンス冤罪弁護士』2話考察
  • 『イノセンス冤罪弁護士』2話感想・評判

について解説しました!

EMA
EMA
『イノセンス冤罪弁護士』の感想についても、コメントに書き込んでみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。