ドラマ

ドロ刑8話あらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判も紹介!

ドロ刑8話
ゴマくん
ゴマくん
『ドロ刑』8話が放送されたね!
ペンちゃん
ペンちゃん
今回はどんな展開になるんだろう〜?

ということで今回は、『ドロ刑』8話のあらすじとネタバレ、今後の考察や感想・評判を紹介していきます!

『ドロ刑』8話のあらすじ

まずは、『ドロ刑』8話のあらすじを紹介していきます!

煙鴉(遠藤憲一)斑目まだらめ(中島健人)の前から姿を消して数週間。その帰りを待ちわびる斑目の一方、皇子山おうじやま(中村倫也)はある病院のセキュリティールームで起きたデータの窃盗事件の犯人が煙鴉だと睨んでいた。
そんなある日、煙鴉がいつものバーに、しれっと現れる。皇子山が煙鴉を疑っていると伝えた斑目に、煙鴉は「大人の言うことを信用するな」と意味深な言葉を語るが、その時、斑目の携帯に職場から急な呼び出しが入り…。

急いで戻った斑目を待っていたのは、器物損壊で捕まったという男(大友康平)。取調べ室で、完全黙秘を貫き身元不明、指紋まで焼き消す徹底ぶりで正体を隠す男が、自分は煙鴉だと言い出し…!!
13係では自称・煙鴉の“煙鴉である証拠”を聞き出そうと一同が意気込む中、男は2年前に窃盗に入った家の住所を告げる。裏をとると、確かにそこでは煙鴉が犯人と考えられている未解決の窃盗事件が起きていて…。煙鴉しか知り得ない情報を吐かせることで本人である確証を掴もうと、取り調べ室では“秘密の暴露”をさせようと試行錯誤する。しかし、男が暴露したのは取り調べを担当した左門さもん(板尾創路)や皇子山たちの知られたくないプライベートの秘密!なぜか13係メンバー全員の裏情報を掴んでいる男に取り調べチームは驚愕と動揺を隠せず・・・。

一方、2年前の事件を再捜査する斑目は“鑑識が探さないところに証拠はある”という煙鴉の言葉をヒントに、現場の目立たない窓に開いた小さな穴を見つける。その夜、自分のニセモノが現れたことを知り憤慨する煙鴉は斑目に、一流の泥棒は理にかなった動きをする、と新たな助言をして…。

翌日、自称・煙鴉の男が新たに自白した未解決窃盗事件の再捜査をする斑目は煙鴉の助言に従って再び新たな証拠を見つける。そんな中、パソコンの普及によりアナログな手口捜査の需要が減ってリストラに怯える対人恐怖症の細面ほそおもて(野間口徹)は、指紋も名前も捨てた正体不明の男の孤独に一人思いを巡らせていた。
そして、2年前の事件現場で見つかった指紋がある意外な人物のものと判明し、捜査は混乱を極める!果たして自称・煙鴉の男の正体は!?そしてその目的とは一体!?

引用:日テレ公式

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』8話では、自称:煙鴉が登場・・・!?

一体彼は何者なのか?

そして、皇子山真里についても明らかになるのでしょうか・・・?

『ドロ刑』8話のネタバレ

ではでは、『ドロ刑』8話のネタバレを紹介していきます!

ここからはネタバレありなので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!!

煙鴉が2週間、屋根裏に潜み病院のデータを盗んだと疑う皇子山。

皇子山は、係長の鯨岡にギルバート記念病院でデータを盗んだ犯人が煙鴉だと確信していると伝えます。

 

その夜、バーに行った班目は、マスターから「同じ顔してる。あの人が初めてここに来た日と。誰かを待っているその顔。」と、意味深なことを言われる。

行方をくらましていた煙鴉は、何事もなかったようにバーに現れる。 班目は皇子山が煙鴉を追っていると伝える。

 

すると、班目に警視庁から電話がかかってきます。

煙鴉と名乗る男が器物損壊の容疑で逮捕されたとのこと。

しかし、それ以外は黙秘。

所持品もなく、指は火傷をしていて指紋も取れない。

 

取り調べで皇子山に「煙鴉だって証明する証拠を見せろ」と迫られた自称・煙鴉は「2年前に世田谷区の松金壮一さん宅に入った」と言い、再捜査することになる。

(松金邸の事件は、一切痕跡が残っておらず、家族の犯行だと思っていたのだが、犯行現場にタバコの臭いが残っていたことから、被害者が被害届を出した事件だった。)

 

その間の取り調べにて、煙鴉しか知らない情報を聞き出そうと秘密の暴露をさせようとする13係。

しかし、逆に取り調べをした刑事の秘密(皇子山は脚フェチから尻フェチに切り替わったこと、左門は行きつけのスナックのママに熱を上げていること)を暴露をされ、動揺する刑事たち。

 

その頃、松金邸を調べに入った班目たちは高い場所にある窓ガラスに小さな穴を見つけ、窓ガラスの指紋を科捜研に照合してもらうことに。

 

一方班目は煙鴉に自称・煙鴉について相談をする。

すると、「関節を自由自在に外して忍び込む奴がいた。一流は必ず理にかなった動きをする。そいつを探れ。」という煙鴉。

 

その頃、自称・煙鴉は1件目の再捜査で何も見つからないとわかると次は「杉並区の浜田邸に入った、 そこを探せ」と言う。

(浜田邸も、3年前に侵入経路不明で、さらに朝起きてきた家人が嗅いだことのない臭いを嗅いだことから、煙鴉の犯行だと言われている事件だ。)

 

そして再度自称・煙鴉の取り調べを始める13係。

美希が取り調べを始めますが、今度は美希の秘密を暴露し・・・

(美希は酒を飲まないと思われているが、実は酒豪で、さらに『慰め組』と影で呼んでいる男3人を無理やりカラオケに付き合わせているのだ)

美希も秘密を暴露され動揺してしまい、次は宝塚が取り調べを行うことに。

すると、今度は桑原太郎という大学時代の恋人の話を暴露される宝塚。

さらに、太郎の現在について話し始めると、宝塚は懐かしい思い出に耽り・・・

皇子山「何の話だー!」鯨岡「ダメだこりゃ」

 

その頃、班目たちは浜田邸へ。

なかなか証拠が見つかりませんが、班目は煙鴉からの言葉(「関節を自由自在に外して忍び込む奴がいた。一流は必ず理にかなった動きをする。」)を思い出し、換気扇についた指紋を調べることに。

 

班目は換気扇の指紋の照合を頼んだ科捜研の沙織に、1軒目の松金邸の指紋の照合結果を聞くと、それはキツツキのマサの犯行ということが発覚し・・・

その頃自称:煙鴉は、独房の中で妻と子供を想いながら「もうすぐだ。」と呟く・・・

 

その夜班目がバーへ行き、煙鴉に相談することに。

「まさか、奴はキツツキのマサと知り合い?ということは前科者?だから指紋を消した・・・?目的は?ただ13係をからかかってる・・・?」

そんな話をしていると、バーには左門、宝塚、美希の姿が・・・

「あんたが噂の煙鴉さん?」

「煙鴉さん、どうか早く出頭してください。」

「これ以上偽物の煙鴉に暴露されたら溜まったもんじゃない!」

と言う一同・・・

 

翌日また自称:煙鴉の取り調べを始めることに。

今度は勝手田が取り調べを始めますが、毎回合コンでIT企業社員のフリをし、さらにいつも女の子に奢らされていると暴露される勝手田。

そして、「もう俺も限界だ。」と言い、自称・煙鴉は今度は大久保守男という議員の家に侵入したと供述します。

 

その頃二軒目の浜田邸の換気扇の指紋が大堂吾郎のものということが発覚する。

「奴は煙鴉じゃない。」と言う班目。

しかし、大久保邸での窃盗は自称・煙鴉が捕まる5日前の事件。

さらに、何の証拠もなく、大久保は参議院の大物で、限界警備中に盗みに入られたため、どうやって入ったのか?全く謎の事件だった。

そのため、自称・煙鴉が本物の煙鴉という可能性も残っていたのだ。

 

その頃、皇子山は煙鴉にギルバート記念病院のデータを盗んだ事を追求していた。

盗んだものは皇子山の妹、皇子山真里のものだった。5年前の夏、真里は皇子山に「大切なものを盗まれた」と電話をしたが、忙しいからと皇子山は電話を切ってしまった。

それから3日後、真里は自宅マンションの7階から転落して死亡した。 皇子山はその窃盗事件を追ったが、犯人は完璧なプロの仕事で証拠を1つも残さなかった。

だだ1つわかったのは駆けつけた警察官が何かの匂いを嗅いだと言う事だった。

「それを俺がやったと言うのか?」と聞く煙鴉。

「点滴の跡。入り待ちしていた2週間、ブドウ糖の点滴のみで2週間凌いでいたんだな。」と言う皇子山でしたが、「詰めが甘いな。そんな程度で俺に触んな。」と答える煙鴉。

 

13係では、また自称・煙鴉の取り調べを行うことになるが、秘密を暴露されることが怖くてみんなやりたくないと言い始め・・・

すると、細面が取り調べをしていた。 その取り調べをすることに。

 

そして今度は細面のことを暴露し始める自称・煙鴉。

細面は以前勤めていたネットのベンチャー企業の立ち上げに協力したが、巧みに騙されアイデアだけ奪われた挙句、都合よく切り捨てられてしまった。

その後民間採用で警察に入職したのだった。

「数字は人を騙さない。全てが無駄になっちゃった。」と言う細面に、「騙す方が悪い。」と言い始める自称:煙鴉。

自称・煙鴉は自分の過去について語り始めます。

自称・煙鴉「困ってるって言われたんだ。すぐに返すって、友達から。大事な会社の運転資金だった。散々笑われた。2代目だから甘すぎるんだってな。でもさ、騙した方が悪いじゃないか。そいつ、30年付き合ってて初めて涙見せたんだ。なんとかしてやりたいって思うじゃないか。まさか騙されるなんて、思わないじゃないか。」「それで、全てぱあだ。何もかも。」

細面「全部、失くしたんですか?」

自称・煙鴉「今、取り戻そうと思っている。あと、もう少しだ。あと少しで、帰れる。」

しかし、煙鴉の拘留延長が決まる。 松金さん宅から自称・煙鴉のDNAが検出されたと伝えられ驚く。

 

すると、取調室に皇子山が入ってきて、「松金の家から自称・煙鴉のDNAが見つかり、勾留が延長されることになった。」と伝える。

「取調室にあるコップや髪の毛一本、現場にしれっと置けば証拠になる。」と皇子山が言うと暴れ出す自称・煙鴉。

皇子山は「暴れるのは無実になるのがわかっていたからだ。何日間かここにいて俺たちの相手をすることに意味があった」と話す。皇子山はそれを逆手にとっていた。 どこかで煙鴉と関わってると疑う皇子山。

 

しかし、DNA鑑定の結果は一致しなかった。

一方、煙鴉に呼び出された班目。

「自殺橋って知ってるか?」と話し出す煙鴉。

話し出したのは自称・煙鴉の過去だった。

 

まじめに経営をしていた自称・煙鴉は一時的な援助と友人に頼まれお金を貸した。 しかし、元々逃げる予定だった友人は行方をくらまし、経営は破綻した。

家族に迷惑をかけまいと離婚し1人になったが、妻と共同の負債が発覚した自称・煙鴉は遺書を手に自殺橋へ行った。

そこへ、ある男が通りがかり仕事を依頼した。

それは「ある条件通り仕事をすれば5000万支払う」というものだった。 それを依頼したのは煙鴉だった。

5日間誰にもばれずに煙鴉のフリをしろと。

若い頃の喧嘩で警察に指紋が残ってるかもしれないとわかった自称・煙鴉は躊躇なくバーナーで指紋を焼き切り、仕事をやりきった自称・煙鴉は家族の元へ帰った。

班目「それって・・・?」

煙鴉「俺が依頼した。」

班目「何のために?」

煙鴉「話は以上だ。」

 

その頃、警視総監と会い 「煙鴉はまもなく逮捕します。そのために13係を作りました。」と言う鯨岡。

そして、三件目の議員の自宅から押収した綿棒には班目と皇子山のDNAが…。 煙鴉に利用されていたと知る班目。

「俺を捕まえてみろ。班目。ドロ刑遊びは、これで終わりだ。」

果たして煙鴉を捕まえることができるのか・・・?

>>次週へ続く

以上が『ドロ刑』8話のネタバレになります。

『ドロ刑』の考察

今回は、煙鴉と名乗る男が出てきて困惑しました。

何がしたいのか?何故過去の事件のことを言い出すのか?そして、何故13係の秘密を知っ ているのか・・・?

ですが、最後に煙鴉が依頼したと分かりスッキリしました。

 

でも、13係の情報は煙鴉が教えたのか、そこははっきり出てこなかったので私はすごく気になっています・・・

 

そして煙鴉はなぜ5日間、男を雇い煙鴉のフリをしろと言ったのかが気になりますね〜。

煙鴉は時間稼ぎをしたかったのでしょうか・・・?なぜ・・・?

 

そして、なぜ議員の自宅に皇子山と班目のDNA付きの綿棒を置いたのか?

これが13係への宣戦布告・・・?

 

13係は本当に煙鴉を捕まえることができるのでしょうか?

今後の展開も楽しみですね!

『ドロ刑』8話の感想・評判

最後に、『ドロ刑』8話の感想・評判を紹介していきます!

まとめ

今回は、

  • 『ドロ刑』8話のあらすじ
  • 『ドロ刑』8話のネタバレ
  • 『ドロ刑』の今後の考察は?
  • 『ドロ刑』8話の感想・評判

について紹介しました!

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』8話を見逃してしまった人は、無料で見る方法もあるので参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
ドロ刑無料視聴
ドロ刑-警視庁捜査三課-の見逃しフル動画を無料視聴する方法は?デイリーモーションやパンドラは危険! ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を無料で見る方法について詳しく解説していきます! [PR]今すぐ『ドロ...

↓↓『ドロ刑』1話~最終話までのネタバレ・感想記事を更新中!↓↓

あわせて読みたい
ドロ刑ネタバレまとめ
ドロ刑-警視庁捜査三課-1話~最終回まで全話のあらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』1話~最終回までの全話あらすじとネタバレを紹介! 感想や考察も紹介...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。