ドラマ

ドロ刑5話あらすじとネタバレは?今後の考察や感想評判も紹介!

ドロ刑5話
ゴマくん
ゴマくん
『ドロ刑』5話が放送されたね!
ペンちゃん
ペンちゃん
今回は皇子山が中心にストーリーが展開して行くみたいだね!

ということで今回は、『ドロ刑』5話のあらすじとネタバレ、今後の考察や感想・評判を紹介していきます!

『ドロ刑』5話のあらすじ

まずは、『ドロ刑』5話のあらすじを紹介していきます!

13係でいまだに非協力的な皇子山おうじやま(中村倫也)の態度を嘆く鯨岡くじらおか(稲森いずみ)は、その心中を探るため、斑目まだらめ(中島健人)を使うことに。同僚を調べることはエリートにしか許されない仕事だとおだてられ、すっかりその気になった斑目が早速バーで煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)に報告していると、ちょうど皇子山がやってくる。相変わらず煙鴉の身辺を嗅ぎ回る皇子山だが、煙鴉は「色眼鏡で世の中、見てちゃ何も見えないよ」と言い残して…。泥酔した斑目を残し、煙鴉を尾行していた皇子山は、その途中一軒家で老人が殺されているのを発見する!

翌日。13係ではどのネタ(=事件)を扱うかを鯨岡に一人一人がプレゼン。鯨岡の厳しい審査を通過できず皆が頭を抱える中、斑目がプレゼンした空き巣の常習犯“白昼の蝙蝠こうもり”こと東村洋介ひがしむらようすけ(三遊亭好楽)のネタがなぜかあっさりと選ばれる。さらに鯨岡から現場の汚れ仕事よりも皇子山の事を優先するようにと言われた斑目はますます調子に乗り…。

優秀な刑事だった皇子山が捜査一課から三課に来た理由について様々な噂が飛び交う中、斑目は皇子山に直球で質問を投げる。ある男を追っていたら突然異動になったと話す皇子山は、煙鴉は人を殺していると言い…。そんな時、皇子山の携帯に煙鴉から電話がかかり、ある住所を告げられる。そして、向かった先で発見したのは、なんと、また女性の死体で…。

一方、動きのない東村のアパートを張り込んでいた瑤子ようこ(江口のりこ)美希みき(石橋杏奈)は高齢の東村を見て空き巣に入れるわけがないと判断。斑目は張り込み部屋の撤収を命じられる。意気消沈して部屋を片付ける斑目だが、東村が自宅で怯えながら一心不乱に祈っている姿が気にかかっていた…。
そして、ひょんなことから東村に気に入られアパートに入り浸るようになった斑目は、東村が一人になると祈る理由がどうしてもひっかかっていて…。斑目と皇子山、二人の刑事が近づくことで事件は意外な展開を見せて行く…。

引用:日テレ公式

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』5話では、皇子山の謎を探る班目・・・

と言うことで、5話の展開も気になりますね!

『ドロ刑』5話のネタバレ

ではでは、『ドロ刑』5話のネタバレを紹介していきます!

ここからはネタバレありなので、ネタバレしたくない方は閲覧注意です!!

「問題は、皇子山くんよ。」と言う係長。

皇子山が捜査一課への復帰を目論んでいると思った係長は、「ダメよそんなの!彼がいなくなったら13係はクズの集まりになっちゃう!なんだかんだ彼は優秀なんだから!」と言い始めます。

そして、先手を打つために班目を使うことに・・・

 

バーに行った班目。

『内部観察』は警視庁でもエリートしかできないとおだてられ、班目は皇子山を観察することになります。

するとそこへ皇子山がやってきます。

「ちょっと話があってな、その人に。やっぱり腑に落ちないんですよ。」と言う皇子山。

「あなたあの電車に乗っていましたよね。偶然にもほどがある。しかも、なんであんなバカとつるんでるのか・・・」と言う皇子山に、「あんたは何も気づいていない。刑事として致命的だ。」と答える煙鴉。

「あんたの地元はダムに沈んだ。でも、当時を知る親戚が何人か東京に住んでいるんですよ。結構優秀な刑事でしょ、俺。」と言う皇子山。

「あんたさ、三課は腰掛のつもりだろ。もう1回、ドロ刑学び直した方が良いよ。」そう行って、煙鴉は帰って行きました。

 

煙鴉が帰った後、皇子山も帰って行きました。

その様子を見ている怪しいスーツの男2人・・・・

 

皇子山は、煙鴉の後をつけていました。

しかし、途中で行方をくらます煙鴉。

すると、夜9時10分頃、女性の悲鳴が聞こえてきます。

皇子山が駆けつけると、そこには煙鴉の姿が。

女性が指差す方に駆けつけた皇子山は、部屋の一室で人が刺されて倒れているところを発見します。

 

13係の面々は、何やら浮かない顔・・・

三課が関われるようなネタを探してくるのですが、なかなか良いネタが見つからず、みんな焦ってネタを探していたのでした。

そして、班目が係長の元へ行くと、デカイネタを持ってきます。

「あの〜できない新人っていう色眼鏡〜外してもらって良いですか?」と言い、去っていく班目。

新たなネタは、”白昼の蝙蝠”東村洋介。

 

皇子山がなぜ三課に飛ばされたのか?

13係の面々に聞き取りを始める班目。

「いろんな話があるよな。俺が聞いたのは、勝手に捜査を進めて干されたって。」と言う左門。

「うちは、個人的な趣味が高じてクビになったって聞いたで。大きい声では言えないけどな、極度の足フェチって。」と言う宝塚。

そして、そこに係長がやってくると、一斉に足を見ますが・・・

「いや、熟女はNGらしいねん・・・」と言う宝塚。

そして、おもむろに自分の足を出し始めます・・・

 

その頃皇子山は、先日発見した殺人事件を調べていました。

班目は皇子山をバーに誘うと、ど直球になぜ三課に飛ばされたのか?と聞きます。

「ある男を追っていた。そしたら突然移動になった。」と答える皇子山。

「それより、今日お友達は?」と聞きますが、「そろそろ来ると思うんですけど・・・秘密主義なんですよね〜良い人なんですけどね〜」と言う班目に、「人殺しててもか?」と、物騒なことを言う皇子山。

「あの男、人を殺してる。」と言う皇子山。

「でしょうね!2人や3人殺してるでしょうね!あの顔は!」と、真に受けていない班目。

すると、先日バーに来ていた怪しい男2人組がやって来ます。

「あ!こっちこっち!遅いじゃ〜ん。」と迎え入れる班目。

「それで、その後捜査はいかがですか?」と聞く男2人・・・

どうやら、その男たちは汐留署の刑事で、所轄の接待を受けていた班目だったのでした。

 

結局その日は煙鴉は現れず、帰ろうとする皇子山に、非通知で電話がかかって来ます。

「練馬区本町3の3の12。早く色眼鏡外すんだな。」

そう言ったのは煙鴉。

そして、伝えられた住所に皇子山が向かうと、そこは廃墟のような一軒家でした。

中に入ると、ゴミ屋敷のような状態になっており、そこには絞殺された女性の死体が・・・

 

13係の面々は、東村の捜査を始めていました。

しかし、張り込みをしていると、東村が足を悪くして杖をついている姿を発見します。

「杖ついてどうやって空き巣に入るんや!」と怒られる班目。

班目は、汐留署の接待を受け、ガセネタをつかまされたのでした。

そして、張り込み場の撤収を1人でやることになった班目は、東村の姿を発見します。

何かに向かって拝む東村。

 

その頃皇子山は、煙鴉がなりすましていると思われる”西野”と言う男について調べていました。

皇子山は、今回起きた2件の殺人事件に煙鴉が関わっていると踏んでいたのでした。

すると、一課時代の部下から、ある情報を手に入れます。

「煙鴉って知ってます?殺しをやっているかもしれないって・・・係長はその線で捜査を進めているみたいです。」と言われたのでした。

 

班目が道路に落ちていたゴミを捨てると、東村に「偉いねお兄ちゃん!」とほめられ、なぜか東村の家に行くことに。

東村の家に入った班目は、東村が何に対して拝んでいたのか気になりますが、家には仏壇などはなく・・・

 

それから班目は、東村の家に入り浸るようになりますが、係長から「あんたが動くと捜査費用がかかるのよ!」と叱られ、転勤になったと嘘をつき、撤収することに。

しかし、東村の家から出る間際、4年前のカレンダーがそのままになっているのを発見します。

カレンダーについて聞くと、「この年齢になるとね、誰もカレンダーくれないのよ。買うと高いしね、ないよりマシかなって。」と言う東村。

 

その頃皇子山は、煙鴉が名乗る西野について調べていきますが、西野について知る人と急に連絡が取れなくなります。

さらに、自宅に帰ると、捜査資料がなくなっており、班目の写真だけが残されていました。

 

班目は、煙鴉に道で出会います。

『ケムさん、来てくれないと死にますよ!』と書いたコースターをマスターに託していた班目。

「なんだよ?東村の件か?」と聞く煙鴉。

「おかしいんです。出所してから定職にもついてないし。どうやって生計立ててるんだろう?」と言う班目。

すると、「足が悪いんだろ?だったら詐欺か万引きか、空き巣はできなくても、なんか悪いことやってんだろうよ。」と言う煙鴉。

「どっちにしろ、三課が扱うネタじゃない。所轄に任せとけよ。」と言うと、「祈るんですよ。毎日壁に向かって、何度も何度も。何に向かって手を合わせてるのか、気になるんですよね〜。」と言う班目。

 

班目がまだ東村の張り込みをしていると、皇子山がやって来ます。

「ただの窃盗犯じゃない気がするんですよね〜。」と言う班目。

すると、皇子山は一課の殺人事件の資料を置いて帰って行きます。

 

するとまた、東村が杖をついて降りてくるところを発見した班目。

東村は、ゴミ箱の中に入っていたゴミを取り出して、自分のゴミをゴミ箱の中に。

班目が外に出されたゴミを戻しに行くと、東村が捨てたゴミの中に血がついているのを発見します。

 

皇子山は、2件の殺人事件で、煙鴉がパトカーが到着する前に皇子山を事件現場に導いたことを疑い始めます。

そして一課に行くと、煙鴉が殺人に関わっているというネタ元はどこだと聞きます。

「山本っていう奴だ。」と言われ・・・煙鴉の写真を見せると、そのネタを提供していたのは煙鴉本人だったのでした。

 

皇子山は何かを思いつき、細面に直近で起きた殺人事件を調べるように言います。

そして、世田谷区で起きた老人の1人暮らしの殺人事件について知ると、現場へ向かう皇子山・・・。

 

その頃班目は、殺人事件があった現場へ。

捜査資料と現場を見比べていると、あることを発見します。

すると、皇子山から電話が・・・

 

皇子山と班目が世田谷の現場へ行くと、そこには東村の姿が・・・

東村は身内がいない殺人事件の現場で窃盗を繰り返していたんだそうだ。

東村は罪悪感から、壁に向かって手を合わせていたんだそう。

 

「よかった。捕まって。こんなことしたくなかった。」

「本当は、前の刑務所で死ぬはずだった。でも、生きて出て来た。刑務所でもらったお金はすぐに底をついて、これしか生きる方法がなかった。」と言う東村。

勉ちゃんに会えてよかったと東村が言うと、班目は東村にある物を渡します。

それは、班目の手書きのカレンダーでした。

「また話しましょう。いっぱい。出て来たら。」

 

結局殺人事件のホシも上がり・・・

「あんたは殺しの現場で盗みを働く東村を快く思ってなかった。だから俺を現場まで誘導した。」と皇子山が煙鴉に言うと、「色眼鏡外れたか?」と言う煙鴉。

「色眼鏡外したら見えんのか?あんたの過去も。」と言いますが、「どうかな」と言って、煙鴉は船に乗って去って行きました・・・

 

バーへ行った班目と皇子山。

皇子山はスマホの写真を見つめると、「大切な人がいた・・・その人を、煙鴉に殺された・・・」と呟きます。

>>次週へ続く

以上が『ドロ刑』5話のネタバレになります!

今回はちょっと最後に感動しちゃいました〜

そして、皇子山が煙鴉を追う真相が次週明らかに・・・?

と言うことで、6話の放送も楽しみですね!

『ドロ刑』今後の考察は?

『ドロ刑』5話のネタバレを紹介しましたが、『ドロ刑』は今後どのような展開になっていくのでしょうか?

『ドロ刑』の今後の考察をしていきましょう!

 

今後を考察するとすれば、やはり皇子山の大切な人が殺された・・・それに関わっているのは本当に煙鴉なのか?と言う点ですよね。

 

なぜ皇子山の大切な人は殺されてしまったのか?

そして、煙鴉とはどんな関係にあるのか?

 

全く話が読めませんが・・・煙鴉が窃盗に入った時に殺したのか?

でも、煙鴉が殺しをするって言うことはないと思うんですけどね〜・・・

次週、どんな展開になるのか楽しみにしていましょう!

『ドロ刑』5話の感想・評判

最後に、『ドロ刑』5話の感想・評判を紹介していきます!

まとめ

今回は、

  • 『ドロ刑』5話のあらすじ
  • 『ドロ刑』5話のネタバレ
  • 『ドロ刑』の今後の考察は?
  • 『ドロ刑』5話の感想・評判

について紹介しました!

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』5話を見逃してしまった人は、無料で見る方法もあるので参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
ドロ刑無料視聴
ドロ刑-警視庁捜査三課-の見逃しフル動画を無料視聴する方法は?デイリーモーションやパンドラは危険! ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を無料で見る方法について詳しく解説していきます! [PR]今すぐ『ドロ...

↓↓『ドロ刑』1話~最終話までのネタバレ・感想記事を更新中!↓↓

あわせて読みたい
ドロ刑ネタバレまとめ
ドロ刑-警視庁捜査三課-1話~最終回まで全話のあらすじとネタバレを紹介!感想や考察も ということで今回は、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』1話~最終回までの全話あらすじとネタバレを紹介! 感想や考察も紹介...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。