ドラマ

ドロ刑6話あらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判も紹介!

ドロ刑6話
ゴマくん
ゴマくん
『ドロ刑』6話が放送されたね!
ペンちゃん
ペンちゃん
今回はどんな展開になるんだろう〜?

ということで今回は、『ドロ刑』6話のあらすじとネタバレ、今後の考察や感想・評判を紹介していきます!

『ドロ刑』6話のあらすじ

まずは、『ドロ刑』6話のあらすじを紹介していきます!

勾留中の被疑者を現場に連れて行き犯行の経緯を説明させる“引き当たり捜査”を鯨岡くじらおか(稲森いずみ)から命じられた斑目まだらめ(中島健人)は、自分への期待にプレッシャーを感じる。しかし、実際には車の免許を持っていない美希みき(石橋杏奈)を補佐するための運転手兼写真係だと知り意気消沈。早速いつものバーに行き、雑用係を押し付けられたことを煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)に愚痴る。窃盗犯と泊りがけで地方に行く今回の引き当たりをお気楽旅行だとナメる斑目に煙鴉は、被疑者の人間を見るチャンスだが、逃亡の危険も伴う、と忠告するが…。

斑目たちが担当するのは、万引きの初犯でスーパーで捕まったところ、被害総額1500万円にのぼる65件の窃盗の余罪を吐いた専業主婦の鳥飼和子とりかいかずこ(余貴美子)。鍵のかかっていない家を鋭く見つけ出して空き巣に入る“無錠の空き”と呼ばれる窃盗犯で、和子の犯行を全く知らなかった夫はショックからか入院しているという。捜査には皇子山おうじやま(中村倫也)瑤子ようこ(江口のりこ)も補助として同行することに。

そして、和子が合流し、斑目たちの車は犯行場所の長野へ。緊張で固まる美希と気の抜けた斑目の様子を観察していた和子は車内で朗らかに話しかけ、会話の主導権を握る。現場に着き、記憶力のいい和子の供述で捜査は順調に進むと思われたが、突然住人が和子に罵声を浴びせ…!
一方、東京の煙鴉はある男からなぜか皇子山に関する資料を受け取っていた。そして、何も知らずに和子の引き当たりを続ける斑目たちのまわりを怪しい人影がつけ狙っていて…。

そんな中、和子を悪い人とは思えず隙を見せる斑目は、和子が犯罪に手を染めた身の上を聞き、気の毒に思う。報われない人生の中やっと出会った夫の連れ子だった娘との関係がうまくいかず、盗みをしている時だけ気が紛れたという和子に同情する斑目は、窃盗症(クレプトマニア)なのでは、と皇子山たちに話すが…。
その頃、13係では、細面ほそおもて(野間口徹)たちが和子の意外な経歴に気付き、捜査を案じていた…。果たして、腹の底の知れない和子の本心と狙いとは!?さらに、斑目たちに予期せぬ危険も迫っていて…!!

引用:日テレ公式

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』6話では、窃盗症がメインテーマになるようですね!

そして班目たちに孕む危険とは、いったい何なのか?

6話の放送も楽しみですね!

『ドロ刑』6話のネタバレ

ではでは、『ドロ刑』6話のネタバレを紹介していきます!

ここからはネタバレありなので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!!

班目は、引き当たり捜査を行うように指示をされ、期待の新人だからな〜と勘違いしますが、実際は美希の足代わりに補助になれと言われて落ち込みます。

バーへ行きその日の出来事を愚痴ると、「引き当たり捜査中は逃亡の恐れがあるから気をつけろ。」と煙鴉から釘を刺されます。

 

そして引き当たり捜査当日、皇子山から窃盗犯の鳥飼和子についてや、引き当たり捜査の注意点などについて聞かされます。

すると皇子山は、「たかが窃盗と言えど、犯人を憎んでいる被害者もいる。殺したいほどにな・・・」と、意味深なことを言い始めます。

 

引き当たり捜査が始まると、やけに緊張している面持ちの美希。

そして犯行現場の長野県へ向かう一同。

すると、班目たちが運転する車を怪しい男が眺めていました・・・

 

班目の運転する車の車内では、鳥飼が緊張している美希をからかい始めます。

実際に犯罪者の横に座ることでたじろく美希。

そして、被害者宅にたどり着き、鳥飼の証言を聴きながら捜査を始めます。

1件目の捜査が終わり、被害者宅から悲鳴が聞こえてきます。

すると、気分が悪くなった美希の背中を鳥飼がさすっていました・・・

美希は、失敗したらどうしようというプレッシャーから吐いてしまったのでした。

班目は「悪い人には見えないんだけどな〜」と言い出しますが、皇子山から「優しい言葉をかけられるとすぐに気を許すんだからな。気をつけろ。」と言われます。

 

その頃煙鴉はある男から資料を受け取っていました。

おそらく皇子山について調べた資料で・・・

 

「和子さんはどうして泥棒なんか始めたの?」と聞く班目。

すると鳥飼は、「最初の会社で上司と付き合って、その人結婚してて、なぜか私が辞める羽目になって・・・それからいい事なくてさ。50過ぎてまで派遣で働いて、親も死んで、このまま終わっていくのかな〜と思ったら、道ですれ違った人と結婚して、私の人生に色がついたようだ。」と話し始めます。

しかし、鳥飼結婚相手はバツイチで、以前の妻との間に娘がいて、娘とはうまく言っていなかったようだ。

鳥飼はストレスから、スーパーで万引きを始めたと言い始めます。

 

そして班目は、皇子山や宝塚に鳥飼がクレプトマニア(窃盗症)だと言い始めますが、「犯罪者は親しくなった刑事に取り入ろうとする。お前はそれを忘れるな。」と言われ・・・

班目は「皇子山さんの一課時代の取り調べってすごい厳しかったみたいじゃないですか!犯罪者を敵視しすぎじゃないんですか?」と言うと、皇子山は怒って立ち去ります。

 

鳥飼をトイレに連れてきていた美希は、鳥飼に3ヶ月前孫が生まれたと聞かされます。

しかし、捕まってしまった事で義理の娘との関係はさらに悪化し、音信不通になってしまったのだとか。

 

その頃13係では、鳥飼和子が同志社大の心理学科を卒業していると言うことが判明します。

鳥飼はおそらく班目と美希を手なずけて情状酌量を目論んでいるのだと思われました。

 

班目は鳥飼の娘に引き当たりの場所を知らせ、会わせてあげたらどうかと美希に言い始めます。

美希も鳥飼は窃盗症だと思い始め・・・

 

そしてまた引き当たりの現場へ向かう鳥飼たち。

すると、被害者の男性から水を書けられてしまう鳥飼。

しかし鳥飼は手慣れた様子で引き当たりを終わられて行きます。

 

引き当たり中、鳥飼の義理の娘に電話をかける班目。

しかし、鳥飼の義理の娘は怒って電話を切ります。

 

鳥飼の働いていた会社の支社の前での引き当たりを終えると、鳥飼の知り合いに声をかけられます。

すると、美希の隙をついて逃走を図る鳥飼。

しかし皇子山が捕まえ、事なきを得ます。

 

宝塚に叱られる美希と班目。

「お前ら利用されてん。奴らは徹底的に自分のことしか考えてへん。」「優しいなあお前ら。自分に。自分がええ人やと思われたい。だから人に優しくする。人に優しくするのも、罰するのも、強くなかったらできへんで。」と言う宝塚。

 

皇子山は鳥飼の取り調べを行うと、「昔の同僚に会って恥ずかしかっただけ。」と言い始めます。

「娘に会いに言ったんじゃないか?」と言う宝塚でしたが、「それはありえない。最初から逃げるつもりだったんだろ。」と言う皇子山。

 

最後の引き当たり捜査を行っていると、班目に非通知で電話がかかってきます。

おそらくそれは煙鴉からのものでした。しかし班目は電話に出ず・・・

煙鴉は今度は美希の携帯に電話をかけ、「気をつけろ」と言います。

すると、美希に刃物を持って襲いかかってくる男。

それを庇う鳥飼。

 

襲ってきた男は班目が一課時代に逮捕した男で、厳しい取調べで皇子山を逆恨みし、最近いつも一緒にいる美希を恋人だと思って美希を殺そうとしたんだとか。

 

バーへ行った班目は、煙鴉から「電話に出ろよ」と怒られます。

すると班目は、「なんか腑に落ちないんですよね〜」と言い、「盗みに入る目的は99%金だ。でも残りの1%は・・・」と煙鴉に言われると、昔の同僚と会った時の鳥飼の顔を思い出した班目は13係へ・・・

 

翌日班目は、鳥飼が以前勤めていた会社の同僚に会います。

 

「さっき班目くんから連絡があって・・・」と皇子山に報告する美希。

そして、2人で係長に何かを報告しに行きます。

 

班目は、今度は鳥飼の娘に会いに来ていました。

 

また鳥飼の取り調べを始める皇子山。

皇子山は、鳥飼が同僚に会った時に引き当たりを行っていたマンションへ鳥飼が盗みに入るのは不可能だと言い始めます。

なぜなら、あそこで偶然会った同僚と一緒に鳥飼は会社の送別会に参加していたのでした。

「あなたはどうしても逮捕されたかった。なぜなら、本物の無情の空きは、あなたの旦那、鳥飼治だったからだ。」

だから鳥飼はわざと万引きを働いて捕まったのでした。

 

鳥飼の夫は5年前に会社をリストラされ、窃盗をするようになります。

最初は鳥飼もその事実を知りませんでしたが、病気になり窃盗ができなくなった夫の代わりに、鳥飼は愛する夫のため、娘のために、窃盗犯になることにしたのです。

 

そして班目も鳥飼の娘に事実を打ち明けます。

 

美希は、鳥飼に鳥飼夫の状態について知らせます。

鳥飼の夫は、すい臓がんで、持ってあと3ヶ月のため、逮捕されずに、被疑者死亡で不起訴になるのを待つしかないと言う。

すると泣き始める鳥飼。

 

鳥飼が連行されると、「和子さん!俺、ゆきえさん、必ず連れてきます!そしたらきっと良くなります。治さん。」と言う班目。

「はみ出しすぎよあんたは。」

 

その後鳥飼は、夫と一緒に娘と孫にも会うことができました。

「よかったな。」と言って、コースターに『Good Bye』と書き残して去って行った煙鴉・・・

>>次週へ続く

『ドロ刑』6話のネタバレは以上になります!

今回もちょっといい話でしたね〜。

私は最後「え・・・まさか娘が窃盗犯!?」とか思っちゃいましたが、旦那さんだったんですね。

 

でも、窃盗犯になっちゃダメでしょうよ〜・・・

と言うツッコミは置いておいて、鳥飼和子の夫への想いはすごいな〜って思いました。

誰かを愛するって、自分の身を犠牲にしてでも守り抜くってことなんだろうな〜。

犯罪はしてはいけないですけどね!^^;

 

と言うことで、次週の放送も楽しみですね!

『ドロ刑』今後の考察は?

『ドロ刑』6話のネタバレを紹介しましたが、『ドロ刑』は今後どのような展開になっていくのでしょうか?

『ドロ刑』の今後の考察をしていきましょう!

 

次週の『ドロ刑』では、煙鴉が姿を消す・・・!?

そして班目がまたもや潜入捜査!!

 

今回は原作にもある大物窃盗団の潜入捜査ですかね〜。

そしてなぜ煙鴉は姿を消すのか・・・

皇子山に正体がバレるから?

う〜ん。なんなんでしょう。

 

それとも、班目がもう一人前になってきたと思って、自ら身を引いたのでしょうか?

その辺が気になりますね。

『ドロ刑』7話の放送も楽しみにしていましょう!

『ドロ刑』6話の感想・評判

最後に、『ドロ刑』6話の感想・評判を紹介していきます!

https://twitter.com/0313mk/status/1063794388441038855

まとめ

今回は、

  • 『ドロ刑』6話のあらすじ
  • 『ドロ刑』6話のネタバレ
  • 『ドロ刑』の今後の考察は?
  • 『ドロ刑』6話の感想・評判

について紹介しました!

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』6話を見逃してしまった人は、無料で見る方法もあるので参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
ドロ刑無料視聴
ドロ刑-警視庁捜査三課-の見逃しフル動画を無料視聴する方法は?デイリーモーションやパンドラは危険! ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を無料で見る方法について詳しく解説していきます! [PR]今すぐ『ドロ...

↓↓『ドロ刑』1話~最終話までのネタバレ・感想記事を更新中!↓↓

あわせて読みたい
ドロ刑ネタバレまとめ
ドロ刑-警視庁捜査三課-1話~最終回まで全話のあらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』1話~最終回までの全話あらすじとネタバレを紹介! 感想や考察も紹介...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。