ドラマ

ドロ刑9話あらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判も紹介!

ドロ刑9話
ゴマくん
ゴマくん
『ドロ刑』9話が放送されたね!
ペンちゃん
ペンちゃん
煙鴉は逮捕されるのかな〜・・・?

ということで今回は、『ドロ刑』9話のあらすじとネタバレ、今後の考察や感想・評判を紹介していきます!

『ドロ刑』9話のあらすじ

まずは、『ドロ刑』9話のあらすじを紹介していきます!

斑目まだらめ(中島健人)煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)に利用されていたことが信じられずショックを受けている。そんな中、斑目のIDを偽造した何者かが13係に侵入し、1万円札200枚を部屋にばらまくという事件が起きる。部屋には煙鴉の煙草の香りが残されていて…。煙鴉から13係への明らかな宣戦布告にますます複雑な心境の斑目に、皇子山おうじやま(中村倫也)は煙鴉がただの泥棒ではなく人を殺していると告げる。

皇子山の言葉から、ある事件を調べた斑目は、5年前ギルバート記念病院の医師だった皇子山の妹・真里まり(真魚)が、自宅に持ち帰ったある資料を盗まれた後、不審な自殺を遂げていたことを知り…。鯨岡くじらおか(稲森いずみ)から斑目の処遇を委ねられた13係のメンバーたちが斑目をフォローし煙鴉逮捕に向けて結束を強めるものの、斑目はそれでも煙鴉が悪人とは思えず…。そんな中、夜道で突然斑目の前に現れた煙鴉は意味深な言葉を語る。自分に近づいた真意を問いただそうと食い下がる斑目に、煙鴉は迷わず銃口を向けて…!!

煙鴉が現場に残したコースターに書かれた『七波隆ななみたかし』という人物が次のターゲットと睨んだ13係は拳銃を携行の上、係をあげて煙鴉逮捕に全力を尽くすことに。会社の名誉顧問をしている七波のオフィスと自宅の侵入ルートを調べていた13係メンバーは、かつて七波が答えていたインタビューから煙鴉の目的は七波の手帳だと予測し、翌日に七波のオフィスで開かれるシンポジウムを張り込むことに。

そして翌日、シンポジウムに詰めかけた人々を見張る13係メンバーたちのもとに駆けつけた斑目は煙鴉の香りに気づき、その姿を探す。一方、現場で七波を見張っていた左門さもん(板尾創路)は、その周りに集まった参加者が全員スリの目をしていることに気づく!!その中の一人が七波を突き飛ばし…!!逃げようとした男を慌てて取り押さえる瑤子ようこ(江口のりこ)と左門だが、その隙に煙鴉が現れ…‼
果たして煙鴉が13係へ宣戦布告をした目的とは?そして、煙鴉が斑目に近づいた本当の理由とは!?

引用:日テレ公式

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』9話では、煙鴉が宣戦布告・・・?

皇子山の妹の件についても気になりますね!

『ドロ刑』9話のネタバレ

ではでは、『ドロ刑』9話のネタバレを紹介していきます!

ここからはネタバレありなので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!!

「俺が、煙鴉だ・・・今度こそ俺を捕まえてみろ。ドロ刑遊びは、これで終わりだ。

煙鴉は、班目の社員証を使い、13係に侵入し、タバコを吸います。

 

翌日、13係の面々が出勤すると、部屋の中にお札がばら撒かれていました。

「ケムさんだ・・・」と言う班目。

「宣戦布告だな。煙鴉。」

そして、13係では煙鴉について調べを進めることに。

 

煙鴉は、班目のIDカードを偽造して侵入していたのでした。

「お前どこまで話した?」「今時携帯1つである程度の情報は手に入る。お前は泥棒に個人情報を教えてたんだ!いや、人殺しだ。ギルバート記念病院の事件、調べてみろ。」と怒る皇子山。

「煙鴉が俺のことを利用しようとして何かをしようとしているのなら、俺の責任です。俺が、止めます。」と答える班目。

 

13係では、ばら撒かれていたお金は200万円で、先日の大久保議員の自宅から盗まれた200万円の可能性が高いと言うことでした。

 

班目はギルバート記念病院で起きた事件について調べると、皇子山真里は病院の資料を自宅に持ち帰ったところ、何者かに資料を盗まれ、その直後自宅マンションから飛び降りて自殺したのだとか。

 

13係でも、ギルバート記念病院の話になり、場合によっては班目の懲戒免職も視野に入ると告げます。

「でも、この話はまだ私の胸の中に留めてる。あとは一緒に働くあなたたち次第。」

 

その頃皇子山は、自分の妹の真里の自殺について調べるように、一課時代の同僚に頼みます。

「煙鴉、どうするつもりですか?殺すつもりですか?」と聞かれますが、皇子山は何も答えず・・・

 

班目が13係に戻ると、お酒やディズニーランドのペアチケットをお歳暮で送れば今回のことは水に流すと言われた班目。

 

そして皇子山にも、みんなが声をかけ、自分たちは協力すると言う意志を示したのでした。

 

班目はその夜、「俺は、煙鴉がこんな悪人だとは思えません。」と鯨岡係長に訴えますが、「だったら、自分で確かめなさい。それがあなたの仕事。」と言われ、班目は煙鴉といつも鉢合わせる橋へ。

「ケムさんの狙いは一体・・・?」と聞くと、「虹をつかもうとした。バカだった俺は、それが全て、踏み潰された。デカイものにな。そう言うことだよ。」と答える煙鴉。

「俺を、利用したの?」

「当たり前だろ。まだわかんないのか。それ以外何の価値があるって言うんだよ。お前に。」

「俺を、一流のドロ刑にするって言ったのは?」

「口実に過ぎない。どうでも良いんだよそんなこと。じゃあな。」

「ケムさん・・・!」

と煙鴉を引き止める班目ですが、煙鴉は班目を張り倒し、拳銃を向けます。

「もう遊びじゃないんだよ。」

「ケムさん!」

班目が再度引き止めると・・・バン!

班目は煙鴉に腕を撃たれ・・・

煙鴉はバーのコースターを投げます。

 

コースターには『七波隆』と書かれており、13係の面々が集まります。

「軽傷と言えど、これは殺人未遂だわ。」と言う鯨岡でしたが、「目撃者はいません。僕が黙っていれば。」と言う班目。

班目の意見は尊重されましたが、13係には拳銃の携帯が許可され、煙鴉を見つけたら即確保。

そして、拳銃を向けてきたら撃っても良いと・・・

 

煙鴉が残した七波については、窃盗被害にあったと言うわけではなく、煙鴉の次のターゲットなのでは?と予想されました。

 

「ようやくわかっただろ。あいつはああ言う人間なんだよ。」と言う皇子山に、「どうしてケムさんは、わざわざ犯行を予告するんですか?」と聞く班目。

しかし、「プロの泥棒は犯行を予告する。まだショックなのか?恋人に裏切られたことが。」と皇子山に言われてしまい・・・

 

その後鯨岡は、警視総監の真鍋の元へ。

「君が13係を作ったのは・・・」

「煙鴉を捕まえるためです。」と答える鯨岡。

「だったら早く捕まえなさい。奴は銃を持っているんだろう?確保に、生き死には問わない。」

 

13係では、七波について調べていました。

七波が暮らすのは警備厳重な高級マンションで、職場も同様に警備は厳重。

そのため、忍び込むのは至難の業となります。

しかし、七波が肌身離さず持ち歩いている手帳があると言う情報が入ります。

煙鴉はその手帳を狙っているのか・・・?

翌日、七波が参加するシンポジウムが開催されると言うことで、13係でも警備体制を敷くことに。

 

班目は、資料室へ行くと、煙鴉について調べ始めます。

 

シンポジウム当日、13係の面々は警備に入ります。

七波が会場に到着し、さらに警戒を強める13係。

すると班目が、「ケムさんの匂いだ・・・」と言い始め・・・

班目は必死になって煙鴉を探し始めますが、煙鴉の姿はなく・・・

 

そこへ、同じ服装と眼鏡をかけた集団が会場に入ってきます。

その中には煙鴉の姿も・・・

すると、「七波の周り、みんなスリだ。10人、いや、30人入る・・・・」と言う左門。

そして1人の男が七波から手帳を抜き取り、その男を捕まえようとしますが、手帳は他の男を渡り、煙鴉の手に。

そして、煙鴉は騒動の中、手帳を七波に返します。

しかし七波の手帳には、『虹』と書かれていて・・・

 

スリ連中はスッた物を所持していないため逮捕することはできず、職務質問をしましたが何も話さず・・・

七波に関しても、手帳の中身については話さず、会社にも何か関係していると踏む13係。

すると、斑目には外れてもらうと言う皇子山。

そして班目は煙鴉の捜査から外されることに・・・

 

班目は帰りながら煙鴉について思い出していました。

煙鴉に心を開いていた班目は、「差は弱さ。その差をついてきたってことか・・・」

バーへ行くと、「班目さん、今度は何のお題を与えられたんですか?」と聞かれます。

「よくはわからないですけど、あなたがそのお題を解決するために、何だか嬉しそうでした。」と言うバーのマスター。

「そう言えば、あの方が書かれて置いていかれたと思うんですけど、さっきこんなものが出てきて・・・」と、斑目にコースターを手渡すと、そこには『阿川義一』と書かれていました。

 

阿川は弁護士で、自宅は一軒家。

職場は全国弁護士協会。

阿川の名前が書かれたコースターには、名前の下に黄色い丸のようなものも描かれており・・・

 

その頃、皇子山はギルバート記念病院に。

そして、病院の先生に「あの時何のデータが盗まれたと思いますか?虹という言葉に何か聞き覚えは?」と聞きますが、「わかりません。」としか言われず・・・

さらに、頼んでいた一課の刑事も何も見つけることができず。

皇子山が車で帰途中、『虹の見える丘公園』という看板が・・・

皇子山は気付かずに帰って行きます。

 

班目たちは『全国弁護士研究会』で張り込みを行うことに。

しかしそこには煙鴉も・・・

煙鴉は電気系統をいじり、弁護士研究会の中は停電に。

13係は手分けして建物の中を探し始めますが、煙鴉は見つからず・・。

 

その頃煙鴉はある金庫の前にいました。

そして、金庫を開けると『業務日誌』を手に取り・・・

 

美希は、「もう煙鴉はこの中に入ってる。だったら闇雲に探しても意味はない。私が音を聞く。」と言う美希。

そして、壁に耳をつけ、音を聞き始めます。

音を辿って行くと、そこには煙鴉が・・・!

煙鴉は窓から逃げ、屋上へ。

班目が追いかけると、屋上から飛び降りる煙鴉。

「ケムさん!何をしようとしてるんだケムさん!教えてくれ!煙鴉・・・!」

しかし煙鴉の姿は消え・・・

 

13係では、細面があることに気がつきます。

「虹だ!レインボーです!」

煙鴉が侵入した大久保・七波・阿川の頭文字O・N・Aは、レインボーの頭文字だったのです。

 

鯨岡が帰ろうとすると、車の中には煙鴉が。

「知り合いに犯罪者がいるなんて、警察官としてのあんたの立場もまずいな。」と言う煙鴉。

鯨岡「あなたを逮捕するためにこの仕事をしている。あなたのやっていることは無駄よ。勝てると思う?」

煙鴉「勝てるさ。俺はすでにたっぷりのデータをいただいている。あのガキからな。」

鯨岡「死ぬことになるわ。北岡さん。」

煙鴉「望むところだよ。」

そして煙鴉は車から降り・・・

 

皇子山は、一課の人間から妹の事件について新たな情報を仕入れます。

真里が死んだ時、近くに誰か人がいて、爪には皮膚片が残っていたのだとか。

しかし、目撃していたマンションの管理人は別の場所に飛ばされ、さらに所轄でも捜査は打ち切りに。

当時皮膚片に該当する人物はいませんでしたが、そのDNAは煙鴉のDNAと一致し・・・

 

「何を、俺に解いてもらいたいんだ・・・ケムさん・・・!」

 

13係では、煙鴉の窃盗にあった3人に何かしらの接点があると踏み、捜査を継続することに。

 

するとそこに班目が。

「係長、俺が、捕まえます。煙鴉を。必ずこの手で。」

>>次週へ続く

『ドロ刑』の考察

とうとうクライマックスとなりましたね〜!

煙鴉はなぜ鯨岡と知り合いなのか・・・?どんな繋がりがあるのか・・・?

 

煙鴉が追っている事件と、ギルバート記念病院の事件とは何が関係しているのか?

と言うところが気になるところですよね〜。

 

私の予想では、煙鴉の身内も何か事件に関わっていて、そのことを解決したいからわざと13係に真相を追わせている・・・?と言う感じではないでしょうか?

 

次週で最終回となってしまいますが、煙鴉と班目、そして皇子山の3人の思いや、関係はどうなって行くのか?

次週の放送が楽しみですね!

『ドロ刑』9話の感想・評判

最後に、『ドロ刑』9話の感想・評判を紹介していきます!

https://twitter.com/berryjuice2224/status/1071569413025947649

https://twitter.com/SZmari2/status/1071563511967313920

https://twitter.com/shori_Garnet/status/1071546718808731649

https://twitter.com/O8116uwhTBw1ko2/status/1071534977123119104

https://twitter.com/tomapuuuu/status/1071523649281155072

まとめ

今回は、

  • 『ドロ刑』9話のあらすじ
  • 『ドロ刑』9話のネタバレ
  • 『ドロ刑』の今後の考察は?
  • 『ドロ刑』9話の感想・評判

について紹介しました!

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』9話を見逃してしまった人は、無料で見る方法もあるので参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
ドロ刑無料視聴
ドロ刑-警視庁捜査三課-の見逃しフル動画を無料視聴する方法は?デイリーモーションやパンドラは危険! ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を無料で見る方法について詳しく解説していきます! [PR]今すぐ『ドロ...

↓↓『ドロ刑』1話~最終話までのネタバレ・感想記事を更新中!↓↓

あわせて読みたい
ドロ刑ネタバレまとめ
ドロ刑-警視庁捜査三課-1話~最終回まで全話のあらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』1話~最終回までの全話あらすじとネタバレを紹介! 感想や考察も紹介...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。