ドラマ

腐女子うっかりゲイに告る原作小説彼女が好きなものはホモの結末ネタバレと最終回は?感想評判も

腐女子うっかりゲイに告る
ゴマくん
ゴマくん
『腐女性うっかりゲイに告る』っていうドラマが始まるんだけど、内容がきになるね〜
ペンちゃん
ペンちゃん
原作があるみたいなんだけど、結末はどうなるのかな?

今回は、2019春ドラマとしてスタートする『腐女子、うっかりゲイに告る。』の原作小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』の結末ネタバレと最終回はどうなる?

小説の感想評判についても紹介!

『腐女子うっかりゲイに告る』原作小説は?

2019春ドラマとしてスタートする『腐女子うっかりゲイに告る』は、『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』という小説が原作となっています。

浅原ナオトさんという方が原作の小説で、LGBTをテーマにしたストーリーとなっています。

『腐女子うっかりゲイに告る』原作小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』のネタバレと結末は?

では、そんな『腐女子うっかりゲイに告る』の原作小説である『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』の内容ネタバレと、結末について紹介していきます!

『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』のストーリーのネタバレ

ゲイであり親子ほど年の離れた恋人のいる高校生、安藤純。彼はある日、クラスメイトの三浦紗枝がBLの本を買うところに遭遇してしまう。

紗枝はBLが好きな腐女子であるということを公にしていないため、純にも口止めをする。そのことがきっかけでふたりの距離は縮まり、紗枝は純に思いを寄せるようになる。

 

一方純には、マコトさんという恋人がいる。

マコトさんは妻子持ち。実は純と同じ年頃の息子がいて、そんな息子に対して性欲を抱いてしまい、それを発散させるためにインターネットで出会いを求めた。そこで出会ったのが純だ。ふたりは逢瀬を重ね、愛を深めていく。

 

純は、ゲイではあるが、結婚願望も、将来子供がほしいという望みをもっている。

結婚をして子供をもって、しあわせに暮らしたい。それが純の望みであり、けれどその願いに反して、純の体は男性に対してのみ反応してしまう。

 

また、純には心のうちやすべてを洗いざらいに話せる相手がひとりいた。

その相手は、ネット上での友達である“ミスター・ファーレンハイト”だ。

彼は純と同じゲイであり、そしてHIVのキャリアを持っている。これはかつて亡くなった恋人からもらってしまったキャリアである。

純にとってミスター・ファーレンハイトは気持ちを分かりあえる同士であり、そしてさまざまな経験をしてきて、純が探している言葉や思想をくれる神様のような存在でもあった。

 

紗枝は純に想いを伝え、ふたりは交際を始める。

もちろん純がゲイであることは紗枝には秘密だし、マコトさんとの関係も秘密だ。自分だって他の男子と同じように、女子に対して性欲を持てるはずだ。

 

そして何より、純は紗枝のことはとても好きになっていた。しかし、そのふたりの関係も、純の身体的問題によりなかなか進展はしていかない。

 

この純と紗枝の関係を主軸とし、先述した登場人物の他に純の親友である亮平やその友人の小野、マコトさんとの待ち合わせ場所である喫茶店のオーナーであるレズビアンのケイトさん、純の母親などが登場し、純が自分のアイデンティティと向き合い、周りを巻き込みながら成長していくストーリーである。

『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』のラストの結末ネタバレ

最終的に純は紗枝のことを、“ペニスのたたないすき”ではあるが、“ペニスのたつすき”になることは出来ず、ふたりは恋人と言う関係は解消することになる。

けれどお互いに、特別で大切であることは変わらず、ふたりなりの信頼関係を続けていくことになる。

 

また、小野によって自身がゲイであることを学校でカミングアウトさせられてしまい、純は飛び降り自殺を図る。

結局命を絶つことは出来ず、周りは理解を示してくれたが、転校することを純は決意する。この転校に伴い、マコトさんとの関係も終わりを迎える。

 

ミスター・ファーハイレントは自殺をし、純は彼の最後の願い(自分が死んだあとは、亡くなった恋人の墓に彼との思い出のレコードを供えてほしいというもの)を叶えるため、紗枝と共にミスター・ファーハイレントの家に行く。

そこで発覚したことは、ミスター・ファーハイレントはまだ純より幼い中学生だったということだった。まだまだ若く、いくらでも道があったはずのミスター・ファーハイレントの選択に、純は涙を流す。

 

ゲイであることを自覚し同性の恋人もいたが、実は自分が自分自身のことを一番嫌いで受け入れることが出来ていなかった純。

本当は女性を愛することのできる男として生まれてきたかった。紗枝との交際によって変われるかもしれないと望みをかけたけれど、それも叶わず、自分の人生に疲れた純は飛び降り自殺を図ったのだ。

 

けれどそのままの自分のことを受け入れてくれる紗枝や亮平、母親の存在によって、自分のことを認められるようになる。

 

一度は自分の命を盾に、周囲にも自分の存在を認めさせた純。

しかし今度は命を盾にするのではなく、きちんとありのままの自分自身で歩いていきたい。

そう思った純は、新しい学校でのスタートを選んだ。

ラストシーンは新しい学校での純の自己紹介で終わる。純はふたつの自己紹介を用意していた。無難なものと、無難じゃないもの。そのどちらを選んだのか。

”「初めまして! 東京から来ました、安藤純と言います!」
 決めた。
 あっちにしよう。
「僕は――」”

という、___部分は明記せずにこのセリフは終わっている。純が選んだのはどちらだったのか、それは読者次第ということだ。

 

しかし、この終わり方は、純が自分自身に胸を張ってスタートとしていこうという純の新たな意気込みが感じられる終わり方となっている。

『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』の感想評判は?

普段はあまりウェブ小説は読まないのですが、この作品は一ページ目を読んだ時から世界に引き込まれてしまい、一気に読んでしまった作品です。BLやゲイには免疫はありませんでしたが、現実に身近にある出来事だと感じ、登場人物たちに感情移入をして苦しくなったり腹が立ったり悲しくなったり嬉しくなったりと、喜怒哀楽すべてをこのひとつのストーリーで感じました。

 

LGBTという言葉をよく耳にするようになった昨今ですが、ここまで具体的に、そして心情の部分まで深く切り込んでくる作品に出会ったのは初めてのことでした。ゲイだからって、何も変わらない。ゲイだけど、結婚もしたいし子供も欲しい。ただただ身体のセンサーが反応しないだけ。そういった純の切実なおもいがひしひしと伝わってきて、とても苦しかったです。また、純を取り巻くキャラクターたちがみんな本当にあたたかく、そして個性的で、愛すべきキャラクターたちでした。

 

ゲイに対して偏見を持ち、気持ち悪いと感じ、学校のみんなに広めた小野は、一番現実にいそうなキャラクターだと感じました。きっと小野のもっている気持ちは、異性愛者ならば少なからず持ち合わせているものだと思うからです。

純も紗枝も、小野も亮平も高校生。まだ若いからこその未熟さや、まっすぐさ、不器用な偏りが見事に描かれていて、“いやなやつ”は一人も出てこなかったように感じます。

 

また、ミスター・ファーハイレントの存在感も一際でした。ストーリーの構成にQUEENの楽曲や背景が組み込まれており、ひとつの映画を見ているような気持ちでした。

純や周りのキャラクターたちの成長していく様を、まるで同じ教室で気持ちで見守っているような作品です。

 

終業式のシーンがあるのですが、生徒たちの騒ぎ声や走る音、巻き起こる風をも感じ、まるでわたしも体育館にいるようでした。

このシーンは、紗枝が全校生徒の前で自分が”ホモ”が大好きだとカミングアウトし、”ホモ”という偏見で固められた純の本当の姿や彼の心情を語り、自分がそんな彼を好きだということを話すシーンなのですが、もちろん教師陣によってそれは途中で阻止されそうに。

 

しかしここで活躍するのが、亮平や小野。全校生徒を巻き込んでの大騒動。ここでのシーンは、生徒たちが一丸となり、最終的には教師陣も優しく見守り、同性愛者も異性愛者も関係なく大切なことを伝えようとする紗枝や純を応援するシーンで、わたしとしては一番のおすすめのシーンです。

 

何度も涙を流し、読了後は複数の友人にすすめてしまったほど。

 

人と違うことは悪いことではない。けれど誰もが、それぞれに思いを抱えて生きている。
大切なことを教えてくれる素晴らしい作品でした。

上記は本サイト読者さんの個人的な感想になります

『腐女子うっかりゲイに告る』の原作小説とドラマの違いは?

『腐女子うっかりゲイに告る』の原作小説である『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』のネタバレはいかがでしたでしょうか?

ストーリーの内容はざっくり解説しましたが、ざっくり見ただけでもLGBTの人たちが抱える葛藤や心の中の深い悩みみたいなものが回見えてきますよね。

 

そんなちょっとヘビーな題材を扱うドラマ『腐女子うっかりゲイに告る』ですが、ドラマと原作小説はどのような違いがあるのでしょうか?

 

現在まだドラマが放送されていないので、私の独断と偏見でドラマと小説の違いについて予想して行きたいと思います!

ドラマ『腐女子うっかりゲイに告る』のあらすじ

まずは、ドラマ版の『腐女子うっかりゲイに告る』のあらすじを紹介していきます。

同性愛者であることを隠して暮らす18歳の高校生・純(金子大地)と腐女子の同級生・三浦さん(藤野涼子)。ある日、純は書店で三浦さんがBLマンガを購入するところに遭遇する。「BLはファンタジーだ、現実のゲイは汚い」という純に「それは現実のゲイの人に失礼」と猛抗議する三浦さん。純は、自分が実はゲイだということは母親・陽子(安藤玉恵)にも隠している。三浦さんに興味を持った純は、彼女が愛する同人誌イベントに同行する。一方、自分を自分として誠実に見てくれる純に惹かれる三浦さん。二人は急接近し、幼なじみの亮平(小越勇輝)がお膳立てしたデートでついに純は三浦さんに告白される!―「三浦さんとなら普通の幸せを手に入れられるかも。」三浦さんと順調にデートを重ね、いざセックスしようとするその矢先―。意外なことからぎくしゃくしてしまった2人は温泉に向かう。なんと純はそこで、ゲイ・パートナーのマコトさん(谷原章介)と鉢合わせする。純と三浦さんの恋の行方は?やがて、マコト、母・陽子、同級生たちにも波乱が起き、二人の関係はダイナミックに急展開していく――。

出典:NHK公式

このあらすじを見た限りでは、小説よりも軽い感じのタッチで描かれている感じがしますね。

小説だと重いイメージだったんですが、ちょっとコミカルな感じのドラマになるのかな?と思いました。

性的な描写は少ない

『腐女子うっかりゲイに告る』のドラマが放送されるのがNHKということで、性的な描写は少ないのではないかと思います。

小説よりも性的な部分はもう少しマイルドに描かれるのではないかと思いました。

 

ただ、LGBTを題材にしたドラマで、性的なことを描かないというのは難しいことではあるんですが・・・

QUEENの楽曲を使用

これは違いというか、演出上のことなんですが、ほぼ100%QUEENの楽曲を絡めてくると思いますね。

小説の中で、QUEENの世界観についての描写があるので、ドラマの中の音楽はQUEENで決まりでしょう。

今何かと話題のQUEENですが、こんなところにも登場するとは・・・

ミスター・ファーハイレントの存在

また、ドラマ版の『腐女子うっかりゲイの告る』では、ミスター・ファーハイレントの声が純の友人の小野役の人の声になっているんですね。

なので、小野とミスター・ファーハイレントが実は同一人物という設定にするのではないかな?と思います。

原作小説ではミスター・ファーハイレントは中学生で、結果的に自殺を遂げてしまうのですが、その辺のストーリーや設定を若干変更するのではないかと思います。

まとめ

今回は、

  • 『腐女子うっかりゲイに告る』原作小説は?
  • 『腐女子うっかりゲイに告る』原作小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』のネタバレと結末は?
  • 『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』の感想評判は?
  • 『腐女子うっかりゲイに告る』の原作小説とドラマの違いは?

について解説しました!

2019春ドラマとしてNHKで放送される『腐女子うっかりゲイに告る』を、ぜひ楽しんでみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。